では、今回はgowi攻めでいかにして☆2を取るのかを解説します。

前回の記事でも述べましたが、gowi系はそもそも☆2を取るための戦略として考えられたものです。
そして、☆3を取るには、「THまでに必要なユニットを必要最小限に抑え、余った枠を☆3を取るためのユニットに割く」ということが必要となります。
 すなわち、☆2を確実に、かつ、必要最小限のユニットで行うようになることが、gowi攻めで☆3をとるための秘訣ということです。


1 編成について
gowi攻めは基本的には2パターンあると個人的には考えているのですが、それは☆3を取る段階での分岐点ですので今回は省略します。
gowipeにせよ、gowivaにせよ、基本的には以下のような構成となります。
・ゴーレム2体
 3体入れる編成もありますが、TH8では枠が足りないので、2体編成をお勧めします
・WB6~12体
 
WBは、THのある区画の壁を破壊するのに必要な分だけ入れてください。WBの必要数については、今回は省略しますが、今後記事にするかもしれません。また、必要数ぴったりではなく、2体ほど余分にいれておくと良いです。gowi攻めを成功させるためには壁開けを完璧に行うことが最重要です!絶対にWBが足りなくなるようなことのないようにしてください。
・ペッカ、バルキリー
 入れる数はお好みですが、gowipeでしたらペッカは2体、gowivaでしたらバルキリーは4~6体ほど入れたほうがいいと思います。ちなみに私はTH9ですが、バルキリーは6~7体入れております。また、ペッカは使用しません。ペッカとバルキリーはどちらがいいのか、については後述します。
・ウィザード(空いてる枠の数だけ)
 ウィザードの数については特に決まりはありませんが、少なくとも12体は持っていくことをお勧めします。
・援軍処理用ユニット
 
援軍の釣りだし、釣り出した援軍をまとめる、援軍を処理するためのユニットです。こちらも村および入っている援軍の種類によりますので、特に指定はありません。
 また、援軍を釣り出さずに攻めることも可能ですが、TH8では援軍を釣り出せないということが少ないと思いますので、これについては今回は説明しません。TH9からは釣り出しが困難な村が増えてきますので、これについては後日記事にするかもしれません。一応、大まかにコツを説明しておくと、援軍とかち合うところに多くのユニットを行くようにすること、ネクロやバルキリーを使い、迅速に処理すること、壁を絶対に開けて壁越しにやられることを防ぐこと、です。


~gowipeとgowivaってどっちが強いの?~
これはバルキリー使いの私としては詳細に解説したいところではありますが、大きく趣旨を没却しないよう、簡単に解説します。
まず、ペッカの強みは、何よりもユニット最強の攻撃力です。施設を1発で破壊していくのは爽快であり、初めてペッカを使ったときはこれに感動した記憶があります。また、HPもかなり高く、盾としても使えます。
しかし、ペッカはテスラからの被ダメは1.5倍となるため、テスラにはめっぽう弱いです。
また、攻撃力が高い分、レイジをかけて攻撃力をあげても、そもそも1発で破壊できる施設についてはそれで足りたのですから、レイジの恩恵を受けられません(更にオーバーキルになるだけです。)。
更に攻撃速度が遅いです。大工の小屋を破壊するのも、他の施設を破壊するのも同じ1発です。
すなわち、オーバーキルが多くなります。また、スケトラのスケルトンたちに対しても1発ずつ攻撃することになり、それだけでかなり足止めされることとなります。 テスラの複数ある区画でスケルトンたちに囲まれたら・・・恐怖ですよね。
これに対し、バルキリーは、単体の攻撃力はペッカほどではないものの、ペッカ1体25枠に対して、バルキリーは8枠ですので、ペッカ1体とバルキリー3体の攻撃力や体力を比較すると・・・・・・・。知らない方は是非調べてみてください。特にTH9でペッカのレベルはあがりませんが、バルキリーは最高レベルの4まで上げることができます。
そして、バルキリーは足が速く、また複数体で移動しますのでヒーリングの効果が絶大です。しかも範囲攻撃ですので、スケルトンの処理にも適しています。
これらを参考にして、調べたことがない人はバルキリーのステータスについて調べてみるといいと思います。
gowipe、gowivaでの☆3の取り方については次の記事で記載するつもりです。


2 攻め方
では、攻め方について解説します。
大まかに説明すると、ゴーレムを盾にしながらWIZで施設を破壊していく部隊×2(以下、「ゴレ部隊」という。)、および、その間にペッカヒーローでTHを破壊する部隊(以下、「ペッカ部隊」という。)に分かれます。
手順はこちら
1 ゴレを2点に出し、後ろにWIZを配置する。
2 サイドカットが終わり次第(基本的には壁の外にある施設の破壊が終わり、ペッカ部隊を出してもそちらに向かわない程度のサイドカットで十分)、ペッカ部隊を出す。



これは依然、私がTH8の時にgowipevaで攻めた村ですが、配置的に説明がしやすかったのでこちらで解説します。

 gowi1

さて、まず、ゴレ部隊の役割についてですが、これは基本的にはペッカ部隊を中心に送る為のサイドカット要員だと考えてください。少なくとも☆2をとるためのgowipeではあくまでもサイドカット要員です。
そして、このゴレ部隊の間から、ペッカ部隊がTHを目指すこととなります。


gowi2

画像でもすでにゴーレムが出ていますが、黄色の枠内をゴレ部隊が破壊することで、ペッカ部隊が水色の矢印に従って中心へと送られることになります。
このように、ゴレ部隊ーペッカ部隊ーゴレ部隊 といった具合に配置するのがセオリーです。

では、どの面にゴレを出して、どの面にペッカ部隊を出すべきなのか?
これは配置次第といってしまえばそれまでなのですが、私が攻める際に最初に考えることは、①どの方向から攻めるか、です。それを決定した上で、②どこにゴレを出して、どこにペッカ部隊を出すのかを決定しています。
では、攻める方向を決める指針は何なのでしょうか?私は以下の点を考慮して決定しています。

・相手ヒーローの位置、援軍処理をしない場合の援軍とかち合う位置
 これは、無差別ユニットが相手ヒーロー援軍の範囲内に入ると、ヒーロー援軍への攻撃を最優先にすることから、せっかく中心に向かっていたペッカ部隊がサイドに流れてしまう可能性があるからです。
ですから、これらとは、ペッカ部隊がTHに向かうための道筋に配置されていることが理想です。
 失敗例を掲載しておきます。
 


・THまでの壁開けの容易さ
 前述のとおり、THのある区画の壁まで破壊することが重要です。村によって中心部の壁を破壊するのにかなりのWBを使用しなければならないことがあります。WBで枠を取られないようにするためにも、なるべく少量のWBで中心部まで壁を破壊できるような方向から攻めることが大切です。

・ゴーレムがなるべく村の奥深くまで入り込めるような区画がある(ここにゴレを出したいため、そのような区画が2か所)
 これは☆2狙いの攻めではあまり重要ではないのですが、☆3を狙う場合にはなるべくゴーレムを奥まで送って、できる限り施設のタゲを取り続ける必要があります。そしてゴーレムは攻撃力が低く、一人では壁を破壊できないので、なるべくゴレが中心奥までいけるような、例えば広い区画にだしてあげることが大切です。

これらのことを考慮して、まずは①攻める方向を決め、②どの点にゴレを出し、どこからペッカ部隊を投入するかを決定します。

これが、大まかなgowipeで☆2を取る道筋ですが、各場面ごとに注意点がありますので解説していきます。


①壁開けは迅速・確実に行う!
 ゴーレムはかなり攻撃力が低く、単体で壁を壊そうとするとかなりの時間がかかってしまいます。ですので、ゴーレムのために壁をWBで開けてあげることが必要です。
ここで全部の施設のタゲが取れているのであればゴーレムは前に進んだところで攻撃力が低いから施設を壊してくれるわけでもないし、優先度としては低いんじゃないの?と思われる方もいるかもしれません。
 しかし、これは大きな間違いです。

gowi5

 例えば、上記画像の左側のゴレの手前にある壁を開けなかったとしましょう。この後ろにWIZを並べるわけですが、このWIZたちは最初に手前にある金山とポンプを破壊します。その後WIZたちは壁の先にある迫撃砲や金庫を破壊するために前進します。ここが問題です。というのも、この村では特に問題とならないのですが、もし、7時の迫撃砲がウィザードの塔(以下、「WT」という。)であった場合、ゴーレムを攻撃していたWTの攻撃が、前進してきたWIZに直撃することがあります。迫撃砲の攻撃についても同様です。
 また、前進することでそれまでゴレでタゲを取り切れていなかった施設が稼働して、WIZが死亡する可能性もあります。
 さらに、ゴレ部隊同士が近接している場合、片方の区画の壁があくことで、もう片方のゴーレムがそちらの穴から壁の中に侵入しようとする可能性があり、ゴレ部隊がかたまってしまう可能性があります。これでは十分にサイドカットを行えません。
 
 さらに、上記画像のTH真下の壁を開けるのが遅れた場合、ペッカ部隊が左右の枠内に侵入してしまったりして、上手く中心にペッカ部隊を送れず、結局☆1しかとれないという事態も起こりえます。

 ですので、とにかく壁開けは重要であることは認識してください。これは数をこなすことで、その重要性はわかると思います。


②WIZの出す位置
 WIZは前述のとおり、サイドカット要員としてゴーレムの後ろに出すことが通常です。もちろん、ペッカ部隊の後衛に配置することで、中心部の火力を上げることも可能です。
 しかし、このようにペッカ部隊の後ろに配置する際には一つ注意点があります。
 それは、最初からペッカ部隊を出す位置にWIZを出しすぎないということです。これはありがちなんですが、とにかく中心にたくさんの部隊を送ろうとして、火力を一か所にまとめてしまう人がいます。しかしこれは逆に中心部の火力を落とすことになり得ます。 
どういうことかというと、例えば上記の村で、6時にもWIZを出したとします。するとWIZたちは手前にある金山→キャンプという順で破壊していくことになります。このスピードがサイドカットよりも早かった場合、どうなるのかというと、ペッカ部隊が中心に向かわず、外周回りを始める可能性があります。ペッカ、ヒーローは無差別攻撃ですので、最短距離にある施設を常に攻撃します。ということは、ペッカ等が中心にいくためには、その道筋にある施設がペッカにとっての最短施設であることが必要です。
にもかかわらず、6時のペッカ部隊の後ろにWIZを集中させたりしてしまうと、サイドの施設よりも、中心にいくためのキャンプ等の破壊が先行してしまい、結果としてペッカにとっての最短施設が5時や7時の枠内の施設となるので、外周回りを始めてしまう可能性が出るわけです。
 ですから、基本的には以下の画像のように、ゴレの後ろにWIZを出すようにするといいと思います。

gowi5
 
勿論、ペッカ部隊の真後ろにウィズを配置することはありますし、これは中心部の火力を上げるうえでは有効な手段です。 ですが、最優先事項としてはペッカ部隊を中心に送ることですので、それを考慮して配置するようにしてください。


3 呪文を使うタイミング
 TH8では呪文を3つもっていけるのですが、おすすめは、①レイジ×2ヒール×1、または、②レイジ×1、ヒール×2です。
 gowipeの場合は①、gowivaの場合は②をお勧めします。理由は、バルキリーの方がヒーリングの恩恵を多く受けられるため、レイジを使って施設破壊の速度を上げるよりも、ヒーリングを使って生存率を上げておいた方がより多くの施設を破壊できるからです。
 
 では、どの場面で使うべきなのでしょうか?
 援軍処理はあらかじめ行っておくことを前提としますが(中で処理をする場合は、援軍とかち合う場所でヒールレイジを使うことが多いです)、gowipeの場合、レイジは中心部の強力な施設及びTHを破壊するために使うといいと思います。理由としては、中心部はより多くの施設から攻撃を受ける場所ですので、ユニットが死ぬ前に火力をUPして一気にTHを破壊してしまいたいからです。 
 そして、もう一つのレイジについては、TH手前で、「ペッカ部隊の攻撃力UPと、移動速度UPのため」に使うことをお勧めします。特にペッカは移動速度が遅いので、レイジを使用することでペッカをより早く中心に贈ることができます。また、中心部の壁を開けるためのWBにもレイジをかけることで、壁とWBのレベルによってはWB1体で壁を破壊することができるようになるので 、WBの節約にもなります。gowivaでもこのタイミングで使うことが私は多いです。
 うちのクラメンのリプですが、WBの使い方について参考になると思うので貼っておきます。
 

 ヒーリングについては、ユニットの体力に応じて、適切なタイミングで使用することが必要ですが、基本的には集中砲火を受ける中心部で使用するのが良いと思います。


4 おわりに
 これらの手順および注意点を守ってもらえれば、gowi攻めで☆2を取ることはできると思います。
 一番最初にも述べましたが、gowi攻めで☆3を取るためには、
「THまでに必要なユニットを必要最小限に抑え、余った枠を☆3を取るためのユニットに割く」ということが必要となります。
 すなわち、必要最小限のユニットで、確実に☆2を取るスキルがなければ☆3は見えてきません。
 また、☆2を取る練習はマルチでもできます。高コストユニットを使用するため、あまり頻繁には練習できないとは思いますが、練習をしないことには感覚もつかめませんし上達しないので、資源が余裕にあるときは積極的に練習することをお勧めします。その時は、まずは確実に☆2を取ることを意識しましょう。また、攻めるだけでは上達はしませんので、リプを何度もみて、反省を繰り返し、時にはクラメンの方にアドバイスを求めてみましょう。



次回は、gowi攻めで☆3を取る方法について解説します。