こんにちは。

今回は、リクエストがあったので『面取り』についてです。今回は比較的上級者の方向けの記事となります。


みなさん、ゴレ2体編成の場合、どのような面の取り方をしていますか?

基本的には、ゴレ部隊-ペッカ部隊-ゴレ部隊 といった感じで、ペッカ部隊をゴレ部隊で挟むような面の取り方をしますよね。
これが基本です。 詳しくは、Part2 で


しかし、必ずしもこのように出す必要はないんです。 

ゴレと同じ区画からペッカ部隊を出したりしてもいいんですよ( `ー´)ノ


は?って思われる方もいるかもしれませんね。以下で理由を解説します。



そもそも、基本に戻り、なぜ、ゴレ部隊-ペッカ部隊-ゴレ部隊といった形で攻める必要があるのか。
それはもちろんみなさんご存知の通り、「ゴレ部隊によりサイドカットを行い、ペッカ部隊を中心部へ送る為」ですよね。

逆に言えば、

ペッカ部隊が中心に流れるのであれば、サイドカットは不要! 
 
ということです。
論理的にはその通りですよね。以下で詳しく解説します。


  gowi8

上記の画像を見てください。
この画像では、壁開けのタイミングがややズレてしまい、ゴレが一方に固まってしまっているのですが、赤文字の部分にゴレを出し、2か所に穴をあけました。
そして、ペッカ部隊(今回はペッカを入れていないのでヒーローですが原理は同じです)を左のゴレ部隊と同じ位置から出しています。 


普通、ゴレと同じ区画からペッカ部隊を出した場合、ペッカ部隊はサイドに流れてしまい、中心部に向かわないことが多いです。
gowi2

例えばこの画像で、左の黄色の区画からゴレとヒーローを一緒に出した場合、ヒーローはそのまま9時にある金大砲に向かって、そのまま外周回りを始めると思います。
このように、ゴレを2点で出し、その間からペッカ部隊を流すことによって、ペッカ部隊が中心に向かう「道」が作られるわけです。


では、なぜ、先ほどの村ではゴレと同じ区画からヒーローを出してよかったのでしょうか。


gowi9

その先の画像がこちらです。
このように、ジャンプの呪文を使った場合、手前の金庫を殴っているヒーローにとって、次の最短施設が矢印の先にあるテスラとなります。
その理由は、赤丸の部分に施設がないからです 

もしこの部分に施設があった場合、ヒーロー部隊はそのままババキンのいる9時の方向へ流れた可能性があります。これを防ぐために必要なのがサイドカットであり、それを担うのがゴレ部隊なのです。
ところが、ここに施設がなければ、金庫のある1層目の施設を壊したのちの最短施設が中心のテスラや迫撃砲となるわけです。すなわち、サイドカットが不要となります。
その結果、左側のゴレは、単独で中心部へ向かい、ペッカ部隊の壁役を果たすことになるのです。

この原理は、赤丸の部分が壁であった場合も同様です。あの部分に壁があった場合、その壁を壊さなければペッカ部隊は中心部のテスラや迫撃砲へ向かいます。 これは、ジャンプの呪文を使用していることもありますが、WBによる壁開けを行うことでも同様の効果を得られます。無差別攻撃ユニットが、壁の先の施設よりも、壁のない位置にある施設を優先的に攻撃するといった特徴を利用しています。


さて、サイドカットの意義と、無差別攻撃ユニットの特徴を抑えている方は、ここまでの説明の意味が分かったと思います。 

では具体的にどのようなメリットがあるのか? 


一つ目は、先にも述べたように、サイドカット部隊の盾役としてウィズの護衛を行うべきゴーレムが、これは配置にもよるのですが、ペッカ部隊の盾役となってくれることです。これにより、ペッカ部隊の被弾が格段に減り、中心ユニットの耐久が増します。
二つ目は、 ゴレ部隊とペッカ部隊を出す3点を決め難い場合も、このような「2点出し」をすることで☆3を狙うことができるので、攻め方のレパートリーが増えます。
三つ目は、援軍処理を中でする場合の、交戦位置との関係で、ヒーロー等の主要ユニットの出す区画を調整できる点です。
四つ目は、壁を開ける区画が少なくなるのでwbの節約にもなる点です。

もっとも、デメリットもあります。
それは、2点からしか攻めないということは、3点から出す通常のgowipeと比べ、壊すべき区画が多くなるということです。
当然、2区画からしか攻めなければ、1区画分余計に残ることになりって時間切れを招いたり、面を狭くとることによって横から攻撃を受けるようになってしまいます(これによって後方にいるWIZやネクロが殺されてしまいます)。
このデメリットについては常に頭に入れておいてください。


「ジャンプの呪文使えないし、TH9限定の話じゃないか!」と思われるTH8の方もいらっしゃると思いますが、前述のとおり、これはジャンプの呪文でなく、WBでも代用が可能です。壁さえ空いていれば、ヒーローペッカはそちらを優先的に狙いますので、中心部に誘導することができます。
勿論、中心部の壁を破壊するスキルは必要ですが・・・。 



以上をまとめると・・・
①常に、ゴレ部隊-ペッカ部隊-ゴレ部隊 といった面の取り方をする必要はなく、ペッカ部隊が中心部に向かうのであれば 、サイドカット用のゴレ部隊は不要
②常に攻める前にはペッカ部隊がどのような経路をたどって中心部に向かうかを考え、どの範囲をサイドカットする必要があるのかを決定する→サイドカット不要な場合はゴレとヒーローを同じ区画から出してもOK!
③サイドカット用にゴレ部隊を出さない場合は、時間切れ、サイドの区画からの横殴りに気を付ける



最後に、上記画像のリプをどうぞ