こんばんは、劉寧です。

以前、クラメンから、「クラン戦で攻めるとき、どのような点を見て戦略を練っているのか」ということを聞かれたので、今回は普段私がクラン戦で攻める際、相手の村のどこをみて編成を決め、どのようなプランを立てているのか、一つの具体例に沿って説明したいと思います。

前もって言っておくと、今回はgowivaでTH9の村から☆3をとった攻めをベースに説明します。
今回、ベースとなる村はこちらです。

0222-1



まずはみなさん、gowivaであればどのように攻めるか、一度考えてみてください。
そのうえで、以下を読んでいただけると、自分の考えとの違いや、疑問点が浮かんでくるはずです。









1 村と編成の決定
  当クランでは、同順を攻めなければならない、などといった制限はありませんので、基本的に好きな村を攻めることになっています。
  同順を攻めなければならないといった規制のあるクランの場合は難しいのですが、自由に攻める村を決定することのできるクランの場合は、村選びは大切です。
  クラクラの面白いところは、「最強の配置」などというものがない点にあると思います。どの編成にも得意・不得意があり、たとえばgowi攻めが難しい配置(壁が細かく仕切られている村)についてはホグラッシュで全壊しやすかったりします。
  ですので、自分の攻めたい村に編成を合わせるか、自分の攻めたい編成にあった村を選ぶかは個人の自由ですが、村」と「編成」の選択は攻めるにあたって重要な意味を持ちます

  私の場合、クランでは1~3番手に属するので、基本的に1~3番の村を攻めることがほぼ義務付けられていますので、基本的に村をまず見て、その村に適した編成を決定しています。
  
  そもそも、私は現在、
gowiva(gowiwiva、gowipeva)
・ラバルーン(ラバルガゴ)
ゴレホグ(ホグラッシュ)
の3つの攻めをすることができます。
  そして今回の村については、gowivaかラバルーンのどちらかで考えました。
  その理由としては、施設間に隙間がたくさんあり、巨爆2連スペースが多く、ホグが大量に死亡する危険性があった点にあります。そのため、ゴレホグは選択肢から除外しました。
  
  次に、gowivaでいくか、ラバルーンで行くかについてですが、対空砲が北側に固まっていることから、当初は空攻めを考えていたのですが、手持ちのラヴァがLv1であるにも関わらず対空のレベルがすべて7であること、XBがすべて上向きであること、一見10時と2時の対空砲はバルーンで破壊しやすそうではあるものの、破壊しづらい可能性があること、これらの理由から、ラバルーンでは厳しいと判断しました。
  この、「対空砲が破壊しづらい」との判断に至った点について簡単に説明しておくと、今回の配置では中心付近にテスラを配置する2×2のスペースがないことから、テスラは1層目ないし壁の外にあることがわかります。そして、特に2時、4時、8時、10時の部分はやけにスペースが多く、かなり怪しいです。

0222-1


ここで、もし、テスラが10時でいう、対空砲とWT(ウィズ塔)の間にあった場合は全く問題ないのですが、WTの左上あたりにあった場合、バルーンはテスラ→WT→対空と、遠回りをすることになってしまうのです。WTと0時の大砲の間にもテスラがあった場合はさらに対空砲から離れてしまうことになります。相手が中国クランであったことから、意図的に対空砲を壊しにくくするためにテスラは配置しているであろうと考えました。
  したがって、これらの理由から私は対空砲は破壊しづらいとの結論に至り、空攻めを候補から外したのですが、結果的にこの予想は見事的中していました。


2 攻め方を考える
  上記のプロセスを経て、この村をgowivaで攻めることを決めました。
  次に決めることは、『どの方角から攻めるか』という点です。
  これは以前のgowi攻略法の記事でも面の決め方については記述しましたが、具体的にどのような思考プロセスを経て決定していくのかを見ていきます。

 ① ヒーローの位置関係
   gowi攻めにおいて(もちろん他の編成でもそうですが)、攻める面とヒーローとの位置関係はかなり大切です。理由は、無差別攻撃ユニットが相手ヒーローの範囲内にはいると、否応なしに最優先でヒーローを攻撃しに行くことにあります。
   今回の配置を見てみましょう。

2015-02-26-14-54-082015-02-26-14-54-03


  
  特に注意すべきなのは、AQ(アチャクイ)との位置関係です。AQは遠距離攻撃が可能であり、壁越しに攻撃することが可能です。すると、無差別ユニットは壁の向こう側にいるAQを倒そうと、壁を壊し始めてしまうのです。たとえば今回の配置で、10時からヒーローを投入し、中心部に入る際、AQが中心部ではなく、2層目からヒーローを攻撃した場合、ヒーローは中心部に向かわずに2層目に侵入するか、中心部に入ったのちに2層目に行こうと壁殴りを始めます。そして、2層目に入ってAQを倒したのち、ヒーローは2層目回りを始めてしまうのです。これでは☆3は取れません。
  ですから、中心部に送るヒーロー等の主要ユニットが、ヒーローに釣られることなく中心部に行けるような面から攻めなければならないのです。
  今回の村では、基本的にはAQと中心部(TH)とが1直線となる面、すなわち7時か、2時から攻めるのが安全といえます。
  もっとも、この習性を逆に利用することもできます。実は今回それを利用しているのですが、これについては後述します。

  
 ② 裏ホグ、裏バルのやりやすい位置を探す
   gowi攻略の記事でも記述しましたが、gowi攻めにおいて☆3をとるにあたって重要となるのは、いわゆる「裏ホグ」「裏バル」をうまく行えるかどうかです。
そこで、攻める前に、ある程度、裏ホグ、裏バルをする位置を決めておく必要があります。

0222-1


  今回の攻めでは、「裏バル」を選択しました。
  なぜならば、1層目には巨爆スペースが多数あり、ホグが即死する可能性が極めて高いからです(また、バネの有無も考慮要素です)。また、対空砲が北側に密集しており、逆に南側には対空砲が1つしかなく、またAT(アチャ塔)も南側には少ないことから、中心部南側にある対空砲さえ壊してしまえば、比較的バルーンを消耗することなく、防衛施設を破壊することが可能であると考えられます。

  対空地雷など、トラップは南側に密集している可能性はありますが、対空砲をLv7までしっかりあげているにも関わらず村の外側に配置して、いかにも空攻めを誘っているような配置であることから、おそらく北側の対空砲付近に対空トラップも密集しているのではないかと考えました。
  これらから、南側の防衛施設に対して「裏バル」をすることがベストな選択肢であるといえます。

  とすると、7時から攻めてしまうと裏バルができなくなってしまうため、7時から攻めるという選択肢は除外しました。
  
 ③ 面を決める
   南側の施設に対して裏バルをすることを前提と考えると、選択肢としては、10時、0時、2時のいずれかから攻めることが考えられます。
   0時から攻める場合、ゴレを10時付近に出すことになるのですが、この際、ババキンがゴレ部隊に釣られてしまう可能性が極めて高く、0時から出したヒーロー等がさらにそれに釣られて1層目で9時方向に流れてしまうことが懸念されます。したがって、0時から攻めるという選択肢は取れません。
   
   では10時と2時のいずれから攻めるべきでしょうか。
   みなさん、THとAQとが一直線に並ぶ2時から攻めたくなりませんか?
   しかし、これでは失敗する可能性が高いのです。

   確かに、直線状にAQとTH(というよりは中心部ですが)が並ぶ面から攻める方が、AQに釣られて壁の外に出てしまうといった事故は起こりえません
  しかし、今回の配置をよく見てください。
  
2015-02-26-14-54-08
2015-02-26-14-54-03


  2時から攻めた場合、2層目に侵入した時点でババキンのタゲをとってしまいます。ということはヒーローバルキリーはババキンを最優先で攻撃しにいくことになるのですが、これがもし、2層目でババキンとかち合うことになってしまったらどうなるでしょうか?
  ジャンプの呪文の位置から大きくずれてしまい、そのまま2層目回りを始めそうですよね。それならまだいいのです。おそらくヒーローバルキリーのすべてが流れるわけではなく、AQ等はそのまま中心部に向かってくれる可能性があります。そして2層目回りを始めたバルキリーやババキンが施設のタゲをとっている間に裏バルやら裏ホグを出せばいいだけですから。
  しかしこの村の場合はそれができません。
  なぜなら、ババキンにつられたバルキリーやババキンは、敵のババキンを倒したのち、AQに釣られて、中心部の壁殴りを始めるからです。
  これがどれほどの恐怖かわかりますか?中心に入るユニットが少ないためXBはすぐ破壊することができません。しかも壁はレゴ壁です。敵のAQのレベルも高めです。 中心部に入るころには間違いなくバルキリーが全滅します。
  ですから、2時から攻めることはかなり危険なのです。

  では10時からはどうでしょうか?
  10時から攻めた場合、1層目でババキンに釣られます。そして2層目に入った瞬間、AQに釣られるのです。すなわち、バルキリーババキンは、2層目を回ることなく、最優先で中心部に入り込んでいけるのです。このように、ヒーローに釣られる、という習性を逆に利用することで、より有利に攻め込むことができてしまいます。

  そのため、今回は10時から攻めることにしました
  ※AQの範囲内にいくタイミングで、AQが2層目にいた場合は、2層目に釣られる可能性がありますので、今回はそこまで考慮して、ゴレやバルキリーを出すタイミングを選んでいます。もっともこれはかなりの高等テクニックだと思いますので、説明は今回省略します。ポイントとしてはジャンプの位置と、ゴレやヒーローを出した時点でのAQのポジショニングだとは思います。

  これらのことから、攻めの方針としては、10時からヒーロー等を流し、中心部に入り、対空砲を壊した時点で南側から裏バルを行う、という流れが決まりました。


 ④ どこから、どのユニットを出すか
   まず最初に考えることは、ゴレをどの2点に出すか、です。
   これはgowi記事でも書いていますので詳細は省きますが、どのような配置であれ、ゴレを出す位置を決める時のポイントは、壁開けの邪魔となる施設のタゲをすべて取りきることです。
   ゴレがタゲをすべて取りきってくれないとWBが殺されて、壁開けに失敗してしまいます。最低でもこれは常に考えてゴレを出す位置を決めてください。
   また、ウィズの出す位置も重要です。闇雲に並べるのではなく、ゴレがタゲをとりきれていない施設の範囲内に出したり、一か所に固めて出すのは避けましょう

   その次にヒーローやバルキリーを出すわけですが、ポイントとしては、バルキリーはヒーローの後に出すということです。
   バルキリーは足が速いため、どんどん先行して施設を破壊していきます。一方で、ヒーローは比較的遅い方なので、バルキリーが先行して施設を破壊してしまうと、ババキンの通り道に施設が残らず、中心部に向かえなくなってしまう可能性があります。また、ババキンはHPも高く、壁としても優秀ですので、バルキリーだけではなく、ババキンにも施設のタゲをとってもらうことが効果的です。
   したがって、バルキリーはヒーローの後に出すことが望ましいと思います。
  ※中で援軍処理する場合は、バルキリーを先に出してもいいと思います。


3 編成を考える
  さて、いよいよ、編成を考えていきます。

  ①WB
  gowi攻めにおいて最重要なのは、ヒーロー等の中心ユニットを中心部に送ることです。そのためには中心部までの壁を破壊するか、ジャンプの呪文を使う必要があります。
そして、私は常に、WBで開けられるのであれば中心部にユニットを送るためにジャンプの呪文は使いません。gowivaではヒール2、レイジ1は最低でも積みたいので、ジャンプの呪文は1つしか積めません。また、中心部侵入後に、さらに奥に進むためにはWBでは壁を破壊できないためジャンプの呪文が有効です。
 したがって、できることならば、ジャンプの呪文は中心部→外側の施設へと移動するために使うことが望まれます。

  しかし、中心部までの壁をWBだけで破壊しきれない(あるいは、できるとしても多数のWBを要する)村もあります。
  今回の村を見てください。

2015-02-26-14-55-06

  このように、中心部手前の壁を壊すためには、XB(クロスボウ)のタゲをとらなければならない村があります今回の村もまさにそれです。10時から攻めた場合、奥にあるXBのタゲをゴレやヒーローがとるためには、かなり内側まで侵入しなければならず、たとえできたとしても壁が開くころにはヒーローが2層目のまわってしまったりするのです。
  また、その壁の手前にはWTもあり、たとえ一気にWBを流してXBに殺されないWBがいたとしても、WTに殺されてしまいます。
  したがってこの村は、中心部に侵入するためにジャンプの呪文を使わざるを得ない村といえるでしょう。
  ですので私も今回は中心部に侵入するためにジャンプの呪文を使用しています。

  ではWBは何体必要なのでしょうか。
  この点、中心部に侵入するためにジャンプの呪文を使用するのであれば、2枚目の壁を壊す必要がありません(壁と壁の間が3マスであればジャンプ1個で飛び越えることができるため)。
  したがって、最外層の壁を壊す分のWBがあればよいことになります。
  今回はゴレ2点、ヒーロー等1点の計3点の壁をあけるため、合計9体のWBを用意することにしました(本番では、見事壁開けにミスって2か所しか壁開けをすることができてませんが笑)。


 ②援軍のつり出し要員
  TH9がいる場合、防衛用援軍でネクロが入っているケースも少なくなく、援軍処理をせずに行くと、処理に思った以上に手間取ってしまうことが多いです。
  したがって、私としては、できるのであれば援軍処理は最初にしておくことが望ましいと考えています。
  今回は2時らへんからジャイホグを使って援軍を釣り出すことができるので、援軍釣りだし要員としてのジャイホグ、および援軍をまとめるためのアチャ、そして処理要員としてのバルーンを加えることにしました。

  援軍処理に使うユニットについてはそれぞれ好みがあると思います
  私の場合、普段からマルチでバルガゴをしており、バルーンでの処理に慣れていること、バルーンでの処理であれば処理位置をさほど選ばず、クラン城から最短の場所で処理することができて時間短縮になることから、バルーンで処理することにしています。
  もし、ネクロを編成に加えるのであれば、ユニットを無駄にすることなく援軍を処理することのできるネクロでの処理を行うことが効果的です。

  
  ③残りのユニットについて
   あとは中心部に送るユニットと、裏ホグ、裏バルで使うユニットを加えれば完成です。
  私は普段、バルキリーを5~6体加えることとしているので、今回もバルキリー6体を選択し、残りをバルーンとホグにしました。
  なぜ裏バルをするのにホグを5体も持って行っているのかというと、援軍の釣りだしでは大体2体を使うのですが、つり出しきれなかった時の予備として、そして、10時から攻めた場合、2時の対空砲を壊しづらいと思ったことから、対空砲を壊すためにホグを使おうと考えたからです。


これで、編成は決まりました。

  ④呪文について
   前述しましたが、gowivaでは、呪文はヒール×2、レイジ×1、ジャンプ×1がおすすめです。
   裏ホグ、裏バルをする際には、その破壊対象である施設が、中心ユニットであるヒーローやバルキリーを狙っており、裏ホグやら裏バルやらがなるべく被害にあわないようにすることが大切です。
   そのため、中心ユニットをいかに殺さないか、がある意味重要となります。せっかくタゲっていても、そのバルキリーが死んでしまえば、次に狙われるのは最短にいるホグやらバルーンですから。
   ですので、私は中心ユニットを延命するために、ヒールを2枚積んでおり、gowivaをするのであればこれがベストではないかと思います
 ※gowipeであればペッカ自体、ヒールの恩恵をあまり受けないので、レイジ×2がいいと思います。


4 攻める際に気を付けること  
  ①手順を間違えない
   たとえば、バルキリーは足が速いので、あまり早く出しすぎると先行しすぎ、後ろにいるヒーローが流れてしまう可能性があります。
   ですので、順番としては、ヒーロー→バルキリーの順で出すことが望まれます。WBも、3点開ける場合は、先に両サイドのゴレが侵入する壁を開けなけないと、ヒーロー等の侵入する中心にゴレが向かってしまう可能性があります。ですから、壁開けは丁寧かつ確実に、両サイドから行うようにしましょう。

   ②壁開けは慎重に
    前の記事でも述べましたが、壁開けは重要です。☆3をとれるかどうかはこれにかかっているといっても過言ではありません。ですので、しっかりと迫撃砲のタイミングをみて、WBを出すようにしてください。

   ③呪文の位置、タイミング
    中心部入口でヒールとレイジを打つ、中心部出口付近でヒールを打つ、など、あらかじめある程度のことは決めておきましょう。攻めてる途中で考えるのでは、呪文を打ちそびれたりします。
  とはいえ、常にすべてが予定通り運ぶとは限りません。たとえば、中心部の壁までWBで開けることを予定していたにもかかわらず、WBが全滅してしまった、といった場合には、予定を変更して中心部入口でジャンプを使うといった臨機応変さも重要です。これは経験を積む必要がありますが、最低でもジャンプの位置についてはあらかじめいくつか候補を考えておくといいと思います。

   ④とにかく冷静に
    予定外のことが起きると、焦ってしまいます。そして、その後の攻め方が適当になってしまいます。
皆さんもそのような経験があるのではないでしょうか。私もあります。予定外のことが起こると、「どうせ、うまく行かないから・・・えーいっ!」とか思って自棄になってしまうんですよね。
しかし、そうなってしまっては絶対に☆3は取れません。
予定外のことが起きてしまったら、一度大きく深呼吸してみてはいかがでしょうか。私は普段から、予定外のことが起きた場合は一度深呼吸をして、冷静に戦況を見直し、適切な判断をするようにしています。案外これをするだけでうまく行ったりするものです。
攻める前の段階においてある程度のハプニング(例えば壁の外側にテスラがあって、援軍がつり出せない)などは予想しておくと、ハプニングが起きた時に冷静になれます。攻める前段階で、あらゆるハプニングの可能性と、その時の対処法を考えておくといいかもしれません。


5 終わりに
  以上が、私が今回この村を攻めようと思った際に考えたことです。
  もちろん、予想に反する出来事もありました(例えばゴレは1層目を回る予定が、壁開けに手間取ってWTの破壊が遅れた結果、中心に流れてしまったことや、そもそも壁開けをミスってしまったこと、AQが中心に入らず、2時の対空砲を破壊してくれたことなど)。
  しかし、そのほかの点はプラン通りで、いい意味で予想を裏切ってくれたこともあったので☆3をとることができたと思います。
  
  みなさんはどの程度、作戦を練っていますか?
  ここまでいろいろと作戦の候補をピックアップして、問題があればその中の最善の策を考えて最終方針を決定していますか? また、ハプニングをどこまで予想していますか?
  今回あげた視点だけが全てではありません。村によってはほかに考えるべきこともあるでしょう。また、私はgowiva+裏ホグ(裏バル)での攻め方を考察したのであって、たとえばgowiwi等では視点が異なると思います。ですので、編成ごとに、各ユニットの役割等をしっかりと把握したうえで、プランを考えるようにしてみてください。
  
  少しでも皆さんの参考になれば幸いです。


最後に、今回のリプを掲載しておきます。

長々とお付き合いいただきありがとうございました!