2018年05月14日

◎隠れキリシタンとは・・・。

 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録される見通しとなった。登録勧告があった遺産は、現存する国内最古のキリスト教会の国宝「大浦天主堂」(長崎市)や、江戸幕府の禁教政策の下で信仰が維持された集落など12の資産で構成されている。
 わたしは世界遺産登録を申請していると聞いて、これはすぐにでも登録されるだろうと思っていた。
理由はといえば文明社会である日本の総人口の1%程度しかいないのは許せないことであり、信者を増やすのがキリスト教社会の宿命でもあるのだ。
 世界文化遺産登録されることはおめでたいことであるが、何故、時の権力者が伴天連を追放し、キリスト教を禁止したかについてはオブラートに包んだものになるだろうと予想していたが、勧告を受けて動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開された長崎県制作の2本のアニメは、禁教下で離島へ移り住み、仏教徒を装い祈りをささけたキリシタンの歴史を紹介するものだったが、わが国でキリスト教が禁止された理由についてまったく触れられていなかった。
これでは禁止令の真の意味も分からず、時の権力者を悪の権化にするだけの歴史の改竄にしかすぎないのである。
  ただ言えることは天草の隠れキリシタンの文化に接したことがあったが、彼らがいかに巧妙にクリスチャンであることを欺き、200年もの間、信仰を続けたその執念深さにそら恐ろしいものを感じた。
 あのカリスマ宗教ともいえるオウム真理教の信徒が麻原彰晃を教祖と信じ、地下鉄サリン事件や坂本弁護士一家殺害事件を起こしても、「アレフ」「ひかりの輪」と名称を変えながら生きながらえているのと何が違うのだろうか。
これらの集団は良い悪いは別として、指導者の導き次第で命を捨てる覚悟があるということに何ら変わりがないと理解した。

 

初めての方へ(長崎県庁PR) 1分
http://kirishitan.jp/guide
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産(日本語版)16分
https://www.youtube.com/watch?v=oOPW3Hg1IFI
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
産経新聞オピニオン
モンテーニュとの対話 「随想録」を読みながら 抜粋

■人身売買に言及した秀吉
 キリスト教は1549年、ポルトガルの支援を受けたイエズス会のフランシスコ・ザビエルによってもたらされ、織田信長の庇護を受けて順調に信者を増やしてゆく。
信長の政策を継承した豊臣秀吉は1586年、大坂城でイエズス会日本支部副管区長のガスパール・コエリョと会い、同年にはイエズス会に対して布教の許可証を発給する。
 ところが翌年、薩摩の島津氏を下して九州を平定し、その帰途筑前箱崎(現福岡市)に滞在していた秀吉は、長崎がイエズス会領土となっていることを知らされる。キリシタン大名、大村純忠がイエズス会に寄進していたのだ。
 イエズス会宣教師で信長や秀吉と何度も会見しているルイス・フロイスは『日本史』の中で、その時の秀吉の様子を次のように描いている。
 《(グレゴリオ暦7月24日の夜)彼は怒り狂い、我らの主なるデウスを冒涜する言葉を吐き、司祭たち、および全キリシタン宗団に対する悪口、讒言(ざんげん)を放ち》 秀吉は家臣をコエリョのもとに遣わし、尋問を受けそれに返答するように命じる。尋問内容は次の3点。
 \霪暗な布教手段を講じるのはなぜか。日本の僧侶のように屋敷や寺院の中だけで布教ができないのならマカオに帰れ。
 ⊃祐屬力働を助けてくれる牛馬をなぜ食べるのか。どうしても肉を食べたいのならシカ、イノシシ、キツネ、キジ、サルを用意してやるからそれを食え。
 自分はポルトガル商人らが多数の日本人を購入して奴隷として海外で売りさばいていることを知っている。それは許されない行為だ。遠隔地に売られていったすべての日本人を日本に連れ戻すよう取りはからえ。それが無理なら、現在ポルトガル商人が購入している日本人を放免せよ。その費用は自分が持つ。

 コエリョはこう答える。
 ー分たちの教えは日本人にとって新奇なものゆえ、自分たちから人々を求めて歩かぬ限り布教はできない。日本人がキリスト教に改宗するのは神仏の宗教では救われないことを悟ったからだ。
 確かに牛は食うが馬は食わない。牛を食うことを慎むよう全国の宣教師に注意喚起するが、日本人が牛肉を売りにくるという現実をお忘れなく。
 自分たちも奴隷売買には心を痛めている。ただそれは九州においてのみで、近畿や関東では見られない。もっとも肝要なのは、外国船が貿易のために来航する港を持つ九州のキリシタン大名が奴隷売買を厳重に禁じることだ。
 コエリョの返答に激怒した秀吉は家臣たちを前に。
(奴らは一面、一向宗徒に似ているが、予は奴らのほうがより危険であり有害であると考える。…彼ら相互の団結力は、一向宗徒のそれよりも鞏固である。このいとも校滑な手段こそは、日本の諸国を占領し、全国を征服せんとするためであることは微塵だに疑惑の余地を残さぬ)と述べる。
 そして再び家臣をコエリョのもとに遣わして尋問させる。「キリシタンはいかなる理由で神仏の寺院を破壊し像を焼くのか」と問われたコエリョは、「神仏は彼らの救済にも現世の利益にも役立だないので、彼ら自らが決断して破壊行動に走るのだ」と返答する。
 これを聞いた秀吉は《予は日本のいかなる地にも汝らが留まることを欲しない。ここ二十日以内に、日本中に分散している者どもを集合せしめ、日本の全諸国より退去せよ》という趣旨の布告を家臣を通じてポルトガルの通商責任者である司令官ドミンゴス・モンテイロに渡す。それがいわゆる伴天連追放令である。
 以上の記述はすべてフロイスの『日本史』によっている。イエズス会の立場で書かれた文書ゆえ、秀吉は徹底的に辛辣に描かれている。こんな具合だ。《彼は身長が低く、また醜悪な容貌の持主で、片手には六本の指があった。眼がとび出ており・・・》。それにもかかわらず、同書からはキリスト教とポルトガルが日本をじわじわと蹂躙し、強い危機感を持った秀吉がこれに反撃を加えるようすが伝わってくる。こうした前史を省いて、潜伏キリシタンだけを切り取るのはどうかと思う。イコモスの真意は奈辺にあったのだろう。
 第1巻第56章「祈りについて」でモンテーニュは祈りにシニカルな目を向けてこう記す。《我々は神を呼んで我々の悪事に助力させる。神を不正に引きずり込む)。コエリョの言動を指摘しているようだ。
 ※モンテーニュの引用は関根秀雄訳『モンテーニュ随想録』 (国書刊行会)によった。 

◎キリシタン大名とポルトガル宣教師の悪行 2016/07/29
http://livedoor.blogcms.jp/blog/wildhorse38/article/edit?id=52078951
  
Posted by wildhorse38 at 13:52Comments(0)日本の歴史と伝統

2018年05月03日

◎ねつ造民族 韓国・朝鮮人の日本に対する悪辣なウソと闘え

 いま韓国では慰安婦(売春婦)に引き続き徴用工(単なる労働者)問題を持ち出して反日攻勢を仕掛けてきている。
われわれはウソを極端に嫌う民族として知られているが、諸外国は性悪説が基準であるが、日本人は武士道精神が基準であり性善説の立場で判断する。
また他人様の前で激しく口論したり、泣き叫んだりすることを極端に嫌う傾向がある。
それを逆手にとって日本人を貶めているのが韓国・朝鮮人であり中国人だ。
 戦時中に徴用労務者として来た者は245人にすぎないということは自分の資料で知っていたが、今回改めて産経新聞の【産経抄】で昭和34年7月11日付外務省記事資料を引用していたものであると紹介されていたので紹介する。

 当時の新聞には韓国からの違法入国者について多くの記事が紹介されていた。
在日済州島人の「不法入国」から「特別在留」獲得まで 新聞記事見出し
http://depot3.blog75.fc2.com/blog-entry-30.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【産経抄】産経新聞 2018.4.28 
 政府が17日に閣議決定した答弁書は、昭和34年7月11日付外務省記事資料を引用していた。資料は「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」で、朝日新聞が「大半、自由意思で居住 外務省、在日朝鮮人で発表」と報じていたものである。

 ▼資料によると当時の在日朝鮮人約61万人中、戦時中に徴用労務者として来た者は245人にすぎない。資料は断じる。「大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、事実に反する」。

 ▼資料は、高市早苗前総務相が外務省を叱咤(しった)して探させるまで、埋もれた存在だった。平成22年3月10日の衆院外務委員会で高市氏が「現在も有効か」と問うた際には、民主党政権の岡田克也外相はあやふやに答えた。「急に聞かれても私、把握していないので分かりません」。

 ▼それが今回、内閣の公式見解である答弁書に登場したのだから、8年ぶりに「有効だ」との答えが出たことになる。在日韓国・朝鮮人は強制連行された人々の子孫だとの神話は、もう通用しない。自らの意思や家族に連れられるなどして日本に渡った人々がほとんどなのである。

 ▼小泉純一郎元首相の父、小泉純也法務政務次官は昭和30年6月18日の衆院法務委員会で、韓国からの違法入国者について訴えている。「向こうからは、入れれば手段方法を選ばず、命がけでも密航をして、怒濤(どとう)のごとくどんどん入ってくる」。

 ▼27日の韓国と北朝鮮による南北首脳会談では、盛んに平和と友好が強調された。それはいいのだが、両国が手を携え、徴用工問題などで事実に基づかない反日攻勢を仕掛けてくる様子も目に浮かんだ。
  
Posted by wildhorse38 at 12:24Comments(0)反日国家