2005年06月11日

◎サイパン島バンザイ・クリフの悲劇は米軍の強姦と虐殺が誘発した

 昭和19年7月、サイパン島陥落時に邦人男女が「万歳」を叫んで次々に断崖から海に身を投げて自殺したいわゆる“バンザイ・クリフ事件” 実は米軍による婦女暴行や虐殺が誘発した事件であったことが生々しい自殺説として『我ら降伏せず サイパン玉砕の狂気と真実』田中徳祐著に綴られていた。彼は敗戦後もゲリラ活動で戦い通した元陸軍大尉である。

この著書はもはや絶版となっており、大きな図書館にかろうじてあるくらいだ。

 

その手記の一部であるバンザイ・クリフ事件の項を紹介する。

 

サイパン島「いまだにジャングル内に残っている日本の兵隊さん、住民に告ぐ。いまかけた歌は、なんと懐かしい歌ではありませんか。みなさんの幼い頃を思い返してください。一日も早く、平和な日が訪れるのを、故郷の父母が待っていることを忘れないでください」

 

 そしてさらに、「米軍は虐待しません。命が大切です。早く出てきてください」 投降を勧める放送は再三くり返された。

 

 我々はその放送を頭っから否定した。「そんな甘い手に我々がのると思うか」放送を耳にすればするほど、強い敵気心が湧いてきた。

 

 投降呼びかけの放送とはうらはらに、米軍は人道上許しがたい残虐な行為を次々と展開しだした。

 

 我々は、バナデルの飛行場を見おろせる洞窟に潜んでいた。距離にして1000米くらい先に、上陸してすぐの3月20日から作業をはじめ完成させた滑走路が横たわっていた。しかしいまは米軍の砲爆撃で無惨な姿をさらけだしている。

 

 そこへ、三方から追いまくられた数百の住民が逃げ込み、捕われの身となった。 幼い子供と老人が一組にされ、滑走路の奥へ追いやられた。婦女子が全員、素っ裸にされた。そして、無理やりトラックに積み込まれた。積み終ったトラックから走り出した。婦女子全員が、トラックの上から「殺して!」「殺して!」と絶叫している。

 その声がマッピ山にこだましてはねかえってくる。

 

 やがて、次のトラックも、次のトラックも走り出した。 絶叫する彼女たちの声はやがて遠ざかつていった。 ……なんたることをするのだ! 小銃だけではどうすることもできない。もし、一発でも発砲すれば敵に洞窟の場所を知らせることになる。この悲劇をただ見守るより仕方ない。(この婦女子はその後、1人として生還しなかった)

 

 婦女子が連れ去られたあと、こんどは滑走路の方から、子供や老人の悲鳴かあがった。ガソリンがまかれ、火がつけられた。飛び出してくる老人子供たち。その悲鳴・・・。米軍は虐待しません、命が大切です。早く出てきなさい……。

 

あの投降勧告はー体なんだったのか。常夏の大空をこがさんぱかりに燃え上がる焔と黒煙。幼い子供が泣き叫び、絶叫する。断末魔があがる。そのすさまじいばかりの叫びが、中天高くあがり太平洋の波をゆさぶらんばかりである。

 

「おい、もうがまんならん。撃て」この状況をみていた私は叫んだ。同時に吉田軍曹が一発撃った。しかし、なんの効果もない。敵は、もはや我々に無頓着である。

 

 残虐な行為は凄絶をきわめた。火から逃れようとする子供や老人を、周囲にいる敵兵は、ゲラゲラ笑いながら、また火の中へ突き返す。かと思えば、死に物狂いで飛び出してくる子供を、再び足で蹴りとばしたり、銃で突き飛ばしては火の海へ投げこんでいる。

 

二人の兵隊が滑走路のすぐ横の草むらに置き去られて泣いている赤ん坊をみつけだし、両足を持って、真二つに引き裂いて火の中へ投げこんだ。「ギヤッー!」という悲鳴。人間がまるで蛙のようにまた裂きにされ殺されていく……。彼らは、それをやっては大声で笑った。無気味に笑う彼らの得意げな顔が、鬼人の形相に見えた。

 

 射撃をやめ、この非道な行為を脳裏に焼きつけた。いまは眼からは一滴の涙も出ず、この恨みを、どこまでも生き抜いていつかきっと返さねばならぬと、全身に激しい怒りがみなぎった。

 

 恨みに狂う我々はしかし手のほどこしようもない。焼き殺されていく無惨な運命にただ合掌し、霊を弔うだけが精一杯だった。

 我々の発砲にとうとう敵の反撃が始まった。看護婦たちが自決した右上の丘陵伝いに、攻撃してきた。我々は洞窟に潜み、抗戦をつづけた。そして夕暮れまでなんとか持ちこたえた。だが、この戦闘でも半数は死傷者となり、明日への戦闘能力を失った。

 

『我ら降伏せず サイパン玉砕の狂気と真実』田中徳祐著からの抜粋

 

 

ライフ誌に載った日本人の頭蓋骨のお土産ここにこんな写真がある。

これは1943年の「ライフ」誌に載っていた、南太平洋戦線で戦った米兵が婚約者に送った日本人の頭蓋骨である。

 

「あれがパリの灯だ」で有名な飛行冒険家のリンドバーグの手記に載っていたが、日本兵の捕虜を飛行場に集め、ブルドーザで生きているまま踏み潰した話、たくさんの日本兵の捕虜を殺害し残飯捨て場に捨てた話、この写真のように日本兵の頭蓋骨をお土産に持って帰るのが流行った話おまけにまだ緑色した頭蓋骨(皮を剥いで間もない)を衣のう(軍隊の大型の袋)に入れていて飛行場で注意を受けた話、大たい骨を削って靴べらにするのが流行った話等

 

常識では考えられないことをするのが騎馬民族アングロサクソン、支那人、朝鮮人である。これをやられたのが我々の父であり、祖父の時代の日本人である。

 

今回 天皇皇后両陛下の戦没者慰霊のご訪問を機に遺族の間に反米感情が沸き起るのではないかと、米政府が心配するのもわかるが、日本人はGHQの洗脳を完全に受け入れて悪いのは日本軍だと思い込んでいるから心配しなくともいいですよ。

 

 小林よしのり(ゴーマニズム)が反米を標榜するのがわかりますね。だって彼は真剣に勉強しているようですから・・・。

 


西欧の植民地喪失と日本―オランダ領東インドの消滅と日本軍抑留所

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wildhorse38/24845255
この記事へのトラックバック
1 : ☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ <b>@☆ば?/span> : 2008/06/04(水) 22:47:49 ID:???0 ・太平洋戦争(大東亜戦争)が始まる直前の1941年10月に制作されたのがこの「POST-WAR  NEW WORLD MAP」。内容は、第二次世界大戦後の世界がどうなるのか描いたもので、  フィラデ...
DVD【PukiWiki Plus! (PukiWiki/TrackBack 0.3)】at 2008年06月06日 11:15
この記事へのコメント
私はサイパンに在住し、その歴史を勉強しているものです。
フラッと立ち寄らせていただきましたが、この部類の話に興味があり飛び込んできました。サイパンではアメリカンメモリアルパークという場所に最近ビジターズセンターという資料館ができました。しかしアメリカ側が作った資料館なので、アメリカ側の視点で“これぞアメリカ!”という感じに作られています。現在私はサイパンで歴史に関する観光ガイドをやっていますが、こういった見たくない知りたくないような内容でも目を逸らさずに知っていきたいと思っています。それがサイパンに住んでいる現在の日本人としての責務です。これからもこういった資料がありましたら、勉強させてください。
Posted by オーナー at 2005年06月14日 11:58
アメリカの国力をそぐ為には、アメリカ国内で反ユダヤ主義を煽ることです。

そうしてイスラエルとの連携を断ち切り、ユダヤ資本の行動を鈍化させることで、アメリカの国力を落とせます。

仮想階級の不満を、共産主義者の手法で、煽れると思います。
Posted by 鬱病軍師 at 2005年06月21日 01:37
私の伯父は陸軍少尉としてサイパンにて戦死しました。遺族の元には何も遺品はありませんもちろんい遺骨もありません。母などに聞くととてもやさしい男であり、妻と娘がありましたが、戦後は大変苦労をするはめになりました。私が怒りを覚えるのは、いまだに日本政府がサイパンの地に散っていった方々の遺骨を回収していないことです。もちろんサイパンだけでなく満州、ノモンハン、中国、インドネシア等でも未だに多数の遺骨が朽ち果てております。戦後の自民党政府が行ってきたこと、官僚が行ってきたこと、防衛省が行ってきたことは許しがたい行為です。
何が国防ですか!
ふざけるんじゃないよ!
彼らの頭には自分の出世欲と金銭欲、保身欲しかありません。
自衛隊の海外派兵の前に、世界中に散らばる、日本のために命を捧げた尊い方々の遺骨を完全に収集することが先決でしょう!
日本は世界のリーダーとなる素質をもっていますが、それには国内において経済的平等と博愛を完結することです。格差をなくし、ユダヤの金オンリーの市場経済を解体し、助け合いの博愛精神を子供たちに教えるべきです。
株投資に見られるユダヤの商売を悪として教育の場で教え、強さに裏打ちされたやさしさを子供たちに教えましょう。
Posted by 戸崎雅章 at 2008年11月12日 23:39
雨工と支那猿、朝鮮、ロシアはやる事が似てる
一緒に滅べ
核武装賛成 でないとなめられて直にもっと惨めな最後になるよ
Posted by そおりすがり at 2009年05月25日 00:04
バンザイクリフで韓国人が中国人に射殺されたという報道を観て、バンザイクリフは知っていたけれど本格的に調べたことはないなーと、ググッてみました。

考え方は人それぞれだとは思うのですが、こういうお話はいろんな場所で拝見するにも関わらず、さも日本が全て悪であるかのような綴り方をしているサイトがまだあり(それも上の方に)、ゲンナリしました。

日本の全国民が目覚めるのはいつになるのでしょうか。WGIPはまだまだ生きているなぁと思います。
去年のレスに対して何ですが、遺骨収集は民間、政府等により少しずつされているそうですね。
硫黄島は陥落後に米軍が敷いた滑走路をそのまま使ってるんですが、滑走路の下に日本兵の遺骨がたくさんあり、麻生政権はそれをひっぺがして収集するように予算を組んだとの事でしたが…政権は変わってしまったしこれからどうなるのか心配ですね。
Posted by みゆ at 2009年11月21日 00:47