2012年11月14日

◎日本の女傑たち

 高山正之の変見自在『ジョージ・ブッシュが日本を救った』新潮文庫を読んでいたら戦前の女傑たちの話が出ていた。
この中で特に印象に残ったのが”太平洋戦争当時の杉山元帥夫人の啓子氏”元帥にもなって責任逃れをしのうのうとしている夫の元帥に対し、”あなたは自決すべきだ”と迫り、自分も作法通りの自決をして後を追ったという話に感動したのだ。
男というものはいざという時に及び腰になって見苦しいところ見せてしまうものであるが、覚悟を決めた女はものの見事に死花を咲かせるものである。
 現代の女傑はと言われれば、ジャーナリストの櫻井よしこ、弁護士で政治家の稲田朋美、コメンテータで作家の金美齢(日本国籍を取得)、作家で元日本財団の曽野綾子があがるであろう。
彼女らの共通点は”日本をこよなく愛しているということ”と”正鵠を得たブレナイ主張”をする。
田中真紀子はどうかという意見もあるが、私に言わせれば田中角栄の遺徳を汚すわがままで世間知らずのバカ女である。

 男たちは世間の目を気にして自分の主張に殉ずるという気合が感じられない。
石原慎太郎にしてもどんなに良い意見を言っても、所詮はバカ息子可愛さの見苦しさが目に付く。
世界のHONDAを身内に譲らなかった本田宗一郎の爪の垢を煎じて飲め!と言いたい。
弱きもの汝の名は男なり! 

変見自在『ジョージ・ブッシュが日本を救った』新潮文庫から引用
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■見下げ果てた男ども
 産経新聞に今(2004年)「日露開戦から100年」が連載されている。同紙では名文家の皿木喜久(さらきよしひさ)が担当し、歴史漫歩風に当時の日本人の気概を書き込んでいる。
 日露が初めて干戈(かんか)を交えた二月ハ日付では二十代の美貌女性間諜(かんちょう)、河原操子(かわはらみさこ)の話だった。
http://witny.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-d099.html
 内蒙古(うちもうこ)の王家から教師として招かれた彼女に日本政府は「ロシア軍の動向を探るよう」密命を下す。
 赴任地は熱河(ねつか)に近い要衝のカラチン。日本人の影もない異郷の地は当時、ロシアが政治的、軍事的にも勢力を広げつつあった。
 そして日露開戦。操子はロシア側の動きを探り、日本に書き送った。露見すれば懐剣で「見事自刃(じじん)せん覚悟」だった。
 いい根性の源は「松本藩の漢学者の家に生まれた」出自に負うところが大きいように思う。
 人はどう生きるかを見つめさせる武士、あるいは教育者の家庭教育という意味だが、その成果は操子に見るように女性の方がいい出来だったように思える。
 例えば太平洋戦争当時の杉山元帥夫人、啓子。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%B1%B1%E5%85%83
 亭主は陸軍の東大にあたる陸大を出ている。成績がいいだけで傲慢(ごうまん)にして無能。今の官僚とまあ大差はない。
 その亭主が真珠湾から四か月目、東京にドゥリトル指揮下の爆撃機が来襲したときに無分別な行動に走ったのだ。
 宸襟(しんきん)を騒がせた爆撃で軍部の面子を潰(つぶ)された杉山はその腹いせに撃墜した米軍機の乗員を処刑しろと言い出した。
 東条は捕虜として扱えと主張したが、杉山はごり押しして、乗員は斬首(ざんしゅ)された。
 しかしポツダム宣言受諾後は官僚根性丸出し。捕虜斬首の始末は部下に押し付けて知らん振りを決め込んだ。
 軍部独裁の象徴みたいなこの人物はなぜか巣鴨にも呼ばれず、逃げおおせたかに見えた。しかし小倉藩士の家庭に育った啓子がそうはさせなかった。
 「あなたは自決せぬのですか」と迫ったといい、亭主は長いためらいのあと拳銃自決した。
 啓子夫人はその知らせを自宅で受けたあと、作法通り膝を紐(ひも)で縛り、懐剣で胸を一突きにして「見事白刃」している。
レイプ400 あの時代、女性は総じて強かったと五木寛之が『みみずくの夜メール』に書いている。
 平壌で終戦を迎えた彼は家族とともに日本へ脱出を図る。しかし、道中は強盗と変わらぬロシア兵が検問を張り、彼らのトラックを止める。金目の物を奪い、さらに女を出せと脅しをかける。
 男たちは沈黙する。そして何人かの女性が同胞や肉親のためにロシア兵に身を任せた。
 仁川の港にやっと着くと今度はオーストラリア兵がハイエナのように群がる。金がないと分かると、ロシア兵と同じに女を求め、再び何人かの女性が犠牲を強いられた。
 『みみずく……』には引揚者の一部約九百人の女性についての調査が引用されていて「うち七十人がレイプされ、十九人が性病をうつされ」ていたという。
 彼女らの苦悩は続く。やっと着いた博多港で五木寛之は多くの女性が治療と手術を受けるためトラックで運ばれるのを見ている。
治療は性病のことだが、手術はロシア人に強姦され不幸にも妊娠した女性たちの中絶を意味する。
 「麻酔薬さえない手術をだれもが歯を食いしばって耐え、泣き声をあげる人はなかったという」
 ロシアが攻め込んできたのは日本降伏のわずか一週間前たった。
 その時点をスターリンに選ばせ、「強姦しか趣味のない」とトム・クランシーが書くロシア兵に陵辱の限りを尽くさせたのは、国を売った男、朝日新聞記者の尾崎秀実(ほつみ)だった。
 その尾崎の後輩男性論説委員は日露戦争百周年記念の日の社説に「ロシアは東アジアを侵略する意図はなかった」と操子のリポートを全否定する嘘を書いた。
 勇敢な日本女性に対し何と見下げ果てた男どもだ。
                          (ニ○○四年二月二十六日号)

  

Posted by wildhorse38 at 11:53Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月19日

◎“日本の男の子は気持ちが悪い!”と言われて・・・

otoko

 最近の若い人を見ていて感じることは、3・40年前には感じたエネルギーと言おうか、男らしさが感じられなくなってきている

テレビを観ても、学生を見てもギラギラした脂っぽさも感じられない

テレビはデブ専にオカマがハバを利かせており、NHKを始め民放でもゲイが市民権を持っている

ゲイ能界やファッション界にはゲイが多いと言われているが、昨今ほど大手を振ってカミングアウトしている日本は異常と言えるかもしれない

私は決して差別主義者ではないが、彼らを子孫繁栄の摂理から見たら“正常な肉体と精神”を持っているとも思っていない

日本人は実家が金持ちであっても、自分が高学歴やその道のエキスパートであっても、自分からその履歴をひらけかすような態度はヨシとしないのが美徳である

それと同じレベルと考えてゲイを公表しないのが周りの人に対する思いやりであり、

“私はオカマよ!”をウリにするなとも言いたい

 

 最近の高校生や大学生を見ていて感じることは、“女子学生の男子化“”男子学生の女子化“を強く感じる

女子高生の男言葉の汚さは半端ではない

女性が男言葉を使ったら男性の何倍も強烈に聞こえるということを理解していないのだろう

女性が入ったグループは殆どが女性がリーダとなり、男子はその他大勢の中の一員となり切り、受け身に徹する傾向がある

 

 実は今般ツアーでヨーロッパへ行ってきました

その時の添乗員さんのお話で、最近こんなことを言われました

欧州の若者が日本の若者を見て「あれは男ですか、女ですか?」と真面目に聞かれたという

彼らは日本人の男の子を見て男女の区別がつかないらしい

“男だ!”というと日本と言えば“サムライ”のイメージがある彼らはなかなか信用しなかったそうです

そして彼らの次の一言「気持ちが悪い!」だったそうです


 中性的ファッションといい、体つきもナヨナヨしていて胸の厚さもなければ、腹筋も締まってない

話す内容が女性とあまり変わらなく、顔も締まりがない

添乗員さんが同室に泊まるという女性2人と男性1人の3人グループの若者に“大丈夫ですか?”と聞いたそうです

“何がですか・・・私たちは男女の関係はありません!”と答えたそうです

昔の若者には考えられないことでした

なるほどヨーロッパの若者は男女の区別が明確であり、若い雄と雌を感じます。

その方が子孫繁栄の観点からすれば正常の成長をしているのである。

日本の若者からは、メスは発情の色気を見境なくまき散らし、雄を圧倒しており、中性的オスからは迷える子羊のごとく女性についていく姿しか見えない

 

最近は日本の若夫婦間で“セックスレス”が問題になっている

もったいない話である

昭和の時代には聞かれなかった言葉である

 

最近の青少年の性行動調査で、高校生では男女とも経験者は50%を超えており、

大学生は80%を超えていると出ている

性行動では女性がリードしており、男性は女性に好かれるにはどうしたら良いかばかりを考えて付き従っていると言える

これは処女性を重んじなくなった社会通念を逆手に取り、セックスを餌に男性をホンロウしているこの傾向を否定しなければ“逞しい日本の男児”は戻ってこないと思いませんか???

 

  
Posted by wildhorse38 at 12:10Comments(1)TrackBack(0)

2006年06月21日

◎成熟しない女たちとオスになりきれない男たち

親子   1人の女性が一生涯に産む子供の数を示す「合計特殊出生率」が「1.25」という過去最低を記録するなか政府はドラえもん大臣を中心に少子化対策を立てているが、女性たちの子供を生まない理由は政府のいう少子化対策と直結していないのが現状である。

 

「出産適齢期」といわれる20代後半から30代前半の女性の生まない理由は「子供を作ることにより失うものが大きい」という。

すなわち子供を生むことがマイナスイメージであると見ている。

 

今年の「男女共同参画白書」によると平成12年に出産した人で、出産前後に仕事を止めた人の割合が61%、出産後に正社員として再就職を果たした女性は希望者の45%にとどまった

 

また日本家族計画協会常務理事で産婦人科医の北村邦夫さんは、平成16年、男女約1580人を対象にセックスレスの実態調査をしたところ、既婚者の約3割が該当したと言っている。

彼らは「仕事に疲れてその気になれない、不意の妊娠で仕事上の評価を落としたくない」という。

 

世間では経済的に子供を作れる状況にない、だから政府はもっと税制や補助金を考慮してくれとか、保育所をもっと作れとか金に絡む話ばかりが先行している。

 

私は違うところに問題があると思う

「主婦として子供を生み育てることは女としての最大の仕事であり、誇るべきものである。」

女ばかりが苦労するとか、家庭外での仕事ができなくなるというマイナスイメージを払拭しなければ、いくら経済的に楽になったとしても、子供のために使うというより、自分たちの遊びやゼイタクに使うのがオチである。

 

私は子供を育てるということはキャリアウーマンの総合職に匹敵すると思う。

そこには医学的専門知識、社会常識、児童心理学、日本民族の伝統と文化、教育学、哲学等オールラウンドプレーヤーでなければやっていけないし、また子供を育てることにより、自分を磨くことができる。

到底 生半可な男ドモが戦える相手ではない。

ただ自分たちのやっている素晴らしい事業に女性たちは気が付かないだけである。

 

これからどうあるべきかといえば、

日本の家庭生活の素晴らしさ、子供を生み育てる楽しさ、子供がいることによる夫婦の絆等の大切さを教育の場、楽しいホームドラマ等でイメージつくりをやり、専業主婦の社会的地位を上げることが大事である。

 

開発途上国から豊かな近代国家になるに従い「男らしさ」と「女らしさ」は限りなく近づくものであり、

その比率が2:8から4:6へ、4.5:5.5に近づくものである。

男は野性味を取り戻さなければオスにはなれず、女から見ても優しいだけの男は魅力がないと思うがいかがでしょう。

 

政府がやることは不妊手術の補助または健康保険の適用とか、子供なしの夫婦共稼ぎには高い税率をかけるとか、国家存立にかかわることを見極め、税率や補助金を検討する。

ただし、社会現象として男性のメス化、女性のオス化により結婚に拘泥しない族が増え、結婚したくとも相手のいない若い女性もいるので、その辺はご配慮を・・・

 

最近簡単に離婚をする若者や熟年層が増えている。

彼らに対する厚遇は離婚を増加させる一因ともなっている。

生活保護も厳密に精査しなければ不公平感を助長させる。

「過ぎたるは及ばざるが如し」

 

 「男らしさ」「女らしさ」は6割4割の世界

 http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/20821976.html

  
Posted by wildhorse38 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月21日

◎日露戦争戦勝100周年記念と明治の女

軍人の妻明治37年2月、日露両国は戦争に突入したその4ヶ月後の6月3日、いよいよ本格的な戦闘を迎えるにあたって軍部は文学者や画家に対し従軍を優遇する旨を発表したが、日清戦争の時にくらべ少なかった。満谷国四郎の「軍人の妻」には戦死した夫の形見の前で悲しみにくれる妻の姿が描かれている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

203高地の髪型

「203高地髷」の流行

束髪のひさしを張り出し、高く結ぶスタイル

日露戦争の激戦地203高地に形を似せたといわれ、占領後の戦勝ムードを反映、年齢を超えて広がった

  
Posted by wildhorse38 at 00:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月18日

◎さんまも驚く今時の価値観

(その1)

先日のテレビのトークショーで30歳ぐらいの若い芸人が彼女との付き合いについて話していた

 

今付き合っている彼女に予告なしで彼女の部屋に行った

 

ドアが閉まっていて部屋に人の気配はなかったので、そこから携帯をかけてみたら

彼女の返答は「部屋でテレビを見ている」とウソをついた

 

彼女を問い詰めたら元カレとホテルでベットインしているとのこと

 

さんまが「許せないですよね!」と言ったら

カレはこんなことを言った

「彼女だって元カレと会いたいときもあると思う

僕の許せないのは素直に謝らなかったことだ」

 

さんま曰く 「素直に謝ったら許したの?」

「はい 許したと思います」

 

さすがのさんまもビックリ

 

 

三つ巴の幸せな家族(その2)

30代の主婦と元カレの話

A子は結婚前元カレのB男と付き合っていた

 

結局A子はC男と結婚し子供も生まれた

 

 A子が結婚してもB男はA子の家族に贈り物をしたり世話をやいたりしているという

 

A子とC男それに元カレのB男がそろって幼稚園の発表会や運動会の応援に行っているとのこと

 

 この関係を

理解できるというのが40代の女性

 

そんなこと許せないと息巻くのが50代の女性

 

唯ビックリして「なんじゃそれ!」と二の句が告げないのが50代後半の男性

 

日本の倫理崩壊を叫ぶ60代

  
Posted by wildhorse38 at 00:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月15日

◎休談(その2) 現代にも通用する明治の貴婦人

彼女の気品ある美しさに圧倒されるのはアーネスト・サトウばかりではない!

陸奥宗光夫人(亮子)

  
Posted by wildhorse38 at 19:29Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月05日

◎休談 明治時代のポスターに見る美人系図

明治のポスター1

明治のポスター1                                                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い雑誌を見ていたらこんな珍しい画像が出てきた。                               日頃難い話ばかりのBlogにも「休談」が必要かもしれませんね。

このポスター驚くなかれ明治30年〜45年日清・日露戦争の頃のポスターです。かなりサバケてますね

新橋駅に等身大のの美人画が登場 乗降客の目を奪ったのは明治32年 その頃から印刷技術の進歩もあって美人がポスターが続々と登場し始めた 明治40年の東京勧業博覧会で1等賞を得た岡田三郎助の油絵「某婦人の像」がそのままポスターに利用され 44年にはポスターの懸賞募集に1000円の賞金をつける百貨店も登場 橋口五葉の美人画が入賞したが 大正期に入るに従い アールヌーボー風のポスター美人が主流を占めるようになる

 

  
Posted by wildhorse38 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月24日

◎愛する家族と男の責任 「シンデレラマン」

久しぶりに男を感じる映画を見た。

それは「シンデレラマン」

シンデレラマン1Russell Crowe(ラッセル・クロウ)主演、Renee Zellweger(レニー・ゼルウィガー)助演の家族愛の映画だ。ラッセル・クロウの渋い演技とレニー・ゼルウィガーの決して美人じゃないけれど女としての可愛らしさが絶品であった。ポール・ジアマッティが脇役として味のある演技をしており見ごたえのある映画であった。

愛する妻のメイと、3人の子供たち、それはジム(ジミー)・ブラドックにとってかけがえのない存在。家族に囲まれたジムの人生は、希望に満ちている。前途有望な若きボクサーとして、強力な右ストレートを武器に栄光への階段を駆け上る彼が、タイトルを奪取するのは時間の問題。その手で家族を守っているという自負が、ジムを一層幸せな男にしている。
 しかし、1929年、右手の負傷がきっかけとなり事態は一転。さらにその年、追い討ちをかけるように、大恐慌が起こる。アメリカ経済を壊滅状態にし、多くの人が一夜にして財産を失った大惨事は、ジムをも襲った。すべてを失った彼は、ケガをおして出場してはいたずらに負けを重ね、ケガと敗戦と貧困の悪循環へと陥っていった・・・。
右手を故障。勝利に見放された彼は、ライセンスを剥奪されてしまう。失業者のひとりとなり、日雇いの肉体労働に就けることすら難しい日々。困窮の中、彼が守りたかったのは愛する家族だけだった。そんなとき、かつてのマネージャーから一夜限りの試合復帰を持ちかけられる。それをきっかけとしてチャンスを掴み、世界チャンピョンに挑戦 ついに打ち勝って家族との平和な生活を取り戻すまでを描いている。
しかしこれだけであればただのボクシング映画である。

シンデレラマン2一番泣かせるのは電気も暖房も止められ子供たちを親戚に預けなければならない状況に追い込まれた彼は子供たちを取り戻すため、男としてのプライドを捨て、政府から緊急生活支援を貰い、ジム・ブラドックにとって一番行きたくなかった昔の仲間がいるボクシングサロンに行き、助けを請う。男としてどんなに情けなく辛い行為であったろうと思うと涙が出た。

しかし彼のマネージャーであり親友でもあるジョー・グールド(ポール・ジアマッティ)の熱い友情が彼を再起させる。ジム・ブラドックは記者会見で何のために戦うのかという質問に唯一言「ミルク」と答える。まさにこれが彼が戦う目的だったのです。

男は愛する家族の生きる糧を稼がなければならないとなったときは恥も外聞も捨て命をかけて戦うものであるということをこの映画は教えてくれた。

男の友情と責任、夫に対する妻の全幅の信頼が男を奮い立たせる。

「シンデレラマン」http://www.cinderellamanmovie.com/index.php

  
Posted by wildhorse38 at 21:44Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月11日

◎戦う男のロマン『フランス外人部隊』

 

今回テロリストに拘束されているといわれている斎藤昭彦氏は1981年1月までの2年間、陸上自衛隊に勤務し、最後の半年間は習志野駐屯地の第1空挺(くうてい)団に所属。

1983年6月、フランスの外国人部隊に入隊した。

 マルセイユ近郊のオーバーニュにある同部隊司令部の報道官によると、斎藤さんは2004年12月除隊するまで21年間勤務。当初は、同部隊で最も有名な第2落下傘連隊に所属し、旧ユーゴスラビア連邦からの独立を巡って起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争(92〜95年)などで活動した。

 

その後は南米のギアナやポリネシア連隊などに所属、ムルロア環礁での核実験施設解体作業などにも携わったという。

 

外人部隊2 除隊直前の階級は、それまでの日本人では最高の上級曹長で、部隊での地位は小隊長クラスまで昇進していた。入隊志願者の身元調査の責任者や、入隊を希望する日本人の通訳などを担当していたという。聞くところによると英語・フランス語・韓国語等全部で5ヶ国語に精通していたという。(読売新聞からの抜粋)

 

さてこの「外人部隊」という言葉を聞けばセピア色の白黒映画

カサブランカ:ハンフリー・ボガード/イングリット・バーグマンのお話。
モロッコ:ゲイリー・クーパー扮する外人部隊の兵士とディートリッヒ扮するモロッコ女性のお話

中高年のおじ様おば様たちはモロッコに郷愁を覚え旅する人が多いと聞く。

 

 フランス外人部隊フランス陸軍所属の外国人志願兵で構成される正規部隊である。

1831年の創設以来現代まで長い伝統と戦いの系譜を有している。

フランスに限らずヨーロッパではスイス人など外国人傭兵が活躍することが多かったが、近代になるとほとんどの国で軍隊は徴兵制による国民軍の形態を取った。

しかしフランスでは国民軍以外に外人部隊が存在し、戦闘で重要な役割を果たした。

 

その起源は1830年から始まったアルジェリア戦争でフランス軍人の死傷が余りに多いため、国民の非難を受けることを怖れた政府が外国人部隊の起用に踏み切ったことに始まる。

初期の外人部隊はアルジェリアで活躍し、その後もアルジェリアに駐屯することが多かった。

 

第一次世界大戦が勃発すると、100カ国を超える国民が外人部隊に志願し、ガリバルディ旅団がドイツ軍相手に奮戦した。1930年から1939年にかけての記録では日本人も60名参加したという記録があり、現在は35名の日本人が所属しているという。なお当時最も多かったのはイタリア人約6,000人、ロシア人約5,000人であった。この頃、ゲイリー・クーパーマレーネ・ディートリヒ主演のアメリカ映画「モロッコ」が製作され、当時の外人部隊の姿を忠実に伝えていると賞賛された。

 

第二次大戦後始まったインドシナ戦争では外人部隊が重用された。1953年ディエンビエンフーの戦いに投入されたフランス軍17個歩兵大隊中、7個大隊が外人部隊であった。

 

当時は元ドイツ軍兵士が外人部隊に参加することが多く、ディエンビエンフーの戦場にはナチス・ドイツの軍歌が鳴り響いていたという。その後勃発したアルジェリア戦争でも外人部隊の本拠地であるだけに重要な役割を果たした。

 

その後ドゴール大統領により、大幅な改編を実施され、司令部をマルセイユ近郊のオーバニュに移し、ストラスブールにも駐屯させた。

 

外人部隊1外人部隊の将校のほとんどはフランス軍将校であるが(フランス軍のエリート将校)、下士官兵や一部将校は外国人志願者であり、外国志願者は5年間勤務すれば、フランス国籍を得ることができ、近年には戦闘で負傷した者は5年を待たずフランス国籍が与えられることになっている。

 

現在の編成は8個連隊+αの編成となっており、フランス本土には司令部と7個連隊+αが置かれ、その他は海外に駐屯地している。  

 

 

フランス外人部隊には「名誉の掟」というものがある

 ・ 外人部隊は名誉忠誠を持ってフランスに尽くす志願兵である。

  ・ 外人部隊であることを誇りとし、服装は常にエレガントであれ!

   ・ 威厳あるしかも謙虚である行動をとれ!

   ・ 兵舎は常に清潔にせよ!

   ・ 戦闘においては感情憎悪におぼれるな!

   ・ 敗者となった敵を尊敬し、決して外人部隊の戦死者や負傷者、武器を見捨ててはならない

 

   これらは日本の武士道精神、軍人勅諭、自衛官の心構え、ヨーロッパの騎士道精神に匹敵する。

   すなわち軍人としての名誉と誇りである。

 

 現在のところ斉藤さんの安否は不明であるが、日本政府は救出に全力を上げるべきであるが、いわゆる功名心、天然ボケ、無知の善意、ジャーナリストと違って国を挙げて大騒ぎの末、大金をはたいて助け出すことだけはやめて欲しいと思う。

 

それは「プロの戦士」として覚悟を決めてイラクという戦場に来ており、数々の修羅場を潜ってきた彼の「プライド」が許さないと思う。

 

 


外人部隊―ディエン・ビエン・フーの黄金〈上〉
柘植久慶の最強兵士(レジオネール)への道―フランス外人部隊完全入隊マニュアル

 


傭兵の二千年史
傭兵の誇り―日本人兵士の実録体験記  
Posted by wildhorse38 at 20:39Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月07日

◎男の美学を忘れた男たちと韓流スターにはまる女たち

爽やかさん世は韓流ブームといわれて約1年。

街の本屋は韓流コーナーの一角を設け、韓国スターの本が山積みにされている。

今年の初め頃は常に4・5人の中年女性が群がっていたが、反日デモや反日パフォーマンスがTVで放映された今はブームに乗り遅れ、生活に疲れたような女性が一人二人、それでもTV界が当て込んで先撮りしていた残務処理で韓流ブームは続いている。

 

ところで何故こんなに韓国スターがハバを効かせているのでしょウンコすわりう。

日本の芸能界は数年前からお笑いブームであり、今や“お笑いでなかったら人にあらず”状態である。

以前にシブサを売りにしていた高橋英樹さえもいまやバラエティー番組のレギュラーである。

 

この連休間ゴールデンタイムにチャンネルのどこを回しても出てくるのはボケかましのアホ面したタレントばかりである

 

ペ・ヨンジュンNHKで火付け役になった「冬のソナタ」は実は私も見た。

初めは韓国の街並みや庶民の生活様式を知りたいと思って見ていたが、ストーリーの唐突さ、登場人物のさわやかさも魅力になってとうとう最後まで見てしまった。

 

 


礼儀覚え書―品格ある日本のために
男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章
男というもの

日本でプロデュースしたらこんなストーリーの粗いドラマは受けなかったろうと思う。
日本人の作品だったら、こんなことが許せるのかと思うのが、同じ街に住んでいながら、同級生が葬式にも出ない不自然さ、記憶喪失になりながらも自分の素性も知らない実業家ジュンサン、家の中でもマフラーや外套を外すのを見たことがない。こんなことは韓国ドラマだから許せたのでしょう。

そんな不思議なドラマでも微笑みの貴公子ペ・ヨンジュンの白い歯と日本人好みのヒロイン、ユジン役のチェ・ジウ、日本のドラマとどこが違うかといえば、傍若無人の女と押しが強い女に凹まされる男、オカマ風の男が日本のドラマであるならば、日本ドラマの30年前のヒロインと青年たちの純愛の姿が韓国のドラマといえる。

現在の日本のタレントに共通するのは颯爽としていない。
すなわち立ち姿が悪く、ピンと張った背筋の美しさがない。
煤けたような化粧のせいか清潔感がない。
二枚目もお笑いに魂を売っている。
そして更に言うならば、男性タレントが女性に媚を売る目線が多いともいえる。
これでは韓国スターには勝てないでしょう。
またトーク番組に出ている女性タレントの話の内容が下品で、ただ単に笑いを取ればよいというのがミエミエである。
女性が下品のレッテルを貼られたらそれで終わりですよ。でもリンカや久本が売れているんだよな・・・。

ではどんな日本人タレントが望ましいかといえば、
明るく清潔感に溢れ、気品のある立ち居振る舞いと上品なトークが出来る女性スター、
明るく清潔感に溢れ、背筋がスーッと伸びた爽やかでたくましい精神力を持った男性スターこそ望ましいのではありませんか。
こんなスターが出てこないかぎり、日本の女性は韓国スターの片言日本語に惑わされ、妄想逞しく勝手に自分の理想の男性と思い込む、そんな日本女性がかわいそうだと思いませんか。

日本の男性諸氏よ!
逞しく活発な女性に媚を売るような見苦しい真似はやめよう!
颯爽と逞しく爽やかな青年を演出しようではないか!
日本男児よ 男の美学を持て!

無理かな・・・。

 

  
Posted by wildhorse38 at 23:47Comments(0)TrackBack(0)