2014年12月26日

◎医者と患者の葛藤(その2)

病院2

Netである総合病院を見つけた。

7月検査入院をし、手術を含む各種の検査をした結果、悪性リンパ腫の〇〇であった。

担当医師のAと主任医師のBの2人体勢で診てくれると言う。

A医師はハキハキとした好感の持てる医師であり、まな板の鯉ならず牡丹鍋のイノシシの心境で任せることにした。

 

7月から抗がん剤の投与が始まり、それと同時に副作用が発症した。

化学療法のABVD療法の副作用は脱毛、声枯れ、便秘、下痢、口内炎、胃のもたれ、大腸の不活発、痔、不整脈の疑い、指先のシビレ、不眠症、食欲不振、若干のふらつき、軽い頭痛、白血球の減少、胸の痛みが一般的であり、そのほとんどを経験した。

 

8月中旬自宅からの通院に切り替わる。

A医師は患者が希望を持てるようにと良いことしか云わない。

副作用については脱毛、吐き気ぐらいしか云わず、

癌治療を受けながら仕事を続けても大丈夫だという。

本当かなと思いつつ将来に明るい希望を持ったものです。

 

ところが9月中旬段々と息苦しさを感じ、診断の結果、薬剤性の間質性肺炎に肺血栓塞栓症と判明、間質性肺炎は抗がん剤のブレオマイシンの副作用、肺血栓塞栓症は点滴用ポートの埋め込みにより血栓が生じたものであった。この時点では胸の腫瘍は順調に消えていた。

間質性肺炎の恐ろしさは事前に説明もなく、血栓はまれに飛ぶこともある程度であった。

彼としてはプラス・マイナスの情報を提供してもらいある程度の覚悟をするのが、彼の生き方であったが、マイナスの副作用について意識的に隠されると医師に対する不信感が湧くものである。

治療初めから手足のシビレ特に親指や足の裏のシビレは疼痛を感じるぐらいまでになっていた。医師は副作用で末梢神経障害を起こしていると判断し、その特効薬としてリリカ錠を勧めたが、つい最近の新聞に次のような記事が載っていたのだ。

「厚生労働省は、神経障害性の痛みの治療薬「リリカ」(一般名・プレガバリン)を服用した後、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認された」と。

私は稀にとか、めったにない副作用で病状が悪化して苦しんでいた。
医師がこれは良い薬であり、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用の発症は稀にしか起きないからと勧めたが、体質的に肝機能が弱い自分としては、稀にしか出ない副作用は必ず出ると判断をし、これは医師が何と言おうと飲まないと宣言した。
医師の処方にも拘らず云うことの聞かない私は、相変わらず末梢神経障害が改善されず手足がシビレまくっているのである。


 A医師が良かれと思って見せなかった患部が明確に写っている画像は、主任医師、外科の医師、放射線科の医師との面談の際に見ることができた。

A医師は血液検査の数値、PET−CT等の信奉者で数値を重視するタイプであり、B主任医師は患者の症状を判断基準の重点に置いているようであった。

 

12月中旬で抗がん剤治療は終わり、1月から放射線治療が通院で始まる。

自覚症状としては癌も、間質性肺炎も、肺血栓塞栓症も病巣が残っているという認識であるが、診断書には癌の“完全寛解”を確認と記載されていた。


 ただ言えることはA・Bの両医師は熱心に取り組んでくれており、その姿勢には共感を覚えており、信頼感を失っているということではない。

追求芯の強いジジイは“命根性が汚く”PCを駆使して自分なりに納得しての闘病をしたいのである。
医者にとっては扱いづらい患者なことは確かである。

患者として反省しながらも何処かで燻ぶっている自分がいた。

  

Posted by wildhorse38 at 00:17Comments(1)TrackBack(0)

2014年12月25日

◎医者と患者の葛藤(その1)

医者1

ある男性患者の話

 今年の1月頃から0℃前後で寒冷蕁麻疹がでるようになり、皮膚科に行ったら蕁麻疹用の塗り薬をくれた。これは血行を良くする薬だそうだ。例年は−10℃以下でないとこの症状は出なかったのだけれど・・・。その後、暖かくなるに従いこの症状も改善された。

 

 4月頃から右肩の首の付け根にシコリができた。あまり医者に行くのが好きでない彼は1か月ほど放っておいたら右頸部にもシコリができたので、近くの総合病院の総合内科に掛かったら、大学から派遣された若い女医さんであった。彼女は良くわからないので様子を見ましょうと言って、それで終わりであった。

首のシコリが固くなって触ると痛くなったので、半月後に再び総合病院を訪ねた。

2回目は前回の女医さんはいなくて若い男性の医者であった。

CTを撮り、血液検査をし、診断結果は前回の先生から申し送りでもありましたが、“良くわからないので様子を見ましょう”であった。

いまはnetの時代 自分なりに調べたら悪性リンパ腫ではないかと疑っていたのだけれども・・・。

でも医者は良くわからないという。いつまで様子を診る気だこのやぶ医者は・・・。

 

 5月下旬 札幌のある病院の耳鼻咽喉科で診てもらったら、首ばかりでなく胸に大きなシコリがあるので、外科で頸部のシコリを切り取り検査する必要があるという。

その後はどのようになるかと問えば、血液腫瘍内科のある病院を紹介するという。

医者というものは他人のデータを使わないものです。

また最初から各種検査をやるのであれば、2度手間になり費用も無駄になるのである。(その2)へ続く

  
Posted by wildhorse38 at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月27日

◎福島事故を冷静に見直そう

原発 「歴史通」11月号を読んで日本の行政・マスコミ・いわゆる知識層に疑念を抱くようになった。
中川恵一東大准教授の福島事故についての記事である。
これを読んで日本人というものは科学的根拠よりも弱者の立場に立った感情論を優先する国民性であるといえる。

◆目からうろこのお話
 1 どれくらいの被ばく量で発がんのリスクが出るかといえば、年100mSv(ミリシーベルト)の被ばくで、発がんのリスクは1.08倍になるということはあまり変化ないということが言える。。
この率は喫煙など他のがんの増加をもたらす要因よりも、はるかに低いものである。

福島事故の場合には、年100mSvの水準まで被ばくした人は見つかっていない。
作業員で最大82mSvであり、福島県民の被ばく量では99%が10mSv以下。
その水準の被ばくでは、がんは増えないと専門家の意見は一致している。

 2 日本での年間の自然被ばく量は平均で2.1mSv。
内訳は宇宙、大地、食べ物、そして空気中のラドンからの被ばくです。
暮らしの中では医療 の被ばくある。CTスキャンなどは1回で7mSvの被ばくをする


 3 甲状腺がんは大人にかなりの確率で存在するが、進行が非常に遅いことが特徴。
命にかかわらなければ手術のリスクを考え、切除しなくてもいい場合がほとんどである。
甲状腺がんは当然、若い人にもある。福島での甲状腺がんの発見は、検査数が増えていることに起因しているが、決して異常なことではないという。

 
 4 チェルノブイリ事故と福島事故との違いについて。
チェルノブイリは原子炉の爆発であり、福島は水素が爆発したに過ぎないのである。
チェルノブイリ事故では周辺住民の子どもの100人に1人は1万mSvも被ばくし、6000人の子どもが甲状腺がんになった。
福島事故の子どもの最大被ばく量は35mSvです。
事故による被ばく量の増加も、大半の子供は数mSvです。

 5 政府は除染を1mSvまで行う予定です。ところが、そこまでしなくても健康に影響はなく、逆に厳しい基準を設定したために、実行が遅れ、避難者の帰還を難しくしている。
福島では放射線被ばくではがんは増えることは考えにくいが、避難という生活習慣の悪化でなる糖尿病などは、がんを引き起こす。
長期的に見れば福島でがんが増える可能性が高まっているといえる。

日本人の死因の一番多いものはがんです。
例えば2013年の日本の死亡数は年間127万5000人。
そのうち約36万人ががんで亡くなります。今や国民の半数ががんになり、3分の1ががんで亡くなっている。
 健康によくない生活習慣は、確実に発がんのリスクを高める。喫煙、飲酒の習慣、肥満、野菜不足などです。さらにストレスも健康に悪影響を与える。

 私たちは放射線被ばくといえば長崎・広島の焼けただれたケロイドや火傷姿の子どもたちを思い浮かべます。
これは熱風によるものであって、放射線被ばくとは言えないのです。
これと同じ症状を見たのが普賢岳の大火災流で亡くなった人たちの遺体置き場でした。
私たちはこの辺で偏狭なイデオロギーに染まった反原発の感情論ではなく、科学的見地からあるべき姿を見直そうじゃありませんか。


  
Posted by wildhorse38 at 14:21Comments(0)TrackBack(0)