大手インターネットショッピングサイト、Amazon。

 

毎年年末の恒例となっている、amazonランキング大賞2018が、2018年11月に発表された。そのアダルトグッズ部門に、今年、最も世間を賑わせたアダルトグッズの面々が一同に揃う子部門が存在する。

 

それが、アダルトグッズ敢闘賞である。

 

その部門に、なんと発売……いや、生後と言い直そう。

生後7ヶ月にして、敢闘賞11位に食い込む大健闘をみせ、オナホ業界をシリコンのように震わせた女性がいた。

 

彼女の名は、Dカップ姉川ゆら。

 

彼女は一体何者なのか。

彼女はなぜ、多くの方々の元へと嫁ぎ、愛されたのか。

そして、より多くの方々に愛されたいとの願いから産まれた、その向上心とは。

 

本日の情熱大型オナホは、今話題のリアルボディシリーズ、

Dカップ姉川ゆらに密着します。



<!!-- ここからオープニング曲だと思ってください -->

(´ω`U)ピョロロロロロロロロオオオオォォォォオオオオロロロロロロロロ↑

(`ω´U)パッパッパーラッパー パパパーラッパッパッパー

(`ω´U)パッパッパーラパッパッパッパッパ チャラリラリララー

(゜ω゜U)パッパッパーラッパー パパパラリラリララー

(;ω;U)ごめんもう口疲れた

<!!-- ここまでオープニング曲 -->


4582137933544

 

 

東京、渋谷。

 

この一角に、オナホを始めとしたアダルトグッズの開発現場が存在する。

 

このオフィスに、彼女はいた。







 

P1100392

 


多くの男性に愛され、その包容力で包み込んできた姉川ゆら。

取材班は、姉川にインタビューを依頼。

「もっと、多くの皆さんに知ってもらえるのでしたら~」

と、取材を快諾して頂いた。

 



 

──まずはamazonランキング大賞2018、アダルトグッズ敢闘賞部門ランクイン、おめでとうございます。

 

「はい、ありがとうございますー。こんなに大々的に取り上げてもらえるなんて、びっくりしちゃってるというか、ちょっと恥ずかしいかもって……ふふっ」

 

──ランクインした理由について、ご自身ではどのようにお考えでしょうか。

 

「む、難しい質問ですねっ。 ええと、ワイルドワンの方や、買ってくれたみんなとお話した時のことを思い出すと……あ、色々あるんですが、まずは……」



 

すると姉川は、一枚の画像を、我々取材班に紹介した。

 

4582137933544_07sub

 

パッケージデザインにもある、この絵ですね。すみすず先生 に、すっごく可愛く描いていただきました! 絵を気に入って買ってくださる方が多くて、とっても嬉しいです!」

 

──元気で、ちょっと無防備エッチなお姉ちゃん、という雰囲気が美しいです。よく似ていらっしゃいますよ。

 

「んもう、うれしいけど照れちゃうよぉ……。実は私だけじゃなく、リアルボディシリーズの妹たちも、有名漫画家の方に、体のイメージも創って頂いてるんですよっ

 

──だからパッケージと実物とのギャップが少ないんですね。造形の随所にこだわりを感じます。

 

P1100435

 


「それと、この……おっぱい、かな? あ、ええと、Dカップなんですけど」

 

そう語ると、姉川は、自らの乳房を我々の眼の前に差し出した。

あまりもの豊満な膨らみに、我々は思わず、言葉を失ってしまった。


 

「あ、ビックリしちゃいましたか! 大丈夫? おっぱい、揉む?

 


この続きはBパート……じゃなくて後編へ続く





➔➔リアルボディシリーズはこちらから!!


リアルボディに興味がわいた!って前かがみなキミぃ!

リアルボディ特設サイトを見るのじゃー!

(´ω`U)ええ子おりますワン

 






。;+;☆ぽちーって押して 応援してワン☆;+;。