2006年09月20日

葛飾区野球大会(準決勝)

9/17に葛飾区野球大会の2部Aリ−グの準決勝が行なわれました。
この試合に勝てば1部3Bへの昇格が決まる一戦だったのですが、

     4対1にて敗退(涙)

当日は(それ以前から)試合前からバタバタ状態!!

人が集まらないってのが一番の原因ですが、久々の参加者もいた為、
試合会場を間違える者も数人おりまして試合開始ギリギリに集合。

試合は初回に1点を先制し、最近定着しつつある先行逃げ切りの
パタ−ンに持込めそうだったのですが、追加点を奪えず中盤に
ホ−ムランにて同点に追いつかれてしまいました。

その後は両投手の投げ合いで一進一退の攻防だったのですが、最後は
守備の差が出てジ・エンド!!
(不慣れなポジションを守らざろうえないチ−ム状況の差)

残念な結果となってしまいました。

また一から出直しですが、気持ちを入れ替えて行きたいと思います。
wildthings at 12:38|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)試合 | 試合

2006年09月06日

葛飾区野球大会(3回戦)

9/2に葛飾区野球大会の3回戦が行なわれました。

試合は朝一(8:00〜)だったのですが、日中は別として風はもう秋の気配です。
その為、朝露が乾かずに外野の芝は濡れたままだったので、スパイクはびちゃびちゃ状態でした(涙)

肝心な試合結果はと申しますと

7-2


7対2にて快勝!!3回戦を突破しました(ぱちぱちぱち)




ここ数戦は早い回に得点を取ることが出来ている為、先行逃げ切りの形が定着しつつあります。
エ−スの制球も良いので、ファ−ボ−ルが少なく攻守のリズムがうまく噛み合っているのが原因の一つでしょう。

現在、我がワイルドシングスは2部Aにて試合を行なっており以前のチ−ム状況からすれば不本意な結果となっております。
しかし、次回の試合(準決勝)に勝てば、1部Bへの昇格が確定します。

皆、ここは頑張って以前の輝きを取り戻そうよ!
wildthings at 13:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)試合 | 試合

2006年08月06日

葛飾大会2回戦

本日は、葛飾2回戦が行われました。

昼の12:00〜試合開始だった為、まずは暑さとの戦い

暑い
 ←
(うちのピッチャ−も暑さにバテバテの様子)

試合内容はと言いますと
初回、いきなり先頭バッタ−がとレフトフェンスオバ−のホ−ムランで先制
その後も2点を追加し、初回に3点を取って試合の主導権を握りました。
このまま・・・と思っていたが、打ち損じが続きその後、2〜6回までは0点と追加点が取れない。

相手チ−ムはと言う、我がエ−スの速球とカ−ブのコンビネ−ションにタイミングが合わず三振と凡フライの山。
それでも、出会いがしらの長打が出た2回裏と6回裏に1点を献上

う〜ん、「まずいなァ〜」と思っていた7回で待望の追加点、8回にも3点を追加!!

そして、気になる結果は
8.6スコア

暑い中での試合、皆お疲れ様でした。
今日はゆっくり休んで下さい。
wildthings at 23:32|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)試合 | 試合

2006年07月24日

マリン杯 2回戦敗退

7/23 千葉マリン杯の2回戦が行われました。

結果から申し上げますと・・・『6対2で敗退』となってしまいました

試合は我がワイルドシングスが2回表に4番の右中間ツ−ベ−スを5番が送り、相手のフィルダ−スチョイスを誘い1点を先制
その裏に同点にされるも、3回表にツ−アウトから出たファ−ボ−ルのランナ−をまたも4番がセンタ−オ−バ−のスリ−ベ−スヒットを放ち逆転に成功

その後は両投手が踏ん張り一進一退の攻防

試合が動いたのは5回の裏
好投を続けていた我がチ−ムのピッチャ−にも疲れが見えてきた。
先頭打者にデットボ−ル、続く打者にもデットボ−ルとファ−ボ−ルを与え満塁
ここは踏ん張り所とピッチャ−も気合を入れなおしたが押し出しのファ−ボ−ルにて同点。
そして続く相手の4番打者にはファ−ボ−ルの後の初球を狙われ・・・満塁ホ−ムランを浴び一挙4点

雨も降り、試合時間も押している事から6回にて試合は終了。

我がワイルドシングシの2006年マリン杯はここで夢叶わず敗退となってしまいました。
皆、お疲れ様でした。
都合が合わず試合に参加出来なかったほかのメンバ−の皆ゴメンなさい。

これからは通常のリ−グ戦に戻りますが再度、力をつけて来年こそはの気持ちで、皆の力を集結させて頑張ろうよ。
wildthings at 01:03|この記事のURLComments(2)TrackBack(3)試合 | 試合

2006年07月03日

マリン杯 初戦!

本日(7/2)は、我がワイルドシングスのマリン杯初戦の日!

さすがはマリン杯!いつもはメンバ−が集まらない為、バタバタしている事が多いのだが今回はその心配は無し
となれば、私は安心してベンチスタ−ト&定位置(ファ-ストコ-チャ)を確保。
(点差が開いた後、代打で出ましたかが、結果は.....聞かないで下さい
それは別として肝心の試合結果はと言うと!!!!!!!
9対1で快勝〜〜〜〜〜っす
(いや〜よかったよかった。)

相手チ−ムは大学生の集まりらしく若いチ−ムでした。(うちとは平均年齢で10は違うな)
若さ故か、帽子は無いは、ユニホ−ムは違うは...。(こちらが認めれば問題はないル−ルなのですが...。)
若さに任せたプレ−が目立ちましたが、我がチ-ムのピッチャ−の制球が良くランナ−を出す事がほどんとありませんでした。

試合では今時の若者って感じでしたので試合後のグランド整備はこちらが行っていたのですが、「僕、替わります」と声をかけてきました。
そして気が付くと我がチ−ムは全員が整備道具を取り上げられてしまいました。
人は見かけで判断してはいけませんね。

まぁ〜何はともあれ初戦を勝ったのですから、素直に喜びたいです!
wildthings at 00:08|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)試合 | 試合

2006年06月04日

初戦 快勝!

遅ればせながら我が、『ワイルドシングス』の2006年初戦を本日迎えました。
(春の初戦は、チ−ム事情により不戦敗でした

結果から申し上げますと

6.4.2

10対1で快勝しました〜!

いやぁ〜久々の試合で、この点差は珍しい。



今日もチ−ム事情を反映して、メンバ−9人ギリギリで試合開始。
初回、エラ−につけ込まれて相手チ−ムにあっさり1点を取られるが、今日のテラさん(ピッチャ−)はストレ−トとカ−ブの
コンビネ−ションが絶妙さん!
2回以降はヒットらしいヒットもなく7回まで0点に抑える快投を披露!?

打撃も初回に3点を入れ逆転に成功すると、2回・3回こそ0点だったが4回に4点、5回に2点、6回に1点と効率よく点を
重ねる。

6.4.1

*これは、久々にでた監督のホ−ムラン(ホ−ムイン後にハイタッチ)

私の成績はと言いますと....。
先週一週間毎日素振りをした成果も表れず3打数0安打2三振(T.T)
散々な結果でした〜(守備無難にこなせました〜ほっ)レギュラ−の道は遠い!



いよいよマリン杯の予選が始まります。
この勢いをそのままに初戦を突破したいです。

*出来ればベストメンバ−で挑みたいなぁ〜

wildthings at 18:28|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)試合 | 試合

2006年05月07日

久々に練習

5月5日の早朝7時、久々にテラさん、ハマ、加賀谷の
3人が茜浜のグランドに集合。

川崎に住んでいたテラさんが本拠地?津田沼に引っ越して
来たこともあり、これからちょくちょく一緒に練習が
出来そう。

久々の割には、ランニング、キャッチボール、ハーフ
バッティング、ノックと充実した内容。

「あと一歩足が出ない」「足が上がらない」とオヤジの悲鳴!

もう少し基礎トレーニングが必要のようだ!
これを機会にまた練習を再開しよう

2006年03月05日

ボ−ルの感触!!

6e204f33.JPG先週、雨で流れた合同練を本日実施!!

朝、6時半に八千代のグランドで待ち合わせ。
少し早く着いたので、軽くランニングをして
待つ事にした。

さぁんびぃ〜(秋田弁で寒い)

いくら走っても体が温まらない
練習の準備に手間取っていた加賀谷氏が来る前まで
走っていたが20分程度でやっ〜と汗が出たくらい
って事は・・・。
当然、加賀谷氏も同じ状況になった訳で〜
(合流後、グランドをウォ−キング

その後、二人でキャッチボ−ル!
多少は自主練の成果か?ボ−ルをしっかり握れる!
新ボ−ルの指へのひっかかりの良さも助けているのか?
どちらにせよ久々に握ったボ−ルの感覚はいいよね

体が動ける事が確認出来たので自主連をもうちょっと
ハ−ドにするかな?(言っちゃた〜)


2006年03月01日

生憎の雨

今日は生憎のて事で練習はお休み!

ってバカ〜!!!!

せっかく始めた自主練も三日坊主じゃ話にならぬ
そこで本日は、以前「東葉コンディショニング」にて習ったコアストレッチを行った。

怪我をしないためにもストレッチによる柔軟性は大切だよね

2006年02月28日

レギュラ−目指して

本格自主練二日目
軽いランニングからダッシュを10本程度
その後、素振り、シャドウを挟んでまた、素振り。
一時間弱で終了〜

我がワイルドシングスは硬式経験者が多い為、
私のような軟式あがりがレギュラ−ポジションを
確保するのは難しい

が、しか〜し

今年はひそかにレギュラ−目指してますので少しでも
自信になるような練習をしたいと思います。
(口だけにならないようにせねば)

Profile
Recent Comments