猫は病と闘うーウィリアムのウンチ画像記録集

このブログは、2009年7月頃から慢性下痢と闘っている猫ウィリアムのウンチ画像の記録です。ウンチは汚いものではありません。その日その日の健康状態そのものを表しています。彼がこの病を克服することが出来るかどうか分かりませんが、彼のウンチから得られる情報を、同じような悩みを抱える飼い主さんたちと共有することは、きっと何かの役に立つと思います。闘う猫ウィリアムからの発信を、一緒に受け止めていただければ幸いです。

これまでの経緯

ウィリアムくんが下痢になったのは2009年7月からのこと。

※詳細は私のもう一つのブログの2009年7月以降をご覧下さい

最初の獣医師(<病院前に捨てられていたウィリアムくんを、子猫の頃から5年間保護してくれていた獣医さん)の処方は漢方薬の下痢止めだったのですが、止まらないので、2009/08/13から抗炎症作用目的でステロイド(プレドニン錠:2.5mg)を投与(1週間限定)。効果がなかったので減薬し、整腸剤と抗生物質で様子を見るも、むしろ悪化。

入院の必要も出てきたことから、10/13に自宅近くの動物病院に転医。新しい主治医による血液検査の結果から食餌療法中心の治療に切替えました(抗生物質と整腸剤は併用)。


【処方食】

食餌はロイヤルカナンの処方食「消化器サポート」
【食事療法食】 ロイヤルカナン猫 消化器サポート[INTESTINAL] 2kg
【食事療法食】 ロイヤルカナン猫 消化器サポート[INTESTINAL] 2kg



【薬の処方歴】

2009/10/13より

マクロライド系抗生物質…「酒石酸タイロシン」(朝夕の食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)

2010/01/18から処方が変わりました。
なかなか症状の改善がみられないのと、よく嘔吐するようになってきたので、薬の処方が変わりました。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ペディオコッカス菌製品」(夕食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後2mg/kg)

2010/01/26から処方が変わりました。
ステロイドを飲み始めてから、とても活動的になってきたのですが、前回整腸剤も抗生剤も別のものに替えてしまったので、どのお薬が効いているのか判らないということで、整腸剤を以前のものに戻しました。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後2mg/kg)

2010/02/11から処方が変わりました。
ステロイドを飲み始めて約3週間たったので、これから1週間で50%ずつ減らしていきます。2/13-14は病院が休みなので不安もありますが、経過を観察するためにはこのくらいの期間は必要かなと思っています。実際、良いウンチと下痢を繰り返していますので。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後1mg/kg)

2010/02/20から処方が変わりました。
ステロイドを半分に減薬して8日間、明らかに「ステロイドは効いていた」ことが明白になった(つまり症状が悪化した)ので、再びステロイドを2mg/kgにもどし、免疫抑制剤の「サラゾスルファピリジン」を投与して様子を見ることにしました。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後2mg/kg)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/02/27から処方が変わりました。
再びステロイドを半分に減薬し、「サラゾスルファピリジン」が有効かどうかを確認することにしました。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後1mg/kg)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/03/07から処方が変わりました。
さらにステロイドを半分に減薬することにしました。ステロイド0.5mg/kgという量には、免疫抑制作用はありませんが抗炎症作用はあります。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後0.5mg/kg)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)
2010/03/15から処方が変わりました。
さらにステロイドを半分に減薬することにしました(隔日投与)。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
ステロイド(免疫抑制目的)…「プレドニゾロン」(夕食後0.5mg/kg)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/03/31から処方が変わりました。
調子がよいので、ステロイドを完全に切ることになりました。

キノロン系抗生物質…「エンフロキサシン」(夕食後)
整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/04/08から処方が変わりました。
ステロイドを完全に切っても状態は良く、同量のエサを食べさせているのに順調に体重が増えていることから、次は抗生物質を切ってみることになりました。

整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
胃腸薬…「ラニチジン」(朝夕の食後)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/04/12から処方が変わりました。
抗生物質を止めても順調、ということで、今度は胃腸薬です。

整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/04/17から処方が変わりました。
さらに順調、ということで今度は吐き気止めです。

整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/04/24から処方が変わりました。

ウンチは順調だったのですが、頻繁に嘔吐するので、吐き気止めを再び服薬することになりました。

整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)

2010/05/10から処方が変わりました。
状態が安定してきたので、今度は免疫抑制剤(大腸の薬)を止めてみることにしました。

整腸剤…「ビオフェルミンR」(朝夕の食後)
吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)

2010/05/17から処方が変わりました。
今度は順調。残るは整腸剤です。

吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)

2010/06/07から処方が変わりました。
約3ヶ月半ずっと順調だったのに、いきなりの下痢。
大腸のお薬が復活しました。

吐き気止め…「メトクロプラミド」(朝夕の食前30分)
免疫抑制剤…「サラゾスルファピリジン」(朝夕の食後)



【サプリメント】

2009/11/24から「サイリウム」という食物繊維のサプリメントを与えはじめました。
(1日、朝夕1カプセルづつ与えています)

ダイエットに人気の食物繊維の定番・オオバコ100%純粋なオオバコを飲みやすいカプセルにColon Cleanse Psyllium Husk Capsulコロンクレンズ サイリウムハスク 625mg 200粒 (レッド)
ダイエットに人気の食物繊維の定番・オオバコ100%純粋なオオバコを飲みやすいカプセルにColon Cleanse Psyllium Husk Capsulコロンクレンズ サイリウムハスク 625mg 200粒 (レッド)

ドバッと出ていた下痢の水分を吸って、太いけどプニプニと弾力がある便になり、ウィリアムくんは少し楽になったようです。

このブログのウンチ画像を撮り始めたのは、彼は極たまに見事に美しい固まりとなったウンチをしてくれるのですが、ある日「これは記念に撮らねば!」とシャッターを切ったのがきっかけです。もっと早くから撮ればよかったと思いますが、文章より写真で見た方が「一目瞭然」ですね。

さらに2010/01/09から、

BW エンザイム
BW エンザイム

という消化酵素を飲ませ始めました。下痢が長引き、4.7kgあった体重が約半年で3.6kgまで落ちてしまい(体重が4kg以下になったのは2009/10/下旬)、結局、食べても栄養を吸収できずにそのまま通過して排出ということなんだなということで、少しでも消化吸収を助けるために、これもカプセルに入れて与えています。効果を期待したいところです。

ところで、カプセルで薬を飲ませるようになったのは、病院で処方される薬が粉剤で、少量の水に溶いてシリンジで与えるよう指示があったのですが、ウィリアムくんがどうしてもそれが嫌だというので、ドラッグストアで#00サイズのカプセルを買ってきて、その中に1回分の薬を全部入れて飲ませるようになりました。猫さんによるのでしょうが、彼にとっては「どっちも嫌だけど、カプセルの方がマシ」といったところでしょうか。

2/23に血尿が出てしまいました。以前にエコーを撮ってもらったときに「石がある」という指摘はあったのですが、ついに、という感じです。2/24に病院に行って、先生と2人でアタマを抱えて「どうしましょうかねぇ」「結石が進行して腎不全とかいうのも困りますしねぇ」「食餌療法は今別(下痢用)をやっているところだし」「・・・サプリメント、やってみます?」というわけで、「ウロアクト」という、グランベリーパウダーがウリのサプリの試供品をもらいました。2/25に尿を採取できたので病院で検査してもらったところ、結晶は見られず、pHも6ということで、一応、結石に関しては「溶けます」とのこと。しかし血尿ではあったため、原因不明の膀胱炎と診断され、またストルバイト結石の既往症があることから、予防的に「ウロアクト」を継続して投与することになりました。


さて、前段はここまでにして、ウンチ画像日記のはじまりです。

愛猫の死

9月21日未明,愛猫のウィリアムが天国に旅立ちました.享年9才. 

IBDという病気で,普通なら数か月の命と言われながらも, 
頑張って3年生きました. 

動物病院の前に捨てられて, 
貰い手がつかず,我が家に迎えたのが5才半の時. 

最期の日は,わずか6時間で, 
食べられなくなり,飲めなくなり, 
歩けなくなり,座れなくなり,立ち上がれなくなり, 
それでも立ち上がろうと, 
パタン,パタンと寝返りを打ち続け... 

最期の瞬間,実は私は見逃してしまいました. 
つい転寝をして,目覚めたらもう息をしていませんでした. 

目はあいたままで,まるで生きているようで, 
思わず体を揺すり,胸に耳をあて,人工呼吸もして, 
でも,体は冷たく,硬くなっていくばかりで... 
認めるしかありませんでした. 

それにしても,容態の急変というのはこういうのをいうのですね. 

まだ部屋のそこかしこに,彼の気配はしていて, 
足元をすり抜けたり,椅子に飛び乗ってきたり,ベッドで丸くなっているようで. 
たまに鳴き声が聞こえたりしてドキッとしたり. 
(実際はほかの子の鳴き声なんだけど) 

これからは女の子2匹を,ちゃんと守っていくからね. 
ありがとう,ウィリアム君.DSC00014

2010年6月7日のご報告

今日は、ほんとなら、
病院に行かなくてもいい日でした。
#2週間分のお薬をいただいていたので

で、ちょっと出かける用事があって、
見送りに出て来たウィリアムくんに
「今日は病院ないよ~」
と声をかけたなり、
猫トイレに入ってウンチング・フォーム。

きれいな形のが、ポトッと落ちた後、
ジョロ、ジョロ、ジョロ・・・ピッ

∑( ̄ロ ̄|||)

昨日まで、あんなにキレイなウンチをしていたのに!
まるで、週に一度の病院を楽しみにしているみたいに。
なんでだろー???

というわけで、いつも通り、
病院に行って、お薬ももらってきました。

病院好きなウィリアムくん。
車の中でも大興奮!

そんなに好きか?病院?

2010年5月31日のご報告

先週からゴハン増量したので、
体重増えているかな~
と楽しみにしながら病院に行ってきました。

ところが、なんと、体重減!
なぜに?

先生から、もう少し増やしてみて下さいとの命が。

とりあえず46g/dayを52g/dayにしてみます。

確かに、上から見下ろすと、
肋骨から下のくびれがひょろっと・・・

ウィリアムくん、そのくびれ、半分ママにちょうだいな。

てなこと言っている場合じゃなくて、
増えるべき体重が増えないのは心配です。

先生はお薬を2週間分くれたけど、
来週も体重を量りに行こうか、ウィリアムくん。

2010年5月24日のご報告

病院に行ってきました。

整腸剤を止めても問題なかったので、
ようやく(!)
ゴハンの増量が認可されました。

おめでとう!ウィリアムくん!

でも、急に増やさないで下さいねって。

というわけで、朝夜20gずつあげていたのを、
23gずつにすることにしました。

これで少しは野性味が消えてくれるとよいのですが。。。
#なんか、ライオンさんみたいなの~
#かむし~うなるし~こわいし~みたいな~(笑)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
タグクラウド
ブログランキング
人気ブログランキングへ

ペットブログランキング
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ