2021年03月11日

歌舞伎の世界や能の世界では基本的に昔から世襲制であり、一般人が歌舞伎役者や能楽師になるには歌舞伎役者や能楽師に弟子入りするかもしくは養成所に通う事で可能は可能らしいですが、主役級を演じるためにはかなり狭き門と言わざるを得ないというのが現状でしょう。
やはり歌舞伎や能の名門の一家に生まれて幼き頃より厳しい修行を積む事こそが、例えば二代目 市川團十郎などを襲名できる唯一に近い方法であると考えられる。やはり家柄が重要視される世界であろう。
それでは落語の世界ではどうであろう。こちらは世襲制という意味では林家正蔵、林家三平、林家木久蔵など親や祖父が落語家の子供が襲名する例も結構ありますが、弟子が襲名する例も結構あると思います。
例えば三遊亭円楽、立川談志、笑福亭仁鶴などは弟子が代々その名を襲名しているのではないでしょうか。
ちなみに、昨今有名アーティストの訃報並びに引退の話を耳にすることが多いですが、本当に自分の好きなアーティストが亡くなったり、引退したりすると物凄いショックでなりません。しかしもし音楽界で世襲制度や弟子制度が一般化すれば、我々は二代目、三代目を襲名した歌手やバンドを半永久的に応援し続けられるのではないかと・・。
例えば、ビートルズのメンバーの息子か娘達が幼き頃よりの鍛錬により二代目を襲名、二代目ポールマッカートニー、二代目ジョンレノン等々。それがいつしか伝統の音楽界の慣わしとなり、初代である本人達が引退したり亡くなったりしたとしても普通に息子や娘達が二代目ビートルズとしてバンドは存続、そして活躍すれば歌舞伎界同様この方式が受け入れられるのではなかろうか。
息子や娘がいなければ弟子が襲名する事も可能であろう。六代目三遊亭円楽などと同じパターンである。
それに当てはめてみれば色々と伝説のアーティストや芸術家達の名前が歴代家系図のように歴史を作っていくのではないであろうか?歌舞伎界、能楽界、落語界には歴代襲名儀式があるのに何故音楽家にないのであろうか?
考えてみたらスケバン刑事だって三代目まであるではないか!株式会社 共栄通商だって社長は世襲の二代目ではないか!
二代目山口百恵、二代目美空ひばり、二代目マイケルジャクソン、二代目デビットボウイ、二代目フレディーマーキュリー、二代目ボブマーリー、二代目ジミヘンドリックス、二代目ヴァンヘイレン、二代目カートコバーン、二代目フランクザッパ、二代目チックコリア、二代目マドンナ、二代目シンディーローパー、二代目ブルーススプリングスティーン、二代目 坂本九、二代目 尾崎豊、二代目 安室奈美恵、二代目ピカソ、二代目レオナルドダビンチ、etc...。数を上げればきりがない。
そうだ、このシステムが確立すれば我々にも弟子入りさえすれば伝説のアーティストの二代目、三代目としてやっていくチャンスがあるではないか!歌や楽器がもの凄く上手いがコネやチャンスが無いために世の中に埋もれている人達の救済にもなるこの画期的計画。まさに有名アーティストの無限ループだ。初代ウィリー石松も近々弟子を取ろうかと思います。それではまた。

2020年09月23日

1983年に南極物語という映画が公開されてから37年を経過したとある日、友人が何やら面白いものを入手したという事で家までわざわざ届けに来てくれました。友人がカバンから取り出したビニール袋の中身はなんと南極の氷。嘘か真か、とあるところから手に入れた本物だそうです。南極の氷と言っても海水が凍ったものかと思いきや、雪が何万年も降り積もって圧縮されたものが氷となったものだそうです。なので塩辛くないそうです。
氷の中には細かい気泡が入っており、氷となっていく過程で何万年も前の空気も一緒に閉じ込められており、無数の気泡が氷の中に入っております。なんてレアな代物なのでしょう!



こんなレアなものをもらってしまったら、男のロマンとしてはやはり南極氷でウィスキーのオン・ザ・ロックでしょう。
という事で早速やってみました。今回の企画で試飲するウィスキーは知人から昔頂いたこちらもレアな山崎 The Owners Cask 1986です。今ではなかなか入手困難な国産ウィスキーですが、せっかくの南極氷なので少し贅沢にいきたいと思います。



ウィスキーを注ぐ前に小さな氷の破片を口の中に入れてみましたが、口の中でプチプチと細かな気泡が破裂していきます。何万年も前の空気が口の中に広がります。昔あったパチパチキャンディー的と言いますか・・。とにかく氷自体の味は雑味もなく凄くクリアな味がしていました。

ウィスキーのロックグラスに適度に削ぎ落した氷を入れ、琥珀色に輝いたウィスキーを注いでみると、先ほどの口の中に入れた氷同様に気泡がプチプチと弾け始め、不思議と心地良い音が奏でられます。おのずと気分も盛り上がり始めた頃、古代の空気とウィスキーの芳醇な香りが混ざり合い鼻孔の奥を心地よく刺激していきます。


太古の空気が入った細かい気泡が見れると思います


我が家のニャーも気になっているようです

そして太古の南極の空気を感じながらウィスキーを口に含んだ瞬間、パーっと目の前に遠くまで広がる氷の大陸の情景が浮かんでくるではありませんか!そして、南極の冷たい空気がまるで口の中で芳醇なウィスキーの香りを乗せて運んできてくれているようではありませんか!複雑な味と香り、気泡の心地よい破裂音と南極の情景、グラス越しに手に伝わる冷たい南極氷の感覚が混ざり合い、五感にこれでもかと訴えかけてくるではありませんか。こ、こ、こ、これは、まさに究極のウィスキーの飲み方ではないか!!
長い年月をかけて作られる山崎ウィスキーの奥深い味わいもさることながら、さらにもっともっと長い年月をかけて作られた南極の氷とのまさに夢のコラボ。そんな究極のウィスキーのロックを頂きながら太古の地球に思いを馳せゆっくりと流れていく時間・・・、なんて贅沢なのでしょう。とてつもなく長い時間をかけて運命的にようやく巡り合ったウィスキーと南極氷。人間の人生の儚さすら感じてきます。
次回は北極の氷か冷凍庫の奥にこびり付いた15年前の氷でウィスキーを飲んでみたいと思います。それではまた。

2020年03月02日

ご無沙汰しております。久々の投稿ですね。前回が2018年5月21日の投稿ですのでかれこれ1年9か月以上ぶりの新作となります。
今回はのネタは株式会社 共栄通商が毎年年末に続けている唯一の広告、ホビージャパンさんのToy Gun Digestの広告画像について話してみたいと思います。
毎年奇抜な衣装の弊社会長と度肝を抜くアイデア、そして卓越したデジタル加工技術により一部のマニアックなファンより大変好評を博している広告ではありますが、実は毎年数種類のバージョンを広告デザイナーさんが忙しいところ作ってくれており、その中から一番良いと思われる広告を一つ選択して掲載しております。広告デザイナーさんは打合せ段階から完成までに数々の試行錯誤を繰り返して頂き、毎回素晴らしい作品が出来上がっております。
今回はそんなお蔵入りとなってしまい日の目を見ることが無かった秘蔵広告画像の中から厳選して解説付きでご紹介したいと思います。どれも甲乙つけ難い作品ばかりです。
ちなみに見事広告に採用された作品集は株式会社 共栄通商ページ内でダウンロードできますのでご確認頂ければと思います。個性ある壁紙としてお使い頂ければと思います。
http://www.kyoei-trd.com/download.htm

□ Toy Gun Digest 2014お蔵入り作品1 (甲冑富士山バージョン)



こちらの甲冑画像は西湖そばにある西湖いやしの里根場 (http://www.fujisan.ne.jp/iyashi/) にて甲冑を借りて撮影したものである。
この日は天気も良く富士山が大変綺麗に見えたため、富士山をバックに撮影した画像が元になっております。甲冑とリボルバー銃とのアンバランス感は絶妙であり、そしてバックの富士山と城が日本人の心をぐっと引き寄せる演出になっております。

□ Toy Gun Digest 2014お蔵入り作品2 (甲冑ゲームキャラバージョン)



こちらの作品はそうですねえ、ストリートファイター風といいますか、ロールプレイングゲーム風といいますか、会長の多彩な能力をゲーム風に数値化したバージョンとなっております。ただ良く見ると身長57m、体重550t、となっておりますのでコンバトラーVと同様ロボバージョンという考え方もできます。ビームとか出るみたいだしこれはやっぱりロボットだな。

□ Toy Gun Digest 2015お蔵入り作品1 (信長協奏曲バージョン)



2014年10月期よりフジテレビ系列にて放送されたドラマ「信長協奏曲」の宣伝画像のパロディです。恐らくホビージャパンさんの広告事前審査に引っかかる可能性がありましたのであえなく落選となりました。だってあまりにそのまんまなんですもん(笑)。

□ Toy Gun Digest 2016お蔵入り作品1&2 (キングバージョン)





こちらは本採用された広告と画像は同じなのですが、言葉が違うバージョンになります。
「覚醒 いざ鳥越!」「王冠を戴くものは安心して眠れない」どちらも最高に素晴らしいですが、結局採用バージョンは会長の意向もあり「俺イズム!エアガン売って45年」に決定しました。ちなみに自分的にはいざ鳥越バージョンで行きたかったです。

□ Toy Gun Digest 2016お蔵入り作品3 (ポケモンGoバージョン)



もう語るまでもありませんね。非常に完成度が高くボツにするには大変もったいなかったのですが、やはり全国で販売される雑誌の広告としては権利関係が色々難しいかなと・・・。
出来がいいだけに苦渋の決断でした。

□ Toy Gun Digest 2016お蔵入り作品4 (破壊力絶大バージョン)



2016年はどんどんきますね。こちらはもう言葉で語るよりも絶大なインパクトを広告上でいかに残すかということに焦点を当てた作品となっております。破壊力抜群です。縁起も良さそうだし、アッパレ感が溢れているので最終選考には残っていたのですが、癖があまりに強すぎて落選となりました。

□ Toy Gun Digest 2018お蔵入り作品1 (新聞の一面バージョン)


※ ↑クリックで拡大表示できます

いやーいいですねこれ。新聞の一面にて語られる会長の知られざる野望。奇抜なファッションから世の中を良くしていく熱い思い。時事ネタへのコメントも的を射ており、世界平和を真剣に考える研究者としての新たな素顔も垣間見える。
特にファッションにおけるコンプレックスが戦争に及ぼすメカニズムが大きいことに注目しているあたりは只者ではないですね。
非常に良い作品なのですが、字が細かく誌面上で見にくいのではないかという事で採用に至りませんでした。ただアイデアは非常に良いので今後このバージョンはどこかで使いたいなという気はしています。

□ Toy Gun Digest 2019 (真面目バージョン)





2019年バージョンは真面目路線で作ってみました。デザイナーさんの多彩さが感じられますね。広告に採用されたバージョンも真面目路線で、2018年限りで弊社会長も広告モデルを引退されたのかと一部では噂になっておりましたが、Toy Gun Digest 2020では50年前の画像で見事に復活しております。

番外編

□ 月刊アームズマガジン300号記念広告お蔵入り作品 (人類の進化バージョン)



こちらはアームズマガジン300号を記念して広告を載せた際のお蔵入り作品になります。
人類の進化に見立てて作ったそうです。こちらは会長からのNGが出て駄目になりました。裸は駄目だという事でした。面白いと思ったのですけどね。ちなみに採用バージョンはこちらの裸無しバージョンになりました。これもかなり良いです。



こちらは過去の広告を一つにまとめたバージョンとなります。普段Toy Gun Digestを購入しない方でも3年分の広告の一部を一気に見れる豪華バージョンです。



いかがでしたでしょうか?楽しんでいただけましたか?まあ完全に内輪ネタになりつつある広告ですが、継続は力なり。いつか弊社にたくさんの問い合わせが来ることもあるかもしれません。まだ昨年末に出来たばかりの秘蔵画像もあるのですが、こちらは今年広告使用する可能性もあるので今回は公開できませんでした。ただ、こちらの広告もかなり素晴らしいので、いつかお蔵入りになった際には是非公開したいと思います。ちなみに2020年現在、この広告を見て弊社と取引をしたいと言ってきたお客さんは1件もありません・・・(笑)。ではまた。

Profile
ウィリー石松
男らしさ、それは渋さと意外性。
飾らない魅力はサルマンな日々と共に…。
今日もお酒が美味しいな。
Latest Articles
  • ライブドアブログ