『LAST SCENE』

where is my mind?

優しくなりたい

久々のライブで、久々に演奏した曲について。

あなたを救ってあげたいと思うのが、あなたの為だけではなく、「あなたを救う自分」という部分がとても卑しく感じて、自己嫌悪に陥る話。
ただ、たとえ偽善でも、救われたのなら、あなたにとって、それでよいのかもしれない。
と、ぐるぐるぐるぐる。

こういう人間の卑しさみたいなものは、昔からずっとあって、純度が高い想いみたいなものが、あまりない。
常に、俯瞰で見てる自分みたいなのがいて、だからと言って、客観的に見れているわけでもない、という、ただただ上澄みみたいになってしまう。

優しいのではなく、優しいと思われる選択をしている、といった感じ。
本当に卑しくて醜い。

それでも、救われてほしい思いは本当だから、ちゃんと握り返してね、という曲。

優しくなりたい。

人と会う

休日を利用して、親戚に会いに新幹線で2時間の旅へ。
特に用事があったわけではない。
ただの思い付き。
数年ぶりに会い、昼から酒を飲み、夜にはまた新幹線で帰ってきた。
9時間くらいしゃべり続けていた。

人と会うことは、とても大事だと思った。

人は一人で生きていけるけど、誰かと生きていく方が幾分豊かだし、死ぬときはどうせ独りだとしたら、滑稽だが、それでも誰かと生きていこうとすることは、美しいことだと思う。



最近、一人で飲みに行くことが多い。
本読んだり、ぼーっとしたりとまぁ、緩い時間を過ごしている。
昨日行った店は、あんまりだった。

一人で過ごす時間も豊かでありたい。



前回から、さらに、歌う事に対して、試行錯誤を繰り返している。
発声の方法や表現の仕方など。
正しい発声の復習とそこから崩す作業。
本当に難しいし、面白い。
2時間歌い続けると、もう腹筋が爆発しそうに痛い。
それもまた、楽しい。

歌と向き合う

ライブに向けて、リハに入っている。
改めて、歌を歌う事と向き合っている。
今回、久々に演奏する予定の曲があって、これが実に難しい。
レコーディングの時もとても苦戦した記憶がある。
曲と言葉の重さをどう歌うのが、きれいに飛んでいくのだろうか、非常に難しくて楽しい。

技術的に歌が上手な方はたくさんいるけど、声とメロディーと言葉が一つになって飛んでくる人は、結構、少ない。
声だけの人は結構、多いかもな。
自分にとって、まだまだ付き纏う大きな課題。
しかし、そんな曲をかけて事も自分にとっては、一つの誇りだ。
この曲と、もっと仲良くなるためも、もっと向き合わないとな。

ゴッホ・アライブ

ゴッホ・アライブへ行ってきた。

何となく没入型の展示は行ったことなかったので、軽い気持ちで行ったのだが、とても良かった。
展示がどうこうではなく、ゴッホの人生を作品とともに歩んでいけたことが良かった。

絵画を描く事しかできない人。
愛すること、美しさを求め続けて、苦しみ続け、うまく生きることができなかったんだな。

生きるために自傷行為を繰り返した。
適当に生きれない強さなのか、そのような行為に至る弱さなのか。

どちらもあるような気はしているが、やはり悲しくて寂しいことだと思う。

「夜のカフェテラス」
夜の色彩の鮮やかがとても良かった。

読書感想文なぐり書き

前回読んだ作家さんが良かったので、同じ作家さんの別の本を読む。
本読むのは遅い方なんだけど、2日で読み終えてしまった。

今回もとても良かった。

感情を出すという行為が苦手なのだが、人を介して感情を出すからだと思う。
上手くできないが、もうそういう人なんだろうなと思うことにしている。

表現をするという事。
自分のこの感情や体験をわかってもらうためには、どうしても本質から少しづつ離れていってしまう。
このジレンマは、一生付きまとうんだろうか。

もう少しこの作家さんの本を読み漁って見るか。
知人に、いろいろ薦めてもらったものも、いずれか読みたい。

久々に、読書できる時間を持てているのは、幸せな事だ。

先日、一人で浅草に行って、美味しんぼで出てきたお蕎麦屋さんで蕎麦食べて、浅草寺で凶ひいて、喫茶店でコーヒー飲みながら、本読んで帰ってきた。

じじいになっても、こんな時間の過ごし方ができたら、よい。
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

yoshida

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ