皆さんこんにちは。
競馬に20年投資した予想師の2ch競馬まとめの中の人です。
暑い日が続く中、夏競馬も終盤に差し掛かって参りました。
そして、今週の日曜日2018年8月26日(日)は夏のスプリント王の座を巡る戦い『キーンランドカップ(G2)』が北の大地で開催されます。

全6戦からなるサマースプリントシリーズの第5戦目となるレースです。

サマースプリントシリーズの最終戦はセントウルS(G2)ですが、他5戦はG3で中でもこのキーンランドCだけはグレード別定で賞金も高く同じG3の中でも格上に位置づけされてるレースとなっています。

ご存じの方も多いと思いますが、秋のスプリント王決定戦やスプリンターズステークスの前哨戦としても注目されるためここはしっかり考察していきたいレースというわけですね。



■コース図

684cdb965a0d7b2ccd9e79c06663effc

舞台は札幌の芝1200m。
2コーナー奥のポケットからスタートします。
3コーナーまでは約400mの長い直線となるので、枠による有利不利はさほどないコースです。

小回りの札幌は内枠先行が有利と捉えがちですが、過去のデータを見ると長い直線の恩恵もあり差し追い込みもバンバン決まってますね。

実際昨年のこのレースはエポワスが通過(12-8)で勝利しています。

昨年はこの12番人気のエポワスが勝利したことで中波乱という結末を迎えましたが、今年は一体どのような結果になるのか楽しみですね。

今年はどんな馬が集まったのか現在の出走予定馬を見ていきましょう。

■出走予定馬(2018年8/23現在)

c3b497270a377ee0390580558ff95f4d


なかなかの好メンバーが揃ってきましたね。
実績上位のレッツゴードンキ、京王杯SCを制したムーンエイク更には逆転のチャンスを虎視眈々と狙うダノンスマッシュなど上位人気も割れそうな混戦ムードが漂うメンツになりますね。


■予想オッズ(2018年8/23現在)

5bba1e8ed57dee67396071db6b716924

今回はモレイラ騎手と新コンビで重賞制覇を狙うナックビーナスがここは人気の中心といったところでしょうか。

ナックビーナスは昨年のこのレースの3着馬。
近走も高松宮記念で3着する他、常に掲示板入りする安定感が魅力ですね。

現在2番人気のレッツゴードンキは何と言ってもG1のスプリント戦で連続2着と実績が断トツ。2016年には函館SS、キーンランドカップ共に3着の実績を持ってるので洋芝適正も問題なしですね。

現在3番人気のムーンクエイクはこれまでマイル中心に使われ、前走が初の1400m今回は更なる距離の短縮で1200mとなりますが能力上位なのは確か。初のスプリント戦でどんな快進撃を見せてくれるか期待が高まりますね。

そして、3歳春にはもどかしいレースが続いたダノンスマッシュ。
スプリントに路線変更から活路を見出しここは虎視眈々と初の重賞制覇を狙ってる1頭。

近年のスプリント路線は圧倒的王者が不在という事もあって混戦ムードは避けられない感じですね。

まだまだ暑い日が続いておりますが、今年のキーンランドカップも白熱するレースになる事は間違いないでしょう。

有力馬が力を誇示するか?!虎視眈々と王座を狙う馬が台頭してくるのか?!
見どころ満載のレースになりそうですね。




コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット