2006年12月05日

遥かに仰ぎ、麗しの 2周目

頭がいてぇー!と言いながらも薬で無理やり抑えてプレイ。
それだけの面白さはあった<挨拶


昨日からの続きで、今回はすみすみルート。
分校組のルートは主人公と取り巻く環境を元に(ヒロインの環境を中心に)描く展開で、その性格などを上手くシナリオにしている感じですね。
みさきちルートではその明るい前向きな性格で探検展開な様に、栖香ルートではその堅物な性格からお家騒動のお話でした。
先日にも書いたように、美綺ルートで思いっきりネタバレしちゃってるので…。
そこそこに話はリンクしてるので、みさきちルートでアッサリ流されてしまった部分が掘り下げられて展開してるのでそう言う意味では面白いでしょう。
プレイ後に改めてみて言い表せば、美綺編は広く浅く展開し、栖香編はそれなりに狭く深く展開してる感じでしょうか。

さて、プレイ日記を書いていきましょう。


桜屋敷の買収劇に関して、美綺ルートではパパを問い詰めてさくっと終わってしまって姉妹仲良く〜ってなりますが、今回の栖香ルートはその買収劇の裏側を物語の中心に持ってきている感じです。

兎に角、エロ担当(笑)
めちゃくちゃエロイよこの姉妹(;´д`)/ヽァ/ヽァ!!
みさきちルートではもー入れたり出したりですが…。すみすみではキス魔のようにチュッチュばかりしてます(´ー`)
キスだけの癖にエロイのはやはり姉妹揃っての雰囲気なのでしょうか?
滝沢先生のジョニーも文句言うわけですよ!
回想の半分以上が埋ってるのにはちょっと驚きましたが、その辺は別にいいです。
表情がコロコロするところもお気に入りです。場面に応じて色々と変わるその顔は見ていて飽きないところもありますし、焦ったところの栖香も尚かわいいじゃありませぬか。
奏の口が三角になるところも結構気に入ってますけど、このツンデレーな栖香の表情変化は見逃せません。
このルートで大きかった物はそれでしょうねー。

# やはり、ワンボには敵いませんが(笑)

美綺ルートの中身の一部を濃く掘り下げた展開が栖香ルートってところでしょうか。弟とか出てきてますし。
後、鹿野上氏が異常に怪しい(笑)陽道グループでエピローグで名前がチラッと出てきてる訳ですから…。

全体としても美綺・栖香は話がリンクしてますからプレイする上では順番にやるべきだと思いました。
順番としてはどちらからでもいいと思いますけどね…私は。

# 美綺>栖香の順番でやると、栖香ルートで、シュールストレミングのイベントしてないのにそのイベントを通過したことになってるのでアレ?と思うことはありますが。


今回のルートでは笑ったのは、栖香がお見合いするって所で暁先生を保護者に選んだ事で、奏が主人公を保護者にして暁先生と栖香を追跡するって時の会話。
相変わらず弄られキャラと言うこともあり、喋るたびに墓穴を掘っていく所を見ると笑いが止まりませんでした。

序盤は若干共通ルートがありますが(姉妹って言う設定もチラチラしてますから無理も無いです)ソフトボールのイベントを越えればもう完全にルートに入ってしまいます。
なので、殆ど共通ルートは無いと言っていいでしょう。
最初にも書いたとおり、キャラの性格、環境を上手に描いて展開してるので面白いです。(流石に二人が結ばれてからのエロエロっぷりは意外だったわけですが)
その分、主人公の持っている過去の闇がアッサリ気味なのでちょっと勿体無いと思われる部分はありますけど…。
変わりにヒロインを中心とした物語の展開が面白い分で帳消し…なのかなぁ?
いや、すみすみのルートなんて過去の闇の片付け方が…あれはねーだろぉー!。・゚・(ノД`)・゚・。
でしたが(笑)

その堅物で清楚な性格と実際に持つ感情、両親の意思との掛け違え…色々な誤解を生み出して泥沼に嵌まっていく物語は、嫌な感じはしなかったです。
大抵のこう言うシナリオって嫌悪感を覚えるんですけどねー。
後、栖香は考え方が物凄い(笑)妄想が凄いです。エロい妄想もそうだけど、悲観的に考える事が多かったですね。まぁ、それがこのルートでは重要な要素だったわけですが。

最後の部分で同じだった所は…
・暁先生、奏と清く結ばれる(笑)
・坂水先生、追放(栖香ルートでは”メイド”に手を出そうとしたとか…邑那のまちがいjy…げふんげふん)
・双子、暁先生に引き取られる
・桜屋敷の一件
・栖香、三橋と仲良くなる
・通販さん、温室の管理人へ。(コレは分校…物語全体としての意向っぽい?)
他にも多少あるだろうけど、目立ったのはそれくらいでしょうか。

# 女は一つくらい秘密を持っておくべき物〜って美綺ママの受け売り〜(´ー`)

特に深い意味はないんでしょうけど、美綺編の各章のタイトルが全部日本語に対して、栖香編の各章のタイトルが英語だったのは…意味は無いよなぁ。(個別ルートに入ってから)
エピローグタイトルの[Cherry Blossoms]は桜屋敷と掛けてるのがよく分りますが(苦笑)

3周目は榛葉邑那編ですよー。
なんかどす黒い感じがしてそれはそれで楽しみな感じです。

展開的に、陽道の関係と話が強く(?)絡むのは栖香ルートなので、プレイ順は今のところ間違っていない感じがします…。
(ここで本校組みに移るとライターが違ってしまう分、新鮮味もあれば違和感も出てしまう感じがするので)
李燕玲…立ち絵は出てきましたけど、悪い人じゃない感じがするので、それがハッキリするのもこのルートじゃないかなーって感じがしています。鹿野上氏の黒さも恐らくはっきりしてくるだろうし。
それはそれで楽しみな展開です。やっぱり分校・本校で別けてプレイしたのは正解だったかにゃ〜。

分校ルートが終了したら一応纏め見たいなものもやりたいとは思っています
(感想の類ではなく、プレイ順のオススメといいますか…)
勿論、分校組みの物語展開の特徴と言うか…3人を終わらせてって部分はさらりと書きたいとは思います。
…多分ね('A`)

遥かに仰ぎ、麗しの-すみすみ

何処をどう見ても、すみすみルートの名言
これ以上に萌えるし名言になるものは無いだろう('A`)
清楚なこの子がこんな言葉を・・・なんて恐ろしい子!




さて…結婚式のお話は勿論ファンディスクで補完ですか?
勿論、その際にリーダさんのルートが追加されるのはデフォですよね?ね?

# まだ2回目、2回目。


じゃあ、選べ司。世界は君の決定を待っている。

Posted by wind_summer_t_will at 21:33│Comments(0)TrackBack(0)日記 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wind_summer_t_will/50935920