2006年12月28日

2006年のエロゲ達-作品別のばやい。

気がつくと2006年も終わりとなりますし、12/22日以降、本年のエロゲは購入予定も無いのでまとめに入ろうかと思います。
ランキングにするほど数は無いですし(出来具合としてですが)部門別にちょろっと挙げてみましょう<挨拶


作品レベルからしてノミネートされる作品は限られてる事ですし、大抵のサイトさんで上げられるので後は個人の主観によって変わって来る部門位置でしょうし…。
そんな訳で
wind_summer_t_willが決める

2006 GAME OF THE YEARです


総合:最優秀作品
・遥かに仰ぎ、麗しの
・この青空に約束を― & フォセット Cafe au Le Ciel Bleu

コメント:
多くのエロゲーマーが挙げるであろう2006年を代表する優秀作品ですね。
シナリオ、サウンド、キャラそれぞれ引けを取らずユーザーに投げ掛ける”何か”を持つ作品だったと思います。
私が今までプレイした作品の中でも屈指の作品でしょう。

# 本当は1作品のノミネートのはずですが、これは甲乙付け難しなので例外で。


総合:準優秀作品
・彼女たちの流儀
・終末少女幻想アリスマチック

コメント:
最優秀に僅か及ばずの所ですが十分な名作でしょう。
メインヒロインである、白銀 鳥羽莉の心情を上手く伏線と共に展開させる所はいい仕事してます。
[アリスマチック]にしてみれば最優秀でもおかしくない位に出来は良いですがこの総合も例外が適応されてますし…。(2作品ノミネート)
2作品とも、ルートが多いのでかったるい感を持たせるかな?と思いますが意外にものめり込ませてくれるので良い。


以下は部門別になります。上記の4作品も含まれます。

キャラ総合部門優秀作品(ヒロイン)
・プリズムアーク プリズムハート
・CooL!! 強娘純恋歌
・ぶらばん!
コメント:
もう少しありますが、直ぐしたの主人公部門にノミネートされてるのでこの場に入っていないだけです。
好みは出てきますが、全体的にキャラとしてのウケは良いと思います。
細かい部分は後日、キャラクター無差別ランキングで。


キャラ総合部門優秀作品(主人公)
・青空の見える丘
コメント:
主人公に好感が持てる数少ない作品。
エロゲの主人公=ヘタレ
が多いのですが、これは男キャラを通しても凄くいいのです。そう言う意味では萌えを含むのでしょう。


シナリオ部門優秀作品
・遥かに仰ぎ、麗しの
・この青空に約束を―
・彼女たちの流儀
コメント:
[アリスマチック]も含めようかと思いましたけど、この3作品のシナリオが個人的にキボに来てるのでなんとも。
レビューでもシナリオの素晴らしさは書いてますし、詳しくはそちらを参照されたし。
どれもプレイヤーに何かを残していく作りかと。


サウンド部門優秀作品
・プリズムアーク プリズムハート
(総合:最優秀+準の4作を含む)
コメント:
これに関してはもう、言うことはないかと思われます。
雰囲気に合わせたBGMの使用、流れと言い、申し分ないと思います。
ここでノミネートしてきた[プリズムアーク]ですが、サウンドで言えば上位4作にも引けを取らぬ感じ。
しかし、個人的に好きな物は[この青空に約束を―]…でしょうか。


主題歌部門優秀作品
・彼女たちの流儀
・プリズムアーク プリズムハート
コメント:
[彼女たちの流儀]、ヒロインの鳥羽莉にピッタリな歌詞でアップテンポな曲調も良く気に入っています。
[この青空に約束を―]、はどちらかと言えば”約束の歌”の方が感動的ですね。そう言った意味では主題歌部門としては外れるかな…と思うので外してあります。
[プリズムアーク]は後半の主題歌、”原罪のレクイエム”は後にも残すべき名曲でしょう。
ゲームに沿った…と言う意味も若干ありますが、I'veらしさを感じられるので好きです。


システム部門優秀作品
・この青空に約束を― & フォセット Cafe au Le Ciel Bleu
コメント:
ゲームシステムに関してはこれを無くして語れないっ!
ユーザーに優しい設計、シナリオ回想の細かい作り等は感心です。しかもこの基本設計から現在に至るまで作り上げたのは1人との事。
他のメーカーも是非とも見習って欲しいくらいの素晴らしさです。


エロさ部門優秀作品
・彼女たちの流儀
・遥かに仰ぎ、麗しの
コメント:
純粋にエロさで言えば、[中出し以外は校則違反!! 女子校祭・乗っ取り計画]とか挙がって着そうですがやってないのでシラネ('A`)
[彼女たちの流儀]は背徳的な面を描きながらその切なさの心情を描いたりする辺り、個人的にはそそられます。
[遥かに仰ぎ、麗しの]で言えば、回数こそ姉妹ですが…それよりも他のキャラのほうがエロさを感じるので一票入れておくことに。


CG部門優秀作品
・この青空に約束を― & フォセット Cafe au Le Ciel Bleu

コメント:
大野哲也氏の絵にも弱い自分ですが、やはり外せないのはこれでしょうね。
今回、好みのCGであっても作品としてCG数が足りないと感じたものはノミネートから外しました。
(そうでもしないと上位に入ってるもの全て以下略)



2006年よりブログを始め、このような形で年間のノミネートを書いたのは今回が初めて。…まぁ、別の形で2003年から書いてますが。
来年もこうしたネタが投稿できればいいなーとは思っていますが。
昨年は各部門、1ノミネートでしたが今年は甲乙付け難い作品がありこのような結果になりました。
リリースされる数が多くなり、その分の質が低下しているのですが…その中でも一握りの良作がこれらだと私は思っています。
今年は[この青空に約束を―]以来、これ以上…同等の作品は無しか…?と思ってましたが、最後の最後で[遥かに仰ぎ、麗しの]が出てきました。
延期もありましたが、それ相応の作品となり期待以上のレベル。

細かいゲームの感想等に関しては、それぞれのレビューをご覧頂く事で省略させていただく事にします。
カテゴリの[game]より見ることが出来るのでそちらを参照あれ。又、[日記]にもゲームのプレイ日記として書いてあるものもあるので暇があればどうぞ。

来年はどのような形になるのか楽しみです。
予定では、今年中にキャラランキングをやるつもり…


堕日記
あー…知り合いは皆、年末のヲタ祭のために東京入りしてるんですけどー…。
何で私はいけないのだろうかと運命に小1時間問い詰めをしてみたいです。別に不幸があったわけじゃないんだけどなぁ。
あれだ、宝くじで前後賞と1等が当ればフリーターで十分質素に生きていける!
うはwwwおけwwww所詮願望www

あー、悲しい。
そうは言っても、東京に居る友人は里帰りしてますし、マンション住まいの友人は一人暮らしじゃないので押しかけるのは失礼。
参加するなら突貫>即ヒキの一日のみ参加戦法じゃないとむりかー。
…とりあえず大掃除の段取りは済んでるから困ることねぇな(現実を直視した)

ちくしょー。
俺もつれてけー!(何かの叫び


〜2006 12/31 0:30分 追記〜
かちぼしさんの所で追記された項目について、私のほうでも考えてみました。
翌日の記事に書いたことをここに書いておきます。

ベストサブキャラ
・リーダさん

コメント:
この人の徹底振りと言うか…人柄には絶対敵わないと思った瞬間。いやぁ、こりゃ主人公を引き立てるのには十分すぎる人でした。
過去の話とかが殆ど無かったのですが、そこは敢えて…なのでしょうかね。


ベストシーン
・この青空に約束を― - 高見塚学園の長い日
・この青空に約束を― - さよならネバーランド
・遥かに仰ぎ、麗しの - みやび編 理事長室でのリーダと司のやり取り〜

コメント:
3つある時点で”ベスト”から微妙にずれてますが(笑)
言わずとも理解していただけるかと。

名言
・「貴方が掴んでいるのは、わたくしの手なんかじゃない! 貴方の、貴方の人生なんですよ?!」 - 遥かに仰ぎ、麗しの(八乙女 梓乃)

コメント:
個人的にいい台詞でしたねー。ぐっ!


キャラクターについては、2006年 12月31日にて書いてあるので、そちらを参考までに。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wind_summer_t_will/50957747
この記事へのコメント
俺もつれt(ry

年末といえばこういう企画ですね。早速うちでもインスパしよう…と思ったらたいしてプレイしてないんですよね…上にある中だとぶらばん!とプリアくらいしか。
Posted by kani_kiss at 2006年12月29日 00:44
>年末といえばこういう企画ですね。
エロゲーマーのネタと言うか。。。そんな感じですよね。

>早速うちでもインスパしよう…と思ったらたいしてプレイしてないんですよね…上にある中だとぶらばん!とプリアくらいしか。
当たり作品は多くも無く、少なくも無く…だったような気がしてますね。
ただ、上下の差が開きすぎだったのは事実ですが(´ー`)

大晦日のネタはもう決まってるので後は明日の分だけ…orz
Posted by wind_summer_t_will at 2006年12月29日 20:18