2009年07月22日

アンコール上映が決定しました

ヒマラヤ国際映画祭 WEST JAPAN 2009の特別限定アンコール上映が決定しました。

http://himalaya2009.jakou.com/


8月28日から9月1日までの5日間、神戸映画資料館で開催です。

ほぼ全作品を一回ずつ再上映する上に、2006年に東京で一回だけ上映された関西未公開の作品を4本追加しました。うち1本の「神の車」は「我ら辺境に生きる」のケサン・チェテン監督の作品で、欧米公開版より22分も長い75分版を上映します。

5月4日の神戸のミニコンサートは主催者が申すのも何ですが、本当に素晴らしい内容で、お褒めの言葉も多くいただきましたので、今回もコンサート「ヒマラヤへの祈り」を開催します。8月29日午後6時からで、完全予約制です。前回は突然のゲスト出演だったバンスリ奏者のラム・マハラジャンさんがいよいよ主役として皆さんを魅了します。生のバンスリとタブラをお聞きになったことがない方はぜひお越し下さい。
終わったあとはささやかな交流会を開催します。ラムさんやスタッフと楽しく過ごしませんか。前回のパーティも本当に盛り上がりましたので、私も今から楽しみです。ドリンクは有料ですが、格安です。ごく簡単ですが、おつまみも予定しています。

さらに今回はフリーパスを発行します。32本のドキュメンタリーを朝から晩まで5日間鑑賞して、12000円。ディープに関わりたいという方はぜひお求め下さい。期間中会場での販売で、本人のみ使用可能の限定10枚です。免許証用くらいの写真を持参してください。

29日のトークでは、スタッフがヒマラヤ・アーカイブ・ジャパンの活動目的、過去の活動と今後の展望をお話します。



Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔