コンピューターで便われるネットワークには、いくつもの種類があります。一般的なのは1秒間に1ギガビットのデータを転送できる「ギガビットEthernet」のひとつで「1000Base-T」と呼ばれる規格です。現在ではほとんどのコンピューターがこれを使用しています。また「100BASE-TX」と呼ばれる、1秒間に100メガビットのデータを転送する一世代前の規格もまだ広く使われています。
  サーバー機の場合、特にネットワークの入出力が多くなる傾向にあるため、ギガビットEthernet以上に対応した機器を選択してください。現時点で100Base-TXしか使用していない環境でも、サーバーとサーバーが接続されるハブさえ交換すれば、サーバーだけをギガビットネットワークにすることに意味はあります。
  ここで注意したいのは、NICに対する「ドライバー」です。Windows Server 2012 R2のインストールDVD-ROMには、主要なNICのドライバーが収録されていますが。特に後付けのNICの場合。別途ドライバーを用意する必要がある場合があります。通常はNIC本体(またはコンピューター本体)にドライバーディスクが付属していますが、Windows Server 2012 R2で使用する場合には、Windows Server 2012 R2対応が明記されたドライバーが必要となります。





関連記事: