おはようございます。Wineloverです。

今回はグラーヴ地区について。

メドック地区の南にボルドー市があって、
その南、ガロンヌ河左岸に沿って広がっているのが、
グラーヴ地区になります。

砂利の多い土壌から、
Cabernet Sauvignon主体の赤ワインと、
Sauvignon Blanc主体の白ワインが生産されています。

ここで覚えておきたいのは、
A.O.C. Pessac-Léognan(ペサック・レオニャン)。
もとはA.O.C.Gravesの一部だったが、1987年に独立。
赤・白どちらも長期熟成に耐えうる高級ワインを生産しています。

―――

格付け

メドック地区の格付けからほぼ100年後の
1953年に最初の格付けが行われ、59年に修正。

格付けにランクは無く、ワインのタイプごとの格付けで、
赤ワイン7、赤・白ワイン6、白ワイン3の計16シャトー。

どのシャトーが、
どのタイプかを覚えるのがポイント


まず、白の3つ。
「Couhins(クーアン)」とついてる2つは白。

「Haut」とついてる6シャトー中、
Laville Haut Brion(ラヴィユ・オー・ブリオン)だけが白。
あとは赤。

赤の残り二つ
「Château de Fieuzal(シャート・ド・フューザル)」
「Château Pape Clément(シャトー・パプ・クレマン)」
を覚えてしまえば、あとは赤・白のシャトーになります。

―――

余裕があれば、
赤白のChâteau Bouscaut(シャトー・ブスコー)だけが
Cadaujac(カドゥジャック)村
とも覚えておきましょう!

―――

この辺は、試験において重要なポイントとなると思いますので、
何回も復習するのはもちろんのこと、
教本もしっかり読み込むのをオススメします!


では。




ソムリエ ブログランキングへ