若葉色の調べ

現実ではなく、現在から逃げないこと。

iOS4アップデートが待ち遠しい

IMG_0087


Mac暦早2年…。
なんだかんだ、どっぷりとはまってしまっています。
もはや手放せない状態のiPhone。


今日、新機種iPhone4のニュースが入ったので、情報を検索してみたのですが、これがまた私の期待を裏切らない新機能が追加されているようで。


正直、夏頃に発表されるのではなんて何となく思っていたのですが、思ったより早い、というより、iPadの話題もまだ熱い中での新商品というのは、めちゃめちゃアグレッシブだと思います。
リンゴの勢いはすごいなぁ。


話題がそれましたが、私の期待している新機能はマルチタスク化。
これでアプリの同時起動が可能に!嬉しい!
ラジコ起動したままツイッターとか素敵かも。


それからiBookで電子書籍デビュー!
これでしばらくはiPad必要ないかも?


アプリケーションのフォルダ管理もできるようになるし、iPodのプレイリストもiPhoneで作成出来るようになるし、いままで痒かったところにようやく手が届きます。
それくらいは最初からやっておいて欲しかったなぁというところもありますが、私としては期待を持って歓迎します。


私の3GSの32GBはまだ1/3くらい容量を残しているので、iPhoneごと買い替えるには早いし、アップデートが待ち遠しい!
無料だし!
わーい!

『マネジメント』を読んだ気にさせる

もし高校野球のマネージャーがドラッカーの…










そもそも読書という習慣があまりなかった私にとっては、久々に触れる小説である。


と、いっても普通の小説ではない。


ドラッカーという人の『マネジメント』という本を手に取った高校野球の女子マネージャーが所属する野球部をマネジメントによって甲子園出場に至らせるまでの軌跡を綴ったものである。


断っておくと、ドラッカーの『マネジメント』は野球の本ではない。
経営のマネジメントについて記した本である。
しかし、マネジメントという考え方や手法というのは決して経営という枠内に限ったものではなく、幅広く応用できるものであるとこの本は教えてくれる。


随所に『マネジメント』の引用を交え、それを野球部の活動に応用していくという表現は、一見すると強引だがなかなか練られているストーリーによって自然な流れとなり、自身の環境や仕事などに活かしてみたいなという気にさせてくれる。


ストーリー自体はベタといえばベタだし、表紙に描かれている主人公の女子マネージャーはアニメキャラのようで手に取るには抵抗もありそうだが、部下を持つチームリーダー、後輩の指導に悩む中堅には、難しいテキストめいたビジネス本を読むより、まずはこういった本から読んでみては?と思う。


少なくとも私にとっては大いに参考になったと思える本である。
もっとも、食事や音楽、読書にしてもあまりグルメではない私の感想ではありが、売れている本にはやはり理由があると考える方が自然であろう。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2009-12-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

逆輸入的

日本人の知らない日本語










知らない日本って、まだまだあるというか、計り知れない……。


さくさく楽しく読めました。


第3弾希望。

岐路に立ち、何処へ向かう

日々は岐路の連続。

毎日が選択の連続。

仕事も日常も選択の連続。

今日は昨日の選択の先の未来であり、未来は今日の選択の先にある。



今更ながら手帳を買おうと思う。

ダウンロードしたっきりのマンダラートも使ってみよう。



そうだ、まだやりかけの未来があったんだっけ。

一身の一進一退

中学にあがってすぐの頃、「どんなミュージシャンが好きか」という問いに、「ミスチルと小室ファミリーと小沢健二」とこたえたら「オザケンなんか好きなの!?」と若干馬鹿にしたような口調で言われたのでそれ以降は小沢健二好きだとは言わなかったしあまり思わないようにしていたのですが……。


10年経った今聴いても新鮮だ!フリッパーズギター!小沢健二!


封印が解けていくような気持ちです。


当時は小室全盛期、ビジュアル台頭期。
それ以外は――って風潮が校内にあったんだけど、嗚呼お馬鹿なのは当時の彼らだったんだ。
別に小室やビジュアルが悪いわけじゃなくて、それ以外は認めない排他的な気持ちが、考え方がお馬鹿さんだったんだなと。
食べ物も音楽も、好き嫌いせずにたくさん食べた方がいいのに。
あぁ、そういった意味でも狭苦しい中学校だったなぁ。
だからこそ身体一つで挑める陸上に熱中して、無言で打ち込める美術や音楽に没頭してたんだろうなぁ。




さて、いま私が熱中し没頭していることといえば仕事と結婚準備といったところでしょうか。
私の生活は久しくこの2本立てで進行しています。
じっくり着実に新生活への準備も進んでいます。


そんな中で一つの若き日、といっても学生の頃の野望を思い出しました。
就職をする上でこの業界を選んだのはその野望の実現のためでもあったんだと。


それは、ユニバーサルデザインの自転車をつくること。


何をもってしてユニバーサルデザイン自転車なのかとmizには言われますが、確かに万人が万人使える自転車というのは実際実現は非常に困難だと思います。
そういった意味でのユニバーサルデザインは困難であっても、まずは狭義でのユニバーサルデザインであっても実現させたい野望だったりします。


日々に追われていてすっかり忘れていました。


一応、マニアックな修理以外は一通りさらえたという自負はありますし、3年目にして漸くという感もありますがかなり自転車への造詣も深まったと思います。
嗚呼、時間はいくらあっても足りないし、身体が幾つあっても足りない。
もっとやりたいことはいっぱいあるのに。
ナルトのように影分身修行法が使えたらいいのに。


自己犠牲を最小限に抑えつつ時間を捻出するというのが当面の目標になりそうです。
ちゃんと休憩もとって、残業も減らして、仕事の密度も高く。
理想は追わなければ理想のままで終わってしまうから。
ま、こんな時間にPCを使っている時点で睡眠時間を犠牲にしているというツッコミをされそうですが。


とはいっても、昇進から早3ヶ月が過ぎて、支離滅裂ながらもブログを書き込める程度には時間を作れるようになったというのはそれはそれで成長なのかなとも思ってしまいます。
都合のいい解釈かもしれませんが。


うーん。
ボヤキだ。
完全に東北の野球チームの監督のようにボヤキになっている。


ま、これからも頑張ります!
もし応援してくれるなら応えられるようにもっと頑張りますし、私も皆のことを陰ながら応援してますよ!

下限更新!目指せスーパーライト級!?

体重が68kgになりました。


とはいっても、1kg、2kgくらいなら誤差の範囲なので実質70kgぐらいでしょうか。


学生時代は時期によっては80kgくらいはありましたから、軽く10kgは落ちたことになりますね。
ちなみに68kgだと、高校時代の体重と変わりません。


この、68kgという数字は体重が減りつつある中で、「これ以上は危険かな」と設けた自分の中の下限だったのです。
まさかこんなに早く現実にここまで落ちてしまうとは考えてもいませんでしたが。


これから、より一層忙しくなることは目に見えていますので、下限を更新して65kgに設定しようと思います。
もしここまでの数字が現実になったら、そのときは休むことを最優先します。


理想は健康的にしなやかに絞ることですね。

Smash Hits techno!

最近のスマッシュヒット。


中田ヤスタカ。
テクノ。


Perfumeからというより、MEGからはいりました。
かわいーですね、MEG。


ひとりドライブはR&B系が多かったけど、こんな感じなのもアリですね。
ポップ、キュート。


ビリビリしてる低音も◎♪


そーいえば、ゆ〜きの結婚式、MEGかけてなかった?
たしか「甘い贅沢」??

成長と責任

迷彩











ちょっと前のことですが、1つ昇進しました。


少しずつ増えていくのは責任ですね。


より一層頑張らねば。


明日は久しぶりのまるまる何も予定がない休日。


やれやれ。

Nikon 光の世界

Nikonの「光の世界」というTVCMが、いま私の心をぐぐっと引き寄せます。


Nikonの企業カラーの黄色と黒で彩られたありとあらゆる世界に、山下達郎の音楽が響く――。


Nikonも山下達郎もそこまで興味はなかったのだけれど、いま私の心を掴んでやまない、たった15秒か20秒なのに。


なんとなく郷愁にかられる一瞬の時間の停止。

仕事の失敗は……

仕事で返すっ!!


それしかないでしょう。


少しでも悔しかったら仕事しろ!!


以上!

自虐と自惚れの果てに

今日は定休。


故に、スタッフ全員本日休日。


そこで普通なら「飲みに行くぞー!」ってなると思うんだけど、うちらは別。


「よし!講習会だ!」






わからなない人の方が多いと思うので簡単に解説すると、


今年から会社で新しい分野のスポーツ系自転車(要はロードバイク)も積極的に取り扱おうと会社が方針を決めまして、エリアのリーダーたちが集まってリーダーたちの技術や知識の統一を図る講習会を開いていたのです。


そしてそれを各店に持ち帰って底辺の私たちスタッフにも講習するという試みがあったのですが。


クリスマスやら正月セールやらで全然出来ていなかったのが現状でして。


いい加減やらなきゃねということもあったので、昨日は全員ロードで出勤して、閉店後各自のロードをクランケに見立ててあれこれやったのです。






おかしなことにリーダーたちの意思統一講習会よりも内容、時間共にディープ。


全員好奇心旺盛且つ探究心のカタマリみたいな人たちなもので。


トライアスロン用やらシクロクロス用やらケイリン用の自転車まで考察(実物を持っていないのであくまでも考察)したり。


素材の違いの話から金属疲労、応力、オゾンや紫外線、炭素や炭素繊維の編み方、最も優れたフレーム設計の追及、バネ下重量、BBハイト、筋肉、骨格、強度と剛性の違い、ポジションと乗車姿勢(メイン)、部品が与える乗り心地の割合、アイレット、素材特性を生かしているフォークとフレーム、ハンドルバー径、シートクランプ径、カンパニョーロとシマノとスラム、ホローテック2の利点とカートリッジの利点、回転抵抗、バーテープの内巻きと外巻きの利点、ノーブレーキピストの流行とメッセンジャー、フレームビルダーの嘆き、ギア比、ダブルコグ、イタリアンメーカーのJIS規格採用について、防犯登録制度、エントリーモデルの将来的カーボン採用……ちゃんと話し合った内容だけでもこれだけあったり。


持て得る知識の総てを使って、先輩たちについていって、自分なり考察や知識も披露して、疲労して……。


8時閉店で、9時に始めて、帰る頃には2時になってました。
完全に会社の就業規則には違反していますが。






いいじゃん!
こちとら好きでやってんだから、水を差すようなこと言うんじゃねーよっ(いわれてないけど)!
な、気分です。


楽しかったし、総ての知識でフル稼動させるとレベルが上がったような気がします。
退屈な残業とは違って、有意義でした。






そんなことばっかりやっていて、オープンして半年以上経っても飲み会らしい飲み会なんて数えるほどしかやっていないうちの店。


しかし、もはやこの店はひとつのチームです。


さて、明日からの仕事にも気合が入ります。

激動の2008

激動の2007年が去り、更に激動の2008年がやってまいりました。


激動です。絶対に激動です。もはや決定事項。


仕事でも、プライベートでも、今年は絶対に忙しく、さらに責任も負う立場になります。


益々影が薄くなりそうですが、多分辛うじて元気でいますので。


そのうち、お便りとか出します。


では!







あ、忘れないように今年の目標を。


(欷院年金、その他社会制度なんやかんやについて理解する。

▲僖愁灰鵑望椶靴なる。

2閥顱家電を買い揃えていく。

いい筺△修料阿暴擦牴箸鮹気垢里先だから。

イ気蕕砲修料阿砲蓮∪萠つモノが必要。

β了號知┌掘鵐ープ。余分なものを省き、理想的かつ健康的な身体に。


ひとまずこんな感じでやってく予定。

ファイナルファンタジー

ドラクエ派?FF派?と問われれば、迷わず私は「FF派」だと答える。


初めてFFに出会ったときの衝撃はそれはもう、今でも鮮明に覚えています。


逃げるとお金を落とす。
Aボタンで「はなす」や「調べる」が瞬時に行える画期的なシステム。
コマンド入力していないと敵に一方的にぼこぼこにされるアクティブタイムバトル。
属性や弱点、アンデッドに回復魔法でダメージ。
個性的なキャラクターやアビリティ。
繊細で美しいグラフィック。
迫力の召喚魔法。


私は初FFは4なのだけれど、5も6も7も好きです。




この度、4がニンテンドーDSでリメイクされるとあって、公式HPで色々チェックしてみました。


仕事が忙しくてゲームなんてほとんどやっていない生活をおくっているのだけれど、4のリメイクとあれば黙っちゃおれん!


うん!
PS版リメイクはあまり評判がよくなかったけど、これなら面白そう!
SFC版のイメージそのままに!な感じがナイスです。


そんなに高くないし、買っちゃおうかな……。
年末年始はFF三昧?




あぁ〜、絶対面白い……。

三翼機

モノローグ



TRIPLANE(トライプレイン)というバンドに一聴惚れしてしまいました。




その曲は「モノローグ」(フジテレビフラワーネットTVCMイメージソング)という曲。


なーんとなく、聴いていてMr.Childrenを髣髴とさせるのですが、それも納得、全楽曲を担当しているVo.の江畑さんはミスチルをリスペクトしてやまないとか。
本人らもそれは周囲からの指摘もあって意識はしているらしい。




リスペクトって、ここ数年でよく聞く言葉になりましたが、こんな風に自分も好きなアーティストに影響されて生まれてくる楽曲を聴くと、なんとなく自分も感慨深い思いを抱いてしまいます。


ニューウェーブにも飢えていた私にとっても期待のニューカマー。
といっても既にhitomiに楽曲提供していたり、タイアップもあったりと実績も充分。
これからの活動も目がはなせないこと間違いなし!
旅人
真古都
自転車好きの流浪人。
スナフキンになりたい。

猫好きの猫アレルギー。

Mr.Children、安藤裕子さんの音が好き。

いつでも割りと、マイペース☆

チームマイナス6%











ロードムービー
本ブログパーツの提供を終了しました
花言葉
QRコード
  • ライブドアブログ