2005年05月31日

憤激リポート

確率論を考えたくなる時って、ありますよね。

「どんな確率だよ!」って思う時です。

今日は久しぶりに外に出ました。本当は昨日のうちに済ませる予定があったのですが、

昨日は生憎の雨模様。カメハメハ大王な僕は勝手に予定をキャンセル。

今日昼頃から、青空がのぞいたので、やっと外出致しました。

まずは、コンビニへ食料の買い出し&立ち読み。

あまりに清々しかったので、いったん家に帰って、ジャケットを脱いで、サンダルに履き替え

ヘッドフォンを首から下げて、帽子をかぶって、太陽の中へ舞い戻りました。

お散歩しようと思った訳です。初秋に控える初舞台のコトでも考えながら、お散歩しようと

思った訳です。

こんな過ごし方が出来れば、定年後も安心だと思いながら初夏の風に吹かれていました。

川を横目に、流れる雲を見上げ、のびた雑草が素足を撫で、飛び交う虫たちが生命を感じさせていました。

ふと徒然ごとを書き留めては、歩を進め、ふらりふらりと贅沢な時間を過ごしていました。

そして、あっちの空気が良さそうだと思い、そちらに一歩踏み出した瞬間、目の前を何かが横切りました。

刹那、地面に何かが落ちる音「びちゃびちゃ」

「びちゃびちゃ?」閃いて、上を見上げると、カラスがいやがりました。

奴の糞なのです!そして、確実にせせら笑っていやがる!

奴の糞は僕の、ソレはソレは真っ白なTシャツに、見事に命中し証を刻み付けていました。

ワンピース風に言うと、その糞は僕のTシャツ上で「おれはここにいる!」太字で言っていました。

どんな確率だよ、こら。ちょっと待ちなさいよ。

そんな外でませんけど、僕。ヒキコモリだから。ソレがなぜこの仕打ち?

そして帽子をかぶっていて、尚Tシャツに直撃、どんな歩行を、僕はしていたというのだい?

ただ、ぼく初めてではないんです、直撃。その確率もどうなんだろうか?

今回含めて3回目です。多いですか?皆さんはどうですか?糞撃レポート教えて下さい。

僕のはまた違う機会に書きたいと思います。

それにしても、このやるせない想いはどこにぶつけてよいのやら、毎回思います。

そもそも電柱があるのが行けないんですよ、道路に。

早く地中に埋めて下さいよ、ヨーロッパみたいに。

なんで湾岸地方からやってるんですか、都心からやって下さいよ。

大変なんだろうけどさ、お願いしますよ。都心は人多いから、こういう思いしている人は

きっと多くいるはず。そしてそのやるせない想い、怒りから犯罪増加につながっているよ、きっと。

あ、それで石原君は、カラス対策して、次は犯罪対策って言ってるのか。

なるほどやっているのか、さすが太陽族。

じゃあ次は、是非、電信柱の件をよろしく!

君が掲げる「カラス」「犯罪対策」「観光都市」。きっと関係あるから、頼みますね。

電柱がなくなれば「カラス」とまれません、いいねぇ。

そしカラスに糞を落とされ、怒っていた人が減るので「犯罪」が減ります、

尚かつ都市の景観が良くなり、東京の空が広がります。

これで世界に冠たる「観光都市」になるはず。

まあ、いろんな事に目はつぶった意見ですが、いかがですか?石原君。

浜渦君に言った方がいいの?え、どっち?


はぁ、書いたらちょっとスッキリしたから、別にいいや。  

Posted by wing_ing23 at 20:07Comments(4)TrackBack(0)

2005年05月30日

腐った海の中、目を閉じて動かない

こんなに、情報が多い世の中。そういう事がよく言われる昨今。

僕らはそんな時代に、何の因果か生まれ、生きています。

特に僕は、無駄に時間のあるニート。趣味はネット徘徊。

本当にこの世には、なんと無駄な情報の多いことか。

そして僕の知識の蓄えは、そういう無駄な知識程、吸収しようとしやがります。

社会生活で必要な、人間関係の情報がすぐ失われ、人々に本当に怒られます。

そういう人との大切な情報を吸収せず、無駄な方、社会で役に立たない方をチョイスしやがります。

なぜだが、情報の選択のプライオリティーが間違っているのです。

デフォルトです、初期設定ですので許して下さい。

そんな情報の渦の中、僕らはすぐ考えすぎてしまいます。

なんだか分からないくらい考えすぎてしまいます。

そしてその考えは、熟慮した結果、行動には移されずにそのまま思考の海で腐っていきます。

端から見ると、その行為は何もしていないのと同じように見える事がしばしばあります。

そして、考えなしに動いた人が、分かりやすく「何かをしている人」ということもあります。

確かに考える事は、大事ですね。

ただ、この停滞した日本、みんな考え過ぎだと思います。

考えて考えて、停まってるくらいなら、バカみたいに動く事が大事なんじゃないかなと。

何事も動く事が大事。ここ何年かは強く思っている事です。

そして、ブログが3日、更新が滞った言い訳でした。

とりあえず、書いてみました。  
Posted by wing_ing23 at 21:58Comments(4)TrackBack(0)

2005年05月26日

in-good!!

最近周りが、結婚している気がします。気のせいですか?

まあ、2組くらい続けば、そんな気がするので、コレからは毎年こんな事を

思いながら生きていくのだろう。

子供の時は、結婚している人は大人で、僕の生活圏には何の関係もなかったから

気にならなかったけど、今は生活が接する人が結婚していって、

生活が変わるのを目の当たりにするから、非常に明確に気にかかるようになりましたなぁ。

子供の頃は凄く、結婚願望が強かったのに、今は駄目ニートの甲斐合って、そんな気はさらさらないです。

相手方様に申し訳なくてとてもとても……。

でも婚姻は今でも夢みます。良い家庭築きたいです。

そういえば、この間母ちゃんがこんなコト言ってました

「子供に教えてもらう事もたくさんあるから、早く親になりなさい。」

心の中で頷きました。

頑張ります、婚in-good!!目指して精進します。



追伸 掲示板とかで、間に人が入ると返信しづらい事ありますよね。
   ソレです。読んでいます。
   伝えたい想いばかり募り、機会を逸し続ける僕がいます。
   出会いと一緒でタイミングの問題ですね。  
Posted by wing_ing23 at 05:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月24日

ハチャメチャ

皆さん、

エレベーターとエスカレーター

いつ頃、呼び名を考えずに言えるようになりましたか?

僕はまだ無理です。

良い覚え方があれば教えて下さい。

  
Posted by wing_ing23 at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月23日

昔の話

今、僕はお仕事で、時々パソコンを人に売りつけています。

今のパソコンは進んでいますね、テレビが見られたりします。

なんて一度で二度おいしいんでしょう。

そしてそのパソコンのテレビ機能も充実しています。

キーワードを入れると、勝手にキーワード関連の番組を録画してくれたり

見逃した場面を、戻って再生してくれたり、携帯から予約が入れられたり

外でもテレビを見る事が出来たりと、ホントに大充実しています。

ちょっと前までは、例えばビデオを6時間くらい見た後、テレビを見ているとき

ついついCMで早送り、なんてして、「あ、テレビだった」なんてことがありました。

それが、今ではテレビですらビデオ感覚で早送り巻き戻しに近い事ができます。

技術の進歩はスゴイですね。



ここで昔話。

僕は、活発な小学生でした。

ある日、週7外で遊んでいた僕らに異変が起きました。

ファミコンが世に溢れ出しました。

割と地主のタカちゃん家に、早い段階で導入されたソレは僕らを十分ひきつけました。

彼の家は、毎日修羅場ラバンバ、オオ賑わいでした。

ファミコンは競争率が高いので、やっていない人は、庭で独楽で遊んでいたりしました。

そして、そんなある日、少しファミコンに飽きて、独楽気分でなかった僕は

隣の部屋に勝手に入って、マンガを読んでいました。

その部屋は掘りごたつがある和室で、マンガ棚と、布に覆われたタンスみたいなモノがあって、

日当たりが悪く、ちょっと湿気っていました。

僕はそんな事はお構いなしに、マンガを読み耽っていると、タカちゃんが入ってきて言いました。

「テレビ見る?」

「マンガ見てるから、いい」僕が断ると、タカちゃんは続けて

「凄いの見せてあげるから」と言って、その部屋の片隅にあったタンスみたいなモノから

布をはぎとりました。埃が舞い上がり、タンス大のソレは、少し大きなテレビでした。

タンスの中にテレビが組み込まれているような、ちょっと大きな、しかしコレと言って

何の変哲もない古びたテレビがそこにはありました。

タカちゃんがテレビを点けると、プワーッとその暗い部屋が明るくなりました。

何の変哲もないテレビ、番組が映し出されています。

マンガ読むのやめてまで見たいモノがなかったので、マンガに目を戻しました。

タカちゃんは、普通にテレビを見ています。

僕もテレビの雑音をBGMにマンガを読んでいたその時、テレビがCMにはいりました。

すると、タカちゃんは、リモコンみたいなモノを持って早送りをしだしたのです。

「ええぇ!」僕はびっくりしました。間違いなく今やっている番組なのです、

ビデオ等では絶対ないのです。タカちゃんを見ると

「凄いでしょ」そんな顔をしているのです。

普通のテレビも早送りできるんだ、すごい!

そういうモノが存在するのだ、僕は超越した物の存在を初めて感じました。

疑うとかそういう事は、全くなくソレが真実でした。

ただ、今パソコンを売っていると「最長6時間遡れます!!」そんな事をウリにしているところを

みると、当時そんな技術があったのだろうか?と少し思います。

ただ、今でも僕は、あの日タカちゃん家にあった、テレビに追いついていないぞ

と最新パソコンを見ながら考えています。

タカちゃん家にあったテレビ、タカちゃん曰く「前後1週間分なら見放題」

いつか追いつくのだろうか?




  
Posted by wing_ing23 at 22:41Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月22日

人間だもの

オンエアーバトルとか昔はよく見ていました。

メジャーになったから最近は見ていないです。

そんなスタンスではないですが、全然見られていません。

時間さえ許せば、そういうネタ番組は漏らさず見たいのですが。

ネタ番組最近はよく見かけるようになりました。嬉しいです。

ネタ番組の先駆けとなった「オンエアーバトル」、ここから多くの芸人が世に出ました。

ただNHKで「オンエアーバトル」が始まったときは、ちょっと違和感がありました。

ネタ中に、カメラがお客さんを写してしまって、ネタが見られない。

そんなことがよくありました。

「なんだよ、ネタ写してよ、客はどうでもいいですから」的な

たまに、今も民放とかのネタ番組の下手な編集の時にも見かけますが。

NHKは良い番組多いけど、苦手分野もあるんだなと、変に感心しました。

お笑いは、見ていて笑顔になれる確率が高いから好きです。

「悲しいから涙を流すんじゃなく、涙を流すから悲しくなる」

「顔の表情が人の感情を作る事が往々にしてある」

面白いから笑うんじゃなくて、笑うから楽しくなる。

人間は単純ですよね、単純でも楽しくなれるんなら、そっち選んじゃいます。

だから僕の顔は常に油断した顔をしています。

口が開いていると、よく注意されます。

楽しいんです。

お笑い番組の効果でしょうね。  
Posted by wing_ing23 at 00:34Comments(1)TrackBack(0)

2005年05月21日

情報過多

ビジネスショー本番が本日めでたく終了しました。

きっと、一生こんな世界来ないんだろうなと、思い出作りをして帰って参りました。

キャンギャルと写真とったり、ランニング姿で無闇に会場を歩き回ったり、

使わない粗品をゲットしたりと、大充実な三日間でした。

そしてですね、今日は最後でしたので、ご一緒させて頂いた役者さん達と軽く一杯して

帰りましょうという話に、まあ、なりました。

水上バスで海風に吹かれ、波の砕ける音に耳を傾けながら、都会の喧噪に到着。

着いたところは、秋葉原。目的地は「コスプレ居酒屋」。

日本広しといえども、なかなかここ以外の土地では難しい商売。

ノリで行っちゃいました。


つづく。





写真を撮ってきたので、アップします。

ちょっと写真アップの仕方検討中ですのでちょっとお待ち下さい。

写真アップ時に「聖地潜入ルポ」を追加掲載します。しばしお待ちを。

  
Posted by wing_ing23 at 01:07Comments(2)TrackBack(0)

2005年05月19日

ビジネスショー

今日もきっちり10ステージこなしてきました。なかなかに疲れます。

結局、昨日の「WBS」には写りませんでした。残念。

取材には来ていて、寸劇を撮影はしていたんですけどね…残念です。

ビジネスショーは「とれたま」で紹介されていて、うちのブースも紹介されていましたのに。

夢成就ならず、残念だす。

そして今回のイベント、流石に大きいだけあって、コンパニオンって言うんですか、

そういう綺麗な方々もたくさん居て、休憩中も楽しいです。

こういうイベントが初めてなので、そういうのは新鮮でした。

そういう方々を目当てに、来てらっしゃる方達も初めて見ました。

皆さんよいカメラをお持ちで。

そしてキャンギャルさんらも普段生ではなかなか

お目にかからないポーズで応えていまして、面白い空間になっていました。

で、コレまた大きなイベントだけあって、取材のカメラとかもいっぱい入ってました。

今日は特に多くて、何があるのかと思いましたが、ホリエモンが来ていました。

堀江さんは、自分のところのを、プロジェクターを使って説明していました。

まあ、テレビで見るような感じでした。

ただ、やはりとてもよい物を食べていそうでした。

でも僕は黒山の人だかりの中、すぐに乙部さんを捜し出しました。

それっぽい人を見つけては、違う人で、結局、見つけられなくてうなだれていました。

堀江モンが居るところには居ると思ったんですが。

明日が最終日、頑張ろう。


ちなみに、村上龍もいい物食べてそうですよね。
  
Posted by wing_ing23 at 19:10Comments(3)TrackBack(0)

2005年05月17日

ニート、ニート、ニート

明日早いので、寝ます。

なんで早いかって?仕事ですよ、し・ご・と。

すみません、完全に就職していませんので、ニート卒業じゃないです。

あ、でも仕事する気ある時点で、ニートって卒業ですよね。では明日は卒業式です。

仕事は、イベント系の仕事です。知り合いの方から紹介して頂きました。

単発なんですが。

もしかしたら、僕の大好きな番組が、取材にくるかもしれないんですって。

まぁ、望みは薄いでしょうが。それでも家でニートしてたら可能性ゼロでしたから。

働いてみるもんだ。

好きな番組「WBS」。皆さんご存知、テレビ東京の番組です。

テレビ東京と言えば、昭和天皇ご崩御の折ですら、アニメを放映していた、しっかりとした放送局です。

皆さんご存知の「WBS」も、ご他聞に漏れず、しっかりした番組で大好きです。

「WBS」については、また機会を改めて書こうと思います。

アレはアツいですから。

まあ経済ニュース番組が、なんで僕なんかが出るイベントを取材にくる可能性があるかと言うと

経済ニュースのトピックスになるようなモノに出させて頂くからです。

イベントはビックサイトでやっている、「ビジネスショー」

暇で暇で本当に暇で、どう考えても死んじゃおうかなって思った、それぐらい暇なニート君

もし居たら、一日だけ一般公開があるらしいです。

Pのブースで寸劇をしています。

来られる奇特な方は居ないとは思いますが。


  
Posted by wing_ing23 at 22:20Comments(3)TrackBack(0)

2005年05月16日

びっくりしたぁ

回りました、カウンター。ちょっとびっくりしました。

今まで、一日1。座長が来て2しか回らなかったモノが今日一日で

30。

2人でやった一ヶ月分です。ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

久々に目頭が熱くなりました。昨日の「Get Sports」で泣いている場合じゃないなと思いました。

この時点で、「久々に」ってところで嘘をついている自分を発見。

一行前で感謝しておきながら、そのすぐ後その相手に嘘。信じられません。自分が。

この文章で分かる通り、僕は嘘つきです、あ、嘘。あ、嘘じゃないけど書きたい事はソレじゃなくて、

泣き虫ですってコト。

涙もろいんです、とっても。

悲しいっていっちゃあ泣き、嬉しいっていっちゃあ泣き、カッコいいといっちゃあ泣き

コトあるごとに泣きます。最近はテレビで一人でよく、感極まります。

全然琴線に振れないだろ、みたいなところで泣きます。昔より明らかに浅くなっています。

泣きスポットが。

昨日は、「GetSports」で泣いたのですが、ホントすぐ泣きました。

ちなみに、この番組は「スポーツ限定情熱大陸」みたいな、スポーツをやっている人を

追いかけるドキュメンタリー。情熱大陸と違うのは、長期スパンで取材している感じのところ。

そして、その都度、一つのドキュメンタリー作品として仕上げるところ、題名付けて。

だから、選手とのコミュニケーションがしっかり取れている感じ。

ADの友達が、「あそこの番組は映像使わしてくれない」ってぼやいていましたが、

きっと「GetSports」以外には使わないってことで取材しているのかなと思います。

逸れましたが、昨日の番組は、去年「全米チアリーディング選手権」を日本人初

しかも高校生ながらに優勝した、女子高生たちの話でした。

その女子高生たちが、去年優勝したから、シード権もらって今年も選手権に出る物語なんです。

僕は、ちょっと途中から見出したんです。

何やら、チアリーディングをやっている映像から。

昔なら、なんだろ?です。当然です、急に飛び込んできた映像ですから。

ただ、今の僕はソレを見て、「一生懸命やってる」と思って泣いてしまいました。

その映像以外まるで情報はないのに。

で、見ていくうちに、コレが何を目指しているのかとか、色々分かってくるんですけど、

号泣です。

去年優勝したから調子づいて、日本選手権失敗して悔し泣きとか

その悔しさ、弱さを見つめなおして、奮起する姿とか、

2連覇のプレッシャーに押しつぶされそうな、小さな胸とか、

それでも「私が部長なの」とか

本番目前、足をひねってみんなに泣きながら謝る姿とか

大けがを乗り越えた娘が、無言でその泣いている娘に、タオルを投げてやる姿とか

先生が、生徒を好きだから本気で怒る姿とか

それが分かっているからこそ情けなくでゴメンナサイの生徒とか

そこで生まれた鳥肌の立つ演技とか

3位だったけど、笑って表彰式に出るコトが出来たコトとか

もうぐずぐずでした。僕の目頭は。

そしてソレが終わって、次の奴。

テニスプレーヤーの松岡修造が、開いているテニススクールの生徒の物語でした。

それも終止号泣でした。

どれくらい泣いたかと言うと、3本目のを見ようと思ってたのに、泣き疲れて寝てしまうくらい泣きました。

わしゃ乳幼児かと、しばし。


<今日の嘘>
1「GetSports」なんて見ていない
2「GetSports」なんて無い
3年収が100億は嘘。嘘であれ。





  
Posted by wing_ing23 at 22:46Comments(4)TrackBack(0)

2005年05月15日

第二部

はじめまして、皆さん。

ここでブログを初めて、およそ1ヶ月。

今まで、このブログのコトは周りの人たちに話してはいましたが、アドレスは教えていませんでした。

アドレスを知っていたのは、同じ劇団の座長だけでした。

それも、カウンターの動作チェックをお願いする為に、閲覧して頂きました。

カウンターは実質二人で回していました。

そろそろ、なんで皆にアドレス教えていないのか意味も分からなくなってきましたので、

劇団のホームページにアドレス貼ろうと決心致しました。

ジャンプで「デスノート」第二部始まりましたので、僕もソレにあやかって第二部の幕上げとしようと思います。

カウンターが、2人以外で回るコトを願いつつ。

ちなみに、このブログは日々のコト綴ったりしています。

あと、思ったコトとか適当に書いたりしています。ふんわりと。ゆったりと。

なにかあったらコメントとかしてみて下さい。

ブログ作りたいって人、結構いるみたいですね、周りでもそういう声を聞きます。

どうやって始めたかとか、書いてみようかな。

コメントに要望があれば、ですが。期待しています。

それでは。  
Posted by wing_ing23 at 02:47Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月14日

オレンジレンジ

オレンジレンジさんのお陰で去年あたりからタンクトップが着られるようになりました。

ソレまでも着ていたんですけど、いかんせん変な目で見られる事が多く、良いモノもなかなか見つけられませんでした。

変な目をはね返しながら着ればいいんでしょうが、そこまで強固な芸術アビリティーではないので。

そこに彼らの登場です。いつでもタンクトップにニット帽という摩訶不思議ファッション。

とにもかくにもランニングからタンクトップと名前がシフトし、一気に市民権を得ました。

これで僕も心置きなく着られます。ありがとうオレンジレンジ。

オレンジレンジと言えば、「アレンジレンジ」とも言われるように、ネットの世界では

パクリミュージシャンみたいな感じでも一世風靡セピアでした。

でも僕的にはほっといてあげればいいのに、という感じです。

僕も映画とか、自主制作でとっていたりします、そうするとオリジナリティーみたいな壁にぶつかります。

映画にしても音楽にしても、成立から何百年も経っています、無数の作品が存在します。

似てきちゃいますって、どうしても。

新しいと思っても、知らないだけのコトも往々にしてあります。

真のオリジナリティーなんてそう簡単に生まれませんよ。

例えば時計の世界。

時計の進化を2世紀早めたと言われるブレゲさん、彼以降出てきていますか?そういう人。

基本的には彼が構築した構造を使っているだけでしょ、皆さん。

ま、フランクミュラーがどうかってのは、もうすこし様子を見てみない事には何とも言えませんが。

要するに、オリジナルのモノって、超大変なのさ。

オレンジレンジさんなんて、聞けば分かる通り大量消費物を作っているのよ。

それにパクリだなんだって、おかしいですよ。

木村屋のアンパンがあって、山崎のアンパンもありますよね、世の中には。

でもどっちがパクリだって、そんな騒ぎになっていますか?

なっていませんよね。消費する物だからですよね、オレンジレンジさんのもそういうモノだからいいと思うんですよ。

みんな、耳付いてますよね。違い分かりますよね。いいじゃないですか、より好きな方チョイスすれば。

売れている方が、みんな知っていて、カラオケで歌ったら盛り上がる、より楽しそうな方を選ぶ。

そこに悪意がなければ、もっと寛容でもいいかなって。

僕はそういう事だと思っています、食べておいしければどっちでもいいし、聞いて楽しければどっちでもいいです。

まあ、なっちのコピペは頂けないかな、とさすがに思いますが。あとDragon Ashさんみたいなやり方はうまいと思います。

とにかく、「お金持っている人いいな」、わかります。

でも世の中愛に溢れているのがいいなぁ、そう思います。


ただ、それでもオリジナルを作る努力を捨ててはいけないですよね、頑張ります。

♪上海ハニ〜で♪ふんんん→んんふ〜♪  
Posted by wing_ing23 at 16:48Comments(4)TrackBack(0)

2005年05月13日

アルゴリズム

今日は珍しく、お洒落タウン「恵比寿」に出没しました。

行った、といっても仕事関係の打ち合わせなので、お洒落なコトは一切なし。

むしろ、ドギマギしながら打ち合わせ場所に直行。

どうも、渋谷や恵比寿、代官山みたいな所に行くと、皆の張り切り具合で滅入ってしまいます。

ま、そこそこで打ち合わせを終わらせ、ご帰宅モード。

その帰りの電車で、アツく討論する二人組を発見。

僕は一人で電車とかに乗ると暇なので、こういう人の近くに行って会話を聞くのが割と好きです。

その二人はきっと理系でした。

で、論文とか研究の話をしているみたいでした。

一人は頭が良いけど押しが弱いタイプの人。以後「理系君」

もう一人は理系なのに感覚で喋り、体育会系の人。以後「体育君」

この二人の言い争いでした。

理系君は自分の研究を今日発表したみたいでした。でも教授に色々言われたみたいです。

その辺りを体育君に話していたみたいです。

すると体育君が「結局、専門的すぎて駄目だよ」みたいな事を言いました。

すると理系君は「でも小沢君(仮名)はちゃんと分かっていたし、あ、じゃあ逆にどこが分からなかった?」と聞きました。

体育君は「いや、オレは分かるけど、人に伝わるかどうかでしょ、こういうのって」

明らかに分からない風情で言いました。そして論文なのに重点が「人に伝わるかどうか」ってことに。

体育君は、ちょっとこれ以上理系君を刺激して深みにはまるのは嫌だなという感じでしたが、

そこに理系君は続けて言い放ちます。

「あの場合のアルゴリズムはこうじゃないとおかしいから、ああなったんだ」

と、僕的にはほとんど、呪文でした。アルゴリズムくらいしか聞き取れない難解なセリフを、

ちょっと窓の外を見出した体育君に向かって言いました。

すげーコトになってきたと思いつつ、体育君のリアクションを楽しみに待ちました。

すると彼は強気に「でもお前教授に怒られただろうが。」

教授を持ってきて応戦。そして最後に

「そのアルゴリズムが!」と付け足しました。

それが果たして文法的に合っているのか否かは分かりません。

ただ1つ言えるのは、彼は勢いでした。という事でしょう。

ここで僕は下車してしまい、その後どうなったかは分かりません。

理系君はなにをその後言ったか気になるところです。

こういう素敵なひと時、大好きです。






  
Posted by wing_ing23 at 23:47Comments(3)TrackBack(0)

2005年05月12日

夏のお嬢さん

ご存知、榊原郁恵のヒット曲。

あのドラマティックな曲調が大好きです。


この記事のカテゴリーが果たして「一般」なものなのか?

カテゴリーの細分化が必要かしら。  
Posted by wing_ing23 at 19:41Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月09日

女性専用車両

今日から東京の私鉄各線で、一部時間帯で女性専用車両が導入されたみたいですね。

時事ネタです。さてと、なんですかアレ。痴漢対策なんですか?

報道各社が朝一斉に利用者に感想を聞いておりました。

肯定的な意見としては、「快適で安心して乗れる」というもの。

あと女性に限らず、「化粧臭い人の隣は嫌だ」って言う男性も肯定的な意見でした。

否定的な意見は、まあ、あまり過激なのはテレビには出ないですが、チラホラ出てました。

「対処療法的でどうか?」という意見とかね。

あとはネットとかでは女性車両導入に反対するホームページとかがありましたね。

そこは、「男性差別」「男全てが痴漢みたいで侮辱だ」みたいな論調でヒートアップしていました。

えっと、どっちも分かります。

肯定的なモノ。女性の方は怖い目に合ってると思います、遭遇確率が減るので安心だと思います。

否定的なモノ。なんか男としては釈然としないですよね、気持ち分かるし、痴漢は減るかも知らんが根本的には何も変らんよね。

でもね、僕が言いたいのはそんな事ではないのよ。

このニュースのインタビューとか見てて思ったんですよ、

「痴漢に遭わなくて安心です」って言っているあなた、今まで遭った事ありますか?これからもあなたは遭わないと思います。

そういう人たち、数多くご乗車されていました。おかしいです。

痴漢対策で導入なんでしょ、私鉄各社の皆さん。

ということは痴漢に遭いそうな人をその車両に乗せるべきです。

心配ない人はよいと思いますが、如何か。

朝ホームにどの車両にのるかを判断する人がいて、その車両に乗れる人を選別しなさいよ。

でも、鉄道各社の人は出来ないと思うので、その道のプロに任せた方が良いよね。

つまり、朝のその車両運行時間帯に、痴漢を雇って、まあ元でもいいですが、それでその人たちに判断してもらえっつうの!

「「この人は触りたい」という事は、こちらの車両どうぞ」「お前は大丈夫、こっちでしょ」みたいな感じで。

ここまで差別すればなんか不公平な感じとか、ナアナアになると思いますよ。痴漢も減るし、雇われるから。

どうでしょうか?そうするとその車両、綺麗な女性や、痴女に遭いそうな格好いい男性ばかりになりますね。

芸能界のスカウトとかが動きそうです。一気にステータスになります。

「痴漢対策車両に乗れる」プロダクションが放ってはおかない事態に発展、で楽しそうです。

ただ、同じ車両に乗っているあの娘に告白。一つ恋の形が消えてしまいます、残念。






  
Posted by wing_ing23 at 18:46Comments(0)TrackBack(0)

アツい

昨日生まれて初めて、パチスロ雑誌に、真剣に目を通してみました。

パチスロに限らず、ギャンブル的なコトは一切やりません。

軍資金はないわ、やるとハマりそうだわで、昔から手を出さないようにしております。

昨日はのっぴきならない事情から、その雑誌に目を通していた訳ですが、やはり初めての経験は良いですな。

色々な面白い発見がありますね。

その号の特集は、新しく出た台の攻略法みたいのでした。で、新しい台だけに情報は少ないのでしょう、きっと。

「〜だろう」とか「〜と思われる」とか「個人的には〜」とか「〜だ!?」みたいな不確定な要素が盛りだくさん。

もちろん今迄の蓄積、ノウハウから導きだしてるんでしょうけど、あまりにもあまりな気がしました。

「当たったら、手柄」で、「はずれても文句言わないでね」的な日本的な作りで読んでいてとても楽しかったです。

で、その雑誌の中で、特に多用されている単語があって、そいつがまたこの雑誌にマッチしていて良かったです。

確定じゃないんだけど、でも射幸心を煽りつつ、はずれても勘弁ね、的な単語「アツい」

使い方としては、

「このキャラが○回で出てきた時は、その台はアツい」とか

「〜だから、当たる確率がアツいね」とか

「もうそこまで来たら激アツだね」とかの変形もありました。

言ってる事は分かるんですけど、あまりの多用ぶりに、なんか置き換えられるもの全てソレにしているような気さへして見ていてアツかったです。

ただ、パチスロとかはそのものお金なので、とてもアツくなるの分かります。

僕は専らマンガがアツい人なのです。主に立ち読みですが。

アツい曜日は月曜、木曜。この日は立ち読みするモノが多いので、コンビニに1.5時間弱居ます。

腰が痛いのは、パチスロの人と一緒ですが、こっちはお金がかかりません、常に+−ゼロです。

最近のアツいマンガは「中退アフロ田中」です。

ユルい笑いのマンガです。今年の夏に、僕は舞台をやるんですがこういうユルい笑いが出来たら良いなぁと思っています。

是非みなさまご一読下さい。
  
Posted by wing_ing23 at 13:12Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月07日

そう言えば

今日、地震ありました?朝。

かなり大きかったんですけど?

引きこもりなので人と会話がなく、確かめようもない。

夢ですか?  
Posted by wing_ing23 at 21:51Comments(0)TrackBack(0)

だれか教えて下さい

僕はあまりゲームとかはやりません。

子供の時、ゲーセンに行っても、近くの駄菓子屋でお金使うコトにしていました。そんな子です。

そんな僕ですけど、時々妙にひっかかるゲームとかがあります。

古くは、メガドラCDの「スイッチ」なんか画面上にあるスイッチを押していくってゲーム。コレが僕のゲーム原風景です。

これはずっと気になっていて、リアルタイムでやっていたんですけど、クリアした記憶がなくて、

大人になってからソフトだけ購入して、今はハードを探しています。(PS2で復刻はあるのですがPS2持っていないので。)

あとは、「太陽のしっぽ」とかですね。これは僕の持っているPSのソフト2本のうちの1本。

これは原始人が、マンモスの牙を積み上げて、太陽のメラメラした部分、しっぽをつかもうってゲームです。

コレも恥ずかしながら、クリアできてないんです。

そして僕のPSソフトもう1本は「moon」ってのです。

これは、勇者と言われている人が倒したモンスターっぽいモノ達を助けて回る、ってものなんです。

そしてその世界に住み人々の「ラブ」を集めて回るというゲームです。きっとちょっとどんなのか分からないと思います。

まあへんてこゲームです。でも凄く面白くて大好きなんです。

で、タイトルなんですけど、「だれか教えて下さい」。お恥ずかしい話クリアできてないのです。

最後のラブが…。まあ順番は特にないので、僕の最後なんですけど。

秘密基地で示されている「ラブ」がどうしても分かりません。そしてもう何年も封印しちゃってるんです。

なんか凄く気になってます。何年も。ネットで調べても意外とぎりぎり分からんのです。

数年ぶりにふとそんな事を思い出しました。何年先でも、すぐでも良いです。

「だれか教えて下さい」




  
Posted by wing_ing23 at 19:38Comments(0)TrackBack(0)

2005年05月06日

読書月間継続、加速中

最近読んでいる本

「14」著、桜井亜美。同じ劇団の人の勧め。

「QED」著、高田崇史。某劇団の作家さんの勧め。

「一夢庵風流記」著、隆慶一郎。某役者さんからの勧め。

「鬼平犯科帳」池波正太郎。

「われらの時代」大江健三郎。一回読んだけど、もう一回。

「三島由紀夫集」三島由紀夫。実家から持ってきました。

基本的に一冊一冊なんですけど、ただ今順番待ちです。皆さんにおすすめ聞きすぎてこんな状態。

同時にいろんな本読む事にチャレンジしようかと考える今日この頃。

仕事しだしたら、こんなに本読めないかもと、就職しない理由にしそうな駄目ニート。

ホントこの世には、言い訳が多すぎる。逃げ場のない人間になりたいものです。  
Posted by wing_ing23 at 22:09Comments(0)TrackBack(0)