2006年11月30日

滑稽な光景

家に帰ると、パソコンがスリープ状態でお出迎え。

いつもの光景。


家に帰ると、ふとコタツが温い。消し忘れ。

時々ある光景。


家に帰ると、窓が開けっ放し。

稀にある光景。

よくは無いけど、無くもない現実。



明日から、なさそうでありそうな虚構。

初めて見る光景。

「仮面タイガー」

なるお芝居に出演。

神楽坂に、ヒーローを見に行こう。




ご予約お待ちしていまっす!

  

Posted by wing_ing23 at 01:05Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月27日

割れろ!いい男!

何を思ったか、筋肉運動、

俗にいう、筋トレなるモノをしてみている、ここ最近。


何を思ったか、っていうか色々思う所あってなのだが、

ともかく筋肉運動をしている。


何となく腹が割れてきた、様な気がする昨今。

風邪気味になった。


マッチョの人は風邪を引きやすいと聞いたことがある。

余分な脂肪が無くて、抵抗力が弱いだかなんだかで。


え、それ?

マッチョとは程遠い、肋の浮いた胸板を見つめ、不条理について考える。



今週からお芝居が始まります。僕、不条理かも。


ご予約お待ちしていまっす!

  
Posted by wing_ing23 at 00:29Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月26日

男子たるもの

今年の夏、坊主だった。

言い訳が出来ない程、きっぱりとした坊主だった。


風呂上がり、すぐ乾くとかそういうレベルですらない坊主だった。

タオルでふく時、あまりの髪の短さにタオルがひっかかるくらいの坊主だった。


そして二回の公演を経ようとしている。

芝居において、そうそう需要はないのだな坊主。

そう思った。


自分の髪の伸びる早さを過信していた。

もっと伸びると思っていた、自分の髪。

意外と伸びない。

ま、まさか、遂にきたか?!


男子たるもの、常にその疑念と戦い続けているはず。

さっぱりするその日まで。

  
Posted by wing_ing23 at 11:49Comments(4)TrackBack(0)

2006年11月21日

トラトラトライ!

「ワレ奇襲ニ成功シタイ」

という訳で、路上禁煙区域が我が地元にも浸透してきて嬉しい次第です。

しかし、アレのおかげで逆に、路上禁煙に対する怒りが以前より高まる始末。


以前であれば、路上喫煙者を追い抜く時に咳払いをすると言う嫌がらせに

留まったものが、区域指定後は、咳払いと「路上禁煙だよ」という二重での縛めの

視線を投げ掛けてしまう。考えものだ。心の平穏が奪われる。

でも芝居等をやりながら心の平穏を保つ僕。



という訳で、表題通り、「とら」三昧な訳です。

今年最後の舞台出演と相成ります。



________________________________

■ 東京ギヤマン堂 ■


14659da7.jpg


『仮面タイガー』
〜神か悪魔か仮面タイガー誕生!〜 

場所・神楽坂DIE PRATZE

2006年11月30日(木)〜12月3日(日)


前売り・2500円/当日3000円
   
東京ギヤマン堂お知らせ

________________________________

題名からおっ察し頂ける感じの代物です。


劇団神馬からは、僕の他に


ぱっちりお目目に負のオーラ、それでも貴方はお姫様
「大野裕子」と

キリッとした端正なベビーフェイス、同居するサディスティックが堪らない
「関谷誠」

両氏も堂々参戦!!



稽古も佳境になりグルッと蔓延るアレやコレ。

本番の舞台上で、貴方の心を奇襲したい。


ともかく来て頂かないことには、ままならない。

「新高山ノボレ」

てか

「神楽坂クダレ」

劇場は坂を下った所にございます。


*先月、僕の客演した「嶋アイランド」がやった所です。
 2ヶ月連続同じ劇場の板を踏む僕。前にもあった様な?デジャヴュ  
Posted by wing_ing23 at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月18日

ヘッドホンの季節

ヘッドホンに季節などあるのか?


そういう声が聞こえて来そうですが、音楽を外で聞くという習慣が

四半世紀なかった僕にとって、ヘッドホンは既に防寒用具。


去年はヘッドホンの調子が良かったので、普通に

携帯用音楽プレーヤにて快適音楽ライフを送っておりましたが、

去年の冬の終わりに、ヘッドホンから流れ出る音がモノラルに変わってからというもの

ヘッドホンのコードを辿っていっても何も付いていない時があったりしました。


実は何も付いていない時があったのです。

今だから言いますが。

特にきっかけはございませんが。今だから言ってみます。



特に新しいヘッドホンも購入しておらず、しかし耳は日に日に寒さの為かじかむ。

大の大人が耳当ては…。

ヘッドホンから流れる音楽はモノラルでしか聞こえてこない。

それは逆に不快、耳が痛くなる。

という訳で、完全に防寒用具になりさがったヘッドホンをして、街に繰り出そう。


冬の街へ。


ヘッドホンしている僕を見かけても、コードはたぐらないで下さい。  
Posted by wing_ing23 at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月17日

スーパークリップ

収集家の収集物は本人以外にはほとんど、無価値であるというのは

よく言われる話。


有名人の吸った吸い殻を集める、と言ったモノを例に挙げるまでもなく

フィギュア、レコード、おもちゃ、果ては何かのオマケ。などなど。

本人以外には結構どうでもいい。

収集家が死ぬと、ゴミになる。



最近知ったモノに「スーパークリップ」なるものがある。

要は髪を止める「髪留め」なのだが、

どうやら収集家が存在するらしい。



クリップ型の小さな髪留めなのだが、通常のものより把握力が強く

『コンバクトなのに、あら強力!』の優れものらしい。

優れものは分かるが、何故に収集??


そんな疑問がよぎる一品。

よく聞くと、クリップ自体というより、そこに施される装飾を集めている感じらしい。

クリップをキャンバスにして、デザイナーがデザインを競い合う。

なるほど、収集に足るものなのかな、そう思う。


手のひらにスッポリ収まるソレはそれほど場所もとらないだろう。

うん、収集家にも納得。


でも僕は、買わないだろう。

何故って、そんな小さなものに6千円〜1万円越えは出せやしない。

髪留めにそんなに出せやしない。

留める髪は無いし、まさに無価値。



収集品は得てしてそんなもん。わかってはいるんだ。それにしたって。

実物を見るとそう思う。
  
Posted by wing_ing23 at 01:17Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月06日

貨幣大試験

貨幣大試験とは何ですか?

 正式には「製造貨幣大試験」といい、貨幣の量目が所定の公差内にあるかどうかを検査する試験のことで、
貨幣に対する信認を保持するという目的から毎年一回財務大臣が執行官となって行われています。
<造幣局HP>より



ま、つまりお金がちゃんと出来てるか調べるってことなんでしょうが、

ちなみに今日がソレの実施日だったらしい。

そんなことより


「貨幣大試験」


ああ、なんて技ポイ響き。

字面はイマイチですが、響きが技っぽい。

コレだけでも記憶する価値があるなぁ。

「今日貨幣大試験を実施」

歴史的事件な響きもあるなぁ。


声に出したい日本語、というか漫画っぽく言いたい日本語。

伝わってるかなぁ…。  
Posted by wing_ing23 at 23:04Comments(2)TrackBack(0)

2006年11月02日

汝にぞ問う

途中で止まっている読書の再開はいつですか?

一年以上前から片付かない部屋の片付けはいつですか?

義理は果たしていますか?

漫画は巻数通り並べないのですか?

それはあなたのやりたいことですか?

時間に追われていませんか?

睡眠をとっていますか?

全てに言い訳していませんか?

数年後の自分は居ますか?

今を疎かにしていませんか?

ちゃんと起きていますか?

くだらないことを一生懸命取り組めていますか?

それらはいつするのですか?


>取りあえず、台詞を覚えてからだな、自分。


  
Posted by wing_ing23 at 01:26Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月01日

簡単には見つからない

探し物なんて簡単に見つかりやしない。

今までのモノを捨てたり、ちゃんと整理したり

ちゃんと苦労をすること。


それでも見つかるなんて保証はどこにもない。

それでも僕は探し続ける。

近づいているか分からない一歩を踏みしめ続ける。


人生の途中でソレは捨ててしまったものなのかもしれない。

だから、探しても見つからないのかもしれない。

それでも見つけたいなら、探し続けるしかない。

そこにあると信じて。











あぁっ、部屋が汚い!!  
Posted by wing_ing23 at 00:06Comments(0)TrackBack(0)