2009年06月29日

外泊

遠方で仕事で、帰るのが面倒になって、その付近に住んでいる

妹に車で迎えに来てもらって、そのまま外泊してみる。


我が家は挙って漫画きちがいなので、女子宅とは思えない、漫画蔵書が彼女の家にも存在する。


とりあえず、復習がてら「スキップビート」を読む。

僕は「ガラスの仮面」よりこっちやわ。ポップでちゃんと、次の巻が出るからw

つか、この人、上手いなぁ。僕の中では羅川と双璧。

なんか少女漫画じゃねーよ、コレ。



そんで、「H×H」「レベルE」と冨樫祭り。

ハンタとか、天才だなやっぱ、アイツ。

中二病すぎて、楽し過ぎる。

王と逡巡とか、ジジイ達との対峙とか、興奮する。

あんなの夜中読んだら、止まる訳ないよな。

なんだよ、軍儀とか。


で、久しぶりに「ベルセルク」とか読む。

バーキラカが、鷹の団に与しないで言った時の台詞、かっけー。

見直した。

「超然としたものに委ねるのが果たして、良いのか」みたいなことを

異能なアイツらが言うのがかっけー。

そんで、そこら辺の細かい積み重ねが、重なり続けて

魔法の説明とか、普通端折ってなんとなく成立してるっぽいのを

一見長いようだけど全部消化して、

今月の様な、大スペクタクルが成立し、圧倒的に説得力を持つ。

それをあの、圧倒的な筆致で描くとかただ事ではない、マジで。

絵に関して言えば、個人的には三浦と井上が双璧と思う。



そんで、チョロッと「黒鷺宅配人」だったけ、そんなの読む。

話し書いてるのが「サイコ」の人だった。いいから「サイコ」続きだせよーと思いながら、

2冊くらいで止めとく。


そんで「もやしもん」1〜7読破。

意外に意外に不穏な感じとか、物語の外郭がしっかりしていて、

主人公の設定に引っ張られすぎない。

底力があって、かなり面白いと思う。


そんで夜が明けちゃったので、帰宅。



そーいえば、先週号の「バカボンド」おふくろ、ってタイトルだったけかな。

店頭でジンワリ泣いた。

ポップキャラが死に向き合って「俺は弱い」って認めて

そしたら背なの母が「それがわかったら、あんたは弱きものじゃない、強くあろうとする者だ」って。


なんだよソレ、(泣)




なんか最近徹夜明けに、書いてばっかりだ。


そんで、漫画のコトが多い様な。


ってか、この内容、キモイな。



ついてこれんくらい、私見のみ。  

Posted by wing_ing23 at 15:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月26日

小腹を満たす。

巨星おつ。

ダブるミーニング的に。

露天風呂の日の今日。



とは別件で

ここ最近のことはしっかりと心に焼き付けよう。

この景色をしっかり覚えておこう。


ある種の飢餓状態が、その種への感覚を鋭敏にしてくれるということもわかった。

いい機会ではなかったけど、まったく損ではないと考えよう。


喉元すぎても、アツさという、感覚はしっかり認識していこう、と思ったって話し。



いつの日か笑い話になれ。  
Posted by wing_ing23 at 17:33Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月04日

MUを経て。

MU B&J

『JUMON(反転)/便所の落書き屋さん』

渋谷ギャラリールデコ4で5月末、

怪我なく無事幕を降ろすことが出来ました。

ご来場頂いた皆様、応援して頂いた皆様、

キャストのみなさま、その他、関わって頂いた皆様、

本当にどうもありがとうございました。




MUは二回目で、

興奮出来る現場だってコトを知っていたし、

油断出来ない現場だってコトを知っていた。

実際それは、いい現場だってこと。


そしてやはりいい現場で、


それを司る、ハセガワアユムさんには感謝しています。



もうね、めっちゃ楽しかった。

ギリギリギリギリ、キツいながらもめっちゃ楽しかった。

ほんとありがとうございました。


「JUMON」って短編、

僕は初演を見ていて、凄く好きな短編。

そして大好きな女優さん平間ミキさんが演じられていた役。

それをヤルとなって、凄く光栄で凄くプレッシャーだった。

反転して、初絡みの皆さんとの化学反応、

&アユムさんのほぼ新作並みの改訂の結果、

「JUMON(反転)」という違う作品になった様に思う。



そんで



「便所の落書き屋さん」

馬鹿みたいに純愛で、凄く切なくて大好きな短編。

役が「印宮」とまんま本名で出てきてw

ざっくりガヤとか書かれていて、

愛らしくて、一生懸命で負けず嫌いな初奈ちゃん(ハッツーナ)

ミステリアスで、でもちゃんと茶目っ気のある宍戸さん(ししやん)と

みんなに愛され、僕みたいなのにもちゃんと対応してくれる坂本さん(さかもと!w)

と4人で大はしゃぎ。



僕はMUで、このはしゃぎが出来たことが、本当に嬉しかった。



それは、前回MUに引き続き、ご一緒させて頂き、

両短編を、作品に昇華させた女優佐々木なふみ、だったり。

全然格上なのに、すっげー一緒に遊んでくれて、

芝居に真摯な成川知也、だったり。

男子最年少?!ながら、現場に論理と落ち着き、

芝居を俯瞰するような小野哲史、だったり。

圧倒的なキラキラと、反則級の容姿

それを凌駕するような熱量で芝居に向かう清水那保、だったり。

コメディーリリーフ的な扱いながら、真っ当な芝居で成立させ

且つ、場の空気を緩ませるという離れ技をする小林タクシー、だったり。

朴訥で、丁寧に仕事をし、切なさや哀愁を担い、

汚い容姿なのに嫌悪感を抱かせない浜野隆之、だったり。


673f078c.jpg


そんな座組で、大はしゃぎできた。




個人的にも、やっと、長い長いトンネルから抜け出せた様な感慨に浸っております。




ここを経ないと、いけないと思っていた通過儀礼がやっと果たせた様に思います。

いちかばちかの賭けだったのですが。

なので、ほっとしているというのが正直な所です。

なんのこっちゃ、って感じだと思いますが。


良い公演に恵まれたということです。



経て、そうなったことがなにより嬉しい。




終わった今、至らない所なんていくらでも見える。

そして、そこへの反省は尽きない。

でも、その時の本気と、得たモノは、なにより実感がある。





次は8月、MUでのご縁で出させて頂く、舞台。

トンネルを抜け、外に出た。良い予感しかしていない。

宜しくお願いします。



「JUMON(反転)」/「便所の落書き屋さん』
太一役/印宮役(ガヤ)

印宮伸二  
Posted by wing_ing23 at 16:53Comments(0)TrackBack(0)