2011年02月28日

コメディスター

僕は馬鹿なんだけど、もっと馬鹿な人がいるんだ。

初めて会ったのが、多分新宿のスタジオアルタの前。

その頃の僕は、髪が金髪で東京の事も社会の事も何も分からない青二才だった。

若いその感情のままに動いて、その人に出会った。


そして、一緒に馬鹿をやる様になった。


大人なのに、全然大人じゃなくて、それなのに大人の道を歩いている感じがしたんだよな。

僕なんかより、全然色々なモノを持っていて、僕はすごく笑わせてもらった。


表現者として、もう全然圧倒的で、ただただ参る。

台本読みながら、笑いすぎて台詞喋れなくなる事なんて、アレから一回もないんだよ。

すげーいっぱい客演したけど、唯の一度もだよ、アレっきり。

ゲネで馬鹿みたいな仕込みしてきて、僕ら芝居じゃなくて笑っちゃったんだよ。

ゲネって本番と一緒の事をスタッフに見てもらわなくちゃだから、変な事しちゃ駄目でしょうに。



それで、ある時、中野で褒めてもらった事があって、もうなんかすごく嬉しくて、

全然芝居が上手いね、とかじゃなくて、覚悟を認めてもらえた事が、本当にすごく嬉しかった。


あ、中野では超絶怒られた事もあったけどねw

中野で二回怒られて、それはどっちも同じ理由で、それは僕なんかがまだ歩いた事のない理由だった。


すごくすごく大事な事だったんだ、もちろんそれは知っていたけど。



だからなぁ。



僕なんかが、なんか語るより、面白可笑しく語れる人がいっぱいいて、

僕はそのほんのちょっとの時間を共有しただけなんだけど。

すげぇ、悔しい。

でも、この間皆に会って話していたら、やっぱり馬鹿な話ししか出なくて、

腹筋痛くなるくらい笑った。どんだけ、笑わせてくれるんですか、本当に。

だから、無理に明るい方がいいよね、

というか、

俺、あんたの馬鹿な話ししか本当に思い出せないんだよ。


なんでこんな顔して、あんたの事書かなきゃいけないんだろうか。


あぁ、ちゃんと芝居、認めて欲しかった。

あぁ、笑わせたかった。


まだ、なんも全然わかんないけど、分かんないから、

なんか、何が言いたいとか、ないけど、


ちゃんと、笑ってて欲しい。

じゃないと笑えないから。


  

Posted by wing_ing23 at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月12日

いろいろと

酔って、ブログを書くのは久しぶり。

昨日は15時くらいから飲んでて、その後、観劇。

面白いとか面白くないとか、よく考えてた。



最近は、身体を使うものが多い気がする。

いや、物語だって身体は単純に使うんだけど、そう言う事ではなくて。


そういう話を、よく海外に行って公演うってる人と話した後に観に行った。



まぁ、それはいい。



自分の好きなモノとか、わかってきた。

というか、芝居を、「する」モードに切り替わったのかも。


いいぞ。うん。  
Posted by wing_ing23 at 00:49Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月08日

のち

なんか、立ち止まった分、

歩く力が湧き出るような。


雨が降ると、晴れが嬉しいような。

今日は雪になるかも。



それも、嬉しい。

手袋があれば。
  
Posted by wing_ing23 at 15:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月02日

日常

公演を終えて、日常が戻ってきた。

今年は日常が日常でない日々を目指す。

動く。

動けば何かがゴロッと転がる。

そういうもんだ。
  
Posted by wing_ing23 at 15:38Comments(0)TrackBack(0)