4月も中旬になって途端に暖かくなりましたね。気候が大きく変わる節目、普段の食事でも健康に気をつけていきたいですね。

 

 

さて、皆さんはフィトケミカル(phytochemical)という言葉をご存知でしょうか?

phytoは植物、chemicalは化学物質を意味し、植物に含まれる化学成分という意味になります。フィトケミカルは、たんぱく質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンといった必須栄養素ではありませんが、健康を増進する様々な機能を持つため注目されています。

 

 

今回ご紹介するのはアブラナ科の野菜に含まれるスルフォラファン、今が旬の野菜では春キャベツや菜の花に含まれるフィトケミカルです。以前ブロッコリースプラウトで話題になったのが記憶に新しいですね。


  

a03_211


pr00022


 

スルフォラファンは1992年に米国ジョンズ・ホプキンズ大学のPaul Talalayらにより、強力なガンの予防効果を持つ成分として発見され、研究が進むにつれて解毒作用や抗酸化作用など幅広い健康効果が明らかになってきました。現在、スルフォラファンにはガンの予防以外にも花粉症の予防、美白効果、ピロリ菌の除去など様々な研究報告がされています。

 

  

 

さて、そんなスルフォラファンですが、食品中にはグルコラファニンという形で存在し、同じく食品に含まれるミロシナーゼという酵素と反応し、スルフォラファンに変換されます。

 

 

 

noname01



 

 

しかし、このミロシナーゼは熱に弱いため加熱処理することで失活してしまうのです。では、加熱処理すると効果はないのかというと、そんなことはありません。実は小腸細菌の働きによってもグルコラファニンからスルフォラファンに変換されることがわかっています。また、ミロシナーゼは同じくアブラナ科のワサビや大根にも含まれているので、複数のアブラナ科野菜を一緒に摂るのも有効です。また、スルフォラファンの効果は体内に取り込まれてから3日程度持続するので少量ずつでも定期的に摂取すれば効果が期待できると報告されています。

 

 

普段の食事で健康に寄与できたらお得ですよね

毎日暑いですね☀😵💦
蒸し暑いと汗を掻きやすくなり体力を消耗してしまいます。
食養生で体を養い水分補給を心がけ夏バテを予防しましょう✨
外はカンカン照りなのに建物の中は冷房で冷え冷え..😞 この寒暖差が自律神経のバランスを乱すもと。くれぐれも冷えすぎないように重ね着等で対策を。
強い日差しは、外界の刺激からバリア機能を低下させ頭痛も引き起こします😭
帽子や日傘を上手く利用しましょう🎵
血巡りをよくする食べ物に生姜、にんにく、セロリ、らっきょう、トマト、パプリカなどがあります🍀積極的に摂りましょう😉

もうすぐ梅雨入りですね

頭痛もちの方は気圧が下がり、頭痛が出やすくなる季節となります。
私も頭痛もちなので、この時期は憂鬱です


偏頭痛の引き金となる食品があるのをご存知ですか?

代表的な食品として、アルコール、チョコレート、チーズ、柑橘類、ソーセージなどの加工肉、人工甘味料、うまみ調味料、カフェインなどです


雨の多いこの時期は、出来るだけ避けようと努めたいものですが、やはりアイスコーヒーや時折の(?)アルコールは蒸し暑い時期には欲してしまいます。


月10回以上頭痛薬に頼る方は、病院への受診をおすすめします






皆さん、暑い夏の前の梅雨☔を快適に過ごして下さいね‼


 

↑このページのトップヘ