WING9 Engage! 

エースコンバットやマクロス等の架空戦闘機や軍用機のプラモを製作するブログ。主に1/72がメイン。

F-15C ガルム1 サイファー

1/48 ハセガワ エースコンバットZEROの主人公機。ツイッタープレゼント企画で製作した作品です。

サイファー (2)

ガルム隊は1/72でキットを持っていますが、この機会に積んである1/48を消化することにしました。

サイファー (5)

当然デカールはないので自作です。ガルムの小さな星はジャンクデカールから持ってきました。

サイファー (3)

HUDは偏向フィニッシュを貼っています。毎度コレは定番ですかね。

サイファー (6)

エンジンのエッチングパーツは少し難しかったですね。瞬着でつけましたが、少し白くなってしまいましたorz

サイファー (7)

塗装はいままであまりやったことのない方法で・・・パネルラインに単にシャドーを吹くだけでなく、〇のパネルラインの内側にスミ入れ後再度エアブラシで塗装したり、色々試してみた作品です。実験も兼ねてます。実機忠実では多分ないですw

サイファー (1)

増槽タンクをつけませんでしたが、スクランブルをイメージしたためですね。飛び上がってすぐにドッグファイトに持ち込めるような感じを意識しました。

サイファー (4)

本当はスパローも搭載予定でしたが、なんだかうまくいかず(武装作るの苦手)身軽な方が良いかな?と思いINFでいう空戦TDM仕様みたいなのを意識しましたw

サイファー (9)

実は数箇所ミスがある作品でなんとか手を加えていますw まずコックピット。パイロットが入らない理由・・・それは・・・!あるパーツの付ける位置をミスったからなのだ!なのでパイロットを削って強引に乗せましたw

サイファー (10)

アングル的に見辛いですが、ちゃんとここにもウスティオのエンブレムは付いてます。

サイファー (11)

コーションでカールはハセガワのと随分違いますが、架空機なのでまぁ良しとしますw 仕様的にはゲーム後半を意識して多少使い込まれた感じにしています。

サイファー (12)

VLの文字はマクロスの白文字NAVYデカールを切って使用。

サイファー (13)

裏面は銀塗装部分の割合が多いですね。多少ブラウン系の汚しも加えたつもり。

サイファー (14)

青い部分の調合はまぁうまく出来たような気がしますね!

サイファー (15)

あとミスったのはキャノピー・・・マスキングした後に合わせたりして力が入り、はがしてみると変な傷が入ってしまいましたorz これは本当に申し訳ないですm(__)m

サイファー (16)

しかし実際サイファー作るとかっこいいですね!実はイーグル系の機体ってあまり作ってこなかったのですが、また作りたいと思います!積みは結構あるんでw

サイファー (17)

以上です!

MIG-21BIS スカーフェイス1

1/48 エデュアルドのキットを使用。

ミグ21 S1 (8)

エースコンバット2で初期に使用できる機体なので印象に深く残っている機体。わりと使っていましたね!

ミグ21 S1 (6)

2では後ろ姿が3分の1割った焼き芋に見えたり、製作途中は勝手にドンコミグと読んだりした機体w

ミグ21 S1 (1)

色合いももう少し暗くしたほうがよかったような気もしますが、まぁこれはこれでw

ミグ21 S1 (2)

現代風アレンジはやはり楽しいです♪スカフェはこういう要素があるから良い!

ミグ21 S1 (3)

当時のPS1にはコーションとかも再現されていませんし、そういう理由もあって再現してみたいなと思わせるんですよね。

ミグ21 S1 (4)

あと、部品とか一部なくしたりして付いてない部分ありますが、まぁ架空機なんで・・・^^;

ミグ21 S1 (5)

このアングル結構好きなんですよね。

ミグ21 S1 (7)

後方視点。このアングル黄色いアフターバーナなんで、やっぱ焼き芋なんだよなぁw

ミグ21 S1 (10)

MIG-21はBISとMFは作ったので、違うタイプのも作ってみたい気もしますね。

ミグ21 S1 (9)

以上ですね!

YF-23 スカーフェイス1

1/48 ホビーボスのキットを使用しました。

YF23 S1 (3)

この機体・・・個人的には実はそれほど当時2をやっていた頃愛着というか使用頻度は少なかったのですが、ツイッターでまわりに好きな人がかなり多く、作りかけだし完成させてしまおうと思い製作したのがコレです。

YF23 S1 (4)

よく見ると単にブラックブレーではなく、フラップが少し色が違っていたりモデリング的にはプラス要素でした!スカーフェイスは左右対称のマスキングが毎度あるので、わりと手はかかるんですよw

YF23 S1 (5)

試作機とその形状から好きな人は結構いるという印象。もしYF-23が採用されていたら、YF-22かF-22になったとき大きくデザインが変わりましたがどうなったのかなとは今でも思いますね。

YF23 S1 (6)

2ではエンブレムは尾翼の外側だけですが、今回は内側にもつけました。現代風アレンジバージョンということで(^^ゞ

YF23 S1 (2)

本当はウィザード隊の詳細が明らかにあればその仕様にするために残しておいたんですけど、情報の解禁がいつまでもしないので解禁されたらまたどこかのメーカーのYF-23買ってくるかもしれないですw

YF23 S1 (1)

白文字のデカールは転写シールと塗装で再現。

YF23 S1 (7)

実機とは違いますが、色の情報量を増やしたエンジンノズルがお気に入り♪

YF23 S1 (8)

キャノピーは微量のシルバーを入れたクリアーイエローとクリアーオレンジを調節して塗装・・・だったかな?いや、作ってから期間おくと忘れてしまいますねw

YF23 S1 (10)

HUDは偏向フィニッシュを貼りました。

YF23 S1 (9)

クリアーイエローのキャノピー越しに光の反射でキラッと輝くHUDは素晴らしい!!

YF23 S1 (11)

以上です!

VF-0BS フェニックス アグレッサーカラー

1/72 ハセガワ 複座方にS型頭部を取り付けた機体。マクロス世界に存在しない仕様ですが、まぁ架空機ですし謎多き機体なので自由に作ってしまったということでw

VF0 AG (6)

塗装はF-14を参考にしています。最初、ブルーかブラックグレーか悩み、ツイッターの投票機能を使いましたが、少数とはいえ同表に終わったため、色々悩んだ末こちらにしました。

VF0 AG (5)

まずブルーについてはツイッターとLINEでどちらも声が上がった事。ブラックグレーについては誰も話題にしなかったからというのもありますね。

VF0 AG (1)

VF-0は何作も作っているのでまぁ、慣れてはいますがやはり良いですね!

VF0 AG (2)

個人的にはマクロスはゼロとプラスが気に入っており、どちらかというと戦闘重視の作品ですかね。歌とアイドル要素が高い作品こそマクロスらしさはあると思いますが、好きなもんは仕方がない。

VF0 AG (3)

VF-0はたくさん作っているので記事を書くのに話題性がw 考えながらその場で書いてるもんで・・・どうしたものか。

VF0 AG (4)

後方視点。

VF0 AG (7)

複座方BにS型頭部を取り付けた証拠の画像。イエローを使ってアクセント。

VF0 AG (8)

尾翼のマークは2つのデカールを重ねて使いましたw

VF0 AG (9)

F-14アグレッサーのキャノピーは機体色と同じですが、作例は黒にしました。

VF0 AG (10)

可変翼なので当然動きます。こんな感じに。

VF0 AG (11)

このカラーリングで変形した姿を見てみたい気もしますね!

VF0 AG (13)

発艦するときはこんな感じのイメージですかね。マクロスゼロではVF-0の発艦シーンが少なく、冒頭のF-14のようなカッコいいアングルの発艦がないのが惜しいかなと思っています。

VF0 AG (12)

以上・・・ですかね?w

F-22 ACE COMBAT7

1/72 ドイツレベルのキットを使用。2018年発売予定のエースコンバット7に登場する主人公機と思われる機体を先行して製作。

F-22 AC7 (6)

まだ発売していないゲームの機体なので、出ている情報は少なく、どんな活躍をするかもわからない機体。ただコールサインがメイジ2とトリガーを使用していることは確認されています。

F-22 AC7 (7)

トリガーは尾翼に3本の白い傷を表現した塗装で塗りつぶされており、おそらくその状態がトリガーと呼ばれている仕様と推測。

F-22 AC7 (1)

消される前はメイジ2と呼ばれていたと予想していますが、まだメイジ2かどうか怪しいというか、コールサインが変わるのではないか?という直感というか予想があり、タイトルをACECOMBAT7としました。

F-22 AC7 (2)

デカールは自作。トレイラーをキャプチャーし、それをベースに手を加えサイズを合わせて印刷します。一部ハセガワのエースコンバットシリーズのデカールを使用。

F-22 AC7 (3)

ゲーム忠実というわけではないですが、よく見るとこのF-22・・・一番最初のトレイラーにはオーシアのエンブレムが機体下面の胴体部分にありますが、違うトレイラーにはなかったりまだ曖昧なのです。

F-22 AC7 (5)

FGというデカールを持っていなかったので、デカールを組み合わせてFGにしました。

F-22 AC7 (4)

塗装には銀を混ぜてステルスっぽい塗装を意識しました。

F-22 AC7 (8)

F-22はイタレリ・フジミ・ドイルレベルと作りましたが、それぞれ長所や欠点があり、正直どれを選んでも良いのではないか?という感じですね。

F-22 AC7 (9)

このキットの長所はとりあえずしっかり組めばちゃんと完成すること。欠点というか初心者にはやりずらいかな?と思うのはマスキングですかね?機首にはモールドもなかったりするので。

F-22 AC7 (10)

仕上がればちゃんとF-22になりますから、良いキット・・・ではないでしょうかね?ただちょっと値段が高いですね。少し出せばハセガワの1/48に届きそうなので、考えようですかね。1/72にこだわるならコレは良いです。

F-22 AC7 (12)

裏面が少しわからないというか悩んだので、飛行機模型製作の教科書に出ているドイツレベルの作例を参考にしました。なるほど、キットによって違うから、そのキットを使用してる作例は役に立つんだなぁと実感しました!

F-22 AC7 (11)

少しずつエースコンバット7情報は解禁されてきていますが、やはり発売してみないとわからないので、それまでは楽しみにしていることにしますw ちなみにこの作品おそらく世界最速のエスコン7 F-22かと思われます(もっと早く作った方いたら教えてくれ!)

F-22 AC7 (13)

以上です!
ACE COMBAT Gallery
  • ACE COMBAT Gallery
MACROSS Gallery
  • MACROSS Gallery
USA air craft Gallery
  • USA air craft Gallery
USSR CCCP air craft Gallery
  • USSR CCCP air craft Gallery
JASDF Gallery
  • JASDF Gallery
エリア88 Gallery
  • エリア88 Gallery
宇宙戦艦ヤマト Gallery
  • 宇宙戦艦ヤマト Gallery
たまごひこーき Gallery
  • たまごひこーき Gallery
痛機 Gallery
  • 痛機 Gallery
CAR MODEL Gallery
  • CAR MODEL Gallery
ACE COMBAT INFINITY Gallery 01
  • ACE COMBAT INFINITY Gallery 01
ACE COMBAT INFINITY Gallery 02
  • ACE COMBAT INFINITY Gallery 02
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索

模型・プラモデル ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プラモデル投稿ギャラリー Modelwerks
メッセージ

名前
メール
本文
ツイッター
pixiv
  • ライブドアブログ