WING9 Engage! 

エースコンバットやマクロス等の架空戦闘機や軍用機のプラモを製作するブログ。

XFA-27 ガルム1 サイファー

1/144 コトブキヤ

XFA CP (1)

ちょーイケメンの機体にイケメンカラーを施してカッコよくならないわけがない。そう思い製作したXFA-27の2作目がこれ。

XFA CP (4)

ラズグリの記事でも書きましたが、ツイッター投稿時に撮影した、下が鏡の画像。鏡は100均。

XFA CP (3)

青いライン等は少々どうしようかな~と思いましたが、とりあえず一つ完成させていたので、それを参考に可変翼の部分を塗装しました。

XFA CP (2)

様々なコーションを追加。AC2を意識したキャノピー後ろの赤い何か。デカールはガルム1 1/72から。こんなことだったらもっとデカール目当てで購入しておくべきだった・・・。

XFA CP (6)

ここからは黒背景の撮影。良いですね。ホントイケメン。多分今現在作ったXFA-27の中ではガルム1が一番気に入ってますね。

XFA CP (8)

ミサイルはキット指定の色ではなく、年代がシリーズで一番古い時代を戦場としていたので、白いミサイルに。昔のミサイルって今のグレー系じゃなくて白のイメージがあって。

XFA CP (9)

XFA-27は機関砲の部分がXやX2・INFと場所が違います。INFはキットのように中央なんですが、Xとかは機首の側面についてます。

XFA CP (10)

この記事を書いている時点でXFA-27は3つ製作しましたが、ベクターノズルの塗装は全部違う感じにしてます。今後も同じにはしない予定!

XFA CP (13)

このキットは普通の飛行機モデルとは異なり、全て形にしてから塗装する必要がないのです。胴体も2分割状態。すべてバラバラの状態で塗装してもOKなのです。飛行機モデルの常識を覆したキットですね!

XFA CP (12)

後方視点。INFが懐かしいな・・・エスコン7でも出て欲しいなぁ。

XFA CP (14)

そういえばサイドラとか、他のガルム1も青いこのカラーを施せば結構カッコいいの多そうですよね。

XFA CP (18)

あまり目立ちませんが、一応薄いシャドーを吹いてはいます。クリアーから色を加えていくことによって色の濃さを調整しながら、粘度が適正の状態でエアブラシで吹ける事を確認できた作品。

XFA CP (5)

機体裏。INFでは結構汚れてます。艦上攻撃機ですからね。海軍機らしい汚れも似合うかもしれません。

XFA CP (7)

さっきから似たような画像ですけど、微妙に角度が違うだけで見え方がやっぱ違うというか・・・いや、好きな機体だがら画像もこだわりたくてその・・・w

XFA CP (15)

307 308番グレーなんですが、なんかよくわかんなくなりましたw ビンに大量に作り置きしてるんですよね。エアブラシ用に調整してやつ。

XFA CP (17)

こうして見ると、ロマン機体ですねぇ。実機では絶対こんなデザイン正式採用されないんじゃないかな?w

XFA CP (16)

というわけで、ガルム1カラーのXFA-27でした。やっぱいいなサイファー。


XFA-27 ラーズグリーズ2 エッジ

1/144 コトブキヤ

ラーズグリーズXFA (2)

XFA-27カラバリ。ラーズグリーズ2 機番007のナガセ機です。エースコンバット5にはXFA-27は登場しないので、プラモを作らなければ見ることができない仕様ですね。

ラーズグリーズXFA (1)

これは下が鏡を置いたツイッターに投稿した時の画像。鏡は100均で購入しましたが、1/144ぐらいのサイズなら結構良いですね。1/144の大型機以外ねw

ラーズグリーズXFA (4)

デカールはハセガワ・ラーズグリーズのキットから。正直複数買いすれば良かったと後悔してる。ラーズグリーズ・・・。デカール貴重すぎて・・・。

ラーズグリーズXFA (3)

黒い迷彩塗装・・・なんですが、あんまわかりませんねw F-22ラーズグリーズを見てピンと来たんですよね。AC6にあるF-22ラーズグリーズ・・・。


ラーズグリーズXFA (15)

黒い機体なので白背景で撮影しましたが、なんか微妙だぞw

ラーズグリーズXFA (5)

ラーズグリーズはブラックというよりはブラックブレー・・・濃いグレーなんですよね。

ラーズグリーズXFA (6)

ステルス艦上攻撃機・・・にはまるで見えないw ランディングギアも折れそうw まぁ、エスコン架空機でも初期にあたるので、好きだし色々許すw

ラーズグリーズXFA (7)

機首の007の文字をどうしようか悩みましたね。サイズとか。位置も。

ラーズグリーズXFA (8)

この作品ではキャノピーの後ろの赤い部分は再現しませんでしたが、機体カラーが黒と赤なんで、再現すれば良かったかなーと。なるべく黒の面積を広くしたいと思っていましたが、少し単調な感じがする。

ラーズグリーズXFA (9)

XFA-27を作る以前は1/72 1/48とかでしたが、ミサイルの塗装・・・凄く練習になりましたよ・・・昔から武装作るの気が乗らないタイプでしたが、XFA-27愛で乗り越えましたw ラインは全て塗装。マスキングによるエアブラシ作業です。

ラーズグリーズXFA (10)

コトブキヤのXFA-27は基本的に合わせ目とか全然消してないんですが、合わせ目がなるべく出ないような設計にしているのでちょー楽ですw 胴体下だけちょっと気になる人は気になるかな?

ラーズグリーズXFA (11)

このキットはスタンドと飛行状態、駐機状態を組み替えで再現できますが、この作品は駐機状態。選択肢ができるため、爪を引っ掛ける箇所が気になる人は気になるかな?

ラーズグリーズXFA (12)

普通のキットだと・・・ハセガワとかだと選択肢にして、忠実さを意識すると思うんですが、コトブキヤは可動系キットのイメージが強く、ノウハウもあるのでそういう技術も使われているんでしょうね。あとは思考の違いとか?

ラーズグリーズXFA (17)

リアの部分。マジでちょーかっこいい。いいね!いいね!

ラーズグリーズXFA (16)

前から見ると細いなーと感じる機首。なんか刺さりそうw

ラーズグリーズXFA (19)

横から見るとバランスよく見えますね。そうそう、このキット・・・カナードまで一体成型なんですよね。ランナーでの状態はカッコいいんですけどね^^; パッと見の印象も大事かな?

ラーズグリーズXFA (13)

AC2では青いアフターバーナーでしたね。前回の記事で尾翼とかが動くと言いましたが、ロールでも動くんですよね。

ラーズグリーズXFA (14)

可変後退翼はやっぱいいな。現在はもう採用なんてされない確立100%ですけど、いいですよね~。

そんなこんなで画像尽きたのでこの辺で・・・。XFA-27はいいぞ。

XFA-27 スカーフェイス1

1/144 コトブキヤ

XFA-27 (10)

何度のこの時を夢見たことか・・・自分にとってXFA-27はエースコンバット架空機の中・・・いや、全架空機の中で一番好きと宣言できる機体です。

XFA-27 (9)

XFA-27のプラモ化なんて、正直この先ずっとなくフルスクラッチ以外の方法で立体化する以外選択肢はないと思っていました。しかし、やってくれました。エスコン関係のプラモに携わってきたハセガワではなく、まさかのコトブキヤから!

XFA-27 (11)

コトブキヤのプラモは実は作った事がなく、正直その技術の高さには度肝を抜かれました。ここまで簡単に形になるプラモ・・・今までここまで簡単なの・・・私は知らない。F-117は簡単そうに見えますが、コトブキヤXFA-27は接着剤不要。多分F-117より簡単でしょう。

XFA-27 (3)

XFA-27には赤ラインが塗装済みのものとモデラーズエディションの未塗装版がありますが、これはモデラーズエディションです。ラインは塗装再現です。

XFA-27 (2)

パネルライン等・・・PS1を見ると単調ではない箇所があった為、とにかく情報量を増やす作戦でいきました。コーション系はキットに付いて来ていないので余りから適当に。

XFA-27 (6)

基本的にAC2を参考にしています。キャノピーは透明のまま。モデラーズエディションにはゴールドの塗装済みキャノピーが付属します。

XFA-27 (5)

このカラーだと360度グリグリいろんな角度を見ましたね。AC2ならではといいますか。今はハンガーですが、AC2ほど自由な角度では見れませんからね。

XFA-27 (4)

1/144という事もあって、技MIXと比較すると物足りなさを感じる人がいるみたいですが、自分は全く物足りなさを感じません。物足りないと感じさせる作品・・・XFA-27では絶対作らない。何がなんでも技MIXに追従できる作品に仕上げてみせる。

XFA-27 (8)

機体後方。AC2では単に可変後退翼なんですが、INFでは尾翼も同様に可変します。キットではそこまでは再現できていませんが。速度が上がると尾翼の角度が少し下に下がるのです。

XFA-27 (7)

ベクターノズルもINFでは左右に動きます。この作品、強めにシャドーが入ってますが、最後の最後でちょっとやらかしてごまかしで入れてますw でも結果的に写真撮ったらなんかカッコいいですね(^^ゞ

最後に・・・コトブキヤ様・・・ありがとうございました。我が模型人生に悔い無し。

F-8E クルセイダー 風間真

使用キット ハセガワ 1/48

風間クルセイダー (1)

この作品は1年前に製作した作品で、そろそろギャラリー用に撮影しないとなーと思い、撮影しました。

風間クルセイダー (2)

エリア88の初期に登場する主人公の愛機ですね。ぶっちゃけめちゃくちゃカッコイイです。原作では垂直尾翼にマークがないですが、OVAには新旧ともにマークが入っていますね。

風間クルセイダー (3)

この作品は1年前に万sai堂のプラモデルコンテストに応募した作品で、金賞を受賞しました!コンテストで賞を頂くのは実は初で嬉しかったですね!

風間クルセイダー (5)

コンテストでもやはり実物を展示するってのが良いですね。都会の方では結構コンテストみたいなのあるのかもしれませんが、地方ではそれほど聞きませんし・・・JMCもなくなってしまいましたし・・・実物展示系コンテストは貴重ですね。自分にとっては。

風間クルセイダー (6)

武装は付属していたロケラン。あとは2000ポンドの爆弾。この機体は翼を折りたたんだまま飛行するシーンがあり、メインは対地攻撃が多かった印象ですね。

風間クルセイダー (7)

パイロットは旧OVAを参考にしました。個人的に声優は新旧ともの豪華ではありますが、旧のほうが好きですね。雰囲気というか・・・特にグエンとか良いですね。作風が古い方がエリ8は合ってる気がするんですよね。

風間クルセイダー (4)

うーん。とてもカッコいい。自分で言うのもなんですがw しかしキャノピーの黄色のライン・・・甘いですねぇ。この細いライン・・・苦手ですね。キャノピーは飛行機でも目立つ部分なので、ここが上手いか否かで結構違いますよね。

風間クルセイダー (11)

このキットは何回か再販がかかった事もあり、結構好評だったのかもしれないですね!キットも素晴らしいですし。1/72は凸モールドの古いキットなので買いませんでした。何でもかんでも購入するわけにはいきませんから。

風間クルセイダー (9)

写真撮ってて思いましたけど、すげー当たり前なんですけど、カッコいい作品は写真もちゃんとカッコよく撮れますね。自分もこの作品は今まで作ってきた中でもお気に入りですね。

風間クルセイダー (10)

このアングルもカッコいいですね!ハセガワのクルセイダーはたしか機体裏の胴体のモールドがちょっと甘くなってる以外はかなり良好なので総合的には素晴らしいと感じます。

風間クルセイダー (12)

このキット・・・コンテスト開催を知ってからたしか2週間ほどで仕上げた作品で、そのぐらいで完成するということは良いキットである証拠でしょうね!つや消しでパネルに黒を塗装してからグレー塗装したりと下地を生かしたりしました。

風間クルセイダー (13)

コンテストは縦横40cm未満でしたので、それを一応クリアしてました。1/48ですけど。F-14は微妙に大きくて無理だったんですよね^^;

とにかくこのキットは自分のモデラー人生において忘れられない作品になることは間違いないでしょうね。


F-14A エリア88 風間真

使用キット フジミ 1/72

kazama F14 (3)

この作品はエリア88でF-14と言えばミッキーという事で、ifとは言え風間真カラーのF-14を作る人はおそらくいないだろうという事で製作したものです。

kazama F14 (2)

製作は結構前になりますね。SAコンに参加した作品でテーマーがF-14だった時のものです。

kazama F14 (1)

スケビには切手サイズの白黒での掲載になりましたが、編集側のタイトルのミスによりSACとなってしまい、カラー掲載であれば作品の趣旨はわかりますが、全く伝わらない結果に終わりました。応募にはちきんと正規のタイトルは書いて応募しました。

kazama F14 (9)

SAコンは一度メールでの参加に失敗した為、アナログの参加となりましたが、2度こういった不遇な結果に終わったため、今年はSAコン参加しようかなーと思いつつも、結局参加しない年を重ねています。

kazama F14 (7)

ホビージャパンとかのコンテストでは切手サイズながらカラー掲載であり、せっかく全国から意欲を持って応募された作品分のページぐらいはせめてカラーに出来ないのかと毎年見て思っていましたが・・SNSである程度皆知ってる事を前提としたような考えなのか・・・皆さんの考えが気になります。

kazama F14 (6)

スケビはモデルアートみたいなテクニックよりも写真集を重視している雑誌だと思うので、雑誌もプラモと同じ作品と考えるなら、全国から集まった素晴らしい作品を生かすも殺すもスケビ次第という事になります。ライターや皆さんの集大成として一つの雑誌という作品にする・・・自分は雑誌はそういうものだと思っているのです。一人の力では作れないからこそ・・・。

kazama F14 (10)

さて・・・そろそろキットの事も話しますかね。デカールはハセガワのエリア88キットに付属していたものをチョイス。カラーはなんとなくデザインしてみたら案外カッコよかったのでそのまま立体化w

kazama F14 (4)

パイロットも風間真としています。個人的には機首は結構良いかなと感じますね。F-20のデザインをF-14に施しています。ボディカラーは白と青のイメージが強いですね風間真は。

kazama F14 (5)

A88等のデカールはキットのモノではなく別のデカールですね。案外この箇所気に入ってますw

kazama F14 (8)

まぁ・・・SAコンの件もあるので、紹介はサクッとです。これで終わり!SAコンに参加するなら、ぶっちゃけカラー掲載を本気で考えてる場合のみ参加するかもしれないです。気軽に~はちょっと経験上参加しないかも。
ACE COMBAT Gallery
  • ACE COMBAT Gallery
MACROSS Gallery
  • MACROSS Gallery
軍用・実在機 Gallery
  • 軍用・実在機 Gallery
エリア88 Gallery
  • エリア88 Gallery
宇宙戦艦ヤマト Gallery
  • 宇宙戦艦ヤマト Gallery
たまごひこーき Gallery
  • たまごひこーき Gallery
痛機 Gallery
  • 痛機 Gallery
CAR MODEL Gallery
  • CAR MODEL Gallery
ACE COMBAT INFINITY Gallery 01
  • ACE COMBAT INFINITY Gallery 01
ACE COMBAT INFINITY Gallery 02
  • ACE COMBAT INFINITY Gallery 02
プロフィール

WINGNINE

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索

模型・プラモデル ブログランキングへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村 プラモデル投稿ギャラリー Modelwerks
メッセージ

名前
メール
本文
pixiv
  • ライブドアブログ