日本では、太る食べ物の代名詞のようならーめん。しかしタイのらーめんは、俄然ヘルシーでむしろダイエットに最適!

 そこで検証!タイラーメンダイエット!

まず、日本のらーめんの標準の麺量が120gに対し、タイでは50gと少量、スープも大分あっさり。

そして一番の大事なポイント、それは日本と違い、大根や空心菜など、野菜がたっぷり入っていること!
020
さらに野菜は卓上に置かれ、入れ放題の店も多く、もやしやゴーヤ、タイバジルといった野菜がたっぷり取れてヘルシー!
002
ところで日本一長寿の沖縄でもよく食べられている南国野菜のゴーヤは、ダイエットだけでなく糖尿病予防にも効果があるそう!
025
カレー麺のカオソーイのお店だと、
017
ねぎ、パクチー、もやし、ライム、漬物、紫玉ねぎが定番!
016
これで一杯が30~35B。日本ならトッピングだけの価格と言っても過言ではない!?
018
店によっては、キャベツやインゲン、胡瓜など6種類も入れられる店もある!
001
しかし全て、生野菜。慣れていないと日本人には食べづらいが、マイペンライ!「茹でて」といえば麺と共に茹でてくれます。

それから、卓上に必ず置いてある唐辛子で、カプサイシン!日本のらーめんの醤油や塩に唐辛子は合わないけれど、 タイのラーメンなら必ず合う!
001
でも、毎日タイラーメンだと飽きるなあって?マイペンライ!汁なしも選べるし、
001
汁も透きとおったさっぱり系から豚骨、濃厚なナムトックやピンクのイエンターフォーなど多種多様
003
麺もバミーだけでなく、太、中、細、極細の米麺、インスタント麺等が選べ、具も、鳥、豚、牛、アヒル、モツ、焼豚、ワンタン、つみれ等等バリエーションや組み合わせは無限とも思えるほど!
003
ところで50gだと朝ラーにはちょうどいいが、昼だと少なすぎてお腹がすいてしまう・・・?マイペンライ!わずか5Bで、「ピセー」大盛り(麺倍の100g)にもできるので、私は昼はいつもピセー!

しかも、2種の麺を入れてもらうこともできるので、一杯で二度おいしい?
006
とにかく色んなお店があるけれど、家や職場の近所で、色々試してお気に入りを探すのも楽し!
003
因みに私は米麺のクィティアオよりバミー派ですが、その中でも中太でピロピロ系のセン・ベーンが最もお気に入り!