June 27, 2017

キャンプに行きました。

imageこんばんはー。

先週末、今シーズン一発目のキャンプに行ってきました。土曜日の午前中、姪の運動会があったので、出発はお昼過ぎ。時間もないので近場にしましょうということで、北広島市自然の森キャンプ場という場所に行ってきました。敷地はそれほど広くはないのですが、水場・トイレともに綺麗で、なおかつ市営のため安いというナイスなキャンプ場でした。焚火禁止なのが残念でしたが、逆に気になるのはそれくらいですね。

この日はあいにくの天気でしたが、札幌市内に比べるとまだ雨は少なかったようです。15時くらいに現地に到着、雨のあがった隙に娘とボール遊びをしたり縄跳びをしたり、のんびりと過ごしました。子供の時以来で縄跳びをしましたが、もう跳べないのなんのって。追いかけられる夢などを見たときに、思うように体が動かないことがありますよね。あの感覚に近いくらいの動かなさでした。

食事は普通に焼肉。すでにコストコでバーベキュー用に買っていた肉を小分けに冷凍し、簡単に持ってこれるよう準備してありました。親子3人なので量もたかが知れてますし、焼肉もこうすることで経済的に済ませることが出来ます。キャンプはわりと安上がりなレジャーではありますが、そうは言っても回数がかさむと出費も馬鹿になりません。一回当たりの費用をいかに抑えるか、そして一回でも多くキャンプに行く、というのが今年のテーマです。

21時過ぎでしょうか、昼間の縄跳びが堪えたのか、予想以上に疲れており娘を寝かしつけるタイミングで寝入ってしまいました。もったいない。去年もそうでしたが、キャンプやフェスで異常に早く寝てしまいます。0時を超えて起きていることはほとんどないですね。今年は少し夜ふかしも頑張ってみたいと思います。

翌日は雨。さっさと切り上げるのが吉と判断し、朝飯後に撤収。温泉に寄ってコストコで早くも次回キャンプの買い出し。さらに秀岳荘にも立ち寄り、あやうくバーベキューコンロを衝動買いしそうになりました。キャンプが終わった時から次のキャンプが始まっているかのようですね。

今年もフェスを含めてキャンプに行く回数が増えそうです。去年は9回でしたが、10回の大台に乗せたいところです。  
Posted by wingrass_b at 18:59Comments(0)TrackBack(0)

June 19, 2017

10周年のブルーグラスの日です。

こんばんはー。

すっかりバンド活動の報告はご無沙汰ですが、細々と練習をしています。今はだいたい月1〜2回のペースといったところでしょうか。バリバリ活動していた頃のようなペースで新曲に取り組んだり、平日に練習をしたりなどは難しくなりましたが、まだ続けていられるだけ良しとします。

子供が生まれてからバンド練習は私の家ですることが多いのですが、子供の面倒を見ながらバンド練習をするというのはなかなか骨が折れることでして。バンドの演奏中でもお構いなしに子供たち(うちの娘と増田家の息子)は、ジュースをこぼしたり喧嘩を始めたりベースアンプのつまみを回したり、とにかく練習に集中することが難しい環境なのです。どうしても気が散ってしまいがちなので練習そのものの密度は余り濃いとは言えず、メンバー(広吉さんと阿部)には申し訳ないなあと思っています。

さてそんなwingrassですが、次回のステージが決まっております。毎度おなじみの「ブルーグラスの日」です。この7月でブルーグラスの日はめでたく10周年。今回は10周年ということで3バンド(だと思います)の出演。ブルーグラスの日主催者の津久井さん率いるthe last orderと、現役学生バンド随一の実力派バンドsweet amneciaとの対バンとなります。10年間の色々な思い出をかみしめながら演奏したいと思いますので、皆様ぜひ遊びに来てくださいね!  
Posted by wingrass_b at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

May 20, 2017

タイトル画像の設定を変更しました。

IMG_7659こんばんはー。

吉澤嘉代子さん関係の記事を載せたことで、初めてこのブログに訪問してくれる方もちらほらいるようです。ありがとうございます。

そんな初めてのお客様は、ブログトップの謎のおじさんの画像に多少面喰ったかもしれません。吉澤嘉代子さんの記事を読もうとしたのに、わけわからないセリフに囲まれた怖そうな親父が唐突に出てくるものですから、もしかしたら本文を読まずにそっ閉じした方もいるでしょう。

この「ANYWAYで逢いましょう」は、札幌のすすきのに2011年まであったカントリーライブバー「ANYWAY」で演奏させてもらっていた私が、ライブの宣伝や音楽活動に関わることをメインに記事を書いているブログであります。この強面の親父はANYWAYのマスターで、謎のセリフ群はマスターの口癖なのです。お店自体はもう閉店しており、マスターも既に亡くなられているのですが、今も細々と続けているバンド活動の根っこの部分はこのお店で培われたものであり、ブログタイトルやデザインを変える気にはなれないのです。

・・・本当は一瞬だけ吉澤嘉代子さんの画像に変えてしまおうかと思ったことを白状します。そんな自分に自戒の意味を込めて、今まではPCで開いた時にしか例の画像が見られませんでしたが、逆にスマホからにも見られるように変更しておきました。初めての方も常連さんの方も、「ANYWAYで逢いましょう」、よろしくお願いいたします。  
Posted by wingrass_b at 18:35Comments(0)TrackBack(0)

May 15, 2017

#吉澤嘉代子 #獣ツアー 観戦記い任后

こんにちはー。

すかさず続きを。現在は札幌行きの機内です。朝からビールを飲みながら揺られております。

カプセルホテルで携帯充電器紛失が発覚し、何かと裏目裏目な私。時間は15時過ぎでしたが、何があるか分からないのでとりあえず会場へ向かっておいたほうが良さそうです。

ホテルから歩いて10分ほどで今日の会場「なんばHatch」に到着。福岡会場は高架下の小さなライブハウスでしたが、こちらはかなり立派な建物。おおー、やっぱり今日はまた雰囲気が違う感じだな、なんてことを思いながら時間もあるので建物内のカフェでビール飲みながらカツカレーを食します。カレーを食べてる最中に奥さんからLINE。娘が奥さんに向けてハッピーバースデーを歌う動画を送ってくれたのですが、それを見て私も慌てて奥さんに「誕生日おめでとう」とLINE。後手に回るとはまさにこのことです。

ブログの更新などをしているうちに、開場30分前になりましたので、会場へ。今日は全席指定のため気持ちは楽ですね。ロビーで入場を待つ人達を眺めていましたが、福岡会場よりもかなり年配の方が多かったですね。

入場後、迷わずビールを片手に座席へ。大阪公演に来るのは随分あとに決まったため、ファンクラブ先行予約ではなく一般購入でした。買う前はかなり後ろの席になることも覚悟していましたが、前から8列目のほぼ中央という、ステージ全体を見渡すにはちょうど良い席です。音響的には下手に最前列なんかより良く聞こえるでしょうね。

しかも幸運なことに開演の時間が近づいても左隣の人が来ません。前の人の頭を避け左に乗り出してステージを観ることが可能です。さらに右斜め前の席も何故か空席。右斜め前が空いているということは、ステージ向かって右手に控えるベースのガリバー鈴木さんが丸見えです。何と言う俺得な配置。

開演前周囲の様子を観察しておりましたが、私の右隣こそ若い女性でしたが、左隣の空席の向こうには初老の男性、その左隣も中年男性、私の目の前の席も私より年上の中年男性。右斜め前の空席の右隣は初老の男性、私の真後ろは中年夫婦、というような感じで、中年初老エリアを設けているのではないかと疑いたくなるような年齢構成となっておりました。このエリアでは私は圧倒的に年下でしたね。左と斜め前の空席に座る予定だった方も、もしかしたらお年を召したかただったのでしょうか。ライブを楽しみにしすぎて血圧が上がるなどの体調不良により来られなくなったのかもしれません。

そんな人間観察をしながら開演も5分前。心なしか右隣の若い女性は期待感で目を輝かせているようです。お、眼鏡を取り出しましたね。そうでしょうそうでしょう、嘉代子さんを目に焼き付けたいですもんね。
ふと、左側に目をやると初老&中年男性コンビはジッと目を閉じさながら瞑想中です。泰然自若と言えば聞こえは良いですが、テンション低すぎでしょうよ、もっとこうライブが始まる高揚感というか抑えきれないソワソワ感を出していこうよ、と昨日見たにもかかわらずライブの開演が待ちきれずソワソワしている私はそのように思ってしまうのでした。

そして開演。昨日と同じく、立ち上がるお客さんはいませんでした。最前列では福岡会場の最前列と同じような葛藤があったかどうかわかりませんが、とにかく一曲目が始まりました。うん、やっぱり見やすい。昨日は角度的に見えなかったキーボードの人の顔も良く見える。ガリバー鈴木さんは言うまでもなく良く見える。嘉代子さんもちょっと左側に重心を傾ければ全身見える。ナイスな席です。思えば初めて嘉代子さんを観に行った渋谷のライブで、私の前にカメラマンが陣取り私は終始つま先立ちで観戦を余儀なくされたという不運がありましたが、今回帳尻合わせで福岡最前列、大阪隣右前空席という位置を神様は与えてくれたのかも知れません。神様、今後ともよろしくお願いします。

ステージが進行し、3曲目で異変が。あれ、この曲昨日手拍子あったよな…?手拍子しないんですか皆さん?中年初老エリアで手拍子をしているのは私と後ろの中年夫婦のみです。中年初老エリア外を見渡しても手拍子している人は少数。昨日は最前列で私も含め周囲の人達はアップテンポの曲は全てと言っていいほど手拍子をしながら可能な限り身体を揺らしていましたが、大阪会場は見た感じどちらかと言うと身体を動かさずにジッと聴き入っている方が多かったようです。

立つ立たないと同じく、手拍子というのもすべきかすべきではないか、非常に論議になるところです。有名ミュージシャンでも客席の手拍子が嫌という方が結構いるそうです。演奏の邪魔になったり、手拍子に気を削がれるくらいならじっくり聴いてほしい、との理由ですね。それはそれで理解出来ますし、私も経験としてたまに営業のステージなどでお客さんがしてくれる手拍子に惑わされることもあります。しかし、私の個人的な感覚ですが、ステージに立っていてお客さんが自発的に手拍子してくれることほど嬉しいことはありません。私はそう思っていますので、自重することなく手拍子を打ちたい曲は打ち続けておりました。すっかり手拍子孤軍奮闘おじさんです。
でも、実際に嘉代子さんはお客さんが手拍子することについてどう考えているのか知りたいですね。手拍子が欲しいなら次回も手の平が赤く腫れあがるほど叩きますぜ。

どうしても昨日の今日なので比べてしまいますが、昨日より嘉代子さんの歌声、わずかにピッチが狂う箇所が。連日ということも影響したのかな?しかし、かわいらしくカッコよく、昨日より遠い位置とは言え私は魅了されっぱなしでした。昨日観たはずなのに綺麗から地獄タクシーの狂気じみた芝居と歌にはゾクッとしましたし、一角獣の情感たっぷりのヴォーカルには不覚にも熱いものがこみ上げそうになりました。泣いている女の子も実際いましたね。
ちなみに、ガリバーさんを観るのは全体の1割程度に抑えることに成功しました。遠いので手元がよく見えないし。

あっという間に本編終了。昨日更新されたばかりの体感あっという間記録をさらに更新した模様です。そのあと、もちろんアンコールの手拍子をする訳ですが、これは言わせて下さい。アンコールの手拍子しない人の多いこと多いこと。ええー?手拍子してない人皆さん聴きたくないんですかー?まあそれは100%あり得ないはずですので、明らかにサボっているということです。他人に任せているでしょう。自分が手拍子しなくたって出て来てくれると思っているのでしょう。何というか、選挙に行かないのと同じですよ!ライブ中の手拍子は前述したように各個人でスタンスがありますから百歩譲って良しとして、アンコールの手拍子くらい頑張れよと中年初老エリアの中心で私は思ったのです。実際アンコールで嘉代子さん出てきたらニッコニコしてたくせに。

アンコールの歌の前に、サプライズ演出で嘉代子さんのデビュー3周年をケーキで祝ったあと、福岡会場でも歌った3曲、それに加えデビュー3周年記念特別サービスとして、メジャーデビューのあの曲を歌ってくれました。これは嬉しい演出。最後は会場内を歌いながらルマンドを配り巡り歩き、大いに盛り上がり終了となりました。しっかり構成された本編と何が起こるか分からないアンコール、良いバランスですね。

あー、楽しかった。ライブはやっぱり楽しいものだなあ、なんてことを考えながら会場を後にし、その夜は大学時代の先輩後輩と飲み、この旅を締めくくりました。

次回は出来れば家族で観戦したいなあ、出来れば札幌で。事務所の人、よろしくお願いします。頑張ってお客さん何人か連れて来ますので!

というわけで、そろそろ札幌到着。新千歳空港の気温は7度とのことです。現実に引き戻されますね。
ただただ書き連ねるだけのまとまりのない今回のツアー報告でしたが、読んでいただいた方、ありがとうございました。  
Posted by wingrass_b at 12:42Comments(0)TrackBack(0)

#吉澤嘉代子 #獣ツアー 観戦記です。

こんばんはー。

大阪はなんばのカプセルホテルなうです。濃い2日間でした。明日からの毎日が薄っぺらなものにならないよう、何事にもアレしていきたいですね。

さて、今日(日付変わって昨日)

おはようございます。

昨夜はここまで書いていつの間にか眠り入ってしまったようです。改めて。今は関空に向かう電車の中です。さようなら、大阪。

では、獣ツアーレポートの続きを。夜行バスに揺られて朝7時30分頃、梅田に降ろされます。そこで降りた一行はさながらゾンビのようにふらふらと歩き始め、何のプランも立てていなかった私も何となく後ろを着いていくのでした。

とりあえず、お腹が空いています。ケンタッキーに入り朝食をとった後、どうしようかと思案します。カラオケのフリータイムで時間をつぶすか、ネカフェに入るか…。ちなみに以前の私ならこういう時はファーストチョイスはパチンコでしたが、一年ほど前すっぱり止めてしまいました。

迷っているだけでさっぱり結論が出なかったので、とりあえず外に出て梅田の街をやはり単独行動しているゾンビのようにふらふらと歩きまわります。そして、ゾンビはいつの間にかラブホテル街に来てしまったようです。うーん、ここで休むのも悪くない。風呂入れるし。寝られるし。というわけで、ゾンビはラブホテルに入り、部屋で財布の中身を確認し「呼べないこともないな」と一瞬良からぬことを思わなくもなかったのですが、そもそも性欲を圧倒的に上回る睡眠欲でしたので、風呂に入り無駄に赤いレースのカーテンに囲まれているベッドで眠りについてしまいました。

ブーッブーッブーッと携帯が震えています。店舗からの電話「配管が詰まりました!」とのこと。配管が詰まりましたかそうですかと半眠りで聞いていましたが、「…13時過ぎになんかトイレの流れが悪くなって…」今何て?13時過ぎって言った?「え?今何時かな?」私の問いに対し「14時です。」電話口から冷酷な時報が。

入室が9時20分でしたので、あと20分で5時間のサービスタイムが終了、延長料金が発生してしまいます。ぎゃあー、寝過ごした!配管詰まりの指示もそこそこに大慌てで退室。危ない危ない、店からの電話がなかったら最悪ライブの時間になっても眠りこけていたかもしれません。

ライブ会場や今夜の宿があるなんばに向かい、カプセルホテルにチェックイン。時間が少しあるし、携帯の充電をしておくか、と取り出そうとした刹那、走る悪寒…!無い…!迂闊だった…ラブホに置いてきた…救えねえ、何というミス…!
カイジごっこをしたところで忘れてきたものは戻ってきません。また戻るのはさすがに面倒。家から借りた充電器なので弁償です。結局、ラブホ使用は裏目とでました。

おっと、関空に着きます。ライブ本編に至らずですがいったん締めます。ではまた。
  
Posted by wingrass_b at 09:21Comments(0)TrackBack(0)

May 14, 2017

#吉澤嘉代子 #獣ツアー 観戦記△任后

こんにちはー。

今日は5月14日。吉澤嘉代子さんのデビュー3周年の記念日だそうですが、うちの奥さんの現世デビュー39周年の記念日でもあるのです。これはめでたい。そんな日に私は16時00分現在、吉澤嘉代子さんの大阪公演の会場下のカフェでビールをあおっているのです。キングオブ至福の時間。すみません明後日から身を粉にして働きますので。

昨日の記事の続きです。夜行バスの中で変なテンションで書いたため、続きが書きにくくて仕方ありません。

えー、息を呑み彼女(隣に座っているお客さん)を見たところからですね。私もいつでも立ち上がれるように身構えましたが、彼女動かず!動かざること山の如し!当然私も山の如く動かず、周囲も立ち上がるお客さんはいませんでした。

立つ立たないで再び勝手に心理戦を展開していましたが、ステージ上では吉澤嘉代子さんはじめ演者のみなさんがすでにスタンバイ。こちらもあとは耳の穴かっぽじって聴くだけ、目を皿のようにして観るだけです。なお、これ以降ライブ本編の描写はネタバレしないよう気をつけますので、若干表現が回りくどくなると思いますが、ご了承下さい。

予想通り一曲目だったあの曲のイントロがギュイーンと始まり、改めて嘉代子さんの方を観ます。うーん、近い。近すぎて嘉代子さんがそこにいるという実感が無いくらいです。後輩の定期演奏会を見るときに最前列に陣取ることが多いですが、まさにあの距離。なんとなくリアリティのないままですが、肝心の歌の方も聴きもらさないよう集中します。

あ、凄い。歌が始まる前は、「はー、やっぱりかわええなあ」なんて口半開きで観ていたと思うのですが、歌う表情、迫力に圧倒されました。目つきが鬼気迫ると言いますか、まるで何かが憑依しているかのように歌っていますが、それでいてピッチも正確です。今さらながら、やっぱりプロは違いますわ。かわいいではなく、滅茶苦茶カッコいい、そんな気持ちになりながらやはり口半開きで聴き入ってしまいました。

一曲目が終わると、小芝居が始まります。今回のツアーでは、嘉代子さんは夫を愛しすぎてしまう奥さんを演じます。歌を歌っている姿とは全く違う一面を見せる嘉代子さん。そういうキャラクター設定なので、とにかく可愛らしい演技で、おじさんのハートを鷲掴みにします。距離が近いので一瞬目があうことがありましたが、それはもう石化してしまうんじゃないかっていう破壊力でした。

そんな感じで開始直後はこのカッコいい⇨かわいい⇨カッコいいの繰り返しで早々とノックアウトされましたが、徐々に聴くのにも余裕が出てきました。そうなると、嘉代子さんだけではなく気になってしまうのが、ベースです。念のため言っておきますが、私まだベースを続けていますし、興味を持ち続けています。今回の新アルバム、屋根裏獣も随分聴き込みましたが、ふと気付いたらベースラインを追っかけていたりします。このライブでも嘉代子さんを観ていたのが7割だとしたら、3割はベースのガリバー鈴木さんを観ておりました。もしかしたら妙にガン見してくる奴がいるなあ、くらい思われているかもしれません。

嘉代子さんに心ごと持っていかれそうになっているところを、カッコいいベースのフレーズでハッとさせられる、そんな感じでライブを楽しみ、あっという間に本編最後の曲。早い。あっという間史上過去最高のあっという間を記録したと言って良いくらい、あっという間でした。

もちろん、アンコールもあります。アンコール部分は芝居ではなく普通のmc。これがまた脱力というか適当というか。これはこれでもの凄く彼女の魅力を存分に発揮していると言えるのですが、ライブの最初から最後までこんな喋りだったらどうなるんだろう、怖いけど体験してみたい気はします。私もバンドではmcをとりますが、こういう脱力系mcを一度してみたい。

この時のmcで福岡以外から来た人〜と尋ねられたので、札幌と答えましたが、さすがにこの日一番の遠隔地でしたね。何で札幌から?と嘉代子さんに驚かれましたが、札幌で開催してくれればね…。

アンコールも終わり一人ボーッとして会場を後にしました。うーん、やっぱり夢のような時間だった。なんとなく現実感がないまま、深夜バスに乗り込む私でした。

そんな感じの福岡公演でした。最後、急に締めましたが、まもなく17時。入場時間が近付いてきました。今日は少し冷静に観戦したいと思います。大阪会場の最前列の人、立ってくれても良いですぞ。  
Posted by wingrass_b at 17:06Comments(0)TrackBack(0)

#吉澤嘉代子 #獣ツアー 観戦記,任后

imageこんばんはー。

ただいま福岡から大阪へ向かうバスの中です。約8時間かかるとのこと。まだ出発して2時間ほどなのですが、すでにツラい。結構疲れているのですが、寝付けません。というわけで時間だけはあるので、更新です。

この週末は吉澤嘉代子さんのライブに遠征ということで、結婚してから多分初めての一人旅をしております。もしかしたら一人旅は若き日の奥さんのライブを観に、青春18切符で東京に行った時以来かもしれません。
まずは今回の遠征を許可してくれた奥さんに感謝です。ありがとうございます。このブログ絶対見てないけど。

福岡に来るのはもう何度目か分からないくらいですが、1人で来るのは初めてです。しかもいつも来る時は奥さんの実家に直行しますので、天神周辺の地理が全く分かりません。グーグルマップ頼みで、14時30分頃にいったん会場の「BEAT STATION」というライブハウスへ。下見しておかないと、方向オンチの私は確実に道に迷って時間に遅れますからね。
建物をぐるっと回った時にリハの音が漏れ聞こえ、「おお、このままリハも全部聴いてしまおうか暇だし」と壁に耳を当てようかとも思いましたが、不審者と間違われ拘束されてしまってはいけませんので、いったんその場を離れました。とは言っても行くあてもないので、ただただ歩いていました。やはり歩くと暑い。5月でこれなら真夏はどうなるんだ、と心配になります。

近くのパチンコ屋のコインロッカーに荷物を入れ、開場の30分前にふたたび会場へ。そこにはすでに、吉澤嘉代子さんを待ちきれない人達が大勢集まっていました。見た感じ、やはり圧倒的に若者が多いです。私より年上と思しき方は数名程度、勝手に親近感を覚えると同時に、客観的に自分も含めて、その歳でこういうライブに来るのってどうなのよ、などと、いらんことを考えてしまいます。ああ、やだやだ歳は取りたくない。

そんな感じで一人心理戦をしているうちに開場のお時間です。整理番号は7番だったのですが、なぜか入場順は2番目。時間通りに来ていない人が結構いたみたいです。2番目なら間違いなく確保したい席が取れそうで一安心です。

入場後、最前列の真ん中からやや右手の席に着席。ど真ん前だとマイクで顔が良く見えないかなと思い、なおかつベース弾きがいる右側に座りたかったのです。ステージにはウッドベースが置いてありテンションが上がります。あの曲はやっぱりウッドベースですわな。

席も希望の場所を無事確保。ここで選択肢。ビールを飲むか否か、です。言うまでもなく頻尿野郎の私ですから、ここでビールを飲むのは明らかに得策ではありません。それは分かっています。しかし、外は暑く随分汗もかきました。そしてこれから大好きなミュージシャンのライブで気持ちも高まってます。こんなに美味しくビールを飲めるシチュエーションはなかなか無いのではないでしょうか、と私の中の悪魔が囁き、今回は私の膀胱に少し頑張ってくれるよう言い聞かせ、ハイネケンを片手に席に戻りました。ビールはほぼ一気で飲み干し、結果的には多少の尿意が後半の30分ほどに感じられた程度で事なきを得ました。

開始時間直前、再び選択肢。立つか否か、です。最前列なので立っていようが座っていようが良く見える位置です。しかし、盛り上がりという意味では立った方が絶対にノレるし、演者も悪い気はしないはずです。一方で、最前列が立つ事によって必然的に後方の席の方も立つ事になります。これがどうなのか。座って観たい人もいるのではないか。足が不自由なお客さんだっているかもしれない…、なんてことを考えたら答えは出ません。試しに隣の女の子に「立ちます?」と聞いたところ「立つ、つもりです」とのこと。私よりもずっと古参のファンであるという彼女も、立つ、とは言い切れなかったところに私と似たような葛藤があることが垣間見えます。そして、私は彼女が立ったら立とうと決めました。ここはベテランのファンの方に委ねます。そして、彼女が立てば他に誰も立たなくても自分は立とう、そのことも心の中で誓いました。

やがてBGMが止まり、いよいよ始まるか、という瞬間です。私は隣の彼女がわずかに前傾姿勢になったことを見逃しませんでした。次の瞬間、出演者が次々にステージに姿を見せました。そして彼女は小さな声で「今…」と言いました。立つなら今だ、ということ。一瞬を逃したらタイミングを失う、私も直感的に感じました。息を呑み私は彼女に注目しました。

…もう3時です。思ったより長い記事になってしまいました。いい加減眠らないといけませんので、続きはまた明日以降です。  
Posted by wingrass_b at 03:21Comments(0)TrackBack(0)

May 11, 2017

どうでもいい妄想です。

こんばんはー。

さて、個人的に2017年最大のイベントとして大変に楽しみにしております、吉澤嘉代子さんのライブ観戦がいよいよ明後日となりました。ここ最近の私の吉澤嘉代子推しについて、そろそろ周囲の目が冷たくなってきていることには薄々感じております。そして、そんな周囲の冷ややかな視線や声が気にならなくなっている自分がいます。ああ、恐ろしい。

今回、もちろん単身で13日福岡公演・14日大阪公演に乗り込むわけですが、「普通の」ライブ慣れしていない私にとって、やはり不安も少なからず抱いています。過去に一人ボウリングや一人海水浴を経験し、一人行動には慣れている私ですが、誰も頼ることが出来ないアウェイの地で何かしらやらかさないか心配であります。しかも福岡会場は幸運にも整理番号が一桁で、最前列の良い位置に座れそうです。ということは演者の視界にも入りますし、後方の多くのお客さんからも見える位置にいるわけです。ステージ上から吉澤嘉代子さんに「うわあ、若者に混ざって座ってるこのオッサン浮いてる・・・、しかも手拍子表で打ってるし。この人もしかしてブルーグラッサーじゃないかしら。」とか思われたり、後ろのお客さんに「おいオッサン、なんで嘉代子ちゃんのライブにカントリーシャツなんて着てるんだ?しかもドクロのバックルなんて着けて、お前はブルーグラスのライブでも観てろよ!」と野次られたりする可能性があるじゃないですか。そんなこと言われたらもう夜行バスをキャンセルして札幌に戻って14日の夜はLOGに行くしかないじゃないですか。

なんてくだらない事を考えて、当日を楽しみに待っている私です。でも、本当に服は何着てったらよいかなあ・・・。  
Posted by wingrass_b at 20:18Comments(0)TrackBack(0)

May 06, 2017

バーベキュー備忘録です。

IMG_7551こんばんはー。

GWも終盤ですね。新入社員の皆さんはこの後5月病との戦いが待っていますね。頑張ってください。
さて、5月3日にバーベキューをしてきました。過去の記録(ブログ)をさかのぼるともう6年連続でやっているみたいです。2012年長沼、2013年山田家、2014年以降は長沼のジョージ邸で行っていますね、記録によると。毎年幹事をしていますが、1年に1回のことなのでどうしても過去のことを忘れてしまい、経験が生かされないまま幹事業務にあたっている気がします。ということで、備忘録もかねて今回のバーベキューを記事にします。

今回も例年通り社会人・学生合わせて約20人ほどの参加。バーベキューの主役である肉、一般的に男性300g、女性200gが目安量とされていますが、昨年肉が途中でなくなってしまうという幹事としてあるまじき失態を犯してしまったので、絶対に肉は不足しないよう用意することにしました。そのうえで社会人でも金額は3000円以内には抑えたいし、学生からはなるべく金をとりたくない、当たり前ですが良いものを多く、安く、というのが幹事に課せられた使命です。

さて、その使命感を心に秘め今年は何の肉を買おう、と考えたところ真っ先に決めたのが「親鶏」でした。親鶏は若鶏に比べてやや固くコリコリとした食感で、旨みが若鶏よりもあるという特徴です。これの炭火焼を前々から個人的にやってみたかったものの、なかなか札幌市内のスーパーでは取り扱っていません。今回は通販で2kg購入。送料込みでグラム200円を超えますが、他に選択肢が無いのでやむなし。今回の主軸の肉とします。
実は、買い出しの手間を省こうとその他の肉もネットでの購入で済ませようと目論んでいたのですが、それほど安くない上に送料がかかります。通販は諦めて、大人数バーベキューの心強い味方、コストコで買い出しすることに決めました。

コストコに出掛けたのは4月29日、大型連休初日です。混雑することは分かっていましたので、早めに出かけ午前10時半ころ到着しましたが、すでに駐車する場所を確保するのも一苦労な状態です。みなさん考えることは一緒のようで。

店内に入り大混雑の肉売り場へ。まず目に飛び込んできたのがスペアリブの塊。これは私が幹事をするバーベキューでは結構な頻度で出てくるのですが、味はともかくインパクトがありバーベキュー感を高めてくれる一品です。セールでいつもより安かったので購入。2つで約3kgですが、骨の重さも含まれるので実質食べられるところは2kgほどですかね。

鶏、豚とくれば当然牛肉も欲しいところ。牛肉はどうしてもグラム単価が高く、いつもどうしたら良いか悩んでしまうところです。個人的に牛肉を食べるときはステーキスタイルで提供したいものですから、ステーキ肉を物色しますが、やはり高い。美味しそうな肉はグラム4〜500円、これは手が出せません。そこで目を付けたのがグラム200円ほどの「トップブレードステーキ」という肉。いわゆるミスジと言われる部位の肉です。肉の中央部にやや大き目の筋がありまして、ちょっと心配だったのですが、その場でネットの評判を検索してみると、悪くない、むしろ絶賛する声もあるくらいです。迷わず2パック、約3.5kg購入です。

そしてその他、ソーセージや豚バラ肉(コストコの豚バラは肉厚でおいしいのです)を買い、帰りは別のスーパーにてダメ押しでホルモンを買い終了。肉の内訳は以下の通りです。
・親鶏 2kg 4594円
・スペアリブ 3kg 2613円
・牛ステーキ 3.5kg 7222円
・ソーセージ 0.8kg 1996円
・豚バラ 2kg 2025円
・ホルモン 0.6kg 820円
肉合計 11.9kg 19,270円

スペアリブの骨を考慮しても一人当たり500gはあたる計算です。これなら大丈夫でしょう。金額も2万円以内に抑えられたのは大きいです。これらの肉は全て一旦冷凍し、前の日に解凍して切り分けました。今回は切り分けを奥さんがやってくれましたので助かりました。量が量だけにさすがに大変だったそうです。

さて、肉の次は野菜です。バーベキューで焼いて美味しい野菜をピックアップし鮮度の問題もあるので前日に再びコストコで買いました。しいたけ、ピーマン、なす、にんにく、そら豆、アスパラなど基本的に切る必要のない野菜ばかりをそろえました。現地で切ったりするのが面倒臭いので。野菜だけでも約6,000円。これだけの人数だと結構な額になりますね。 

今回は炭もコストコのものを使ってみました。豆炭と呼ばれる成形炭で大きさが均一で使いやすいとの触れ込みでしたが、結果から申し上げますと、イマイチでした。着火はしやすいのですが、火持ちが悪く、気づいたら食材を乾かしている程度の火力に落ち込んでいるということがありました。私は普段オガ炭というもの使用しているのですが、そちらのほうが使いやすいですね。まあ、ホームセンターで売っている普通の木炭よりはマシかな、という印象です。

その他、100円ショップやホームセンターをまわりガス缶やプレート、コップや箸、調味料やソフトドリンクを買って準備万端、のはずでしたが、やっぱり買い忘れはどうしても出てしまうもので。たわしやら氷やら網やら当日に慌てて購入するものも結構ありましたね。これは反省。

当日は素晴らしい天気でした。食材は少し余らせましたが不足するよりマシなので良しとします。下準備はある程度終わらせていたとはいえ、バタバタとせわしなく時間が過ぎていきましたが、子供たちも含め、参加者の皆様には楽しんでいただけたようで何よりです。
と、当日のことは手短に済ませて備忘録を終わらせていただきます。
  
Posted by wingrass_b at 19:30Comments(0)TrackBack(0)

April 20, 2017

近況報告です。

こんばんはー。

新年度になりましたが、特に何も変わらない生活を送っております。めまいはすっかり良くなりました。再発しないことを願います。あ、娘が幼稚園に通い始めました。

バンド練習もぼちぼち再開しています。新曲も少しずつ取り組んでおります。とりあえず次回のステージは7月の予定ですので、のんびりな感じです。だいたい2週間に1回のペースで練習するのですが、悲しいかな、阿部くんを除く4人は老化現象なのか、前回のバンド練習で決めた曲のアレンジやコード進行を忘れてしまうということが多々あります。バンド練習の議事録を作成する必要があるのではないかと感じております。

個人的に今から楽しみなことと言えば、5月の吉澤嘉代子さんのライブです。残念ながら札幌はツアー箇所に含まれておりませんので、こちらから遠征です。5月13日福岡、5月14日大阪と2会場参戦予定です。福岡から大阪までは深夜バスで移動。これも地味に楽しみです。5月14日は奥さんの誕生日なのですが、それにも関わらず今回の旅を許可してくれた奥さんには頭が上がりません。頭が上がらないのはいつものことですが。

ゴールデンウィークは毎年恒例となったバーベキューの予定ぐらいですね。メニューを何にしようか思案中です。あーだこーだ考えるのが、何とも言えない楽しさがあるのです。

以上、他愛もない近況報告的な記事でした。  
Posted by wingrass_b at 21:28Comments(0)TrackBack(0)