2005年06月

2005年06月30日

永田町

200506301223000.jpgジューススタンド。東京がここにある。田舎育ち驚く。

wings283 at 14:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

2005年06月29日

気遣い風な

気の遣えないタクシー運転手はウザイ。なんだよ、単純に道知らないだけじゃん。



wings283 at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

「電車男」泣けるのか!若者は。

★★☆☆☆

泣いてるし!女も男も泣いてるし!
20代のみなさま、泣いてるし!
まるで分からず、少々あせる。
頑張ってるっていいよね!みたいなことなのか?
みんな、一途ってことに飢えているのか?
何に感情が入っていったのか?
山田か?山田孝之か?
まるで分からず。

でも、中谷美紀の声は相変わらず好きです。
あの声聞くだけで、価値のある映画でした。
頭の中にエコーする感じがいいんです。

「電車男」が都合よく編集されたものだという本が出ていて
本当はもっと生々しかったり、人間くさかったり、ダメダメだったりするのを
きちんとピュアラブストーリーにしたのは新潮社の力だという。

そんなもんだ。




wings283 at 02:42|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!movie 

松尾スズキだ!インザプール

★☆☆☆☆
だけれども
松尾スズキは
★★★★★
ムダがスゴイ。
すべてがムダでできている存在ってスゴイ。
どこまでがムダだったか忘れるからスゴイ。
自分にまるでムダをする才能がないのでスゴイ。
そして、ちょっと前までは、そのムダさに憧れていた。
人はとかくないものねだりをするものです。
セリフの一言のあとに付くほんのわずかな揺らぎが
ファンタスティックです。
それを身体に身につけて違和感のないところがまじにスゲエ。


wings283 at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!movie 

2005年06月27日

愛知万博の収穫は「やはり仮面は面白い」

何見てんだかですが。
わざわざ愛知まで行って、収穫がないと悲しいですが。
ばっちり、楽しみました。
仮面ハンティング。


万博仮面2





万博仮面3




万博仮面4




万博仮面5




万博仮面6




万博仮面7

wings283 at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!art 

軽々しい語りを止めろ。「僕の見た大日本帝国」


僕の見た「大日本帝国」?教わらなかった歴史と出会う旅

★☆☆☆☆
ロシアにも韓国にもパラオにも中国にも
「日本帝国」の痕跡があった。
人の言葉なり建築物なり文化なり。
それは、大きな傷跡だ。何もせずに放置してきた傷跡だ。
売れるのかもしれないけど、
バックグラウンドも何もない語りにうんざり。
独自の視点もなし。
だらだら旅のルポ。
自分を見ているようで、うんざりする。
どこに、自分の軸足があるのか?
まるで決めないことが、成り立たなくなってきていると思う、
今日このごろ。

wings283 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!book 

靖国問題って、オレはどうなのか?


靖国問題

★★★★★
インパクト大。
本の出来とか何かよりも、いかに何も知らないかのショック。
まずは、知って欲しい。
読んで靖国擁護派の本を読みたくなった。

で、オレはどうするのか?
なんとなくリベラルってズルいんじゃないか?
都合のいいことばっか言えないんじゃないか?
「日本人」って思われる以上、あんたどうする?
って、とにかく喉元にグイグイ刃物な感じでした。

まずは、知れ!

wings283 at 00:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!book 

2005年06月26日

この万博、環境も

200506261241000.jpg何もありません。すごい開発のされ方。でも、トイレの壁は廃材で。本末転倒で悲しい。

wings283 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

万博

200506261353000.jpgなんだ?この肩透かし。

wings283 at 13:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

2005年06月23日

青山悟〜空気を止めて刺繍で刻みこむ

青山悟










http://mizuma-art.co.jp/news_j.html

決してプリントでは伝わらない。
工業用ミシンでおそろしく繊細な刺繍を作り上げる。
そこに刻みこまれる時間はきっと作り上げていくのに
かかる時間が生み出してもいるのだろう。
どこかでみたことがあるし
どこでもみたことがない
ここにあるのはクローバーだが、僕自身は街の画に打たれた。
隣の街なのに、隣に感じない。
この違和感は、東京に感じる、それと近い。
実物の前に5分以上経って、フッとくる目眩。



wings283 at 03:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!art