2006年08月

2006年08月31日

小6の頃、こういうの好きだった「時をかける少女」2

なんちゃらノベルスとかにありそうなお話。
小学6年生の頃、アニメに熱中したけど、
それこそ、イラストとかも書いたけど
スクリーントーンとか使ったけど、
当時はきっと好きだったんだろうなあ。
みたいな話。
なんだろう、アニメの世界独特の世界観。
細かい小ネタ(笑えないけど、ベタでもない不思議なトーン)
異常に叫ぶ。
そして叫び始めると、止まらない。
うおーーーーーとか言ってる。
泣けるという話もあったけど、
これじゃあ、さすがに泣けない。正直。
感情はあまり動いてない気がするなあ。
背景のすばらしさに、キャラの作りがついていかない。
新海誠ものを思い出す。
かなりの線で、似てる。
時をかける少女

wings283 at 23:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!movie 

2006年08月26日

聖書に興味持って「天使のツラノカワ」4

ここまで持ってくる一条ゆかりすごい。
興味があるなあ、時代がきてるなあと思うことを
どんな風に形にして、世の中に問うことができるかが
商売なだけに、一条ゆかり、さすがです。
指動かなくなるほど、漫画書くだけあります。
この人も細部の人。
決して、おかしな服着て、キャラクターが喋らない。
決して、おかしな場所で、キャラクターが怒らない。
間違っても、豪華な部屋に、無印良品な椅子とかない。
そういうことが許せないことと
聖書でこんな話を思いつくとこが
ステキですなあ。

天使のツラノカワ [少年向け:コミックセット]


wings283 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!book 

2006年08月24日

連戦連敗「時をかける少女」1

映画に連戦連敗である。
また、始まって4カットくらいしか覚えてない。
異常に混んでいて
しかも、なんだか冷房も微妙で
しかもしかも若者が多くて
男子が多くて
外が熱いから汗くさくて
そんなこと、思ってたら、すやすや寝てて
もうエンドロール。
眠くなったら、どうしてるんだろう。
あまりにも、豪華なベッド。
2時間1800円。


wings283 at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!movie 

レジェンド「イチロー×矢沢」対談2

人生の悩みは、レジェンドが足りないことだ。
こういうレジェンド本を読んで
自分のレジェンド不足を補う。
仕事追われるときほど、
レジェンド本を読んで、変な恍惚感に浸る。
結局、何も残らないが。
そういえば、昔から伝記は好きだった。
我が人生にレジェンドを。
イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学


wings283 at 23:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!book 

2006年08月22日

ついに

スタッフルーム泊7日目。


wings283 at 12:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

2006年08月20日

浜崎あゆみに

加齡との戦いを。宇多田ヒカルにストレスとの戦いを。感じる。カウントダウンスペシャル。


wings283 at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

2006年08月16日

マッサージ難民

働いてるマッサージ師いないのか!


wings283 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!携帯メモ 

2006年08月13日

食べ物見てあいつだと分かる生き方が「モーツァルトの目玉焼き」2

してみたいと思う。
ネタ本みたいな本だった。アマゾンはたまにこれがある。
仕方ないので、抜粋を。

モーツァルトはいつもオペラに呼ばれると卵6つの卵焼きを注文したらしい。
だから、いくつも卵を使った卵焼きをモーツァルト風というらしい。
そんな風に言うっけ?

1930年代の黒人の歌「I scream for ice cream」
アイスは偉大。

明治の文人斉藤緑雨の書く日本人にとってうまいもの。
「赤犬黒猫ということあり、犬は赤きが、猫は黒きが味の美なればなりと」
きっと日本人も昔は食べていたと私も思う。
赤い犬って何?柴っぽいの?

坪内逍遥のうまそうなパンの焼き方。
「火鉢の火をキレイにならし、丹念にバターを塗った食パンを
おもむろに網にのせ、狐色の焦げ目がパンの表面に万遍なく広がるまで
じっくり焼き上げた」
生活はこうありたい。

江戸時代禅僧仙崖和尚の「戒老の歌」
聞きたがる 死にともながる 淋しがる
心は曲がる 欲深ふなる くどくなる
気短になる 愚痴になる 出しゃばりたがる
世話焼きたがる。
又しても同じ話に子を褒める
達者自慢に人は嫌がる。

人って変わらんもんだ。
自戒。
モーツァルトの目玉焼き?天才・異才・奇才たちの胃袋


wings283 at 10:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!book 

2006年08月09日

随分さあ、安く買いたたかれた?「若沖と江戸絵画」4

プライスコレクションって
戦争に負けて、安く流れた名品を
戦争に勝った国が買い集めたってこと?
みたいな複雑な心境。
そういうの多いよなあ。
返してよって言ってもいいんじゃないのかな。
お金払えば、なんでもいいのかな?
と思い、
嫉妬するくらい、すばらしいコレクションだった。
芦雪に打たれたな。特に。
若沖のデザイン性も感涙。
最近、よく考える、とにかく細部!な精神も満載で
うーむ、どんどん自分の大雑把さが
嫌になる。
公式ブログにたくさん、画像があって、
それで何度も楽しめる。
芦雪寅


若沖群鶴

wings283 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!art 

2006年08月08日

まさかの2連敗「カーズ」1

また寝た。
しかも、吹き替え版なのに。
なんか、おまけの短編が頭に付いていること。
ストーリーが始まるまでの派手な画のシーンが
思いの他、長いこと。
が敗因か。
うーん。どうかなあ。もういいかなあ。

wings283 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!movie