TDRな生活(-_-).。oOO

東京ディズニーリゾートについての裏技・雑学&どうでもいい話や裏話をパークで撮った写真を交えてテキトウ&勝手に語りますφ(.. )パークへの希望&妄想多めです``r(^^;)(「月別情報」から過去の情報も見れます)ダラダラと更新してますφ(.. )

ハーバーに掲げられた勇敢な9人の「海賊旗」。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
page

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、早いもので8月ももう下旬。そろそろ夏休みも終わりに近づき、宿題が気になるキッズも多いのではないでしょうか?そしてお盆休みが終わって一気に現実社会に引き戻された社会人の皆様も…(苦笑)

…しかし、今年の夏はお天気が不安定ですっきりしなかったですね〜。梅雨明けはそれなりの時期に宣言がありましたが、そのあとが梅雨に戻ったかの様な雨・雨・雨…。

まだ終わりではないですが、今年は夏らしい陽射しが非常に少ない8月になりました。この様子だと雨による入場者数も気になるところです。ま、きっと入場者数前年比の中で「悪天候による影響で減少…」が使われると思いますが、今回はリアルに仕方ないでしょうね。

写真 2017-08-21 14 31 00

そんな夏の終わりが近づいている中。今年はランドよりもシーのパイレーツサマーが人気だった様子。具体的な入園者数はまだわかりませんが、アトラクション待ち時間は常にシーの方が混雑していた印象です。

そんな今年のシー。パーク内にはパイレーツのデコレーション等がいくつかされています。…今更ですが、今回はこれらのデコレーションに隠されたこだわりについてご紹介します。久々の小ネタ記事です〜。

まずはミッキー広場の後方、ショップ「エンポーリオ」の前には海賊のデコレーション(フォトスポット)があります。この場所、以前上記の通り、ツイッターでもお話しましたが、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の中に登場する、「ブラックパール号」の船尾部分と装飾がまったく一緒なんですね。

そして、ショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」にも似たような「黒い船」が登場しますが、しかしこちらは残念ながら、この「ブラックパール号」ではなく、「伝説の船」という設定です。


こちらについては上記でも触れましたが、やはり権利関係等の都合なんでしょうかね。ブラックパールから変わってしまった理由については公式には発表されておりませんが、察する所、米本社より「この大きさ等では映画の中のイメージと合わない!」と言った所なのでしょうか?

…しかし、この船尾の装飾はブラックパール号のものであるのは明らか。そんな部分からも途中で変わった事が読み取れますねー。

そんな訳で、公式にブラックパール号の名前は使われていませんが、こんなこだわりがあるとは驚きです。…ちなみにこのフォトスポットの下部分にある旗(下の写真)はジャックスパロウの海賊旗です。

we13

この様々な「海賊旗」ですが、他にもパーク内では「カフェ・ポルトフィーノ」の入り口やレストラン内部、「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」の店内にも飾られています。

加えて、「ザンビーニ・ブラザース・リストランテ」裏側付近にある3つのフォトスポット周辺でも複数の旗を見る事ができます。

we0

この複数ある海賊旗ですが、これ実は、同映画の二作目である、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」に登場した9人の海賊長の旗の一部なんです。

…と、言うか、実は私も最初は全然気が付かなくて、ここにある旗のうちの一つ、「死業」と書かれた旗(拡大した写真はこちら)はどんな意味なんだろう?とツイートした所、9人の海賊の一人、「サオ・フェン」の旗ですよ…と、教えて頂いてわかりました。

DSC03134_result

サオ・フェンはスキンヘッドのアジア系の海賊(画像検索結果はこちら。)。そんな中、改めて映画を見直してみると…なるほど!映画の中に、わずかな一瞬だけ、この旗が登場している事がわかりました。

映像の中からなんとか見つけたのが下の写真。画面キャプチャーなので、画質は粗いのですが、確かに登場していました。

kxqCFH7vG5mffPQ1503030074_1503030162

映画「〜ワールド・エンド」をご覧になった方はなんとなーく、思い出したかもしれませんが、この9人の海賊自体、映画の中でも短い時間しか登場せず、個々のエピソードなどはほとんど触れられません。

さらにその「旗」となると、まずほとんど覚えていない…と言うことで、パーク内にある、他の海賊長旗も映画に登場していたか調べてみました。(海賊の名前等はwikipediaを参照。)

9d26qbhtDbhOkCI1503032552_1503032614

そんな中、映画のシーンで見つけたのが、上の写真。顔に白い粉をつけた、ちょっと「バカ殿風」(笑)の、貴族の様な格好をしたキャプテン・シュヴァル (Capitaine Chevalle)。

we9

この旗(拡大写真はこちら。)は上の写真の様に、カフェ・ポルトフィーノや、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナの店内、ザンビ脇のフォトスポット近くにも掲げられています。

ILmM5DjhMTASyEz1503030454_1503030479

続いては上の写真。画像では本当に一瞬しか画面にでてこないので、非常にわかりにくいのですが、「骸骨が槍でハートを突き刺すような海賊旗」があります。

これはアドリア海の王でスペイン人の海賊長、エドゥアルド・ビジャヌエバ (Eduardo Villanueva)のもの。

we12

彼の旗は上の写真の様に、シーのエントランスのデコレーションの上部、向かって右側や、ザンビー二脇のフォトスポット上、同ドナルド通りの右側(下の写真)などにも掲げられています。

we8

また、映画の中だと、どの海賊長の旗なのか明確にはわかりませんでしたが、下の写真の旗も先ほどのカフェ・ポルトフィーノの内部や、店舗入り口外側、さらに上の写真の通り、ドナルド通りの左側にも見られます。

FKnjKkzX9KPtmkb1503030402_1503030438

また、映画の中でも、今回のTDSのショーでも「準主役」とも言える、キャプテン・バルボッサ。彼の旗は下の写真の様に、「よく見る海賊の旗」で、「骸骨の下にクロスした剣」があるのが特徴です。

6fbQUjWYkLzKF8o1503030188_1503030383

彼の旗はミゲルズ上部の他、おそらくTDSの中のデコレーションで一番多く見られると思います。旗がある所にはだいたい飾られており、他の海賊たちよりも目立つように配置されている事が多いです。まるで「自分の力を誇示している様」で、さすがはバルボッサ!といった所です。

ただ、細かな話をすると、この海賊長達の旗はパーク内のあちこちにあり、ジャックスパロウの旗は先ほどのブラックパール号(風)のデコレーションの部分だけ。

DSC03123

さらにパーク内のフォトスポット付近には上の写真の様に、ジャックの「お尋ね者の張り紙」がされています。

そう考えると、今回のシーのショーの設定は詳細は明らかになっていませんが、映画「〜ワールドエンド」では協力し合った海賊たちですが、「ジャックが再び裏切った、その後の世界(?)」…という意味にもなる…のかな?

ま、こちらは私の勝手な想像なので、映画や設定にお詳しい方がいらっしゃったら検証いただけると嬉しいです。(←完全人任せ(笑))

DSC02978

…と、言うことで、今回の記事で紹介した海賊旗以外の旗については、残念ながら映画の中では確認できなかった(私が見逃した可能性もありますが)のですが、いずれにせよ、〜ワールドエンドは同シリーズの中でも物語が細かく絡み合っており、難解とも言われているお話。

そんな中で、更に一瞬しか登場しないものでありながら、こうした細かなプロップスにまで反映させているのは細かすぎる、素晴らしいこだわりですよね。…思ったよりも(?)結構深い「パイレーツサマー」だったんですねー(笑)

…残り10日間ほどとなった海賊の夏ですが、そんなところも見ながら楽しみたいものですね(^-^)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 

ノーチラスギャレーのアナウンスに隠れた細かな物語。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter

bana- bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、8月もまもなく下旬。お盆休みは落ち着いた感じもありますが、まだ夏休み真っ盛り…といったところですね。この「お盆」については地域で細かな違いがありますので、その期間については一概には言えませんが、今年はお盆前に3連休が入ったので、行楽地の混雑も分散した形になったイメージがあります。

そんな中、まだまだ混雑している夏休み。このお盆も入園制限こそかからなかったものの、アトラクションは3時間クラスも珍しくない混雑になっていました。

n5

まだこれからお盆に働いていた方々のお休みもありますし、まだまだパークではアトラクションを中心に長い待ち時間が必要です。今回はそんな時間潰しの小ネタをちょっとだけ…。

場所はTDS、ミステリアスアイランド。パークに慣れていない方は、意外とこのレイアウトがわかりにくい…なんて声も聴きます。

そんなこの場所にある半球体の様なガラス張りの建物が「ノーチラスギフト」。ここは潜水艦ノーチラス号の修理工場として使われていた場所です。

そしてその真下にあたる部分が、「ノーチラス・ギャレー」。ここは忙しく働くクルーのための食堂で、飲み物や軽食が楽しめます。

n7

ここでは各種アルコールドリンクやギョウザドックなどが提供。この場所は屋根がありますが、実質「屋外」なので、真冬や真夏の気候が厳しいときにはちょっと利用しにくい場所でもありますね。

そんなこのレストランで流れる「BGM」について。ここでは様々なアナウンスが流れてきます。

これは乗組員(クルー)に向けた放送。約6分間に一回、「ピー、ピー」と言う笛の音のような高い音の後に流れてくるのですが、どれも非常に短い言葉で、なかなか聞き取りにくい音声だったりするんですよね。

n6

そんな、このアナウンス、全部で10種類程度あるのですが、その中からを1つだけ紹介すると、「アテンション、アテンション、水中農園の全クルーに告ぐ。新型の海藻収穫装置の操作テストを、明日14時より、ミッションオペレーションルームにて行う。水中農園のクルーは全員出席せよ。」と言うものがあります。

これ、その意味は、海底2万マイルのスタンバイの途中にある様々なプロップスを見ると分かるのですが、ネモ船長とクルーたちは、この近くの海底で「水中農園」を持っており、そこで取れる海藻類を食糧としているんですね。

P9260156

なぜ米や野菜、果物などの作物を作らないのか…と言うと、これは「作らない」のではなく、「作れない」からです。

それは言うまでもなく、溶岩などの固い鉱物に囲まれたこのミステリアスアイランドでは作物が育つ土壌が存在しないからです。この周辺の傾斜にはいくつか「枯れた木」がありますが、これもそうした植物が自生しない(しても枯れてしまう)…という細かな演出なのでしょうね。

n3

そんな厳しい環境の中、前述の水中農園の様子については、Qライン(スタンバイ列)の途中にある、ネモ船長の机の近くの絵(上の写真)にも描かれています。

また、「HARVESTING KELP」と書かれた海藻収穫機の図解(下の絵)もされています。ゲストが乗るネプチューン号も描かれており、こうした細かな設定も非常に面白いですね。 

n2

さらに、昔からのディズニーシーのファンの方は覚えている方も多いと思いますが、以前、このノーチラスギャレーでは、「エビとワカメのスープ(正式名称が微妙ですが…)」と言うメニューを販売していることがありました。

その名の通り、わかめとエビが入ったスープがカップに入って販売されており、これは「ここの水中農園でとれた海藻」と言う設定だったんですよね。

n1

また、現在こちらでは普通の「ギョウザ」が売られていますが、これも以前は「潜水艦ノーチラス号をかたどった3種類の餃子」が販売されていました。(下の写真、3色のギョウザ。)

時間を経て、こうした販売しているものやサービスも変わっていきましたが、こうした設定も生かされていいところが細かいですよね。

a612ddb5

他にもここで流れるアナウンスでは、ミッションオペレーティングルーム(場所は不明)で、かなり事細かにミーティングが行われており、明日に出航を控えたクルーたちの慌ただしい様子を知ることができます。

n4

また、この上部のノーチラスギャレーの外部にはスピーカーが付いていますが、ここで流れるアナウンスも、最近では新しいものが追加されたり…なんて事もあるようですね。

n4

こうした本当に表に出てこない細かな変化をし続けるパークと言うのは、とても非常に興味深いですよね。

ちなみにここで流れる、約10種類のアナウンスについて、今年の3月に発売された3冊目の私の著書、「思わず話したくなる究極のディズニー」」の中ではもう少し細かく触れられています。…あ、ちょっと(かなり?)宣伝っぽくなってしまいました(笑)が、もし暇で暇で、ご興味がある方はどうぞ〜。 

ちなみに以下のサイトで、同本の内容でも触れられている内容について、ネット記事がここ数日で配信されています。お時間ある方は、併せてよろしかったらご覧になって下さい。


…と、言うことで、季節のスペシャルイベントについては焼き直しだとか、代わり映えがしないとか、ぶつぶついろいろといつも文句ばかりな私(笑)

ただ、こうした中々気が付かないような、細かな「変化」や「進化」については、こだわりが深い、非常にディズニーらしく、興味深いところだなぁ…と思っています。 

今までも、そしてこれからも、全てがゲストの願う通りに変化すべき…とは考えてはいませんが、こうした様々な進化や変化のバランスというのも常に考慮しながら、これからも変わり続けて欲しいものですよね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「 ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana- bana-


blogram投票ボタン にほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R)  オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→ 高速バス予約  ■ 
   

2017クリスマス概要。イルミネーションの様に輝ける未来?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
cc9ae618

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、世間はお盆休みに入り、帰省される方やお休みになった方などで各観光地は賑わいを見せています。言うまでもなく舞浜もこれから混雑してきますねー!…と、言いたいところですが、実はそれほどの激混みではない…というのが近年のお盆の傾向。

過去には入園制限もかかったこともありましたが、ここ数年はお盆期間に制限になることはなく、「いつもより混んでいる週末」というイメージが強いですかねー。ま、もちろんそれでもかなりの混雑であることには変わりないですが…。

f59c9b7b

そんな中、発表されたのが今年のクリスマスイベント概要。(OLCの公式発表はこちら。PDFです。)

簡単に申し上げると、全体的には昨年度と同様な形(ま、ここ数年そんな形が多いですけど)。一番大きな変更点としては、ランドのこれまでの「ワンス・アポン・ア・タイム」が11月6日で終了し、クリスマス期間からは、「ディズニー・ギフト・オブ・クリスマス」 が開始されます。

48e4a781

ただ、こちらについては新ショーというより、いわゆる「ワンスのクリスマス版」とも言え、導入当初から想像はできていましたし、冬イベント期間に行われた「ワンスのアナ雪版」であった「フローズン・フォーエバー」に近い感覚ともいえるかもしれないですね。

「鑑賞方法の詳細については、9月下旬以降にWEBサイト参照…」となってるので恐らく抽選が実施されそうですね。1日1〜2回の公演となっていますが、個人的にはあまり手間(と人件費)のかからない映像系コンテンツなので、今回に限らず、できるだけ多く開催してくれるといいなー、なんて思っています。

6ea83dd8

続いてはランドのメインとなる「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」。いつものパレードで、公式発表を見る限りではコスチュームも昨年と変わらず、大きな変更はないように見えます。…が、時間が去年の45分から40分に変更。

…これはなんで??と思ったら、よーく見るとその理由がわかりました。パレードの停止位置がいつもの三か所から、今年は二か所になっているんですね。

b96f0fec

これは今年の10月でクローズする「スタージェット」の撤去工事の関係であるのは明らか。位置関係からみると、現在工事中のレースウェイ跡地とフェンスをつなげて、搬出経路を確保する予定なのではないでしょうか。

そのため、いつもの3rdの停止位置が無くなる…という、これまでにはなかった形になっています。これはますます他の停止位置の争奪戦が激しくなりそうですね。 

6bb526a5

その他のホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”や、カントリーベア・シアター“ジングルベル・ジャンボリー”、シューティングギャラリーのクリスマス限定デザインなど、「いつものものは、いつものとおり」実施の予定です。

続いてシーでは恒例の、斜めツリー…いや、「カラー・オブ・クリスマス」 が開催。昨年との変更点は、「今年は新たに雪が舞う演出」が追加となっています。恒例のアフターグロウも実施。

さらにハーバーショー、「パーフェクト・クリスマス」 では今年は「デイジーダックがクリスマスのお菓子を紹介するシーン」が追加となっています。

e7459bed

クリスマス時期の恒例だったビックバンドビートのクリスマスバージョンでの開催は今年もまだ無いようですね。…シーに関しては、ざっと見る限りではほぼ昨年と一緒…という感じでしょうか。

また、両パーク共通要素としては「スターブライト・クリスマス(花火)」 や、昨年話題となった“スノースノー”のグッズも行われる予定となっています。

昨年、開始早々に売り切れ続出で話題(問題?)となっていたスノースノー。大々的に宣伝したのに、イベント冒頭から、もう売ってない!…なんてケースが続出してましたね。

b2407d37

この品切れに関しては今回に限らず、新しい商品が販売されるたびに繰り返されている状況。確かに管理する側からすれば、季節商品の在庫ほど抱えたくない気持ちも理解できますが、それを目玉商品として広告宣伝している以上、潤沢な在庫を用意していただきたものですよね。

…と、言うことで、単にだらだらとイベントの状況を述べただけになりましたが、あくまで個人の意見として、全体的に感じるのは、新企画やコンテンツの変わり映えのなさ…というイメージですかね。

418e15c0

確かにクリスマスイベントというのは、音楽もデコレーションも、「どうしても毎年似たようなテーマ」になってしまいますし、なかなか新しい斬新な企画ができないのも事実。

また、正直人気の季節なのでそれなりの集客もあるので、新たな取り組みを積極的に実施しなくてもいい…というのもあるかもしれません。

また、さらに来年の35周年を控え、現実的に新しいものを導入しにくい状況でもあると言えます。


ただ、現在はTDR以外でも様々なエンターテイメントが行われ、テーマパークも「TDR一強」と言われた時代では無くなってきている印象もあります。

0e225b01

もちろんTDRは独特の世界観などでゲストを魅了してくれる場所ですし、他と比較する必要も意味も無いかもしれませんが、近年は「これまでのものをベースにマイナーチェンジを繰り返す」という形が定着し、「新しくなった企画」ではなく、「昨年と変わった小さな部分を探す」という形になってきているのも事実。

もちろん様々な状況の中で、毎年驚くような新企画を次々行うのは現実的には難しい事だとは思います。

ただ、これまでのこの季節は、美しいデコレーションとイルミネーション、そして一日では見切れない、多くのエンターテイメントとプログラムがあった事もあります。キャッスルショーとパレードが両方開催されていた…なんて時期もありますからね。

…このクリスマスは一年でパークが最も光り輝く季節。単にイルミネーションの光だけでなく、ゲストの心の中でもいつまでも美しく輝く、そんなクリスマスになるといいですね(^-^)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
   

海賊の夏が本格化。今年の注目は「水」よりも「お酒」??

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
2017-07

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、最近かなりブログをサボり気味ではありますが、気がつけば20日間以上ほったらかしにすると言う、これまでにない期間空いてしまいました( ̄∀ ̄;)

…ま、そんなに待っていらっしゃる方もいないとは思いますが、お暇な方はお付き合いください(笑)

…さて、早いもので、もう8月。お盆休みも迫り、いよいよ夏休みも本格化してくる頃ですね。これから遠方から来る方を中心に夏休みの混雑が始まる、といったところでしょうか。

q7

しかし、梅雨明けしたはずなのに、また梅雨に戻った様な、すっきりしない天気が続いていますね。

ただ、今年の夏、特にこの前半はゲスト数が思ったより伸びていない様な気がします。TDSはそれなりに好調の様に見えますが、特にランドの方が、例年に比べてちょっとゲストが少ないかな?と、言う気もしますね。

q1

現在ランドで開催中の「燦水!サマービート」。夏休みイベントとしては、ランドは実質この1つだけで、今回は特に城前が抽選でなくなり、その分パレードルートに分散した、と言う形になりました。

そのせいか、ショーは全体的には見やすくなった気がしますが、その分、広い範囲にショーも薄まってしまった?と言うところもあるのかもしれませんね。ゲストの分散という意味ではいいと思うんですけどね(^_^)

q3

そんな中、今年はやはりTDSに注目がパイレーツ・オブ・カリビアン集まった印象があります。ご存じ、映画の公開とタイアップし、「パイレーツ・オブ・カリビアン」を題材にしたショーがメインとなっています。


q4

これまでありそうでなかった、シーの海賊イベント。まだ途中ではありますが、概ね成功と言えるのではないでしょうかね。(何の数字的根拠もありませんが(笑))

そんな中、今年のTDSが特に力を入れているのが、アルコール類。毎回スペシャルイベントの度に期間限定のアルコールドリンクが販売されますが、今年の夏は、かなりの多くの種類が販売されています。

q2

公式サイトによると、ドリンクそれぞれにも、海賊をモチーフとした設定があり、今回のイベントの目玉の1つとも言えるでしょうね。

ちなみに下記のサイトでも細かくご紹介しているのでよろしければご覧ください(^_^)


ウレぴあ総研ディズニー特集

【TDS】“ミゲルズ” が「海賊が立ち寄る酒場」に! トマトテキーラから黒ビールまでアルコール4種 徹底レポ


TDRハック

【TDS】この夏のパイレーツサマーはTDSのアルコールが本気!海賊気分で乾杯!


そんな中、話題とも言えるのが、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナで行われているアトモスショー、「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」について。

ご承知の通り、本来アトモスショーは、「サプライズ的に時間も場所も非公開で行われると言うもの。

q5

しかし、わかりやすい例でご紹介すると、近年ではハロウィーンに始まった手下のアトモスの過熱ぶりや、夏のイベントで行われていた、「フルータ!フルータ!フィエスタ!」でもそうでしたが、「ほぼレギュラーショー」の様な扱いになって、それを目当ての方によって、鑑賞エリア(と、いうかダイニングエリア)が、ほぼ占拠されてしまうような雰囲気もあります。

現実的には、それを知らない&知っていてなんとなくやってきたゲストの方等が、なかなか気軽に楽しめない形になっているのも事実です。

q6

実際は様々なプログラムの関係で、なかなか動かしにくい事なのだと思いますが、例えばミゲルズは、下階よりも、上階の方が客席も多く、たくさん人数も入ります。

この上のフロアと下のフロアでランダムに行ったり来たり…なーんて形も取れるとは思うんですけどね。


こうした一極集中の傾向は、他にも近年のパークのスペシャルイベントやアトモスなどが、以前に比べると、エンターテイメントの数がかなり少なくなってきていると言う事もあるのだと思います。

q9

これまではパーク内で細かくショーやエンターテイメントが連続で行われていたため、ゲストも分散しやすい傾向がありましたが、近年はメイン的なものが1個くらい…という状況でもあり、そうした何か工夫があるともっと良いと思うんですけどね。

つい先日にはハロウィーンの情報も発表され、そろそろ詳細が明らかになる、来年35周年の情報も含め、2017年度はこれからの後半戦がますます盛り上がってくる季節。


q8
大きなメイン企画ももちろんそうですが、そうした細かな部分にもいろいろと期待したい所ですね(^_^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
  

いよいよ「夏祭り」&「海賊の夏」が開始!今年もやって来る熱い夏!

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
p8

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


​さて、既にご存知の方も多いと思いますが、本日10日、正式には明日11日から開催される両パークの夏イベントのプレスプレビューが開催されました。

この形は近年の恒例となりましたが、いよいよ待ちに待った夏イベントが始まりますね(^_^)特に遠方からもゲストが増えるこの時期、また熱い夏が始まります。

p9

今日は朝から雨の心配はなく、正式な「初日」では無いですが夏イベントの開始らしい天気となりました。ご承知の通りランドでは「ディズニー夏祭り」、シーでは「ディズニー・パイレーツ・サマー」が行われました。

本日一通りのイベントを拝見なり、体感して感じた事などを簡単にまとめてみたいと思います。ネタバレには配慮したつもりですが、気になる方はお気を付けを〜。

p7

ランドでは近年の恒例となった「夏祭り」、シーではパイレーツ・オブ・カリビアンの新作映画の公開に併せた「ディズニー・パイレーツ・サマー」が開催。ジャック・スパロウや海賊たちが登場するショー「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が行われました。

まず、率直な感想としては、TDSパイレーツに関してですが…正直、かなりいいですねー、今回(^-^)

…まぁ、映画の公開に合わせた背景うんぬん等、色々考え、さらには、地中海であるメディテレーニアンハーバーと海賊の関係など、細かなところに突っ込もうと思えば突っ込む事は可能ではありますが、これまでの「可愛らしかった夏のイベント」から、ファンタジー要素のない、「海賊」と言うテーマで行われましたが、細かな事はさておいて、全体にコンセプトや内容、アルコールやフードなども含めて、非常に楽しいイベントになったのではないでしょうか。

p0

TDS「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」に関しては、うれピア総研ディズニー特集のこちらの記事「TDS現地速報!「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」鑑賞完全ガイド」で、ショー詳細をご紹介していますので、よろしければご覧ください。ショーの展開のネタバレも含んでおりますのでご了承を〜。

放水の範囲や量については、範囲はこれまでとほぼ同じだと思いますが、海上の船から撃ち出される大砲や海賊が持つビールジョッキ型のバケツだったり、炎や水柱等の演出…と、これまでとはかなり異なる雰囲気と、水の量になったと思います。現地キャストさんいわく、「水は二倍近い」との事。

p5

今までありそうでなかった、海賊モチーフのスペシャルイベント。小ぶりながらも作り込まれた海賊船や、何よりダンサーたちの海賊のコスチュームや、ショー開始前の登場、アドリブなど、これまでにはなかった、徹底したショーエンターテイメントぶりが感じられました。

また、パークのあちこちにはアトモスショーとして、海賊が時々登場するのですが、ちょっと馬鹿馬鹿しくて笑ってしまうものなどもあり、これまでとはちょっと変わった雰囲気のスペシャルイベントになったイメージです。

p2

また、これまでに無かったくらい、非常に充実しているのが、アルコールメニュー。特に、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナでは、通常メニューに加え、夕方16時から販売する、限定アルコールなどもあり、「お酒と海賊」と言う、とても似合う組み合わせになっています。

その他、これまでスペシャルイベントのカクテルではほとんど単品販売のなかった、「カフェ・ポルトフィーノ」や、いつもの「バーナクルビルズ」でのビアカクテル、またこれはおまけですが、各フードも海賊のパッケージになっているなど、全体的になかなかいい感じに仕上がっていると思います。

p3

対して、ディズニーランドの恒例の夏祭りですが、簡単に言ってしまうならば、これまでの城前とパレードルートでの散水ショーがありましたが、このショーが「城前の一極集中要素が薄くなり、パレードルートに分散された」と言うイメージでしょうかね。

キャラクターたちの動きなどは相変わらず可愛らしく、キャラクター好きの方にとってはたまらないものだと思いますが、昨年同様、キャラクターたちは動ける範囲が限られており、さらに今年は昨年と同じように、特にショー全体のストーリーがなく、ゲストはキャラクター等の撒く水を浴びる…と言う、「それ以上でもなく、それ以下でもない」と言うイベントになったイメージですかね。

p1

ま、こちらは昨年も同じような形でしたが、シンデレラ城前を抽選にしない形にしたため、パレードルートにも分散させる必要があったのでしょう。

ただ、逆に言うと、ショーのいわゆる「濃いポイント」がなくなってしまったため、幅広いエリアで待たずに楽しめることにはなりましたが、全体的に「強弱のポイントがなくなってしまった」と言う印象も受けました。

またずに幅広い場所やゲストが楽しめると言うのは、ある意味非常に理想のものなのだと思いますが、こうした部分はなかなか難しいところですね。

p4

ただ、その分、お祭りモチーフのフードや、連日大混雑(笑)の「ガラガラくじ」など、細かく楽しめる要素がたくさんある…といった感じでしょうか。

…いよいよ始まる夏の両パークのスペシャルイベント。

複数年行っているランドの夏祭りに対し、まったく新しい形となったシーのパイレーツの方が「新しいため、印象深い」と言うところもあるのかもしれませんが、これまでになかったパークのスペシャルイベントの形を味わうという意味では、シーの方が私的には、ちょっと気になるイメージ…でしょうかね?(あくまで個人的な感覚ですが)

…と、言うことで、いよいよ始まる夏のスペシャルイベント。まだ確か、梅雨明けはしてないはずだと思うのですが、もうそんな事は全然関係なく既に盛り上がる夏のイベント。

今年も「ホット」で「クール」な夏のイベントがやってきましたね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■  

短冊に願うのは「時代に併せたコンテンツとサービス」…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
b23

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、本日で七夕イベントが終了となりました。そして、来週からはいよいよ夏イベントが開始。…イメージとしては「ランドはこれまでの夏祭りイベント」が開催、それに比較してシーで開催されるパイレーツのイベントは、シーでは意外にも初めて開催となり、こちらの方がなんとなく期待度が高い感じがしますかね?

特に、今回初めてハーバーショーが抽選となり、まだ、その詳細ははっきりわかりませんが、以前の様に(当たれば)長い時間並ばなくても済む…と言うのは非常にありがたいところですよね。

b22

そんな中、その「並ばずに済む便利な機能」として、役立っているのがスマートフォンの抽選アプリ。

今でこそ、メジャーな機能の1つとなりましたが、この抽選アプリのおかげで抽選するだけで長時間並ぶ、と言うことが、ほぼ解消されたのは大きな功績だと思います。

今回は、今後のこうした「スマートフォンを利用したアプリケーション」や「新しい取り組み」、「期待したい部分」等についてダラダラ述べてみたいと思います。

b6

まずは先月開催されたオリエンタルランドの株主総会。各所で色々と話題になっていましたが、言うまでもなく、本来は株主のための総会ですが、いわゆる「ファンの陳情大会」の様になってしまうところもありますよね。

ここでは細かく触れませんが、「びっくりするような質問」をする方もいらっしゃって、ちょっと苦笑いの場面も…?

b7

そんな中、質疑応答をツイッターで実況されていた方などもいらしたので、それらの方々の話から得た情報ですが、その中で、「近々、満足頂ける、スマホを中心とした便宜性のあるコンテンツの提供」と言うオリエンタルランドの話がありました。

スマートフォンやアプリでの様々なコンテンツやサービスが、ごく当たり前になってきている昨今。そんな中で、正直TDRに関しては、パーク内外での活用について、サービス同業種に比較して、「遅れている印象」は否めないと思います。

b4

そして、その総会のすぐ後、7月1日から運用が開始された、車で来園した場合の駐車位置の位置を示すサービス、「パーキング・メモ」(スマートフォン用サイト)について。

簡単に言えば、自分の停めた車の場所を記録しておける…と言うものですが、ご承知の方は多いと思いますが、これ、「ただ単におおまかな位置を選んで、その画面を『自分で』スクリーンショットを撮っておくだけ」と言う、驚きの機能です(笑)

b3


これ、タイミング的には、この7月1日から自動車メーカーの「ダイハツ」が、パーキング等のオフィシャルスポンサーになり、そのサービス向上の一環でもあると思います。そのため駐車場のポールなどにはダイハツのマークがいくつか付いており、パークの駐車券にも同社のロゴマークが入るようになりました。
 
しかし、このサービスはGPSを使うわけでもなく、しかも自分で画面を撮影しておく…と言う、正直かなりお粗末と言ってもいい程度の機能。

b1

ランドではまだ役に立つ、とも言えなくもないですが、ディズニーシーでは車を停めた「フロアの案内」しか実質されません。

これ、自分の車の位置で迷った事がある方ならおわかりだと思いますが、正直言って、現状では「全く役に立たないと断言」してもいいと思います。 ※あくまで個人的意見です。
 
これ、簡単なウェブページの作成ができる方なら誰でもできるレベルのもの。どうせやるならば、例えばGPSを使った位置情報で、自車の場所まで案内してくれる機能であったり、細かな停止位置でなくても、近くの柱や街灯にQRコードなどを埋め込んで、そこの位置を示してくれる、又は誘導してくれるという機能などがあると使えると思うのですが…。

b2

当然、このタイミングで開始すると言う事は、ダイハツの方にもわかっているとは思うのですが、「せっかくスポンサーがついたのに、これ…?」となってしまうのではないかとちょっとだけ心配もしちゃいます。
 
それより何より、株主総会での「満足頂ける、スマホを中心とした便宜性のあるコンテンツ」が、まさかこれのことでは…無いですよね…?

b0

…実際に「それ」が「これ」なのかは置いておいて、厳しい事を言ってしまう様ですが、こうしたゲストの悩み解決やサービス向上について、本当に「現状の把握」と「理解」をしているのかな…と考えてしまいます。

近年で言うと、プライオリティーシーティングの失敗。あまりにもゲストの現状から離れた制度を導入、結果、料飲の利益が落ち、ゲストも使えない方が多かった結果に…。これ、どんな決定経緯で、どんな成果を目指し、どんな評価が下されたのか、詳しく知りたい所ですね。
 
また、現在のこうしたパークのデジタルサービスは、現在は「抽選アプリ」の他に、アトラクション&キャラグリ、レストラン待ち時間などがわかりますが、これも「アプリ」と「別々のウェブページ」になっています。

b11

また、他にもプライオリティーシーティングや当日のレストラン、ガイドツアーの受付等についても、ウェブページからではすぐに目的の場所にたどり着くことができず、正直不便な所もあります。

当該ページをブックマーク等されている方も多いと思いますが、位置情報を入れる必要がある(正規の利用方法の場合)ので、結局ブックマークも意味が無い場合が多いと思います。

他にもアトラクション待ち時間ページも、ページにたどり着いて、項目を選択する、ソートして順番を並び替えると言う行為も、スマートフォンにタッチする回数が非常に多いと思います。

またパーキングについても、例えばですが、駐車場ゲートを入る時間に、「現在の概ねの案内位置を教えてくれる機能」や、ちょっとこれはわがままですが、ランドとシーの共通パスを持っている人間にとっては、「現在の停止位置」というのは意外と重要だったりしますよね。

b13

特に真夏の炎天下は、できれば「日陰のシーの立体に停めたい」と言うこともあったり、「ランドの停止位置が遠い場合はリゾートラインを使うか…?」等、現在どこに停められるか、というものもわかる位のサービスがあると嬉しいかなと思っています。

もっと言うなら、短時間インの場合はイクスピアリの停止位置だったり、短い時間なら割引がある…等、スポンサーがついた事も考えると、何かが大きく変わればその意味や宣伝効果もかなり大きいと思うんですが…いかがですかね?

また、こうした部分について、先程の抽選アプリや待ち時間、駐車位置最新情報などが、「1つのアプリで管理ができる」と言うものの開発もしていただけたら嬉しいな…なんて思っています。

わがままついでにどんどん言っちゃう(笑)と、他には「パーク内でのWi-Fi環境整備」や、まぁ、これは相当わがまま(笑)ですが、おまけで有料でもいいから充電スポットなんかもあると、安心できますよね。

b5

さらにイベントや企画の連動と言う意味で、GPSを使って、パーク内で楽しめるコンテンツや案内(例えば今いる場所から一番近いトイレや喫煙所の位置…等)などに活用できれば、非常に面白いものができるのではないのかなとも思っています。
 
それとこれは勝手な願望ですが、例えば「ファストパスをスマートフォンなどで使えるようにする」こと。ちょっと前にツイートでもいいましたが、ファストパスは結局、「順番で乗る権利を受け取る」ものですから、スマートフォンの画面(QR等)で代用と言うこともできなくはないと思います。

例えば、わざわざ現地に行かなくても入場記録のあるパスポートとスマホのアプリ等で、入園後に何箇所かのスポットで、「全アトラクションのFPが取得」できたり、もっと言ってしまえばレストラン等の時間が重なってしまった場合にその「時間の変更も可能」になる…なんていう仕組みになったとしたら、移動や時間のストレスも解消され、かなり満足度は上昇するのではないかと思います。

b9

ま、これは開発費なり、導入費用については全く考えていませんし、課題はかなりあると思います。

もちろん、課題は多く、スマートフォンを持っていない方、使っていない方が不利になったり、置いてきぼりになってしまう可能性も考えられます。ただ、これらは従来のアナログな方法も案内できるわけですし、現在の抽選制度でも、アプリと抽選会場で直接抽選の選択肢がある中で成功している例とも言えます。

課題は多いですが、こうする事で時間を有効に使えるようになり、現実的にこれが可能になれば、現場にかけるキャストの人数も効率的に削減、その分他への有用な配置ができることになるのではないのかな…とも思っています。

ま、繰り返しますが、これは私の勝手な「妄想」なので、実現可能性はわかりませんが、これくらい画期的な改革があってもいいような気がします。

…と、言いたい事を勝手にたくさん述べましたが、今日は七夕って事で…いいですよね?(笑)
 

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

今も静かに活動を続けている?「気象コントロールセンター」の痕跡。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
rrr1

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、最近はかなりサボり癖がついているこちらのブログ。気がつくと、ブログやっている事さえ忘れちゃう事もあります(笑)が、本日は細かな小ネタをひとつ御紹介。

TDSポートディスカバリーに「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープンしてから1ヵ月と二週間弱が経過。

これまでの「ストームライダー」がクローズし、新しいアトラクションになる事が発表された後からは、各所で様々な反応があり、「その後の世界観はどうなるのか?」、「ボートディスパカバリー全体のストーリーはどうなるのか?」…といった話がネットを中心に様々なところで起きていました。

z1

前にも書きましたが、この細かな物語が存在するポートディスカバリーに、全く新しいアトラクションが導入される事になりましたが、これは、ここにそれができると言う前提で、「その後に周りの環境を近づけて合わせていった」と言う事を感じさせます。…あ、すいません、何言ってるか、わかりにくくて( ̄∀ ̄;)(苦笑)

オープン直前に公式発表された動画「ニモ&フレンズ・シーライダー / ウォルト・ディズ二―・イマジニアリング開発者担当者インタビュー」の中では、クリエイティブディレクター、オーウェン・ヨシノ氏はPDにニモの施設ができる事について、ニモの映画の中に「海洋生物研究所が登場することを知り、アトラクションの舞台を『海洋生物研究所のポートディスカバリー支社とすればぴったりだ』と思いつきました」…と発言されています。

z2

これ、一見「なるほど!」と思わせる理由の様に見えますが、逆に言うと、前述したとおり、「ニモの施設(の計画)が先にあり、その後にPDに置くための理由を探した」という意味でもありますよね。

この動画自体、多くのファンの反応などが多かったストームライダー閉鎖と、PDやその後の物語のつながりへの不安を少しでも和らげる意味があったのだと思いますが、ちょっと意地悪い言い方をするならば、ここでこれまで様々な意見が出ていた事について、そうした「言い訳」をしておく必要があった…と言う事の様にも見えます。(あくまで個人的な感想です。)

z3

まあ、現実的に、新アトラクションは、あまりにもこれまでの物語とはかけ離れている設定なのは理解していましたから、完全に過去のストーリーとリンクする事はできないんだろうな…とは以前から感じていましたし、これはこれでうまく治めた気もします。

実際の所、全く繋がらない物語になるのは、なんとなく予測もできた話でもありますし、常に変化し、進化していくパークにとっては、そういった部分も前向きに捉えていく必要があるんだろうなと感じています。

そんな中、以前にも触れましたが、このポートディスカバリーは、「これまでストームライダーがあった場所(ポートディスカバリー)とは別のポートディスカバリー」と言う設定になった様です。(何人かのキャストさんに個人的に聞いた話なので、それが公式の背景なのかどうかは不明です。)

そんな中ではありますが、以前にこちらの記事で、「過去の物語と関連付けている部分」と言うのをいくつか紹介しました。特にアトラクションに乗る前、冒頭のシーライダー説明時に登場する潜水艇に刻まれた番号が、ストームライダーの前に吊るされていた潜水艇の番号と同じ…という所はかなり興味深いですよね。

z4

そんな中、今回は「現在でも残っている過気象コントロールセンターの痕跡」をご紹介。これらはパーク側が意図的に残しているのか、それともただ単にそこまで気が気が付かずにそのままになっているだけなのかはわかりませんが、「隠れミッキー」探しならぬ、「隠れCWC探し」なんていうのはいかがでしょうか?(笑)

…とか言いながら、答え合わせを詳しくご紹介してしまう(笑)のですが、個人的に調べた範囲では、はっきりとまだCWCの文字が残っているのは三か所存在すると思います。

1つ目は写真2〜4枚目、これまでくるくる回る羽根が特徴的だった「ディスカバリーギフト」。ご承知の通り、もうこの羽はなくなり、屋根の上にあった支柱もなくなりました。そんなこの建物の裏側(南側)には、発電所を示すマークとプレートが付いています。

z5

同ショップは、シーライダーのオープン前にシートで覆われて改修されていたので、これも取り外されるのかな…と思いましたが、実際はそのままでしたね。

2番目は、写真5・6枚目。以前もご紹介しましたが、「スカイウォッチャー・スーヴェニア」の隣の倉庫的な入れ物に刻まれたCWCのマーク。

もともとこの同ショップは気象コントロールセンターのものであるので、ここがまだその形で置かれていても、物語的に、一番問題のない場所…と言う事にもなるのかもしれませんね。

そしておそらくほとんどの方が気がつかない?であろうと思われるのが、うきわまんが売っている「シーサイドスナック」の南側(写真7〜10枚目)。ここのポールに貼られている、丸い小さなプレートをご覧ください。

ppp

ここには「〜野鳥に餌をあげないでください」と言う、パーク内ではわりとよく見かけるありふれた事が書かれています。

ただ、このプレートのマークを見てみると、なんとここにもCWCのマークが非常に小さく描かれているのです。ここには「生態系の調査のため…」とも、書かれており、CWCは気象研究だけでなく、動物の研究も行っていた事がわかります。

これ、直接的に言及されている事ではありませんが、現在の海洋生物研究所にも通ずる部分がありますよね。なんとなく現在の設定にもつながる気がします(^-^)

c4

そして、これ、面白いのが、このプレート、そこら中にたくさんありそうなイメージがありますが、私の探した限りでは、この場所にしか見当たりませんでした。

こうした細かなプレート的なものはこちょこちょ探すのが好きなので、漏れはなかったとは思うのですが、なぜここだけこのマークが残っているのかちょっと不思議ですね。

c2

ま、いろいろ細かなこだわりのあるディズニーなので、こうしたところもわかっていて残している!…と言いたいところですが、「ブリーズウェイ・バイツ」の近くにあるアトラクションの方向を示す案内版にも、つい最近まで「ストームライダー」が残っていましたし、正直申し上げると、そこまで気がついていないと言う可能性も結構高いですけどね(笑)

c3

こうした部分は、これまではそんな所まではなかなか話題にもならなかった、と言ってもいいでしょう。しかし、現在はこうした細かな事も、すぐに敏感に迅速にTwitterなどで発信できてしまう現代。

もちろんそれはパークとゲスト、お互いにとって、大きなメリットでもありますが、パークもこうした人たちを相手に、細かなところまで気を使わなければならないのってとっても大変ですよね(-_-;)>(←お前だよ( ̄∀ ̄;))

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

七夕デイズがスタート。今後の新たな展開に期待…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
t3

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、イースターイベントが昨日で終了し、春から初夏のシーズンが間もなく終わりを迎え、本日から両パークで「ディズニー七夕デイズ」が開始となりました。

個人的にはこの6月の時期は「混まないけれど、空かない」という、年間でも平均的なシーズンの様な気がします。6月は祝日も無く、遠方からのゲストはさほど多く無く、夏休みを控えて若干ゲストが少な目。

ただ、5〜6月で修学旅行時期でもあるので、そんなに空くわけでもない…というイメージでしょうかね。

t2

これから夏イベントが始まるまでは、そんな「混まないけど、空かない」と言った、ちょっと落ち着く時期となってきます。

そんな中で開催された、七夕イベント。もちろん、それなりには注目がありますが、多くのゲストを呼び込める規模のイベントではない反面、長時間待たなくても見られる形なのはありがたい所ですね。

t6

この七夕は、2014年、2015年は6月24日〜7月7日と、二週間の短いイベントでしたが、昨年2016年からは6月17日〜7月7日と期間が延び、今年も6月15日〜7月7日と、三週間以上の23日間の「中期」イベントになりました。

ただ、スペシャルイベントの扱いではなく、大まかな内容は例年とほぼ変わらない感じです。これまでの恒例、「ウィッシング・プレイス」の設置と、両パークで「七夕グリーティング」の開催がメインとなりました。

t8

恒例のグッズやフードの規模や展開も、これまでとほぼ同じ様な印象。まあ、グッズやフードに関しては、確かに販売期間が長ければ長いほど、効率的・効果的に発注も可能で、コストと利益的にもメリットは大きいですもんね。

また、この七夕は年間スケジュールで考えると春から初夏、そして夏イベント開始までの「つなぎ」とも言える期間でもあり、夏休み前のこの時期は大きな需要も見込めない部分もあるので、この時期としては色々な意味でちょうどいい内容なのかもしれませんね。

t1

そうしたメリットも多くあると思われる七夕ですが、欲を言わせていただくならば、やはりもう少しこの「マンネリ感」は何とか何かいいアイディアがないかなぁ…とは思います。

今年は下記の様にワールドバザールのウイッシングプレイスが音と光の演出が加わりましたが、イベントや企画としては恒例の形と言えます。


スペシャルイベントがない現在は、特にTDSでは昼間のハーバーショーが現在は「全くない状態」です。この七夕グリーティングが1日3回ほど行われていますが、これは水上ショーと言えるものでは無いですもんね。

ま、実際はそのおかげで、「常にいつも誰かが待っているハーバー」沿いに、ほとんど人が待っていないと言う状況でもあったりします。これはこれで、静かなシーらしい特徴?のような気もしますが(笑)

t5

と、言う事で、「いつものグリーティング」、「いつものウィッシングプレイス」…と言う印象が残る七夕ですが、これからおそらくもう何年も繰り返されていくと思われますので、そろそろこの辺で何か新しい試みがあると、もっと良いですよね(^-^)

時期的に仕方がないのかな、と言う気はいたしますが、この七夕グリーティングは「何度も訪れて繰り返し見る」と言うものではないんですよね。

t4

更に現在は「テーブル〜」が終了してしまったため、シーではキャラクターが登場するショーと言うのが、実質ほとんどない状態です。

さらに、現在は「トイ・ストーリー・マニア!」も休止中など、この期間はかなりエンターテイメントやアトラクションが削られてしまっている気がします。

ま、その分、夏のイベントに期待するとしますかね?(勝手に)

夏前の、ちょっと落ち着いた今の時期。見方を変えて「穏やかで静かなパーク」を堪能するのもいいかもしれませんね。


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

TDSのハーバーショーに抽選が初導入。満足度上昇のきっかけに?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
p01

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、久々のブログ更新となりました。…最近は二週間くらい放置しちゃう事も多々…(-_-;)>…お暇な方はお付き合いください〜。

…と、言う事で、5月12日にグランドオープンした「ニモ&フレンズ・シーライダー」も、若干ですが、少し落ち着き、更にはイースターイベントも早いものであと2週間ほどで終了となりました。

そんな中、まもなく七夕イベントもありますが、気になるのはその先の夏イベント。先日、特設ページが公開され、夏のイベントの詳細が明らかになりつつあります。(公式ページはこちら。)

p02

 その中で、一番話題となっているのが、TDSのスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」 のメインショー、「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が、抽選となった事。

現時点ではまだ全て明らかにはなっていないですが、今回の抽選制度について、ちょっと考えてみたいと思います。

■ランドは「抽選なし」、シーはハーバーショー初の「立ち見抽選」が導入

afc59326

こちらについては詳しくは公式ホームページをご覧いただければと思いますが、今回、初めて「ハーバーショーにおいて抽選が行われる」と言うことになりました。
 
まず、最初に、これまでの場所取りはご承知の通り、いわゆる「早い者勝ち」であり、どのエリアであっても早いもの勝ちで場所が埋まっていく形でした。

acf42ce6

ショーによっては、一部エリア、例えばミッキー広場や、リドアイルは入れ替え制となり、初回に良い場所が取れなかった方は2回目に回る、若しくは最初から2回目以降の整理列に並ぶ事ができました。
 
ただ、この入れ替え制でも、基本的には、「ただ順番を待っているだけ」であり、「早い者勝ち」には変わりはありません。結局は「早め」なおかつ「長時間」並ばないと、現実的には良い場所では見られないと言う状況でした。

71f5f3ff

その反面、夏のこれまでのイベントは、「明確な座り見」の場所がほぼなく、ショー開始後でも、濡れ具合などを見ながら、位置を微調整して楽しめた…という所もあります。

そうした面からも、これまでの方法がダメだったと言う訳ではないですが、真夏の炎天下に長時間待たされ、更に先頭付近はほとんど人間が変わらない…と言う事もありました。
 
■抽選導入によって何が変わる?

pp1

これまでおなじみだった、夏の散水系イベントは、これまで抽選になった事はなく、各メインステージの近くで、密集しながら待っている…というのが定例の形でした。

ただ、この夏のショーに限らず、入れ替え制ではない場合、本当に良い場所は、一部の方が場所を変わらず、そのまま居続けるという事が多く、もちろんその方たちにしてみれば貴重な時間を使っていると言えなくもないですが、多くの人が見られると言う、平等性と言う部分では問題が無かったとは言えません。

p7

そして今回導入される抽選制度。言うまでもなく、朝早くから場所取りをしなくても、後からゆっくりパークに入った方でも、いい場所で間近でショーが見られるチャンスがあると言う事になりました。
 
言うまでもなく、この抽選制度によって一番大きく変わるのは、「時間が有効に使える」と言う事。これまでと比較すると、「長時間待てば必ず見られる」と言う状況から、「当たらないと良い場所では見られない」と言うことになります。

p8

これについては賛否が分かれる所だと思いますが、例えばいわゆる「地蔵して待つ」と言う場合、その時間の価値観は、「年間パスポートで何度も通うリピーターの方」と、「なかなかパークに来ることができないワンデーのゲスト」ではものすごく大きく変わります。

こうした価値観については、人それぞれで感じ方も大きく異なりますが、「与えられた時間」と言うのは誰でも同じ。どうしても見たい”と言う気持ちを考慮しないのであれば、これは「完全なる平等」と言うことになり、時間の使い方としては非常に効率的になるのではないかと思います。

■抽選を導入することによる課題
 
p2

抽選制度について、続いては、「メリット」と「デメリット」と言う部分で考えてみたいと思います。まず、メリットとして考えられるのが、先ほども述べたように、基本的には「すべてのゲストが平等になる」ということ。
 
加えて、どうしても見たい方は、「ショー1回目は抽選は行わない」と言う、これまでの抽選の形と同様に、「待てば見られると言う逃げ道」も残されてはいます。

p4
 
ただ、これは逆に言うと、早朝のアーリーに関わる、徹夜や開園ダッシュ等の問題に関しては、根本的な解決にはならないのかな…と思います。

また、抽選をすることによって、当選すればもちろん非常に時間を有効に使える事になります。また更に、ハズレてしまった場合でも、逆に今後のスケジュールが明確になる、というメリットもあると思います。
 
続いて、「デメリット」として考えられるのが、Twitterでも少し触れましたが、「当選したけど、見ない人」が生じることによって、観覧場所に空席が出てしまう問題。

p6

これは現在の「ビックバンドビート」や「ワンマンズドリーム〜」でも見受けられますが、なんとなく抽選はしたものの、他の予定と重なったのか、ただ単に面倒になってしまったのか理由は様々だと思いますが、空席ができてしまうケース。
 
ただ、これは言い換えれば、「見る権利」を得たゲストは、同時に、「見ない権利」も当選した人には付された…と言う考え方もできなくもありません。

ただ、やはりこれは心情的に認めたくはない部分。当たったら、できるだけ見るのは当然ですが、「見られなくなった場合の当選権利を返却できる」ということも、明確に示すといいかもしれませんね。
 
■立ち見の鑑賞エリアは果たしてよく見えるのか?

p1

続いては、「立ち見鑑賞エリアは現実的にどうなのか?」という部分。まだ抽選の対象となるエリアや場所などは明確にはなっていませんが、抽選で観覧できる場所は、基本的に「全て立ち見」となっています。
 
この立ち見の抽選と言うのは、これまでも両パークで行われたことがあり、過去の例を見てみると、等間隔に地面にシールが貼ってあり、前の人とは少しずらされて配置されているため、自分のすぐ目の前には人がいないと言う状況にはなっています。
 
おそらく今回もこうした形になるのだと思われますが、過去に行われた際の状況を見てみると、やはり目の前に大きな体の男性などが来た場合、真正面部分についてはほとんど見えなくなります。

p5

もう一つ別の問題としては、例えば「小さな子供」や「背の低い方」が見る場合。これは今回に限った事ではないですが、特に小さなお子さんは抱っこし続けて見させる必要がある…?と言うことにもなると思います。
 
キッズエリアのようなものも設けられる可能性もありますが、逆に抽選であるため、この辺は現実的には設置されない可能性の方が高いかもしれません。
 
■抽選制度の導入は「賛成」?それとも「反対」?

これまで抽選に対するメリット、デメリット、課題等について触れてきましたが、実際の皆さんの反応はどうなのでしょうか。先日、Twitterでアンケートを取ってみたところ、その結果が以下の通り。

ご覧の通り、この記事を執筆中はまだ集計の途中ですが、ほとんどの方がこの抽選には賛成と言う意見を示されています。

これ、勝手な想像ですが、もう少し、数年前であればこのアンケートの結果も違ってきたのではないかと思っています。

近年では特定の方が、特定の場所を占拠に近い形で確保されてしまう問題や、アーリーエントリー制度の様々な問題などもあります。

そのため、一般入園の場合、良い場所を確保することが現実的には難しいと言う状況が定着してしまった…と言うこともあるのだと思います。
 
この記事を書いている、5月31日、22:50現在のアンケートの集計では、「52%の方が賛成」、「21%の方が反対」となっておりますが、それ以外に「27%の方がわからない」と回答されています。

p3

これは、まだ詳細が明確になっていない事と、どのあたりまでがその抽選エリアになるのかという部分もあると思います。ただ、予想以上に差がついた結果になったのかなと個人的には思っています。

少し前に、こちらの記事で「TDRの満足度の低下」について書きましたが、同記事の最後の方で触れた、こうした「時間を有効に使う」ということについても満足度に大きな影響があるのではないかと思います。
 
今回のこうした対応は、少しずつではありますが、こうしたゲストの立場に立った変化を考えているのかな…とも感じました。

p01

もちろん、すべての方が満足できる、本当の意味での平等の解決策にはなりませんが、「運」ではあるものの、本当に誰でも、幅広く方が、良い場所で見られるチャンスができた…と言う事は、非常に大きな変化なのではないかなと思っています。

特にこれからは暑さも厳しくなり、何かとイライラとヒートアップしてしまうことも多くなる時期。
 
熱い夏の熱いイベント。イライラでネガティブに熱くなるよりは、シーで初めて行われるパイレーツのイベントで、ポジティブにヒートアップしたいですよね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

ストームライダーの面影残る、新しいポートディスカバリー。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
8888

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、先日5月12日にグランドオープンとなり、10日程が経過した「ニモ&フレンズ・シーライダー」。オープニングには声優の方々が集まり、セレモニーが開催されるなど、華々しくスタートを飾りました。この週末には240分と言う時間も出た様で、なかなか好調なスタートを切った…と言う感じでしょうかね。

そんな中、先日、「ウレぴあ総研ディズニー特集」の記事で、この「ニモ&フレンズ・シーライダー」について、「TDS「ニモ&フレンズ・シーライダー」のトリビア&こだわり10大特集!「ストームライダー」との繋がりも!」という記事を書かせて頂きました。

その中で、ちょっと意外なつながり等、今回はその記事のもう少し細かな補足をしてみたいと思います。

r1

同記事ではトリビア等を10個紹介していますが、その中からこれはちょっと面白いかも…と言うモノをいくつかピックアップしてみます。…明確なネタバレはありませんが、初見で楽しみたい!と言う方はご注意くださいね。

…と、いう事で、上記リンク記事を作る中で、色々調べていてわかったこだわりがあります。色々ありますが、個人的に気に入っているのは、やはり過去に大人気だった「ストームライダー」や以前のポートディスカバリーとのつながりを感じさせる部分。

r2

以前にツイッターでもつぶやきましたが、同アトラクションが新しくなる事が決定し、その後に「以前の世界観とのつながりをなんとか加えられないか?」と、考えられた様な、「苦労」と「苦悩」の跡が見られるような気がします。

■シーライダーの中に「CWCが所有していた潜水艦」が登場

nr1

一番気に入っているのは、上記リンク記事の『(3)「一瞬だけ現れる「過去の潜水艇の未来の姿」』でお伝えしている、建物内の映像の中に出てくる、「黄色い魚型潜水艇に書かれた数字」のお話。

詳しくは記事を見ていただければと思いますが、ざっくり説明すると、新アトラクションに乗車する前、研究員(キャスト)から映像を見ながら説明を受ける場面があります。

nr4

この時に登場する「黄色い潜水艇」(同記事の画像リンク先はこちら)の尾ヒレに書かれている番号「151101」が、ストームライダーの頃、目の前に停泊していた潜水艇の番号と同じ…と言う話です。

これ、体験頂いた方はおわかりだと思いますが、映像で出てくる、この黄色い潜水艇はほんの数秒間だけしか登場しません。更にかなり小さく書かれた数字で、まず気が付かないですよね。

nr5

これ、もう少し詳しく考えていくと、単に「番号が同じ」という話だけではなく、「元はCWCが所有していた潜水艇が、海洋生物研究所のために改修され、色も塗り替えられて使われている」と言う、新旧のストーリーの関連性を持たせるためなのではないか?と思われます。(個人の見解です。)

ちなみに以前のこの潜水艇は、下の写真の様に、「クレーンに吊るされて、これから改修される(又は改修中)と言う状態」でした(単に水からあげられた状態の可能性もありますが)。

nr7

これ、「実は、この潜水艇はシーライダー(海洋生物研究所)のために改修中だった」…というつながりを持たせているのではないでしょうか。

もちろん、現実的には「後付けの設定」だと思われますが、そうでなければ、わざわざ同じ番号にはしないですよね。

nr8

また、同じく同アトラクション建物の前に停泊している魚型の小型潜水艇(下の写真)の番号が「120517」になっており、2017年5月12日の「ニモ&フレンズ・シーライダー」グランドオープン日となっているのも面白いですよね。

これもさりげなく現代の日付を入れる事で、以前の物語とは異なる場面…と言うアピールなのでしょうか…?

無題

■「チヂミニウム・ディフューザー」の存在

続いて、ストームライダーを感じさせるお話は、「6. ストームライダーの面影…?ドアに書かれた「ディフューザー」の文字」で紹介したもの。

ゲストが乗るキャビン内のドア内側に書かれた「THIJIMINIUM DIFFUSER(チヂミニウム・ディフューザー)」の文字

q3

ちなみに「DIFFUSER」は単体の言葉としては、「拡散」や「散布」の意味。その表現をわざわざ使わなくてもいいのに、あえて「ディフューザー」を使っている所はストームライダーを意識しているのではないでしょうかね。

ちなみにこのドア内側のイラストと文字は、非常に小さなものなので、近づいてみないとなかなか確認しにくいもの。ドアの近くに座った場合や、出入りする時にぜひ確認してみてくださいね。

q4
 
■ストームライダーと言えば…思い出す「あの人」

そして、やはりシーライダーが出発する前の、あの「声」。普通に考えると全く異なる声優さんを採用する所だと思いますが、あえて「あの人」の声を使う所に、以前の物語とリンクさせているのかな…なんてちょっとだけ感じられます。

なお、スクリーンに流れる映像については、もちろん全てを確認した訳ではないですし、こればかりはわかりませんが、映像の中にはこうしたストームライダー等の要素は無かった?と思います。

q1

これはおそらく映像を制作したピクサーとの色々な権利関係の問題もあるでしょうし、なかなか難しい所なのでしょうね。(わかりませんけど(笑))

…以上の様に、これが全てではないと思いますが、シーライダーとストームライダーの世界について、これらは「明らかに意図されたつながり」であると思います。

q2

他にも「アクアトピア」や「ディスカバリーギフト」の新しい設定について、個人的には色々伺いましたが、正直言うと、それらの設定は、過去と対比すると、「全て納得できる形にはなっていないもの」もあると言えます。

しかし、そうした部分について、なんとか関連やつながりを持たせようと様々な部分で色々と考え、工夫をしたのだろうな…と言う部分が見えた様な気がします。

正直な感想を申し上げると、できればもう少し明確で納得できるつながりがあると、なお良かったのかな…と思う部分はあります。

w1

以前の物語と照らし合わせて、じっくり比較すると、色々と理解しきれない部分も出てくると思いますが、そんな中でも感じたのは、「つながり」や「こだわり」を残そうと考えられたような「跡」。

進化と変化の過程の中ではこれまでとの「ズレ」がある程度出てくる事は納得できないかもしれませんが、理解していく事はできるのではないかな…なんて思います。

TDSの中でも重要な位置づけであった物語や周辺のストーリーが大きく変わったポートディスカバリー。また、全く新しい世界を楽しみたいものですね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

以下、3冊とも
当ブログ管理者が
↓執筆した本です↓










■■ブログご紹介■■


ご覧いただきありがとうございます!このブログはディズニーリゾートに関する雑学やバックグラウンドストーリー等について、思いつくままに書き込んでいます。

もうひとつの攻略系ブログ、「TDRハック」(更新情報アカウント→@tdrhack )も執筆中です。こちらもどうぞ!

管理者へのご連絡はコメント欄からお願いします(認証が必要です。)


■■MyblogList■■
■■■月別情報■■■
Categories
■■QRコード■■
QRコード



クリックしてランキングを確認!
↑blogランキング参加中↑
一日一回クリックにご協力を


TDR周辺のホテル情報






にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
ブログ村 テーマパーク・遊園地









  • ライブドアブログ