TDRな生活(-_-).。oOO

東京ディズニーリゾートについての裏技・雑学&どうでもいい話や裏話をパークで撮った写真を交えてテキトウ&勝手に語りますφ(.. )パークへの希望&妄想多めです``r(^^;)(「月別情報」から過去の情報も見れます)毎日ダラダラと更新してますφ(.. )

溶岩洞窟に使われている、「光」と「陰」の巧みな演出。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
2c175a86

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


アトラクションやショーだけでなく、細かなこだわりでも私たちを楽しませてくれる東京ディズニーリゾート。誰もが気にしない様な細かい部分まで作り込まれているのが魅力のひとつでもあります。

中でもそんな様々な造形物や見え方、表現の仕方等に深いこだわりがあるのが、ディズニーシー。美しいその景観だけでなく、細かなこだわりでも私達を楽しませてくれます。今回はそんないつもの細か〜いお話をひとつご紹介。

d5abcad1

…パークでは「見せたいものを効果的に見せ」、「見せたくない物を上手く隠す」という、視線のコントロールと言うテクニックが使われている事は今までも何度かお話ししました。…ひとつ、わかりやすい例をあげるならば、TDL、ウエスタンリバー鉄道の第二の駅等でしょうかね。

そんな中、今回はちょっと似た話?で、プロメテウス火山の下を通って、左方向、「センター・オブ・ジ・アース」の方向に向かう時の小さな小さなこだわり。

cJcz3w2XuquE6431466735571_1466735736

この大きな溶岩洞窟を通る時、恐らくほとんどの方が、この周辺には特に何もなかったよなぁ…とお感じなのではないかと思います。途中に「水飲み場」と「消火器」「消火栓」があった位はなんとなくお分かりかと思います。


ま、基本的には何もない(笑)のですが、ここには「上手く隠されているキャストの通用口が二か所」あります。…その前に、この周辺を通った事がある方は、この場所をアタマの中で思い浮かべてみていただきたいのですが…想像の中では、ちょっと思い当たらないのではないかと思います。

wOEO5rujibdc9wU1466735769_1466735921


これ、ハーバーからセンターに向かう途中、左右両側の壁に一か所づつ、あります。…実はこの2か所、「ハーバー側からセンターに向かう時」も、「センターからハーバーに向かう時」も、この通用口が「非常に見えにくい配慮」がされているのです。

もちろん完全に見えないわけでは無いのですが、上の写真の様に、ハーバー側から向かって行く時は、「岩」の出っ張った内側にこのドアがあり、逆に向こう側から戻ってくる時も、奥まった位置にドアがあるので、うまく隠れる様に作られているんですね。

また、岩の「影」になる様な位置にあり、こうした陰影の使い方が「地味に上手」なんですよねー。

b2


また、下の写真の様に、センターに向かう時の「右側」にもこの通用口があるのですが、ここは同じ様に、ちょうど岩のくぼみがある、「一番奥まった暗くなっている部分」にドアがあるため、全くと言っていい程、そこにドアがある事さえわからない様になっています。

また、このドアの凄い所は、センター側からハーバー側に帰ってくる時、その先のハーバーの奥から見える太陽の「自然光」の光で、この通用口が「逆光になって、全く見えなくなっている」と言う所です。

0ty_bOG7RKezJEu1466736198_1466736309

これ、偶然そういう風に見えるものなのかな…?と思って、何回かここを往復してみましたが、これやはり意図的に作られていると思います。

こうした「光」と「陰」の使い方で、隠したいものうまく隠すテクニックは、相変わらず非常にこだわって作られていますよね。…下の写真なんて、陰の使い方と隠し方が絶妙ですよね。

RdqAdUQZZkLk3VQ1466735954_1466736154

また、前述の「水飲み場」。これは何の変哲もない、ただの水飲み場なのですが、ここは火山の溶岩の通り道でできた「溶岩洞窟」であるため、突然人為的な水飲み場が置かれているのはちょっと不自然な形になるのです。

そのため、この水飲み場は「上部からパイプを通し、わざわざ水道管を引っ張ってきて作られている」と言う設定になっているんですね。

w5Kjwvgovqo_sVj1466736331_1466736433

ただ、水飲み場をポンと置くのではなく、こうした部分もエリアの背景に沿った形になっているのはシーらしい、細かなこだわりです。


…昨今ではエンターテイメントの「数」や「質」について、以前のパークとは色々変化をしてきている様な所も感じますが、こうした細かな所には、まだまだディズニーらしさがたくさん残っているなぁ…という気がいたします。

b12

…と、この様にディズニーシーにはショーやアトラクション以外でもゲストを楽しませてくれる工夫がたくさんあります。そうした様々な楽しむための方法やトリビア等がまとめられているこんな本が、そういえば本日発売となっていた気がします…(・∀・)


こちらもブログ同様、併せてお読みいただくといつものパークが「さらに何かプラス」の経験が加わるかもしれませんね〜(・∀・) ←そういう汚い告知はやめろΣ( ̄ロ ̄lll) (笑)

b13

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

【告知】2冊目の著書が今週末に発刊となります…(^^;)

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
d1

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

さて、今回は再びの告知の記事を書かせていただきます。何度か告知させていただいた通り、私の2冊目の著書がいよいよ今週土曜日の2016年6月25日(土)に書店にて発売となります(^^;)


既に18日(土)あたりから試験的にいくつかの書店では販売が開始している模様ですが、まさかの2冊目の発刊をさせていただく事になりました。

…写真は先日届いた見本なのですが、ホントに本屋に並ぶのか、前作の時も書きましたが、今回こそドッキリなんじゃないか?と、いまだに疑っています(笑)

d2

…思えばブログを始めてはや12年、いくつかのブログを含めたメディア等でも、いいのか悪いのかは別として、色々と執筆の真似ごとをさせていただく機会を頂いてまいりました。

そして、再びこの様な形となり、いつもご覧いただく方々を始め、多くの皆様に本当に感謝いたします。

…今回発売となる本は以下の通りです。(Amazonにリンクしています。)

■出版社:KKベストセラーズ

■発売日:2016/6/25


…こちらのブログでは、グダグダと細かくどうでもいい事を、とりとめもなく好き勝手に書く形ではありますが、まさかのちゃんとした(?)書籍の形で、2冊目を出す事になるとは、夢にも思っておりませんでした(^^;)

内容につきましては、既にAmazonのページ等をご覧いただければと思いますが、今回は15周年を迎えた東京ディズニーシーにスポットをあて、少しでも効率的に楽しむための方法や、小さなテクニック、トリビア等について触れています。


ざっくりとした内容ですが、基本的な部分も含め、「色々な事を幅広く取り扱った物になった」…と言う印象です。イメージ的には、「初めてではなく何回か行った事がある方がより深い体験ができれば」と思ってまとめた形となりました。

d3


このブログをご覧頂いている方は、それなりに詳しい方だと思いますが、知っている事も知らない事もある?と思います(^^;)…読む前に「期待感のハードル」を上げすぎると、後で後悔するかもしれません?ので、「あー、なんかみっこがうるさい事言ってるなぁー(・ε・)」ぐらいの「優しい気持ち」でご覧いただければと思います(笑)


さて、まさかの2冊目となりましたが、執筆する上で、それなりに考える事や感じる事と言うものがあるわけですが、読んでいただく前に言い訳?をすると言う事では無いのですが、幅広く存在するディズニー好きの中において、ターゲット層と言うものや、「誰」が「何を」、「どのように求めているか」と言う部分について、全体のバランスが非常に難しいな…と感じる事があります。

d9


例えば前作の後に、次は「タワー・オブ・テラー」の話だけで一冊本ができる…なんて、冗談半分本気半分?のお話やコメントも頂きましたが、個人的にはそれはとても興味の深い所ではありますし、できなくは無いとは思います。

ただ、まず、それが「どれだけの需要があるか?」という事だったり、そうしたアトラクションのバックグラウンドストーリー等は、基本的にはディズニーリゾートやオリエンタルランド、場合によっては米本社が管理をしているものであり、「公式設定として表に出ているもの」もあれば、「詳細まで明らかになっていない物語や設定」と言うものもあったりいたします。

こうした物語をそのまま書籍化するのは単なるガイドブックですし、調べればある程度はわかるものでもあります。好き勝手に書けるブログと異なり、こうした部分や、全体のバランスと言うのが非常に難しい所だと思うんですよね。

そもそも、こうした細かなバックグラウンドストーリーやプロップスなどの細かな部分は、ゲストがよりいっそう深く楽しんでもらうためのものでありますから、それを全て紹介するという事は「映画のストーリーを思いっきりネタバレしてしまう」のと同じと言う事にもなりかねます。

d4

もちろん、より深くより楽しむためにはヒントやその物語への伏線であったり、それを探すためのヒントであったり、「周りのものから想像できる想像」というものをご紹介していくと言う形が理想なのかなと、勝手に思っています。…ま、言うだけなら簡単ですが、この辺りはとっても難しい事だと思います(^^;)


また、情報過多のこの時代、インターネットを探して、逆に「出てこないもの」を探す方が難しくなっている時代であると言えます。そんな中、今回の本では、そんな「調べても出てこないもの」や、「足を使って実際に調べたもの」と言うものにポイントを絞って書かせていただきました。(もちろん全部ではないですが``r(^^;))

d6


例えば、今回、アトラクション「インディージョーンズアドベンチャー」について少し触れているのですが、今回このインディーのトリビアや様々な場面との関係を探るため、実は映画のシリーズを全部もう一回見直しました(^^;)(笑)


また、今回、パークの中の距離計測等を行ったのですが、実際にパークの隅々まであちこち歩き回ったりと言う事も行いました。ま、それが有益な情報であるかどうかはわかりませんけどね(笑)

…大抵の事は調べれば分かる現代、色々な情報というのはネットメディアに出た瞬間から、その人の手を離れて独り歩きしてしまうという事もあります。


d4

色々と書き物の仕事もさせていただく中で、過去にある場所で、私が書いたものがそのまま無断で使われていて、実は「間違っている所までそのまま使われている」(笑)と言うケースも何度か見ています。

もちろん私自身も、インターネット上から様々な情報や知識を得て、それらを題材とする事もありますが、偉そうに言うわけではありませんが、その場合は「必ず現地で確認し、確実に裏を取る」と言う行動を行うようには心がけています。


しかし、そうして実際に足を使って細かく調べた情報でさえも、次の日には全く変わって意味がなくなっている…と言う事もよくあります。まさに情報は生きているという良い例ですよね。

d7


そして、全ての物事が多様化してきている現在、物事の「考え方」や「感じ方」と言うものも、それぞれでかなりその感覚が異なってきています。


よくお話する事ですが、例えばアトラクションの待ち時間。「トイ・ストーリー・マニア!」に「1時間待ち」と言うのは、慣れた人からすれば「相当空いている」と言う事になりますが、慣れていない方から見れば、「1時間も待たなければいけないの!」という感覚だと思います。

d8

また、年間パスポートで通い慣れた方にとっては、何もしないでブラブラ散策するというのも楽しいですが、大きな期待と高揚感を持って初めてパークに来られた方は、「何もしないでお酒だけ飲んで一日を過ごすなんて無理!」いう感覚の差が埋まる事はないでしょうし、それはそれぞれの楽しみ方でもあるわけです。

…考え方を変えれば、そうした様々な感覚の方でも、それぞれに応じた楽しみ方が出来るパークと言うのは、素晴らしい場所なんですよね。そうした魅力が少しでもご紹介できれば…と思っています。


特に多くのファンが集まるディズニーリゾートでは、本当に幅広い趣味趣向のゲストがパークを訪れます。そうした全ての方々が全て満足をするというのはなかなか難しいことではあります。しかしながら、色々と知っているのと知らないのでは大きく行動に差が出ると言うのも事実。

そんな中で、今回の本で、ほんの少しだけでも、書かれていた事がお役にたつ事ができればうれしいと思います。

d9

…と、長々と、全力の言い訳(笑)をさせていただきましたが、ぜひ皆さんの素直な感想をいただけたら…と思います(^^;)…当たり前の事ですが、自分が書いたものなので、客観的に見られないんですよね(笑)ぜひ、厳しいご意見を…いや、お手柔らかに…いや、どっちだろう(-_-;)?(笑)


…前作については皆様のおかげでそれなりのご評価をいただいて、5万部発刊となりましたが、今回はこれからどんな形になるのか、心配で夜も眠れません(嘘)


また、少し落ち着いたらば、いずれ発刊の裏話的な事もお話しできればと思いますが、皆様、ほんの少しの余裕がございましたらで結構なので、ぜひよろしくお願いいたします(^^;)


…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

すっきりしない梅雨空の中で…「ディズニー七夕デイズ」が開始。

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
t4

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、昨日でランドはイースターのイベントが終了し、今日16日から両パークで「ディズニー七夕デイズ」が始まりました。

ご承知の通り、恒例となったこちらの七夕イベント。本日、ウレぴあ総研ディズニー特集の方で、現地速報等のお手伝いをさせていただきましたので、よろしければ下記からご覧ください(^^;)

【TDL/TDS七夕速報】ミッキーとミニーが彦星と織姫に! 3週間限定「七夕グリーティング」現地レポ 


t5

さて、この七夕イベントですが、上記リンク先記事でも触れておりますとおり、昨年との変更点は期間が1週間長くなり、3週間の開催となった事。
 
思えば、初期の頃は1週間だけの短いイベントであり、そのあと2週間に伸びたり、登場キャラクターが増える…そして今回3週間と言う形になりました。

t6
基本的な内容は見ていただければお分かりの通り、例年とほぼ一緒と考えていいと思います。ただ、期間が長くなった事により、グッズや商品の展開、そしてこれまでは七夕のメニューが味わえる対象レストランが各パークで実質「1つだけ」でしたが、七夕メニューを提供するレストランが増えるなど、ゲストの楽しみ方としては少し広がったというところでしょうか。
ただ、個人的にはこの七夕のイベントもだいぶ長くやってきていますので、何かちょっと大きな変化もあるといいかな…とは思うものの、この七夕イベントと言うのは、これ以上広げると言うのも難しいところだと思います。

t7
特に春のイベントから夏のイベントにかけての「谷間」の時期でもあり、春イベントから急に夏イベントを開始するには少し早いですし、ホテルも全体的なゲストの数も、集まり方としては少し落ち着く時期にもなります。
また、今日は、初っ端から梅雨の影響を受けてしまいましたが、大きな梅雨時期にイベントと言うのはリスクも大きいですからね。
…それと話は変わりますが、気になるのは、例年に比べてゲストの数が相当少なかった様に感じます。本日は雨だったと言う事もありますが、特にこの七夕のグッズ販売に関しては、2・3年前は、パークのオープンとともに、多くのゲストがランドのエンポーリアムになだれ込んで、七夕限定グッズがあっという間に売り切れに近くなってしまう状況などがありました。

t3

それに比較すると、今年は「期間が長いため在庫数が多い」という事もあるのだと思いますが、それにしてもパーク内全体のゲストの数が相当少ないように感じました。
例えば昼間に何度かつぶやきましたが、主要アトラクションでも特にランドは60分を超える事がほぼなく、人気のモンスターズインクが20分から30分で、後のアトラクションは15分前後で推移していた事が多くありました。
これは今日に限らず、特に最近のランドの平日夜は、アトラクションも相当空いている時間が多いように感じます。

t2
 
これは値上げの反動によるものなのかどうかはここで明言する事はできませんが、いつものこの時期、春から初夏にかけてのイメージとはだいぶ違う感じがいたします。…いつもはもう少し混んでいたと思うんですけどね…。
しかし、まだまだ始まったばかりの七夕イベント、そしてディズニーシーの15周年。これからは遠方から多くのゲストが訪れる夏休みにも入って行きます。

t1

確な数値データがあるわけではありませんが、やはり今年度に入ってから集客が落ち着いている印象は拭えない感じの両パーク。

パスポートの値上げについては、「それによる客足の落ち込みは想定していない」との話もしていたオリエンタルランドですが、さて今後はどんな形になるのでしょうか。

…何かそろそろ、こうあっと驚くようなサプライズ演出…なんていうのがあるといいんですけどねー(^-^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
  

TDRの中で「要らない」けれど「大切なもの」…??

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
b12
bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、昨今は誰でも持っている携帯電話やスマートフォン。全盛期…というより、もう小学生が持っているのも珍しくない時代になってきています。

もちろん、まだまだガラケーも根強い人気を誇っていますが、TDRの公式サイトはこのガラケー(フィーチャーフォン)のサイトが終了する等、知らぬ間にどんどん変化していっています。

ちなみにスマートフォンの先駆けである「iphone」が日本で発売されたのが2008年6月。 そう考えると、まだ世にスマートフォンが出回ってから、8年程。現在の様に浸透するのはそれからしばらく後ですから、そう考えると、まだスマホも実質数年しか経過していないとも言えます。

ま、現在は「携帯『電話』」というより、小型端末ですから、電話がオマケ機能みたいな感じでもありますよね。

また、TDRでは今でこそスマホでアトラクション待ち時間情報などの確認ができるようになりましたが、これは意外と最近の事。

今でこそネット予約や購入が当たり前の様になりましたが、意外にTDRにこうしたものが導入されたのはそんなに前の話ではないんですよね。

b10

昔のTDLならば多くの最新技術が使われて、「おぉ!スゴイなぁ!( ̄□ ̄;)」と思わせてくれる事が多くありましたが、近年はそうした技術の進化と進歩の速さに、パークが少し遅れている印象さえあります。

…と、そんな話は別にいいのですが、時代の流れとともにパークの中でも変わっていくものがあります。

それは公衆電話。現代では小学生でさえもスマホを持っている子がいる時代。街中に立つ公衆電話が消えていくとともにパークの中でもその存在はだいぶ薄くなりつつあります。

…そんな中、まず、一番上の写真をご覧ください。これを見て、「懐かしさ」を感じる方はきっとパークに長い間通っている方かもしれません。

この写真は今から約11年ほど前、2005年9月のTDS、エントランス近くにある公衆電話の様子。

z2

一見すると、特に違和感の無い写真の様に見えますが、2・3枚目の写真は同じ場所の現在の様子、

ご覧の様に、2005年には4台あった公衆電話が、現在はたったの1台になっています。

…ちなみに一番上の写真は、なんでこんな所を撮ってあったのかと言うと、いずれは携帯電話の普及で、パーク内の公衆電話が無くなる日が来るんだろうな…と思って撮影しておいたものです。…いや、割と本気で…ですよ?(笑)

と、言う事で、今回のこの記事は「11年間もかけて書いた記事」と言う事になります…かね?(笑)

z1

上の写真はリゾートラインTDSステーションの下の公衆電話。こちらもこんな感じで、以前はこの棚の幅だけ4台の公衆電話がありましたが、現在は寂しくなり、ちょっとした荷物置き場になっちゃっています。

このパークの内外にある公衆電話、いずれは無くなる日が…と思いますが、実は意外な用途と言うか、ピンポイントで急激な需要がある事もあります。

それは大規模災害時など。2011年3月の震災やその後の各地での震災等でも多くの方が経験されたと思いますが、多くの方が一気に携帯電話を同時に使うと、通信制限がかかり、繋がりにくくなると言う事も多くありました。

さらにはご年配の方や、まだ携帯を持っていないお子さん等も考えると、こうした公衆電話の需要は「ほとんど無い状態」でありながらも「完全に無くすわけにはいかない」と言う事情もあります。

普段は全くと言う程必要が無い事が多いですが、携帯が使えないとなれば需要はかなり溢れます。

…しかしながら、普段の利用頻度や需要を考えると、やはり減らさざるを得ないと言う所でしょうね。なかなか難しいところです。

b11

そんな中、話は変わりますが、だいぶ前にこちらの記事で、TDS内の公衆電話のある場所の「マーク」のデザインについてお話しました。ちょっとお手数ですが、まずはこの記事をご覧ください。

そして、今回、この写真を使って記事を書いている途中で気がついたんですが、なんとこの場所の電話のマークも同じものでした。

6247a7d4

こうした同じデザインでありながらもそのエリアの雰囲気に併せて全く異なるイメージにしてしまう手法はさすがですよね。

…時代は色々と日進月歩で変化をしていきますが、こうした細かなこだわり等もそのまま変わらずにいて欲しいものですよね(^-^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

古タイヤに刻まれた、誰も気が付かないこだわり。

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
r4

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、少し時間は経ちましたが、先日2016年5月16日を持って完全にクローズした「ストームライダー」。一般的には、単なるテーマパークの1アトラクションがクローズする…と言うだけ、という話でもありますが、Twitterのトレンドでは長い間名前が出ていましたし、あまり普段は使わないようなメディアでもニュースになるなど、その反響の大きさは予想以上でしたね。

こうしてまた1つシーの歴史が変わりましたが、ただやはり新陳代謝は必要ですし、新しい成長をし続けていくためには変わっていく所も仕方のない部分だと思います。…もちろん今でも残念だとは思いますけどね…(-_-;)

r5
 
…そして、時を同じくしてパークの中で変わった事がもう1つあります。一般的にはほとんど話題にはなりませんでしたが、両パークのオフィシャルスポンサーである、「ブリヂストン」がこの4月でスポンサーの契約を満了しました。


ただ、これ、まだ正式に発表になっていない(期間満了なので、特に発表しないと思います)のですが、TDRの公式スポンサーのページには既にその記載は無くなり、各アトラクションからもそのメーカー名が消えはじめています。

r6

この件でちょっと調べていたら、ブリヂストンの公式ページの過去の発表の中に、2003年4月16日から、同社がハンガーステージのスポンサーになるという古い記事を見つけました。まだ残っているんですねー。…ここからスポンサー契約が開始し、今年がちょうどそれから15年ですので、恐らく4月15日で契約満了…となったのでしょう。

このスポンサー契約に関してはその契約金額や細かな内容等については基本的には公表されていませんが、パークの魅力を企業イメージとして使えるという大きな利点があります。多くのゲストが訪れるパークの中でその企業ロゴが堂々と出せるというのは大きな魅力でもありますよね。

r3
 

この「スポンサー契約の終了」と言うと、ちょっとネガティブなイメージもなくは無いですが、かなりの高額である事は予想されますので、企業としてはその費用対効果があるかどうか…と言うところが継続のポイントだと思います。…このブリヂストンに関してはご存知、タイヤを主に扱うメーカー。

タイヤの販促活動として、ディズニーリゾートは直結しにくいと言う所はあるでしょうね。また、同社は国際オリンピック委員会(IOC)との間で、東京オリンピックを含む2024年夏季オリンピックまでの公式パートナー契約を結んでいますので、そちらの影響等が一番大きいのでしょうね。

なんせあちらの契約金は年間で「数十億円」規模なんて言われていますからね(^_^;)

w3

また、TDRの公式スポンサーとしては、例えばJCBやハウス、キリン等の食品メーカーは、商品等を買ってポイント集めて応募!いう形も行いやすいですが、そう多くの需要がなかなか無いタイヤではこうした効果があまりなかったのかもしれませんね。

…と言う事で、そんな「タイヤつながり」の細かなお話をひとつ。壁やら床やらと、細かな変な所を扱う事が多いこちらのブログですが、今回は「廃タイヤ」を取り扱います(笑)

写真はロストリバーデルタ。メディテレーニアンハーバーからロストリバーデルタに向かう、蒸気船トランジットスチーマーラインの中やその周辺を撮影した様子。…間もなく、下船となる、ロストリバードックに到着する時の手前右側にご注目。


w4

ご覧の通り、ここには廃タイヤがいくつかぶら下げられています。これは、「見たそのまんま」ですが、船がここに当たった時の「緩衝材」としての役割を持っているものですが、実際にここにぶつかる可能性というのは限りなく低く、これは実際の用途と言うよりも、「エリアの雰囲気を盛り上げるプロップス(小物)」の1つと言えるでしょうね。


ま、実際、ココに本当に船がぶつかるぐらいの操舵テクニックでは、とても現場に出せるレベルではないでしょうからね(^_^;)(笑)

w5


この船に乗って、間もなく到着…と言う、ある日の事。前の船が詰まっていたので、この辺で減速していた時、何気なく右側にある、これらのタイヤを見ている時に気がついたコト。「…あれ?」と思い、ちょうどカメラも持っていたので、何枚かタイヤを撮影。

なんでそんな所を撮影したのかと言うと、この古タイヤの側面に「加工した様な跡」が見られたからです。その加工された部分が下の写真。


w8
 

かなりアップにして確認しないとわからないのですが、一般的にタイヤは横の部分にメーカー名が書かれています。ところが、このいくつかのタイヤには、「メーカー名を隠す、シールの様なもの」が目立たない形で貼られている事に気づきました。

これは公式スポンサーのブリヂストンに配慮して、他のメーカーのものは消しているのかな…?と、思ったのですが、他のタイヤも何枚か撮ってみたのですが、その中には「FIRE STONE(ファイヤーストーン)」と書かれた物も見られました。

w7

これ、「FIRE STONEって、なんだかブリジストンの偽物みたいな名前だなぁー?」と思いますよね?(笑)…ところがですね、それ、半分正解で半分間違いなんです。…実はこんな話があります。


この「FIRE STONE」は19世紀後半にアメリカで設立されたタイヤメーカー。その後、後からできた日本の「ブリヂストン」に対し、1933年に「社名が似ている」と、訴えた事もあります。

結局、ブリヂストンは創業者名を英訳しただけものにすぎないとの事からブリヂストン側の主張が通り、ファイアストンは敗訴した…と言う経緯があります。(wikipediaより)

w1

ただ、その後、ファイアストン社は商品の不具合から生じた業績悪化を受け、ブリヂストンに買収されてしまうのですね。…そうです。これ、イコールこのファイヤストンもブリヂストンも「同じ会社」という事になるのです。…となれば、パーク内でもこの2つの社名が存在していても問題ない…という事になる訳ですね。

…と、いう事は、逆に裏を返せば、「見えない様に加工がされているタイヤは他のメーカーのもの」と言う証拠にもなります。

w2

このお話、最初は「こんな小さな誰も見ない様な古タイヤだから、たまたまそうなったんじゃないのかな?」とも思いましたが、周りのタイヤも見てみるとそうした形跡があるものがいくつかありました。(ちなみに全てのタイヤがそうではありません。)

また、スチーマーラインをロストリバー側で左側に降り、階段を上る途中の左側にもいくつか古タイヤが置かれている場所があります(下の写真)。

これも見えにくいですが、確認してみたところ、しっかりと「ブリヂストン」の文字が入ったタイヤが置かれていました。

rr1

こうしたところは本当に細かく配慮されて、作られていますよね。…まぁ、泥臭い事を言ってしまえば、多額の出資をしてくれるスポンサー様ですから、想像以上に配慮しなければならないと言う事情はあるのだと思いますが、それを差し引いたとしても本当に細かいですよね。

ま、ただ、厳密に言うと、ロストリバーデルタの時代設定である1930年代、ファイヤストン社は既に実在していますが、ブリヂストンはその社名が使われたのが1951年なので、この時代にはブリヂストン社製タイヤはまだ無いんですけどね(^^;)←そこはいいでしょ?(笑)

ちなみにご承知の通り、パーク内に企業名が出せる会社と言うのはオフィシャルスポンサーに限られており、基本的には「1業種1社」と言う取り決めが存在しています。ただ、過去にこちらでご紹介した記事(1)(2)のとおり、こんな「例外中の例外」でオフィシャルスポンサーでは無い会社のロゴが堂々と出ている場所もあります。お暇な方は探してみてくださいね。

rr3

…ちなみにこの記事の写真はちょっと前に撮ったものなので、ブリヂストンがスポンサーが契約を満了した事で、これらも今後変更になるかもしれませんが…どうなんでしょうかね?


…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

【告知】二冊目の著書を出させて頂く事になりました(^^;)

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
bb1

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、今回の記事はちょっと「告知」をさせていただきます(^^;)…2004年の4月からこちらのブログを始め、早いもので、この春で12年目の運営に入りました。自分でもよくそんなに続けているなぁ、と思います(笑)

そんなただ長いだけのブログではありますが、おかげさまで、色々と機会をいただいて、2012年6月からは攻略系ブログの「TDRハック」や、2014年8月からはうれピア総研「ディズニー特集」のライター等も時々ご協力させていただいております。

また、昨年の5月には、文響社様からお話を頂いて、「ディズニーに行く前に知っておくと得する66の知識」と言う本を発刊させていただきました。

bb4

そして、この度、また別のオファーをいただいて、2冊目の本を発刊させていただく運びとなりました。

…えっと、あの、前回の発刊の時にも同じ事を言いましたが、こちらは「私が書きたくて自費出版するもの」ではなく、ちゃんとした出版社様から出る、一応、本屋さんにちゃんと並ぶ(予定?)の本です(笑)

出版社は特に細木和子さんの占い等でも有名な本を出版されている「KKベストセラーズ」様。どうやら私と心中するおつもりの様で…( ̄∀ ̄;)(←それも前言った(笑))

bb2

ちなみに発刊は来月の「6月下旬の予定」で、現在最終的な編集等の作業を行っている所です。また、本日現在では正式なタイトルや発刊の詳細等についてはまだ未定の状態です。

中途半端な状態での告知で申し訳ないのですが、ここまでの情報公開がOKとなりましたので、今回お恥ずかしながら、ご紹介をさせていただきました(^^;)

…恐らく来週あたり?には最終的に決定になると思いますが、一足先にご紹介をさせていただきました。

内容やその経緯等については、また後ほどお話しできると思いますが、細かい中身については、実際にはご覧頂いた方が…(・∀・)(←おいやめろ(笑))

bb5

…今回の発刊の大まかな内容については、「15周年を迎えたディズニーシー」にスポットを当てて執筆させていただきました。

「こうすれば効率良く回れる」と言った、ノウハウ的な部分もありますが、それよりも「もう一歩二歩踏み込んだディズニーシーの魅力」や、これまでこちらのブログでご紹介してきた様な「細かな雑学」等についても、より深くお伝えできれば…と思って書かせていただきました。

また後程改めてご紹介させていただければと思っておりますが、ほんの少しだけでも、皆さんのお役に立てればうれしいなと思っております。…まだちょっと早いですが、よろしくお願いいたします(^^;)

bb3

…と、言う事で、一年前の発刊から、またまたまさかのそんな状況になるとは思っていなかったのですが、特に多くの方が集まるディズニーリゾートでは、色々な情報を知らないと効率的に動けない事や、せっかくの細かなこだわり等についてもなかなかじっくり見たり、感じたり、楽しんだりする事が難しくなっています。

特に最近はSNSを中心に、「必要以上に溢れる情報」が私達の目の前を、物凄い速さで通過していきます。以前はそうした情報収集の舞台は書籍やテレビであり、その後に登場したのはホームページでした。

…その後、ブログや動画サイト、そして現在では、主にツイッター等で、誰もが気軽にそれらの情報を世界中に発信できる時代になりました。

bb6

しかしながら、その弊害とも言えるのが、溢れ過ぎている情報の中に「必要な情報・欲しい情報が埋もれてしまう事」。

中には「最初から悪意を含んだ情報」もありますが、「善意のつもりが結果的に悪意になってしまった情報」や、真偽不明の情報、複写の複写で元のソースが不明になってしまっているもの…等、様々です。

ただ、それらの発信元を止める事はまず不可能。これまではそうした「情報を受け取る」だけで済んでいましたが、今は溢れる情報の中から「必要な情報を自分で取捨選択する」という事が必要になってきていると思います。

…と、まぁ、そんな事はここで私が偉そうに言うまでもありません(笑)が、多くの情報が溢れる中で、いい意味でも悪い意味でも、「情報に対する動体視力」が過敏になって来ている気がします。

…そんな中で、そうした手間が少しだけでも省けて、少しでも効果的に、そして少しでも効率的に、また、言われないとわからない様なこだわりや楽しみ方…と言う部分で、わずかではありますが、お手伝いができればいいな、と思っております。

…などと、あんまり立派な事を言うと、自分でどんどんハードルを上げてしまうので(笑)これくらいにいたしますが、ちょびっとだけでも気になったり、若しくは「…アイツ、生意気にまたなに書いてんだ?(・ε・)」的な動機でも構いませんので、ぜひよろしくお願いいたしますー(^^;)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■  

「新旧の歴史の跡」が残るアクアダクトブリッジ。

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter

q1

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

さて、ショーやアトラクションだけでなく、各テーマポートの設定やこだわり、細かな造形物などでも私たちを楽しませてくれる東京ディズニーシー。
今年、15周年を迎え、これから「変わりゆくもの」と「ずっと変わらぬもの」がそれぞれたくさん存在します。

そんな中、特に美しい景観にこだわりを持っているディズニーシーについては、誰も気がつかない様な細かな配慮がされている部分も見られます。

…と言う事で、久々の雑学系の今回のお話の場所はメディテレーニアンハーバーからプロメテウス火山に向かう、「アクアダクトブリッジ」。

q7

この石造りの大きな橋を渡る途中、北側にある壁は、上部がボロボロになっています。これはただ経年劣化している様子を表しているのではなく、実はプロメテウス火山の噴火の噴石によるもの…と言う物語があります。

そんなこの橋の上では、この壁沿いのアーチ側の模様の上にある、「隠れミッキー」や「隠れプー」と言われている場所がありますが、こちらを眺める人たちで人だかりができている事も多くありますよね。

そんなこの場所は、ハーバーショーのバージ(船)が出入りをする場所でもあり、ちょっとマニアックな方たちの「お見送りスポット」であったりもいたします。…今回の細かなお話は、その時の橋の「手すり」にあたる端の部分。

q6

ここにはいくつかの「街灯」が立っていますが、このメディテレーニアンハーバーの街灯は、「イタリアに実在する街灯メーカーの本物が使われている」と言うお話は過去にもこちらの記事でいたしました。

上記リンク記事でご紹介しているとおり、その街灯の「メーカー名」が、わざわざゲストから見えない反対側の位置になっている所などは世界観を守ろうとする、非常に細かなこだわりですよね。

実際にこの街灯が建っているこの橋の部分ですが、近づいてよく見るとお分かりの通り、もともとこの橋は「不揃いで粗雑な石やレンガを積み重ねて作られている」という事がわかります。

q5

具体的にこの橋が作られた明確な時代設定はわかりませんが、形や大きさもバラバラの石やレンガの積み方等を見ると、「相当歴史の古い橋」という設定があるのでしょうね。

そんなこの橋ですが、細かなこだわりを感じられるのは、この「乱雑に積まれた石やレンガの部分をいったん壊し、そこにコンクリートの様なもので固めた土台」が作られ、「その上に街灯が建っている」と言う事。また、一度削ったのに場所が悪かったのか、もう一度レンガで埋めた様な跡も見られます。

しかもこれ、橋の内側だけでなく、ゲストがまず見ない、反対側にもしっかり作り込まれています。

q4

ちょっと話が飛びますが、例えばアメリカンウォーターフロントの街灯も「ガス灯」の場所と「電灯」の場所が両方あります。これはちょうどその移り変わりの時代であったため、こうした演出がされているんですね。

こちらのアクアダクトブリッジも、「古い橋だが、その後に手が加えられて新しく街灯が設置された」という「歴史の流れ」が表現されているという事なんでしょうね。

大抵の人がそんな部分までは見る事は無いですし、それを知ったところで特に何もありません(笑)が、ディズニーシーではこうした造形に対するこだわりは非常に力が入っています。

q3

この近くには、少し前にこちらの記事でお伝えした、「溶岩が固まってできた『柱状節理』のあった地面を、切り取って整地している」と言う部分もそうですが、「単に美しい風景」だけではなく、「造形物に時間や歴史の概念をリアルに加える」と言う事で、「時間の幅を持たせる」と言う技術が使われている訳です。

この様にして、時間の経過という幅を持たせる事で、その歴史がより深くなり、美しい風景にも更なる重みが出てくる…という事でもあるのだと思います。

q2

ま、これらも例によって、私が勝手にそう思っているだけ(笑)なんですが、こうした細かな所もディズニーシーらしいこだわりですよね(^^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。


bana-
bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

ラストフライトを迎えたストームライダー。どこに向かって発進…?

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter

s14

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、本日2016年5月16日。今日はディズニーシー15周年が開始して、一か月が経過した記念の日…ではなく、パークファンにとっては忘れられない日。

昨年の発表から常に話題となっていた、TDSポートディスカバリーのアトラクション、「ストームライダー」が本日で運営終了となりました。

…そして驚いたのが先程21:23頃に発生した地震。閉園間際の時間の発生で驚きましたが、現地は点検に入ったものの、なんとかラストフライトは行われそうですね。

写真 2016-05-14 23 04 35

…さて、こちらのクローズについては、ほぼ1年前の発表から、常に様々な所で話題にされてきており、その経緯や、問題点等については、既に多くの方が多くの場所でお話されているので、概ねの内容は皆さんご承知の事と思います。

関連の記事についてはこちらでもお話ししていますので、お時間ある方や、状況を詳しくご存知ない…と言う方はご参照ください(^^;)

写真 2016-05-14 22 58 17

本日はそんなこのクローズに関する個人的なお話を長々と…。最終日の余韻に浸る方が多い中で、グダグダとつまらん事を長々言っていますので、読まれる方はご注意ください(苦笑)

ちょっと長くてウザイので、お暇な方だけ「続きを読む」からご覧ください〜。

(特に私個人的な考えや感想等が多く含まれています。ちょっと批判的な部分もありますので、ご了承のうえ、ご覧ください。)

続きを読む

誰も気がつかない小さな積み重ね。安全・安心への「SCSE」

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter

j6

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、ディズニーシー15周年が開始してから、早いもので間もなく一カ月が経とうとしています。少し前の記事でも触れましたが、今回の15周年イベントはメインコンテンツと呼べるものが少ないためか、この連休も含め、想像以上に空いていた気がします。

ただ、まだ15周年は始まったばかりですので、判断は早いとは思いますが、天候の影響もあり、予想したよりも鈍い客足のスタートとなった様な雰囲気はありますね。

j5

この15周年を盛り上げるために、パーク運営側のキャストやスタッフはそれなりに多くの方が頭を悩ませ、働いているのだと思います。私たちの見えない所でも多くの細かな努力がされているわけですよね。

まだランドの半分にも満たない年月ですが、それでも15周年を迎え、長年歩んできたディズニーシーや、ホテルミラコスタ。それなりの年月が経ち、それなりに修繕や塗り替え等が出てくるのは当然。ミラコスタ外壁の塗り替えや部屋のリニューアルもほぼ終わりに近づきました。

j1

年月の経過とともに、それまで当たり前だった事・モノが、改善したり、取替えられたり…と言う事も増えてきます。

…そんな中、そうした「細かな配慮」を見かけたとっても小さなお話を1つご紹介。ただ「特に15周年のために」と言う事では無いのですが、たまたま見かけたパーク内のワンシーン。

j2

…ひと月ほど前、パーク内のインフォメーションボード前でちょっと待ち合わせをしていた時の事。ミラコスタ通りを抜けてインフォメーションボード近くの位置に、何やらメモを持ちながら地面を眺めているスーツ姿の男性キャストが2名おりました。

たまたまその2人の会話が聞こえる距離だったので、聞き耳を立てていたら、断片的に「ここが…縦方向で…滑るので…」と言う様な話をしており、この周辺にいくつかある「排水溝」の上を、自分の足で滑らせるような動作をしていました。(上の写真の位置。キャストさんは撮影していません。)

j7

そしてその後間もなく、いわゆる作業着姿のキャストが2名やってきて、その現場を確認しながら何やら話をしていました。

その後、私は待ち合わせの友人が来たので、その場を離れたのですが、そして日を改めてまたパークに来て気がついた事。…その時に話をしていた地面の「排水溝のフタの向きが90度方向、変わっていた」のです。

こちらはお察しの通り、パークに入園してミラコスタ通りを抜けて進んでいく場合、排水溝のフタの「網目」が、進行方向になっていたため、誰かがこの上で滑って転倒?したのかもしれませんね。

もちろん基本的に走ってはいけないパーク内ですが、朝の開園後などは、走っていなくても早足や競歩(笑)で進む方はたくさんいますし、走っていなくても滑る事はあります。

j4

実際に誰かが転んだのか、転んではいないのか、それともキャストや社員が気が付いて変えたのかはわかりませんが、少なくともここで危険を感じた方がいたと言うのは事実の様です。

ただ、これもパークが開園してから15年が経っているわけです。これまでここが変えられていなかったのは、「15年もの間、ここで滑った人はいなかった」と言う事なのだと思います。

もし滑っていたのであれば、もっと早々に改善されているでしょうし、当然これらの素材や網目も変わっていたと思われます。

こうした細かな話ですが、少しでもその危険を未然に防ぐため、こうした細かなチェックや点検が私たちの知らない所で想像以上に行われているのでしょうね。

j3

…今回の記事の内容としては、「ただ単に排水溝のフタの向きが変わった」と言うだけ(笑)の、非常に小さくどうでもいい話ではあるのですが、こうした基本的な部分は今でも活きているんだなぁ…と、また少しだけパークが好きになりました(笑)

…多くの方がご存知の通り、パーク運営には、「SCSE」(Safety(安全)、Courtesy(礼儀正しさ)、Show(ショー)、Efficiency(効率)の頭文字)という行動規準があります。

その言葉の並び順はそのまま優先順位を表しているのですが、近年は利益優先で、その優先順位が変わってるんじゃないの〜?なんて話を私はよくしますし、好きだったりいたします(笑)

しかしながら、こうした小さな事ではありますが、「小さな積み重ね」が、より大きな「安心感」と「信頼感」につながっていくんだろうな…なーんて、珍しくポジティブに感じました(笑)

多くのゲストが訪れるパーク。予想していなかった状況になる事もありますし、多くの人が集まれば様々な事が起こります。しかしながら、こうした小さな事ではありますが、細かな配慮と積み重ねがあるおかげで私達は安心・安全にパークを楽しめるんでしょうね(^-^)

…おや?珍しく褒めたたえる内容の記事を書いた自分。きっと次はその逆の事を書くんじゃないの…?なーんて気がしなくもない…??…そういえばストームライダー、あと数日で終わりですねぇ…?←その前振りヤメロ(笑)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

早くも落ち着いた15周年?今後の変化に期待…!

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
q15

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、東京ディズニーシー15周年のアニバーサリーイベントが開始して、約三週間が経過しようとしています。各エンターテイメントの様子なども関連メディアなどで一通り出たかなー?と言う所だと思います。

そんな中で、ここまでで私が個人的に感じた今回の周年イベントの感想…なんていうモノをダラダラと述べてみたいと思います。

ただ、もちろん、これはあくまで「私個人が感じた印象」なので、もちろんそれぞれの皆さんでそれぞれの感じ方があると思います。

あくまで私個人が感じた印象…と、言う事ですので、正直「どうでもいいお話」(笑)です。…お暇な方はご覧いただければと思います。

q14
 
…と、その前に、先日発表された今後のTDRの計画について、前回の記事で触れましたが、当然のごとく皆さんの思い入れや様々な考えがあるのは当然の事。

増えるモノがあれば減るモノもあります。また、何が良くて何がダメ…何ていう事は誰も決められないですし、正解も不正解もありません。

新しいものが出来れば古いものが無くなるのは当然の事ですし、それが寂しくても悲しくても、進んでいってしまうモノは多くあります。

色々なご意見があるのは理解できますが、そうした未来に向けて想像や妄想を膨らますのもTDRの楽しみ方でもあると思うんですよね。

q13

現代の爆発的な情報社会。SNS上での簡易的な意思表示について、良くも悪くも、敏感に様々な反応が起こりえます。

その溢れる情報の中で、自分に有益な情報の取捨選択をしていく時代に入ってきているなぁ…なんて感じています。

併せてそうした情報に対する「様々なスキル」を身につける必要も感じています。…便利だけど難しいですよね(^^;)

…と、ワケのわからない戯言で始まりました(笑)が、「本題」の今回の15周年の感想を。

q12

まずはメインとなるショー、ハーバーで開催中の「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー(以下、CWJ。)」。私の個人的な感想としては、「予想したイメージ通り」と言う印象です。良くも悪くも無い、別の言い方をするならば、「期待以上でもなく、期待以下でもなかった」と言う所でしょうかね?

「何を偉そうに…!(・ε・)」な、感じですが、その理由としては、アニバーサリーのメインショーとしては、若干物足りなさが残る気もいたします。(繰り返しますが、あくまで個人的な意見です。)

q3

その前に、これまでも何度か触れていますが、昨年の春に「ミッキー広場の新ステージ」や、「ザンビーニブラザーズ前のステージ」が新しくできた事によって、当然見やすく、便利になりました。

ただ、これ逆に言うと、このハーバーショーの「全体の形がほぼ固定されてしまった」と言う所にもあると思います。

水上ショーの基本的な形態としては、「キャラクターが船又は徒歩で登場」し、「各エリアに接岸して上陸」、「ダンスなどを繰り返して移動」して、そして「最後に船に乗って帰っていく」と言う形です。

q2

もちろん、これが悪いと言うわけでは無いのですが、ステージが決まっているので、「どのハーバーショーでも、ほぼ似た様な形」になってしまった…と言う所があり、その辺が「予想の上でもなく、下でもない」と言う理由なのかなと勝手に思います。
 
また、今回は「クリスタル」が、15周年のキーアイテムとなっています。この15周年開始に先立って、2015年11月に開催されたファンイベント、「D23 Expo Japan 2015」の特別ステージでは、各キャラクターにこのクリスタルが渡される…と言う演出がありました。

q1

そこから現在のショーにつながっている…という物語はあるものの、このファンイベントは正直、相当のマニア的な方でないと、ほぼ興味を持っていないと言ってもいいイベントでもあります。

これ、結果的に「いわゆる一般層のゲストにはそんな事は全く知られていない」という事なんですよね。せっかくそうした流れがあるのだから、そのあたりの展開のフォローもあるといいんですけどね。

また、今回のこのCWJでは、このクリスタルを「なぜ各キャラクターが持っているのか」、そして途中で「願いを集めたクリスタルが各キャラクターの乗る船に差し込まれて船の仕掛けが動く」場面がありますが、この辺の流れも正直ちょっとよくわからないなぁ…と言う印象もあります。

q5

また、ショー冒頭で各キャラクター達がセリフを喋りますが、その場面で「誰も行き先を知らない」と言う展開からショーがスタートしますが、この辺もちょっと拍子抜けしてしまう様な雰囲気も感じます(^^;)

…ちなみに全キャラのセリフを紹介した記事がこちらにありますのでご参考に(^^;)→「【TDS15周年】「クリスタル・ウイッシュ・ジャーニー」完全ガイド ストーリー&キャラのセリフ全掲載」

q4

そして、せっかくパークの入り口には立派な船のオブジェ、「ウイングオブウイッシュ号」があるのに、このCWJとは全く関係ないと言うのももったいない気がします(^^;)この船がショーに登場してきたら「おおーっ!( ̄□ ̄;)」ってなりそうなんですけどねー。

そして、パーク内には今回「クリスタルポイント」と言うものがいくつかありますが、このアイテムに関しても、何かCWJのショーの中でも絡める様な場面があってもよかったのかな〜?なんて気もいたします。

q6

細かな話、10周年の時にも、これと似た様な「マジカルワンド」があって、同じ様に光を集めると言うものがありましたが、この時は光を集めたら最後にメダルと交換できる、と言うものでした。

今回は基本的な形は同じではありますが、集めても最後にミッキーの「メッセージがもらえる(しかも一回だけ)」、と言うもので、もう少し一捻りあっても良かったのではないかなー?と、言う気もいたします。

q7

夜のハーバーショー、「ファンタズミック!」と連動して光るのは面白いと思いますが、用途にもう少し幅があってもいいのかな、なんて思います。同じ様な形は、ランドのエレクトリカルパレードに連動する、「マジカルドリームライト」で、過去に行っています。

ただ、こちらもまだ浸透しきれていない中で、これらの光グッズが「両パークでは兼用(同調しない)できない」と言うのも、もうちょっと考えれば面白かったのになぁ…とも思います。リピートのきっかけになると思うんですけどねー。

q9
 
…また、ちょっと変わった方法で、例えば、昼間のショーなので光の連動はちょっと見えないと思いますが、CWJでも反応するとか、何か変わった効果がある…と言うのも面白いと思うんですけどね。

そう考えると、前述した様に、例えば15周年イベント中盤〜後半には、「夕方から夜のCWJ」が開催されて、このクリスタルコンパスが連動する…なんて言うのもちょっと面白いんじゃないですかね?
 
そして、パーク全体的な部分でありますが、メディテレーニアンハーバーや各クリスタルポイント、そして各エリアにちょっとだけされている15周年のデコレーションがあります。

…ただ、これも実際はそこだけで、「他のエリアで15周年を感じる」のはそのデコレーションされている部分だけなんですよね。

q8
他には、15周年企画としては、「ビックバンドビート」のリニューアル。こちらはかなり成功していると思います。しかし、具体的には、後は7月に行われる「アウトオブ・シャドーランド」だけ…と言う、現実的にはそんな部分があります。
 
そしてそれどころか、アニバーサリーがスタートしたばかりで、まさに「真っ最中」なのに、「ストームライダー」がクローズしてしまうと言う事実。

…これ、普通に考えて、アニバーサリーイベントがスタートして1ヶ月後にそれなりの人気アトラクションがクローズしてしまう…と言うのは、どうなんでしょうかね?

ちょっと意地悪な言い方をしてしまえば、「人気アトラクションのクローズと言うコンテンツ」を、「周年イベントの集客企画として使っている」様なイメージがあり、これは「パーク運営側自身が、集客できるコンテンツが少ない」と言う事を、逆によく理解している…と言う様にも感じられます。

ま、これは正直かなり穿った見方なのかもしれませんが、そんなに的外れでは無い様な気もします(^^;)

q10
…まあ確かに、ワケもわからず、そこら中にゴテゴテとした派手なデコレーションがあれば良い!と言うワケではありませんが、ディズニーランドでは9つのアトモスショーが新登場するのに対し、シーでは、現在は数えるほどしかアトモスショーが残っていません。
 
今後の15周年の年間スケジュールを見ても、この後は恒例の夏イベント、そしてハロウィーン、クリスマスと続きますが、「15周年の雰囲気の中で、いつもの季節イベントが行われている」と言う感じなんですよね。

もちろんそれなりの人気で、それなりの人は集まるのだとは思いますが、せっかくの周年イベントですから、もうちょっとアニバーサリーならではの特別ないくつかのコンテンツや変わった企画があっても良かったのではないのかなー?という気がいたしますが…どうでしょうかね?

q11

…そんな中でも、常に進化し続けるTDR。今回発表された様々な将来像についてはまさかのサプライズ的な要素も多く含んでいました。

これまでも大きな変化や進化を遂げてきたパーク。今回スタートした15周年は思ったよりも落ち着いたスタートになった印象もありますが、まだ開始したばかり。

まだまだこれからも驚きの展開や発表がされていくといいんですけどね(^-^)

何か「大きな隠し玉」がこれから登場する事に期待したいですね(笑)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

↓当ブログ管理者が
執筆した本です↓








■■ブログご紹介■■


ご覧いただきありがとうございます!このブログはディズニーリゾートに関する雑学やバックグラウンドストーリー等について、思いつくままに書き込んでいます。

もうひとつの攻略系ブログ、「TDRハック」(更新情報アカウント→@tdrhack )も執筆中です。こちらもどうぞ!

管理者へのご連絡はコメント欄からお願いします(認証が必要です。)


■■MyblogList■■
■■■月別情報■■■
Categories
■■QRコード■■
QRコード



クリックしてランキングを確認!
↑blogランキング参加中↑
一日一回クリックにご協力を


TDR周辺のホテル情報






にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
ブログ村 テーマパーク・遊園地









  • ライブドアブログ