TDRな生活(-_-).。oOO

東京ディズニーリゾートについての裏技・雑学&どうでもいい話や裏話をパークで撮った写真を交えてテキトウ&勝手に語りますφ(.. )パークへの希望&妄想多めです``r(^^;)(「月別情報」から過去の情報も見れます)ダラダラと更新してますφ(.. )

夏休み真っ盛り。迫りくる「異世界のモンスター」の脅威…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
a4

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、いよいよ7月も後半。本格的に夏休みが開始となりました。遠方から多くのゲストが訪れる長期休暇。今はまだそれほどでもないですが、これからはアトラクションの混雑が中心になってくるでしょうね。


特に今年は8月11日(木)が「山の日」の祝日。学生さんにはあまり関係ない?ですが、社会人にとっては嬉しいお休みですよね(^.^)このあたりからお盆にかけてが混雑してくる感じでしょうか?

a5
 

例年夏休みはそれなりに混みますが、入園制限クラスになる事は近年では無く、ずっと土曜日の混み具合が続いている…という感じですが、この祝日で、今年はちょっと違った雰囲気になるかも…ですね。

TDSは15周年が開催中で、最近の混雑状況を見ていると、ランドよりもシーの方がゲストが多くなっている気がします。やはりその内容はともかくとしても、アニバーサリーの効果は大きいですね。


a6


特にこの夏休みのTDRはポケモン探しも併せてできるという事で、楽しみ方も倍になる(?)とも言えるかもしれませんね(苦笑)…ただ、前にも書きましたが、やはり非現実の世界を楽しむTDR内では、スマホ弄りもいいですが、その世界感をしっかり楽しみたいものです。

…と、いいつつも、目の前に山ほどポケストップやらジムやらがあり、更に待ち時間が長いパーク内ですから、現実的にはやるなと言う方が無理…とも言えるでしょうねー。


a8
 

関連のニュースで、原発の立ち入り禁止区域にもこれらが設定されており、削除要請が出された、なんていう話がありますが、他の制限区域では許可を得て立ち入りできる場所は削除しない…というスタンスらしく、今後も色々問題はありそうです。

ちなみにこのポケストップって、普通に立ち入りできない場所にも結構設定されている事が多いですよね。どう考えてもがっちり立ち入り禁止の場所にもあるのってどうなんですかねー?…まあ何事も程々に…と、言う所でしょうか。


a9

…と、いう事で記事の写真とは全然違う話になっちゃいましたが、この記事の写真はディズニーホテル宿泊者の特典である、アーリーエントリーで一足早くランドに入った時の様子。

少し前の時の様子で、まだポケモンなんちゃらなんて話題にもなっていなかった時の様子です(笑)…夏休み前の空いている時期で、さらにアーリーだったので、朝一番のガラガラの様子です。


a10
 

これから混雑する夏休み。特に遠方からのゲストが増えるこの時期はアトラクション利用の方が増えるので、ありがたいサービス。…思えば以前の夏祭りのショー開始当初は、中央鑑賞エリアが「早い者勝ち」状態でしたのでこのアーリーもかなり殺気立っていました。そのために様々な手段を講じる方…なんていうのも話題になっていましたよね。

また、城前でキッズ向けの「おんどこどん」の開催もありましたが、今年は同様のプログラムが特にありません。まあ、こちらは熱中症の危険もありましたし、キッズ向けといいながらも、大人の方も多かったですしね。…今年はこれらが無いために、おかげでアーリーもだいぶ落ち着いた様子になっている気もします。

TDSのトロスプは濡れるためのミッキー広場先頭や、リドアイル等のいいエリアはアーリーでないとなかなか場所取りが厳しいですが、現在のランドは早く入園して、どうしても場所取りしたいスポットというのが特に無いので、アーリー入園の方もそれほどの勢いはなく、穏やかな感じです。…本来はこういう形であるべきなんでしょうね。


a3
 

ただ、逆に言うと、現在のランドはこのアーリー対象アトラクションが少し前までは「スティッチエンカウンター」でしたが、現在は「モンスターズインク」に変更になっています。

もちろんこちらも今でもそれなりの人気のアトラクションですが、今年の夏のランドは、全体的に特に新しい要素がなく、このアーリーで受けられるメリットがちょっと少なくて、なんだかサミシイ雰囲気もあるかな…と言う気もします。

…しかし、このあたりの企画運営も中々難しい所ですよね。一気に人が集まる様な人気企画があれば大勢のゲストが集まりますが、それに併せて場所取りの混乱の弊害もあります。そうした部分から考えると、先着順という企画がしにくく、どうしても様子がわかっている昨年と同じ企画に…なんていう部分になってしまうのもわからなくはない気もします。


a11
 

それでなくても近年は様々な意見が誇張されたり、敏感に拡散してしまう時代。特にネガティブな話は伝わりやすいですからね。性別や年齢だけでなく、国や文化が異なる不特定多数が集まるTDRは特にそうした部分への対応や対処が注目が集まりやすいですからね。

特にこの夏はTDRの中で、パークを楽しみながらも「違う目的」も持ちながらやってくるゲストが多くなるのは確実。これを止める事はできませんが、一人一人が自覚を持って周りも気遣いながら楽しみたいものですね(^.^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

「ポケモンGO」配信で、異世界のモンスターが侵略開始…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
p000

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、久々のブログ更新。最近はサボり癖が…( ̄∀ ̄;)

…と、言う事で、夏イベントが開始してから二週間が経過したTDRですが、話題はやっぱり夏イベントのショー!…と言いたい所ですが、都知事選に話題を持って行かれ…いや、それよりもすっかりメディアの話題の中心となっているのは「ポケモンGO」。

その人気や注目度については今更ここで触れる事もありませんのでスパッと省きますが、私もちょっと興味深かったので実はちょっとやってみました(´∀`; )>…そもそもあんまりスマホゲームはやらないタイプで、ツムツムも放置されたまま、ハートが現在700個近くまで貯まっているという感じの私なんですけどね(笑)

このポケモンGO、ゲーム自体の仕組みも面白いですが、現実世界と結びつけると言う、これまでありそうで無かったシステムは今後もエンターテイメントだけでなく、色々な分野で活用されそうで、楽しみですよね。

…ただ、できれば個人的には、こうした斬新な仕組みは任天堂やポケモンよりも、ディズニーの方で先にやってほしかったなー、なんて気もしますよねー。


p001

…と、言う事で、まだ私自身はこのゲームのやりかたさえもイマイチ良くわかっておらず、とりあえずダウンロードして行ってみた…という、超シロウトレベルなのですが、そんな感じで舞浜に行ってきました(笑)(本記事の写真は同ゲーム画面のスクリーンショットを引用しています。)

ただ、今日はイクスピアリで買いものと食事だけだったので、直接パークにはインはしませんでしたが、いわゆる「ポケストップ」(アイテムがもらえるポイント。この記事の写真の位置。)の存在位置や名称は、近くまで行けば確認ができるので、パーク内に入らなくても舞浜駅やイクスピアリ、パークの駅側部分等は確認ができる状態でした。

ただ、ご覧のとおり、写真が古かったり、明らかにアトラクション途中じゃないと見つけられない場所だったり、何より名称がちょっとおかしかったり…?

…で、実際に舞浜駅やイクスピアリ周辺のポイントはほぼ全て回ったのですが…まぁ、確かにこれは実際にやってみると、ポケストップ巡りに没頭してしまいますねー(笑)

p002

とりあえず今日はパークの中には入りませんでしたが、あちこちで話題になっているのが、このパーク内でのポケモン&ポケストップ探し。改めて言うまでもありませんが、ディズニーのテーマパーク内に、全く異なる世界観…というか、ある意味、ライベル的存在でもある他のアニメーションのキャラクターが堂々と存在している訳ですからね。

ただ、現実的に難しいのが、パーク内に「物理的に何かが置かれている訳ではない」と言う部分。パークの敷地内はもちろん私有地である訳ですが、ここにバーチャル上で何かを置く…という行為については規制等ができるのか、中々難しい所ですよね。

p003

もちろん、だからと言って何でもいい訳ではありませんが、実際に私もかなり気を付けているつもりでも、スマホを持ってうろうろしている時、はっとする瞬間もあったり、ちょっと危ないな…と思う瞬間は結構ありました。

設定を変えれば画面を下に向けている間はディスプレイ表示が消えて、ポケモンが出てきた時はスマホが震えて教えてくれる…という機能がありますが、やはり分かっていてもスマホを見てしまう事が多かった気がします。

…このあたりはもう個人の認識に任せるしかないとは思うのですが、もちろんそうした危険性ももちろんですが、やはりパーク内でこれらを探すのに夢中になっている姿というのは違和感が無いと行ったら嘘になるでしょうね。

p004

ただ、現実的にパーク内ではたくさん歩く(プレイヤーが現実世界で歩くとタマゴが育つ等)訳ですし、外の世界に比べれば車や自転車がないので比較的安全でもあり、良い悪いについては関係なく考えると、パークで遊びながら探せるワケで、「ポケモンGOに最適な環境」とも言えなくもないと思います。

ただ、誤解の無い様にお伝えしておきますが、私自身は「パーク内にはこうしたスポット等は置くべきではないと思う派」です。それはやはりTDR特別な空間であって欲しいですし、現実世界とは区別すべきでは…と思うからです。

ただ、反面、待ち時間も多く、常に何をするにも並ぶ事の多いパーク内では、やはりそう思っていても目の前にそうしたスポットがあるならばやっぱりスマホを弄ってしまうと思うんですよね。

p005

もう、そうしたスマホを見る暇もないほど、待ち時間も無く、魅力満載で楽しいパークにしてしまえばいいのでは?…と言いたい所ですが、現実的にはそうは行かないでしょうからね…。

…これまでの流れを見ると、某西のテーマパークは任天堂のテーマエリア等の建設も既に発表していますし、「ポケモンGO」に関して、今後も確実に積極的に何らかの企画をしてくるのは確実だと思われます。

さすがに舞浜では積極的に行う事は不可能なはずですが、まさか「絶対的な聖地」とも言えるこの場所に、こんな形で「他社のキャラクターの侵攻」を受ける事になるとは驚きですよね。

p006

…最終的には、パーク側が禁止等の措置を取る(現実的には不可能だと思いますが)等をしない限りは、利用者がモラルとマナーを守って迷惑をかけない様に節度を持って楽しむ…と、言う優等生の模範解答しかできないと思うのですが、これからゲストが増える夏休み、何事も無ければいいんですけどね。

…もういっその事、パークも対抗して同じ様なアプリ作って、強そうなディズニーキャラをいっぱい登場させて、ポケモンと戦わせちゃう!…なんていうのはどうですかね?(笑)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

一方が上がるけど、一方が下がる顧客満足度…?

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
r7

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、ミッキーなどのキャラクターが登場するのはイベント開始当初のわずかな期間だけで、後は壁やら床やら、わけのわからないところばかりを題材にするこちらのブログ。

変なところばかりを扱うのが特徴でもあったりするのですが、特になかなか見られない場面やシーンというのがとても大好物だったりいたします。…ま、だからといって、すごく貴重な場面!と言うわけでもなかったりするんですけどね(笑)

そんな中、今回はちょっとだけ珍しいかもしれない?写真。こちらは早朝の始発電車が動き出す前の東京ディズニーシーステーションの駅舎内の様子。 

r6

この日はアトラクションを重視したい友人と、早朝からできるだけ前の方に並ぶ予定だったので、早々にパークに到着した時の様子です。

車で来園する場合、詳しい方はご承知の通り、TDSの隣接立体駐車場のオープンと、歩行者用ゲートがオープンする時間が異なる時があり、車でものすごく早く到着していても、駐車場ゲートがまだ空いていない場合があります。

このあたりは、どちらが何時に開門…と言う事が、どこかに記載されるとありがたいんですけどね。…ま、ただ正直、そんなにガチで深夜早朝から並ぶと言うのは限られた一部の方ですので、一般的に求められている需要では無いので、現実的には仕方無いところでしょうね。

r4

…と、そんな中、まだ動き始めていないリゾートライン駅舎の券売機はご覧の通りシャッターが降りており、改札口にもシャッターが降りています。照明も基本的な部分だけで、案内や広告の照明もついていない状態です。

…言うことで、結果、かなり前の方に並べたわけですが、別にショーの場所取りではなく、普通にアトラクション三昧のために久々にこんな早朝に到着したのでちょっとついでに写真を撮りに、ここまで来ました(笑)

そうした中で、気になるのは、既にグランドオープンした東京ディズニーセレブレーションホテル。

r5

こちらは6月のオープンから、既に一カ月ちょっとが経過。間もなく本格的な夏休みとなりますが、意外に週末や夏休みでも空室があるように見えます。

ただ、こちらはまだ浸透していない部分もありますし、これから夏休みに入るとその需要はさすがに上がってくるでしょうね。

こちらのホテルはアーリーの特典はあるものの、やはりその立地がポイントになっているのではないでしょうか。隣接しているディズニーホテル、または近い位置にあるオフィシャルホテルについては、例えば、宿泊翌日に朝からパークに行ったとしても、戻ってきて少しゆっくりする時間があります。

また、宿泊初日も、ホテルにチェックインして休憩した後に夜にまたパークに遊びに行くと言うことが可能です。対してこの新しくオープンしたセレブレーションホテルは、パークからバスで15分の距離にはあるものの、やはり隣接ではないので、気軽に何度も行き来ができない不便さはある様に思えます。

また、翌日のアーリーの時間も、モタモタしていると、既に入園が開始してしまう…と言う事も考えられるのではないのかと思います。既に利用は開始していますが、現在はまだ比較的空いている時期でもあります。

これからのお盆や秋の混雑時期にはどうなるか、ちょっと気になりますよね。 

 r2

そしてもう一つの懸念は、このアーリー対象ゲストの増加によって、一般ゲストに影響がどれぐらいあるのかと言う事。

例えば現在でも人気の「トイ・ストーリー・マニア!」は、アーリーゲストが多いため、一般入園の場合、かなり早めにアトラクションについたとしても、既に待ち時間が40分〜60分位になっている事がほとんどです。

この現在の状況に加えて、新しいホテルのゲストが加わるわけですから、一般入園のゲストは物理的に更に待ち時間が伸び、ファストパスの発券に時間がかかるのは当然。

この辺を考えて、6月1日からアーリー入園でも対応可能なアトラクションとして、「タワー・オブ・テラー」が増やされました。ただ、こちらも春のキャンパスでシーズンはそれなりの需要がありそうですが、普段の時期はそれほど効果的とは言えないかもしれませんね。

r1

ま、実際の所、現在はまだ繁忙期ではないですし、混雑時期が始まってみないとわからない部分は多いと思いますが、TOTがアーリー対象アトラクションに追加されたのはホテルのゲストが増えるということを想定しているからであるのは間違いありません。

…4月末に発表されたオリエンタルランドの2016年3月決算概要では、前年同期比で若干のゲストの落ち込みが見られました。まぁ全体的な収益から見ればそれほど大きな問題では無いと思いますが、やはり気になるのは顧客満足度について。

…できるだけ早くパークに行って、急いでアトラクションに着いたけど既に待ち時間が1時間以上だった…となった場合、「…え?なにそれ…?」となるのはごく当たり前の感情。近年はこうしたアトラクションの待ち時間が伸びれば伸びるほど、アーリーやバケーションパッケージの時間指定なしのファストパスの価値が上がると言う循環になっています。

r9

これはこれでアーリーやバケパの付加価値と言う意味では非常にいいのだと思いますが、この辺はあまりやりすぎてしまうと「アーリーやバケパの価値が上がる」というよりも、「一般入園者の満足度が下がる」という結果に結びつきやすくなる可能性もあります。

どちらも両方満足度を上げるのはかなり難しいと思いますが、一方では上がってももう一方で下がってしまった、意味が無いですからね。 

1人や少ない人数でブラブラとパークに来る時はあまり感じませんが、ワンデーの友人とパークに来た時に感じるのは、ショーやアトラクション、ファストパスの時間、プライオリティシーティングのレストランの時間…など、近年はレストランの事前予約も含めて、「非常に時間に縛られる窮屈な思い」をする事が増えてきた様な印象もあります。

もちろん、快適に過ごすためにはある程度の時間指定は絶対必要なものではあるとは思いますが、非現実の世界でもあるパークになのに、非常に時間を気にしながらなければならない、と言う部分はもう少し解消されるといいんですけどね。

まぁ、こればかりはどうやってもいろいろな弊害もありますし、どちらがいいかと言う事は言い切れないところもあると思いますが、もう少し気持ちの余裕ができるパークもいいですよね(^-^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 

一足先に夏が来た…?TDR夏のイベントがいよいよ開始に。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
n2

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、最近は主にツイッターのおかけで情報の伝達速度と言うのは「ほぼリアルタイム」になっており、今、これを改めて言う事が「既に古い情報」の様な錯覚にさえ感じてしまいますが、皆様既にご承知の通り、本日7月8日の金曜日、明日から本番の東京ディズニーリゾート夏のスペシャルイベントを前に、プレス向けのプレビューが行われました。

今回はランドの恒例、夏のスペシャルイベント「ディズニー夏祭り」と、シーの「ディズニー・サマーフェスティバル」が行われました。

n1

実際は9日の土曜日が正式スタートですので、例によって詳しい状況はあまり触れません…と言いたい所ですが、最近は特にTwitterの普及で、「ネタバレ」と言う言葉自体が既に死語になりつつあるのかな…という気もいたします。

まぁ確かにパーク側が情報の拡散を禁止している訳ではなく、「パークに来て、目の前で行われている事をつぶやく」という行為自体が、現代では普通と言える場合が大半ですので、その辺はなかなか難しいところですよね。(もちろんそれがそぐわない場合もありますが。)

例えば、今日のランドの夏祭り、「彩涼華舞」を見て、「まさかこの音楽が使われているなんて!」と言う場面があり、「でも、まだ詳しくは伏せておこう」と思った瞬間、すぐタイムラインにバッチリ流れてきていましたからね(苦笑)

n3

もちろんこれは、良いとか悪いとかの問題ではなく、もう自分が知りたくないのならTwitterもインターネットも一切開かないようにするしかないのかなと言う感じですよね。

…と、言う事で、何を言って何を言わないのかが既によくわからなくなっておりますし、大きくネタバレしているところもあるのですが、何となくぼやーんと、全体の概要について触れたいと思います。

シーのトロピカルスプラッシュに関して、「まずは一安心(?)」と言うのは「ミニーの声」。ただ、これショー中のセリフ自体は、前回とさほど変わっていないので、間に合ったのか間に合わなかったのかはちょっと微妙なところですかね…。いずれはやってくる事ですが、受け入れられるまで、少し心の準備をする余裕はありそうです。

n4

トロピカルスプラッシュ自体は、バナナダンスが新しくなっていたりという部分はありますが、基本的なショー形態には大きな変更はなく、最初と最後にホセキャリオカとパンチートが登場するという形になっています。

ショーが始まる前に2人がハーバーに出てきてセリフがあるのですが、ちょっとこのあたりの意味がわかりにくいかな…?と言う気もします。もうちょっとわかりやすくしたほうが良いのではないでしょうかね。

そしてランドの新しい夏祭り、「彩涼華舞」。こちらは「今までの夏祭りの集大成」と言う雰囲気もある形になりました。ショー冒頭では、これまでの夏祭りの歴史が簡単に語られます。

n7

こちらはファンにとってはその場面がすぐに頭に浮かぶくらい懐かしいのですが、逆に初めてこのショーを見る方にとっては何のことやらさっぱり?と言う所もあるでしょうね。このあたりのバランスが難しい…。

…そしてショー終盤に登場するこれまでの各夏祭りのショーの振りや音楽。…今日の初回公演の時、このシーンは周りが感激でざわつく位の懐かしさと思いが伝わる感じでした。「オタ心」をよくわかっているな〜!と感じました(笑)

ただ、今回は「チームが全部一緒」になったと言う事もあり、全体的にショーの抑揚が無いので、ちょっとシンプルに収まっている感じではありますね。

n6

ショーの音楽の効果等はヲタにはたまらないかもしれませんが、エンターテイメントとしては、「単に水を撒く」と言う形になってしまった様な印象も受けます。…どうせなら昨年までのバトルの感じの方が盛り上がるとは思うんですけどね。…ただ、やはり大人気だった爽涼鼓舞などの曲が流れると、うるっと来ちゃいそうです。

それと話は変わって、細かな所では、シーの「SSコロンビア号」のデッキで、期間限定のビールなどが飲めるカウンターが登場しています。

更にはここにはアトモスとして船に乗っている「乗客の女性」と「マジシャン」、そして「アコーディオン奏者」がランダム(同時もあり)に登場する形になっています。

n5

マジシャンの名前は「ロバート」。マジックは異なるパターンを何回か見ましたが、結構本格的。そのまま外でお仕事した方が良いのでは?と言う、冗談半分本気半分?の素晴らしいものでした。

女性は名前は「カトリーヌ」。特に何かをパフォーマンスするわけでは無いのですが、ゲストとおしゃべりをしながら絡んでくれます。シンプルですが、彼女のアドリブが1番大変ですよね。

そして「ベン」と言うアコーディオン奏者。ニコニコ笑顔で演奏する姿はなかなか格好良く、あまり喋りませんが、実は「声」がすごく素敵なんですよね。もちろん常にこの人かどうかはわかりませんが。

n8

これまでこの場所を通った事がある方はお分かりの通り、このコロンビア号のデッキ部分はこれまで立ち入りができず、なんだかもったいないスペースだな…と思っていた事はありますよね。

もちろん基本、屋外なので暑い日はちょっと大変かもしれませんが、この場所や船の甲板でビールを飲みながら過ごす時間と言うのはこれまでになかった素敵な経験になるかも知れませんね。(少し前に某テレビで見ましたが、あれにヒントを得たのかな?)

ただ、とても残念なのはここで提供されるビールが紙コップである事。これ、公式の案内だと透明のカップなので、ちょっと軽い詐欺じゃないの〜?と思うレベルでなんだか味気ない感じです(-_-;)

n9

それとこちらのデッキのベンチは非常に数が少なく、場所も比較的狭い事。週末のいい時間になると、人で溢れてしまって独特の静かな雰囲気が味わえなくなってしまうのではないかなー?なんて言う懸念もちょっとだけあります。

あ、それとなんだか、シーの15周年のアニバーサリーの雰囲気があまり感じられないかなぁ…なんて所もちょっと気になる所でしょうかね?(…あ、ジェラトーニの絵とか見るの忘れた…( ̄□ ̄;)←本気で忘れた(笑))

…と言う事で、簡単ではありましたが、熱イベントの一部をご紹介させていただきました。いよいよ始まる、54日間の夏のスペシャルイベント。今年はどんな夏になるのでしょうかね。

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪
blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

未開の奥地の飲料水は命がけ?暗闇に紛れた小さなジョーク。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
bb8

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

…さて、最近かなりサボり気味のこちらのブログ。通常の記事は一週間…いや、10日くらい放置するのが当たり前になりつつありますが、色々ありまして、更に放置してしまいました(-_-;)そんな中、ご迷惑並びにご心配おかけいたしますが、今後もよろしくお願いいたします(-_-) 


…さて、しばらく止まっていたブログの通常記事をひとつ。今回もいつものとおり、ちょっと細かいネタです。

ショーやアトラクション以外にも様々なこだわりでゲストを楽しませてくれる東京ディズニーリゾート。大小様々なアトラクションがありますが、特に大型アトラクションについては非常に細かなバックグラウンドストーリーなどが設定されている印象があります。


これまでも色々と調べて参りましたが、その他にもなかなか興味深いのが「インディージョーンズアドベンチャー」。TOTほどで細かくは無いですが、このインディージョーンズにもいろいろ細かな物語があって楽しませてくれます。

bb7

そんな中、メインの物語に直接は関係無いのですが、その背景や物語を補完し、雰囲気を一層盛り上げるための「小さな物語」と言うものも多く存在します。
 

例えば、これまでにもご紹介したインディー建物内部の「博士の机の上の新聞記事」や、その手前に置かれた「ナショナルの電球」などもそうですが、今回はこのエリアにある、ちょっとしたジョークというかその物語の背景が浮かぶ小さなこだわりについてご紹介。

bb1

 この博士の机があるエリアは、現実的にはファストパスの回収エリアであり、ここでスタンバイとファストパス、そしてシングルライダーの列が別れたり、整理されたりします。

そのため、ここはどうしてもゲストが留まりやすい場所と言う事もあり、待ち時間を退屈させないための細かなこだわりが置かれている所でもあるのですね。ゲストを少しでも退屈させない、こうした配慮と言うのはディズニーらしい所です。


bb5

そんなこのファストパスの回収場所ですが、ここで列が進行方向から大きく右側にカーブをします。その時、ほぼ真ん中付近の通路には「水飲み場」が置かれています。


ご存知、そのテーマエリアや雰囲気に合わせた水飲み場が設置されているのが特徴のディズニーリゾートですが、このインディーの中の水飲み場はさらにちょっとまた違います。

bb4
 

この水飲み場は、「大きな樽」から「管」が引っ張られ、その先が水飲み場になっています。そしてこの樽には大きく、「WATER」と言う文字が書かれています。

これはもちろんそのまんまですが、「樽に水を入れている」と言う事なわけですが、この樽の上部に書かれた文字をよく見てみると、「WHISKEY」とも書かれいます。水の前にはウイスキーが入っていたのですね。

…と、それだけでもちょっと面白いのですが、この樽、良く見てみると、更にその上には「×印」がされた文字が書かれています。これは樽の上部分に書かれており、見にくいのですが、「PETROLEO」と書かれています。

これ、「PETROLEO」とは実は、スペイン語で「石油」の事。察する所、もともとは石油を入れていた樽を水のタンクにして使っている…と言う事なんでしょうね。

bb2

ま、通常であれば、そんな事は普通絶対しないと思いますが、ここは物資のまだまだ少ない1930年代の中央アメリカの奥地。そのため、こうした様々な「物資を無駄なく利用をしている」と言うことなのでしょうね。まあ、しかし、石油が入っていた樽に入っている水は、ちょっと飲むのは…イヤですよね〜( ̄∀ ̄;)(笑)
 

そしてその水飲み場のすぐ右下に置かれた木箱には、他の場所では見られない、「ちょっと変わったタイプの木箱」があります。この箱の脇を見てみると、空気取りの様な穴が開いており、横には「LIVE ANIMALS」と書かれており、なにやら生きた動物が入っていると書かれています。また、「危険なので触るな!」とも書かれていますね。

bb3

…念のためここで耳をすませてみましたが、鳴き声等は残念ながら確認できませんでしたが、これは発掘作業のために送られた動物なのか、ここで捕獲された動物なのか、もしくは食料となる動物なのか…?想像が膨らみますね。(水道が固定されている所を見ると、過去に入っていた…という事の様ですが。)

又は、この神殿の発掘が非常に危険な事はインディ博士も十分理解しているので、例えば「毒ガス」や「罠」などを探るための小動物などが入っているのかもしれませんね。(まあ、小動物ならば危険ではないと思いますが…。)

bb6

ちなみにこの通路周辺は、ご存知の通り照明が非常に暗く、これらの文字も確認しようと思わなければ、まずそう簡単には見られるものではありません。

 こうした見えないところにも本当によく作り込みがされているんですよね。…まだまだ新しい発見があるディズニーシー。こうしたこだわりはまだまだきっとたくさん隠れているのでしょうね。

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

発刊させていただいた著書の件について

今回発刊させていただいた著書で、話題になっている件についてお話させていただきます。

ご指摘頂いているサイトなどの内容については事実と異なり、すぐにお話させていただきたい部分がありましたが、書籍として発刊されているものであり、私個人的の考えだけで迅速に対応する事ができなかった経緯があります。この部分につきまして、お詫びさせていただくとともに、ご承知おきくださればと存じます。

まず、ご指摘を頂いている全体的な部分ですが、書籍の冒頭でもお話しさせていただいております通り、著書の内容は基本的に自身で現地で調べたものを基本に構成しております。しかしながら、そこに至る過程で、公式ホームページ等の基本的情報や、インターネット上の情報を元にして取材を行っている部分も存在します。

ただ、基本的にはこれらの情報を「きっかけ」としている部分はありますが、これまで約12年間のブログ運営の他、ライター活動等を行ってきた経験・教訓から、発信する情報の裏付けは現地で確実に行う様にしており、書籍の中で、多媒体等から丸ごと引用を行うと言う事は決していたしておりません事を、まずご理解くださればと思います。

(2016.7.7 記事を分割しました)

続きを読む

溶岩洞窟に使われている、「光」と「陰」の巧みな演出。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
2c175a86

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


アトラクションやショーだけでなく、細かなこだわりでも私たちを楽しませてくれる東京ディズニーリゾート。誰もが気にしない様な細かい部分まで作り込まれているのが魅力のひとつでもあります。

中でもそんな様々な造形物や見え方、表現の仕方等に深いこだわりがあるのが、ディズニーシー。美しいその景観だけでなく、細かなこだわりでも私達を楽しませてくれます。今回はそんないつもの細か〜いお話をひとつご紹介。

d5abcad1

…パークでは「見せたいものを効果的に見せ」、「見せたくない物を上手く隠す」という、視線のコントロールと言うテクニックが使われている事は今までも何度かお話ししました。…ひとつ、わかりやすい例をあげるならば、TDL、ウエスタンリバー鉄道の第二の駅等でしょうかね。

そんな中、今回はちょっと似た話?で、プロメテウス火山の下を通って、左方向、「センター・オブ・ジ・アース」の方向に向かう時の小さな小さなこだわり。

cJcz3w2XuquE6431466735571_1466735736

この大きな溶岩洞窟を通る時、恐らくほとんどの方が、この周辺には特に何もなかったよなぁ…とお感じなのではないかと思います。途中に「水飲み場」と「消火器」「消火栓」があった位はなんとなくお分かりかと思います。


ま、基本的には何もない(笑)のですが、ここには「上手く隠されているキャストの通用口が二か所」あります。…その前に、この周辺を通った事がある方は、この場所をアタマの中で思い浮かべてみていただきたいのですが…想像の中では、ちょっと思い当たらないのではないかと思います。

wOEO5rujibdc9wU1466735769_1466735921


これ、ハーバーからセンターに向かう途中、左右両側の壁に一か所づつ、あります。…実はこの2か所、「ハーバー側からセンターに向かう時」も、「センターからハーバーに向かう時」も、この通用口が「非常に見えにくい配慮」がされているのです。

もちろん完全に見えないわけでは無いのですが、上の写真の様に、ハーバー側から向かって行く時は、「岩」の出っ張った内側にこのドアがあり、逆に向こう側から戻ってくる時も、奥まった位置にドアがあるので、うまく隠れる様に作られているんですね。

また、岩の「影」になる様な位置にあり、こうした陰影の使い方が「地味に上手」なんですよねー。

b2


また、下の写真の様に、センターに向かう時の「右側」にもこの通用口があるのですが、ここは同じ様に、ちょうど岩のくぼみがある、「一番奥まった暗くなっている部分」にドアがあるため、全くと言っていい程、そこにドアがある事さえわからない様になっています。

また、このドアの凄い所は、センター側からハーバー側に帰ってくる時、その先のハーバーの奥から見える太陽の「自然光」の光で、この通用口が「逆光になって、全く見えなくなっている」と言う所です。

0ty_bOG7RKezJEu1466736198_1466736309

これ、偶然そういう風に見えるものなのかな…?と思って、何回かここを往復してみましたが、これやはり意図的に作られていると思います。

こうした「光」と「陰」の使い方で、隠したいものうまく隠すテクニックは、相変わらず非常にこだわって作られていますよね。…下の写真なんて、陰の使い方と隠し方が絶妙ですよね。

RdqAdUQZZkLk3VQ1466735954_1466736154

また、前述の「水飲み場」。これは何の変哲もない、ただの水飲み場なのですが、ここは火山の溶岩の通り道でできた「溶岩洞窟」であるため、突然人為的な水飲み場が置かれているのはちょっと不自然な形になるのです。

そのため、この水飲み場は「上部からパイプを通し、わざわざ水道管を引っ張ってきて作られている」と言う設定になっているんですね。

w5Kjwvgovqo_sVj1466736331_1466736433

ただ、水飲み場をポンと置くのではなく、こうした部分もエリアの背景に沿った形になっているのはシーらしい、細かなこだわりです。


…昨今ではエンターテイメントの「数」や「質」について、以前のパークとは色々変化をしてきている様な所も感じますが、こうした細かな所には、まだまだディズニーらしさがたくさん残っているなぁ…という気がいたします。

b12

…と、この様にディズニーシーにはショーやアトラクション以外でもゲストを楽しませてくれる工夫がたくさんあります。そうした様々な楽しむための方法やトリビア等がまとめられているこんな本が、そういえば本日発売となっていた気がします…(・∀・)


こちらもブログ同様、併せてお読みいただくといつものパークが「さらに何かプラス」の経験が加わるかもしれませんね〜(・∀・) ←そういう汚い告知はやめろΣ( ̄ロ ̄lll) (笑)

b13

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

【告知】2冊目の著書が今週末に発刊となります…(^^;)

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
d1

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

さて、今回は再びの告知の記事を書かせていただきます。何度か告知させていただいた通り、私の2冊目の著書がいよいよ今週土曜日の2016年6月25日(土)に書店にて発売となります(^^;)


既に18日(土)あたりから試験的にいくつかの書店では販売が開始している模様ですが、まさかの2冊目の発刊をさせていただく事になりました。

…写真は先日届いた見本なのですが、ホントに本屋に並ぶのか、前作の時も書きましたが、今回こそドッキリなんじゃないか?と、いまだに疑っています(笑)

d2

…思えばブログを始めてはや12年、いくつかのブログを含めたメディア等でも、いいのか悪いのかは別として、色々と執筆の真似ごとをさせていただく機会を頂いてまいりました。

そして、再びこの様な形となり、いつもご覧いただく方々を始め、多くの皆様に本当に感謝いたします。

…今回発売となる本は以下の通りです。(Amazonにリンクしています。)

■出版社:KKベストセラーズ

■発売日:2016/6/25


…こちらのブログでは、グダグダと細かくどうでもいい事を、とりとめもなく好き勝手に書く形ではありますが、まさかのちゃんとした(?)書籍の形で、2冊目を出す事になるとは、夢にも思っておりませんでした(^^;)

内容につきましては、既にAmazonのページ等をご覧いただければと思いますが、今回は15周年を迎えた東京ディズニーシーにスポットをあて、少しでも効率的に楽しむための方法や、小さなテクニック、トリビア等について触れています。


ざっくりとした内容ですが、基本的な部分も含め、「色々な事を幅広く取り扱った物になった」…と言う印象です。イメージ的には、「初めてではなく何回か行った事がある方がより深い体験ができれば」と思ってまとめた形となりました。

d3


このブログをご覧頂いている方は、それなりに詳しい方だと思いますが、知っている事も知らない事もある?と思います(^^;)…読む前に「期待感のハードル」を上げすぎると、後で後悔するかもしれません?ので、「あー、なんかみっこがうるさい事言ってるなぁー(・ε・)」ぐらいの「優しい気持ち」でご覧いただければと思います(笑)


さて、まさかの2冊目となりましたが、執筆する上で、それなりに考える事や感じる事と言うものがあるわけですが、読んでいただく前に言い訳?をすると言う事では無いのですが、幅広く存在するディズニー好きの中において、ターゲット層と言うものや、「誰」が「何を」、「どのように求めているか」と言う部分について、全体のバランスが非常に難しいな…と感じる事があります。

d9


例えば前作の後に、次は「タワー・オブ・テラー」の話だけで一冊本ができる…なんて、冗談半分本気半分?のお話やコメントも頂きましたが、個人的にはそれはとても興味の深い所ではありますし、できなくは無いとは思います。

ただ、まず、それが「どれだけの需要があるか?」という事だったり、そうしたアトラクションのバックグラウンドストーリー等は、基本的にはディズニーリゾートやオリエンタルランド、場合によっては米本社が管理をしているものであり、「公式設定として表に出ているもの」もあれば、「詳細まで明らかになっていない物語や設定」と言うものもあったりいたします。

こうした物語をそのまま書籍化するのは単なるガイドブックですし、調べればある程度はわかるものでもあります。好き勝手に書けるブログと異なり、こうした部分や、全体のバランスと言うのが非常に難しい所だと思うんですよね。

そもそも、こうした細かなバックグラウンドストーリーやプロップスなどの細かな部分は、ゲストがよりいっそう深く楽しんでもらうためのものでありますから、それを全て紹介するという事は「映画のストーリーを思いっきりネタバレしてしまう」のと同じと言う事にもなりかねます。

d4

もちろん、より深くより楽しむためにはヒントやその物語への伏線であったり、それを探すためのヒントであったり、「周りのものから想像できる想像」というものをご紹介していくと言う形が理想なのかなと、勝手に思っています。…ま、言うだけなら簡単ですが、この辺りはとっても難しい事だと思います(^^;)


また、情報過多のこの時代、インターネットを探して、逆に「出てこないもの」を探す方が難しくなっている時代であると言えます。そんな中、今回の本では、そんな「調べても出てこないもの」や、「足を使って実際に調べたもの」と言うものにポイントを絞って書かせていただきました。(もちろん全部ではないですが``r(^^;))

d6


例えば、今回、アトラクション「インディージョーンズアドベンチャー」について少し触れているのですが、今回このインディーのトリビアや様々な場面との関係を探るため、実は映画のシリーズを全部もう一回見直しました(^^;)(笑)


また、今回、パークの中の距離計測等を行ったのですが、実際にパークの隅々まであちこち歩き回ったりと言う事も行いました。ま、それが有益な情報であるかどうかはわかりませんけどね(笑)

…大抵の事は調べれば分かる現代、色々な情報というのはネットメディアに出た瞬間から、その人の手を離れて独り歩きしてしまうという事もあります。


d4

色々と書き物の仕事もさせていただく中で、過去にある場所で、私が書いたものがそのまま無断で使われていて、実は「間違っている所までそのまま使われている」(笑)と言うケースも何度か見ています。

もちろん私自身も、インターネット上から様々な情報や知識を得て、それらを題材とする事もありますが、偉そうに言うわけではありませんが、その場合は「必ず現地で確認し、確実に裏を取る」と言う行動を行うようには心がけています。


しかし、そうして実際に足を使って細かく調べた情報でさえも、次の日には全く変わって意味がなくなっている…と言う事もよくあります。まさに情報は生きているという良い例ですよね。

d7


そして、全ての物事が多様化してきている現在、物事の「考え方」や「感じ方」と言うものも、それぞれでかなりその感覚が異なってきています。


よくお話する事ですが、例えばアトラクションの待ち時間。「トイ・ストーリー・マニア!」に「1時間待ち」と言うのは、慣れた人からすれば「相当空いている」と言う事になりますが、慣れていない方から見れば、「1時間も待たなければいけないの!」という感覚だと思います。

d8

また、年間パスポートで通い慣れた方にとっては、何もしないでブラブラ散策するというのも楽しいですが、大きな期待と高揚感を持って初めてパークに来られた方は、「何もしないでお酒だけ飲んで一日を過ごすなんて無理!」いう感覚の差が埋まる事はないでしょうし、それはそれぞれの楽しみ方でもあるわけです。

…考え方を変えれば、そうした様々な感覚の方でも、それぞれに応じた楽しみ方が出来るパークと言うのは、素晴らしい場所なんですよね。そうした魅力が少しでもご紹介できれば…と思っています。


特に多くのファンが集まるディズニーリゾートでは、本当に幅広い趣味趣向のゲストがパークを訪れます。そうした全ての方々が全て満足をするというのはなかなか難しいことではあります。しかしながら、色々と知っているのと知らないのでは大きく行動に差が出ると言うのも事実。

そんな中で、今回の本で、ほんの少しだけでも、書かれていた事がお役にたつ事ができればうれしいと思います。

d9

…と、長々と、全力の言い訳(笑)をさせていただきましたが、ぜひ皆さんの素直な感想をいただけたら…と思います(^^;)…当たり前の事ですが、自分が書いたものなので、客観的に見られないんですよね(笑)ぜひ、厳しいご意見を…いや、お手柔らかに…いや、どっちだろう(-_-;)?(笑)


…前作については皆様のおかげでそれなりのご評価をいただいて、5万部発刊となりましたが、今回はこれからどんな形になるのか、心配で夜も眠れません(嘘)


また、少し落ち着いたらば、いずれ発刊の裏話的な事もお話しできればと思いますが、皆様、ほんの少しの余裕がございましたらで結構なので、ぜひよろしくお願いいたします(^^;)


…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

すっきりしない梅雨空の中で…「ディズニー七夕デイズ」が開始。

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
t4

bana-bana-ログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、昨日でランドはイースターのイベントが終了し、今日16日から両パークで「ディズニー七夕デイズ」が始まりました。

ご承知の通り、恒例となったこちらの七夕イベント。本日、ウレぴあ総研ディズニー特集の方で、現地速報等のお手伝いをさせていただきましたので、よろしければ下記からご覧ください(^^;)

【TDL/TDS七夕速報】ミッキーとミニーが彦星と織姫に! 3週間限定「七夕グリーティング」現地レポ 


t5

さて、この七夕イベントですが、上記リンク先記事でも触れておりますとおり、昨年との変更点は期間が1週間長くなり、3週間の開催となった事。
 
思えば、初期の頃は1週間だけの短いイベントであり、そのあと2週間に伸びたり、登場キャラクターが増える…そして今回3週間と言う形になりました。

t6
基本的な内容は見ていただければお分かりの通り、例年とほぼ一緒と考えていいと思います。ただ、期間が長くなった事により、グッズや商品の展開、そしてこれまでは七夕のメニューが味わえる対象レストランが各パークで実質「1つだけ」でしたが、七夕メニューを提供するレストランが増えるなど、ゲストの楽しみ方としては少し広がったというところでしょうか。
ただ、個人的にはこの七夕のイベントもだいぶ長くやってきていますので、何かちょっと大きな変化もあるといいかな…とは思うものの、この七夕イベントと言うのは、これ以上広げると言うのも難しいところだと思います。

t7
特に春のイベントから夏のイベントにかけての「谷間」の時期でもあり、春イベントから急に夏イベントを開始するには少し早いですし、ホテルも全体的なゲストの数も、集まり方としては少し落ち着く時期にもなります。
また、今日は、初っ端から梅雨の影響を受けてしまいましたが、大きな梅雨時期にイベントと言うのはリスクも大きいですからね。
…それと話は変わりますが、気になるのは、例年に比べてゲストの数が相当少なかった様に感じます。本日は雨だったと言う事もありますが、特にこの七夕のグッズ販売に関しては、2・3年前は、パークのオープンとともに、多くのゲストがランドのエンポーリアムになだれ込んで、七夕限定グッズがあっという間に売り切れに近くなってしまう状況などがありました。

t3

それに比較すると、今年は「期間が長いため在庫数が多い」という事もあるのだと思いますが、それにしてもパーク内全体のゲストの数が相当少ないように感じました。
例えば昼間に何度かつぶやきましたが、主要アトラクションでも特にランドは60分を超える事がほぼなく、人気のモンスターズインクが20分から30分で、後のアトラクションは15分前後で推移していた事が多くありました。
これは今日に限らず、特に最近のランドの平日夜は、アトラクションも相当空いている時間が多いように感じます。

t2
 
これは値上げの反動によるものなのかどうかはここで明言する事はできませんが、いつものこの時期、春から初夏にかけてのイメージとはだいぶ違う感じがいたします。…いつもはもう少し混んでいたと思うんですけどね…。
しかし、まだまだ始まったばかりの七夕イベント、そしてディズニーシーの15周年。これからは遠方から多くのゲストが訪れる夏休みにも入って行きます。

t1

確な数値データがあるわけではありませんが、やはり今年度に入ってから集客が落ち着いている印象は拭えない感じの両パーク。

パスポートの値上げについては、「それによる客足の落ち込みは想定していない」との話もしていたオリエンタルランドですが、さて今後はどんな形になるのでしょうか。

…何かそろそろ、こうあっと驚くようなサプライズ演出…なんていうのがあるといいんですけどねー(^-^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack

…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
  

TDRの中で「要らない」けれど「大切なもの」…??

こっちでもつぶやき中♪ → Follow mikko_20100518 on Twitter
b12
bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


さて、昨今は誰でも持っている携帯電話やスマートフォン。全盛期…というより、もう小学生が持っているのも珍しくない時代になってきています。

もちろん、まだまだガラケーも根強い人気を誇っていますが、TDRの公式サイトはこのガラケー(フィーチャーフォン)のサイトが終了する等、知らぬ間にどんどん変化していっています。

ちなみにスマートフォンの先駆けである「iphone」が日本で発売されたのが2008年6月。 そう考えると、まだ世にスマートフォンが出回ってから、8年程。現在の様に浸透するのはそれからしばらく後ですから、そう考えると、まだスマホも実質数年しか経過していないとも言えます。

ま、現在は「携帯『電話』」というより、小型端末ですから、電話がオマケ機能みたいな感じでもありますよね。

また、TDRでは今でこそスマホでアトラクション待ち時間情報などの確認ができるようになりましたが、これは意外と最近の事。

今でこそネット予約や購入が当たり前の様になりましたが、意外にTDRにこうしたものが導入されたのはそんなに前の話ではないんですよね。

b10

昔のTDLならば多くの最新技術が使われて、「おぉ!スゴイなぁ!( ̄□ ̄;)」と思わせてくれる事が多くありましたが、近年はそうした技術の進化と進歩の速さに、パークが少し遅れている印象さえあります。

…と、そんな話は別にいいのですが、時代の流れとともにパークの中でも変わっていくものがあります。

それは公衆電話。現代では小学生でさえもスマホを持っている子がいる時代。街中に立つ公衆電話が消えていくとともにパークの中でもその存在はだいぶ薄くなりつつあります。

…そんな中、まず、一番上の写真をご覧ください。これを見て、「懐かしさ」を感じる方はきっとパークに長い間通っている方かもしれません。

この写真は今から約11年ほど前、2005年9月のTDS、エントランス近くにある公衆電話の様子。

z2

一見すると、特に違和感の無い写真の様に見えますが、2・3枚目の写真は同じ場所の現在の様子、

ご覧の様に、2005年には4台あった公衆電話が、現在はたったの1台になっています。

…ちなみに一番上の写真は、なんでこんな所を撮ってあったのかと言うと、いずれは携帯電話の普及で、パーク内の公衆電話が無くなる日が来るんだろうな…と思って撮影しておいたものです。…いや、割と本気で…ですよ?(笑)

と、言う事で、今回のこの記事は「11年間もかけて書いた記事」と言う事になります…かね?(笑)

z1

上の写真はリゾートラインTDSステーションの下の公衆電話。こちらもこんな感じで、以前はこの棚の幅だけ4台の公衆電話がありましたが、現在は寂しくなり、ちょっとした荷物置き場になっちゃっています。

このパークの内外にある公衆電話、いずれは無くなる日が…と思いますが、実は意外な用途と言うか、ピンポイントで急激な需要がある事もあります。

それは大規模災害時など。2011年3月の震災やその後の各地での震災等でも多くの方が経験されたと思いますが、多くの方が一気に携帯電話を同時に使うと、通信制限がかかり、繋がりにくくなると言う事も多くありました。

さらにはご年配の方や、まだ携帯を持っていないお子さん等も考えると、こうした公衆電話の需要は「ほとんど無い状態」でありながらも「完全に無くすわけにはいかない」と言う事情もあります。

普段は全くと言う程必要が無い事が多いですが、携帯が使えないとなれば需要はかなり溢れます。

…しかしながら、普段の利用頻度や需要を考えると、やはり減らさざるを得ないと言う所でしょうね。なかなか難しいところです。

b11

そんな中、話は変わりますが、だいぶ前にこちらの記事で、TDS内の公衆電話のある場所の「マーク」のデザインについてお話しました。ちょっとお手数ですが、まずはこの記事をご覧ください。

そして、今回、この写真を使って記事を書いている途中で気がついたんですが、なんとこの場所の電話のマークも同じものでした。

6247a7d4

こうした同じデザインでありながらもそのエリアの雰囲気に併せて全く異なるイメージにしてしまう手法はさすがですよね。

…時代は色々と日進月歩で変化をしていきますが、こうした細かなこだわり等もそのまま変わらずにいて欲しいものですよね(^-^)

…と、言う事で今後の更新の原動力になりますので、ブログランキングテーマパーク・遊園地ランキングへのご協力もお願いします``r(^^;)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集」(旧:D*MANIA)」
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-ブログランキング
参加中です(^.^)
ご協力を〜♪


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

↓当ブログ管理者が
執筆した本です↓








■■ブログご紹介■■


ご覧いただきありがとうございます!このブログはディズニーリゾートに関する雑学やバックグラウンドストーリー等について、思いつくままに書き込んでいます。

もうひとつの攻略系ブログ、「TDRハック」(更新情報アカウント→@tdrhack )も執筆中です。こちらもどうぞ!

管理者へのご連絡はコメント欄からお願いします(認証が必要です。)


■■MyblogList■■
■■■月別情報■■■
Categories
■■QRコード■■
QRコード



クリックしてランキングを確認!
↑blogランキング参加中↑
一日一回クリックにご協力を


TDR周辺のホテル情報






にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
ブログ村 テーマパーク・遊園地









  • ライブドアブログ