TDRな生活(-_-).。oOO

東京ディズニーリゾートについての裏技・雑学&どうでもいい話や裏話をパークで撮った写真を交えてテキトウ&勝手に語りますφ(.. )パークへの希望&妄想多めです``r(^^;)(「月別情報」から過去の情報も見れます)ダラダラと更新してますφ(.. )

七夕デイズがスタート。今後の新たな展開に期待…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
t3

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、イースターイベントが昨日で終了し、春から初夏のシーズンが間もなく終わりを迎え、本日から両パークで「ディズニー七夕デイズ」が開始となりました。

個人的にはこの6月の時期は「混まないけれど、空かない」という、年間でも平均的なシーズンの様な気がします。6月は祝日も無く、遠方からのゲストはさほど多く無く、夏休みを控えて若干ゲストが少な目。

ただ、5〜6月で修学旅行時期でもあるので、そんなに空くわけでもない…というイメージでしょうかね。

t2

これから夏イベントが始まるまでは、そんな「混まないけど、空かない」と言った、ちょっと落ち着く時期となってきます。

そんな中で開催された、七夕イベント。もちろん、それなりには注目がありますが、多くのゲストを呼び込める規模のイベントではない反面、長時間待たなくても見られる形なのはありがたい所ですね。

t6

この七夕は、2014年、2015年は6月24日〜7月7日と、二週間の短いイベントでしたが、昨年2016年からは6月17日〜7月7日と期間が延び、今年も6月15日〜7月7日と、三週間以上の23日間の「中期」イベントになりました。

ただ、スペシャルイベントの扱いではなく、大まかな内容は例年とほぼ変わらない感じです。これまでの恒例、「ウィッシング・プレイス」の設置と、両パークで「七夕グリーティング」の開催がメインとなりました。

t8

恒例のグッズやフードの規模や展開も、これまでとほぼ同じ様な印象。まあ、グッズやフードに関しては、確かに販売期間が長ければ長いほど、効率的・効果的に発注も可能で、コストと利益的にもメリットは大きいですもんね。

また、この七夕は年間スケジュールで考えると春から初夏、そして夏イベント開始までの「つなぎ」とも言える期間でもあり、夏休み前のこの時期は大きな需要も見込めない部分もあるので、この時期としては色々な意味でちょうどいい内容なのかもしれませんね。

t1

そうしたメリットも多くあると思われる七夕ですが、欲を言わせていただくならば、やはりもう少しこの「マンネリ感」は何とか何かいいアイディアがないかなぁ…とは思います。

今年は下記の様にワールドバザールのウイッシングプレイスが音と光の演出が加わりましたが、イベントや企画としては恒例の形と言えます。


スペシャルイベントがない現在は、特にTDSでは昼間のハーバーショーが現在は「全くない状態」です。この七夕グリーティングが1日3回ほど行われていますが、これは水上ショーと言えるものでは無いですもんね。

ま、実際はそのおかげで、「常にいつも誰かが待っているハーバー」沿いに、ほとんど人が待っていないと言う状況でもあったりします。これはこれで、静かなシーらしい特徴?のような気もしますが(笑)

t5

と、言う事で、「いつものグリーティング」、「いつものウィッシングプレイス」…と言う印象が残る七夕ですが、これからおそらくもう何年も繰り返されていくと思われますので、そろそろこの辺で何か新しい試みがあると、もっと良いですよね(^-^)

時期的に仕方がないのかな、と言う気はいたしますが、この七夕グリーティングは「何度も訪れて繰り返し見る」と言うものではないんですよね。

t4

更に現在は「テーブル〜」が終了してしまったため、シーではキャラクターが登場するショーと言うのが、実質ほとんどない状態です。

さらに、現在は「トイ・ストーリー・マニア!」も休止中など、この期間はかなりエンターテイメントやアトラクションが削られてしまっている気がします。

ま、その分、夏のイベントに期待するとしますかね?(勝手に)

夏前の、ちょっと落ち着いた今の時期。見方を変えて「穏やかで静かなパーク」を堪能するのもいいかもしれませんね。


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

TDSのハーバーショーに抽選が初導入。満足度上昇のきっかけに?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
p01

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、久々のブログ更新となりました。…最近は二週間くらい放置しちゃう事も多々…(-_-;)>…お暇な方はお付き合いください〜。

…と、言う事で、5月12日にグランドオープンした「ニモ&フレンズ・シーライダー」も、若干ですが、少し落ち着き、更にはイースターイベントも早いものであと2週間ほどで終了となりました。

そんな中、まもなく七夕イベントもありますが、気になるのはその先の夏イベント。先日、特設ページが公開され、夏のイベントの詳細が明らかになりつつあります。(公式ページはこちら。)

p02

 その中で、一番話題となっているのが、TDSのスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」 のメインショー、「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が、抽選となった事。

現時点ではまだ全て明らかにはなっていないですが、今回の抽選制度について、ちょっと考えてみたいと思います。

■ランドは「抽選なし」、シーはハーバーショー初の「立ち見抽選」が導入

afc59326

こちらについては詳しくは公式ホームページをご覧いただければと思いますが、今回、初めて「ハーバーショーにおいて抽選が行われる」と言うことになりました。
 
まず、最初に、これまでの場所取りはご承知の通り、いわゆる「早い者勝ち」であり、どのエリアであっても早いもの勝ちで場所が埋まっていく形でした。

acf42ce6

ショーによっては、一部エリア、例えばミッキー広場や、リドアイルは入れ替え制となり、初回に良い場所が取れなかった方は2回目に回る、若しくは最初から2回目以降の整理列に並ぶ事ができました。
 
ただ、この入れ替え制でも、基本的には、「ただ順番を待っているだけ」であり、「早い者勝ち」には変わりはありません。結局は「早め」なおかつ「長時間」並ばないと、現実的には良い場所では見られないと言う状況でした。

71f5f3ff

その反面、夏のこれまでのイベントは、「明確な座り見」の場所がほぼなく、ショー開始後でも、濡れ具合などを見ながら、位置を微調整して楽しめた…という所もあります。

そうした面からも、これまでの方法がダメだったと言う訳ではないですが、真夏の炎天下に長時間待たされ、更に先頭付近はほとんど人間が変わらない…と言う事もありました。
 
■抽選導入によって何が変わる?

pp1

これまでおなじみだった、夏の散水系イベントは、これまで抽選になった事はなく、各メインステージの近くで、密集しながら待っている…というのが定例の形でした。

ただ、この夏のショーに限らず、入れ替え制ではない場合、本当に良い場所は、一部の方が場所を変わらず、そのまま居続けるという事が多く、もちろんその方たちにしてみれば貴重な時間を使っていると言えなくもないですが、多くの人が見られると言う、平等性と言う部分では問題が無かったとは言えません。

p7

そして今回導入される抽選制度。言うまでもなく、朝早くから場所取りをしなくても、後からゆっくりパークに入った方でも、いい場所で間近でショーが見られるチャンスがあると言う事になりました。
 
言うまでもなく、この抽選制度によって一番大きく変わるのは、「時間が有効に使える」と言う事。これまでと比較すると、「長時間待てば必ず見られる」と言う状況から、「当たらないと良い場所では見られない」と言うことになります。

p8

これについては賛否が分かれる所だと思いますが、例えばいわゆる「地蔵して待つ」と言う場合、その時間の価値観は、「年間パスポートで何度も通うリピーターの方」と、「なかなかパークに来ることができないワンデーのゲスト」ではものすごく大きく変わります。

こうした価値観については、人それぞれで感じ方も大きく異なりますが、「与えられた時間」と言うのは誰でも同じ。どうしても見たい”と言う気持ちを考慮しないのであれば、これは「完全なる平等」と言うことになり、時間の使い方としては非常に効率的になるのではないかと思います。

■抽選を導入することによる課題
 
p2

抽選制度について、続いては、「メリット」と「デメリット」と言う部分で考えてみたいと思います。まず、メリットとして考えられるのが、先ほども述べたように、基本的には「すべてのゲストが平等になる」ということ。
 
加えて、どうしても見たい方は、「ショー1回目は抽選は行わない」と言う、これまでの抽選の形と同様に、「待てば見られると言う逃げ道」も残されてはいます。

p4
 
ただ、これは逆に言うと、早朝のアーリーに関わる、徹夜や開園ダッシュ等の問題に関しては、根本的な解決にはならないのかな…と思います。

また、抽選をすることによって、当選すればもちろん非常に時間を有効に使える事になります。また更に、ハズレてしまった場合でも、逆に今後のスケジュールが明確になる、というメリットもあると思います。
 
続いて、「デメリット」として考えられるのが、Twitterでも少し触れましたが、「当選したけど、見ない人」が生じることによって、観覧場所に空席が出てしまう問題。

p6

これは現在の「ビックバンドビート」や「ワンマンズドリーム〜」でも見受けられますが、なんとなく抽選はしたものの、他の予定と重なったのか、ただ単に面倒になってしまったのか理由は様々だと思いますが、空席ができてしまうケース。
 
ただ、これは言い換えれば、「見る権利」を得たゲストは、同時に、「見ない権利」も当選した人には付された…と言う考え方もできなくもありません。

ただ、やはりこれは心情的に認めたくはない部分。当たったら、できるだけ見るのは当然ですが、「見られなくなった場合の当選権利を返却できる」ということも、明確に示すといいかもしれませんね。
 
■立ち見の鑑賞エリアは果たしてよく見えるのか?

p1

続いては、「立ち見鑑賞エリアは現実的にどうなのか?」という部分。まだ抽選の対象となるエリアや場所などは明確にはなっていませんが、抽選で観覧できる場所は、基本的に「全て立ち見」となっています。
 
この立ち見の抽選と言うのは、これまでも両パークで行われたことがあり、過去の例を見てみると、等間隔に地面にシールが貼ってあり、前の人とは少しずらされて配置されているため、自分のすぐ目の前には人がいないと言う状況にはなっています。
 
おそらく今回もこうした形になるのだと思われますが、過去に行われた際の状況を見てみると、やはり目の前に大きな体の男性などが来た場合、真正面部分についてはほとんど見えなくなります。

p5

もう一つ別の問題としては、例えば「小さな子供」や「背の低い方」が見る場合。これは今回に限った事ではないですが、特に小さなお子さんは抱っこし続けて見させる必要がある…?と言うことにもなると思います。
 
キッズエリアのようなものも設けられる可能性もありますが、逆に抽選であるため、この辺は現実的には設置されない可能性の方が高いかもしれません。
 
■抽選制度の導入は「賛成」?それとも「反対」?

これまで抽選に対するメリット、デメリット、課題等について触れてきましたが、実際の皆さんの反応はどうなのでしょうか。先日、Twitterでアンケートを取ってみたところ、その結果が以下の通り。

ご覧の通り、この記事を執筆中はまだ集計の途中ですが、ほとんどの方がこの抽選には賛成と言う意見を示されています。

これ、勝手な想像ですが、もう少し、数年前であればこのアンケートの結果も違ってきたのではないかと思っています。

近年では特定の方が、特定の場所を占拠に近い形で確保されてしまう問題や、アーリーエントリー制度の様々な問題などもあります。

そのため、一般入園の場合、良い場所を確保することが現実的には難しいと言う状況が定着してしまった…と言うこともあるのだと思います。
 
この記事を書いている、5月31日、22:50現在のアンケートの集計では、「52%の方が賛成」、「21%の方が反対」となっておりますが、それ以外に「27%の方がわからない」と回答されています。

p3

これは、まだ詳細が明確になっていない事と、どのあたりまでがその抽選エリアになるのかという部分もあると思います。ただ、予想以上に差がついた結果になったのかなと個人的には思っています。

少し前に、こちらの記事で「TDRの満足度の低下」について書きましたが、同記事の最後の方で触れた、こうした「時間を有効に使う」ということについても満足度に大きな影響があるのではないかと思います。
 
今回のこうした対応は、少しずつではありますが、こうしたゲストの立場に立った変化を考えているのかな…とも感じました。

p01

もちろん、すべての方が満足できる、本当の意味での平等の解決策にはなりませんが、「運」ではあるものの、本当に誰でも、幅広く方が、良い場所で見られるチャンスができた…と言う事は、非常に大きな変化なのではないかなと思っています。

特にこれからは暑さも厳しくなり、何かとイライラとヒートアップしてしまうことも多くなる時期。
 
熱い夏の熱いイベント。イライラでネガティブに熱くなるよりは、シーで初めて行われるパイレーツのイベントで、ポジティブにヒートアップしたいですよね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

ストームライダーの面影残る、新しいポートディスカバリー。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
8888

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、先日5月12日にグランドオープンとなり、10日程が経過した「ニモ&フレンズ・シーライダー」。オープニングには声優の方々が集まり、セレモニーが開催されるなど、華々しくスタートを飾りました。この週末には240分と言う時間も出た様で、なかなか好調なスタートを切った…と言う感じでしょうかね。

そんな中、先日、「ウレぴあ総研ディズニー特集」の記事で、この「ニモ&フレンズ・シーライダー」について、「TDS「ニモ&フレンズ・シーライダー」のトリビア&こだわり10大特集!「ストームライダー」との繋がりも!」という記事を書かせて頂きました。

その中で、ちょっと意外なつながり等、今回はその記事のもう少し細かな補足をしてみたいと思います。

r1

同記事ではトリビア等を10個紹介していますが、その中からこれはちょっと面白いかも…と言うモノをいくつかピックアップしてみます。…明確なネタバレはありませんが、初見で楽しみたい!と言う方はご注意くださいね。

…と、いう事で、上記リンク記事を作る中で、色々調べていてわかったこだわりがあります。色々ありますが、個人的に気に入っているのは、やはり過去に大人気だった「ストームライダー」や以前のポートディスカバリーとのつながりを感じさせる部分。

r2

以前にツイッターでもつぶやきましたが、同アトラクションが新しくなる事が決定し、その後に「以前の世界観とのつながりをなんとか加えられないか?」と、考えられた様な、「苦労」と「苦悩」の跡が見られるような気がします。

■シーライダーの中に「CWCが所有していた潜水艦」が登場

nr1

一番気に入っているのは、上記リンク記事の『(3)「一瞬だけ現れる「過去の潜水艇の未来の姿」』でお伝えしている、建物内の映像の中に出てくる、「黄色い魚型潜水艇に書かれた数字」のお話。

詳しくは記事を見ていただければと思いますが、ざっくり説明すると、新アトラクションに乗車する前、研究員(キャスト)から映像を見ながら説明を受ける場面があります。

nr4

この時に登場する「黄色い潜水艇」(同記事の画像リンク先はこちら)の尾ヒレに書かれている番号「151101」が、ストームライダーの頃、目の前に停泊していた潜水艇の番号と同じ…と言う話です。

これ、体験頂いた方はおわかりだと思いますが、映像で出てくる、この黄色い潜水艇はほんの数秒間だけしか登場しません。更にかなり小さく書かれた数字で、まず気が付かないですよね。

nr5

これ、もう少し詳しく考えていくと、単に「番号が同じ」という話だけではなく、「元はCWCが所有していた潜水艇が、海洋生物研究所のために改修され、色も塗り替えられて使われている」と言う、新旧のストーリーの関連性を持たせるためなのではないか?と思われます。(個人の見解です。)

ちなみに以前のこの潜水艇は、下の写真の様に、「クレーンに吊るされて、これから改修される(又は改修中)と言う状態」でした(単に水からあげられた状態の可能性もありますが)。

nr7

これ、「実は、この潜水艇はシーライダー(海洋生物研究所)のために改修中だった」…というつながりを持たせているのではないでしょうか。

もちろん、現実的には「後付けの設定」だと思われますが、そうでなければ、わざわざ同じ番号にはしないですよね。

nr8

また、同じく同アトラクション建物の前に停泊している魚型の小型潜水艇(下の写真)の番号が「120517」になっており、2017年5月12日の「ニモ&フレンズ・シーライダー」グランドオープン日となっているのも面白いですよね。

これもさりげなく現代の日付を入れる事で、以前の物語とは異なる場面…と言うアピールなのでしょうか…?

無題

■「チヂミニウム・ディフューザー」の存在

続いて、ストームライダーを感じさせるお話は、「6. ストームライダーの面影…?ドアに書かれた「ディフューザー」の文字」で紹介したもの。

ゲストが乗るキャビン内のドア内側に書かれた「THIJIMINIUM DIFFUSER(チヂミニウム・ディフューザー)」の文字

q3

ちなみに「DIFFUSER」は単体の言葉としては、「拡散」や「散布」の意味。その表現をわざわざ使わなくてもいいのに、あえて「ディフューザー」を使っている所はストームライダーを意識しているのではないでしょうかね。

ちなみにこのドア内側のイラストと文字は、非常に小さなものなので、近づいてみないとなかなか確認しにくいもの。ドアの近くに座った場合や、出入りする時にぜひ確認してみてくださいね。

q4
 
■ストームライダーと言えば…思い出す「あの人」

そして、やはりシーライダーが出発する前の、あの「声」。普通に考えると全く異なる声優さんを採用する所だと思いますが、あえて「あの人」の声を使う所に、以前の物語とリンクさせているのかな…なんてちょっとだけ感じられます。

なお、スクリーンに流れる映像については、もちろん全てを確認した訳ではないですし、こればかりはわかりませんが、映像の中にはこうしたストームライダー等の要素は無かった?と思います。

q1

これはおそらく映像を制作したピクサーとの色々な権利関係の問題もあるでしょうし、なかなか難しい所なのでしょうね。(わかりませんけど(笑))

…以上の様に、これが全てではないと思いますが、シーライダーとストームライダーの世界について、これらは「明らかに意図されたつながり」であると思います。

q2

他にも「アクアトピア」や「ディスカバリーギフト」の新しい設定について、個人的には色々伺いましたが、正直言うと、それらの設定は、過去と対比すると、「全て納得できる形にはなっていないもの」もあると言えます。

しかし、そうした部分について、なんとか関連やつながりを持たせようと様々な部分で色々と考え、工夫をしたのだろうな…と言う部分が見えた様な気がします。

正直な感想を申し上げると、できればもう少し明確で納得できるつながりがあると、なお良かったのかな…と思う部分はあります。

w1

以前の物語と照らし合わせて、じっくり比較すると、色々と理解しきれない部分も出てくると思いますが、そんな中でも感じたのは、「つながり」や「こだわり」を残そうと考えられたような「跡」。

進化と変化の過程の中ではこれまでとの「ズレ」がある程度出てくる事は納得できないかもしれませんが、理解していく事はできるのではないかな…なんて思います。

TDSの中でも重要な位置づけであった物語や周辺のストーリーが大きく変わったポートディスカバリー。また、全く新しい世界を楽しみたいものですね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

まだまだ進化と変化を続けるTDR。いつかは「究極」のパークに…?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
q3

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪

さて、両パークのイースターイベントが開始してから早いもので、一か月少しが経過。連休を終え、例年ですと、パークはちょっと落ち着く時期。しかし、ご承知の通り、本日5月12日は、「ニモ&フレンズ・シーライダー」のグランドオープンの日。

かなりのゲストで大賑わい…!と、言いたい所ですが、やはり全体のゲストはまだ多くない時期なので、予想したよりは混雑は激しくなかった印象ですね。

q2

ちなみに開園からしばらく観察していた待ち時間の推移は以下の通り。

「ニモ&フレンズ・シーライダー」2017.5.12グランドオープン日
公式サイトの待ち時間推移

08:54 140分(FP 10:55〜11:55)
09:36 130分(FP 13:30〜14:30)
09:50 120分(FP 14:30〜15:30)
10:14 100分(FP 15:00〜16:00)
10:36  90分(FP 15:45〜16:45)
10:56  80分(FP 16:55〜17:55)
11:32  70分(FP 18:50〜19:50)
12:22  80分(FP 20:10〜21:10)
12:50  60分(FP 21:00〜21:35)
13:16  80分(FP 発券終了)
14:06 120分
14:40 150分 (トイマニシステム調整)
15:06    -  分 (1機不具合でファストパスエントランスのみ案内)

その後はしばらくFPのみの案内になり、18時近くに復帰、その後は60分前後で推移していた様子ですね。

ただ、実際はやはり週末がどうなるか…と言う感じですね。全体的にはこちらでも呟いたとおり、時間当たりの処理能力が他のアトラクションよりもかなり大きいので、長時間待ちになったとしても、落ち着くのもかなり早いと思われます。

…と、そんなしばらくは長時間待ちになりそうなパーク。話は急に変わって、そんな長い待ち時間の暇つぶし?となればありがたいのですが、少し前にもお伝えさせて頂いたとおり、3月18日に3冊目の著書、思わず話したくなる究極のディズニーを発刊させて頂きました。

更につい先日の4月28日には電子書籍でも発売が開始されましたので、ちょっと改めて今回は「発刊に至るまでの裏話的なもの」をひとつしてみたいと思います。

…あ、この後はシーライダーについてのお話はこの記事ではありませんので、ご興味ない方は全スルーでお願いします(笑)
 
続きを読む

生まれ変わった「時空を超えた未来のマリーナ」で試されるイマジネーション。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
st7

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、すでに各メディアでご存知の方も多いと思いますが、東京ディズニーシーで2017年5月12日にグランドオープンする、ポートディスカバリーの新アトラクション、「ニモ&フレンズ・シーライダー」が、昨日8日、Twitterキャンペーンの当選者や、各メディアを招いてのプレスデーが開催されました。

既にご承知の通り、数日前からテスト運営が行われていた同アトラクションですが、いよいよオープンが今週末と迫ってまいりましたね。
 
st4
既に開催されていたテスト運営では、アトラクション内部の様子等についてのSNS等でのネタバレ発信は禁止、と言うアナウンスが明確にされていましたが、昨日のプレスデーでは、各メディアが一斉に内部の写真や、動画も公開されており、このタイミングが内容をそれなりに(ネタばれには配慮しつつも)、「一般の方」も紹介していいのかどうか、ちょっと悩ましいところですよね(-_-;) ?(笑)
 
そんな中、テスト運営時に、実は相当の回数、体験したのですが、色々わかった面白いこだわり等があります。…こちらについては、また少しずつ後ほどご紹介していきたいと思っています。

st3
そんな中、やはり気になるのが、「新しくなったポートディスカバリーの世界観」。こちらについては、本日こちらのウレぴあディズニーでの記事、「【TDS】物語はこう変わった!「ニモ&フレンズ・シーライダー」とポートディスカバリーの新BGSに迫る」で公開しましたので、お時間ある方はご覧になってください。
 
詳しくは同記事を見ていただければと思いますが、ご承知の通り、過去の「ストームライダー」や、ポートディスカバリーにはたくさんのコアなファンの方がいます。

st01
こうした方々は、単に「ストームライダーと言うアトラクションだけ」が好きだった訳ではなく、ポートディスカバリー全体を含めた、バックグラウンドストーリーや設定が好きだった…という方も多いのではないでしょうか。
 
そんな中、新しくなったこのエリアの物語。これはひとことで言い表すならば、「同じポートディスカバリーでありながらも、別の場所」になったという所。

st8
上記の記事でも書いていますが、パークは常に進化し、変化し続ける、生き物の様な存在でもあります。そんな中、その様々な変化の過程においては、「これまでの背景や物語を超越した存在」であったり、「全く異なる世界観になってしまう」という事も、当然の事ながら出てくることでしょう。
 
約15年前の2001年9月に誕生した東京ディズニーシー。それぞれのテーマポートは、オリジナルのストーリーを持ち、しっかりと作り込まれた世界観が特徴でもありました。

st0
しかし、パークは時代に流れと共に、様々な変化をしてきました。そんな中、そうした変わって行く設定の中ではこれまでの背景や物語では、まかないきれない状況になってきているのも同時に感じていました。
 
当初は私個人もそうした部分に対する批判的な考え方を持ったり、パーク自らが、そうした世界を壊しにかかっている様な印象を受け、怒りや悲しみに似た感情を持っていた事もありました。

st5

もちろん今でもそうした気持ちは正直ありますし、何より作り込まれたディズニーシーの世界観は、やはりこれからも保ち続けて欲しいと言うのが正直な気持ちでもあります。
 
しかし、パークができてから15年が過ぎた今、先日テスト運営で乗った同アトラクション。多くのゲストはその途中で大きな歓声をあげ、喜びや笑い声、驚き…そして終わった後には、割れんばかりの大きな拍手があった時もありました。

stt1
そんな中、今回の変化で、「ポートディスカバリーとは!」「ストームライダーとは!」「エリアの細かな設定とは!」と言い出すと、当然の事ながら、現在や過去の時系列、そしてこれまでのこだわりや設定が、全て覆ってしまう部分も正直あると思います。

ただ、やはり「その姿をとどめておくことが重要」であるとともに、「これから大きな進化をしていく必要」というのもパークには欠かせないのでしょう。

stt2

他にも、個人的に同エリアのストーリーや、アクアトピアの設定、そして周辺の物語なども聞いて、それなりの回答は得られました。ただ、それらを聞いても私の本音としては、「理解」する事はできませんでしたが、「納得」することができましたし、それはそれで新しい形なんだ、…と納得しました(^-^)

結局、色々言っても、長年通っているパークは自分にとっては大切な場所。過去を大切にしていく事も大事ですが、これまでと異なる全く新しい世界を、自分の中で納得して、愛していく事ができるなら何の問題もないのかな…なんて感じました。

記事の中でも触れていますが、生まれ変わった「時空を超えた未来のマリーナ」で、これからはますます私たちのイマジネーションが試されるのかもしれませんね(^-^)

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-

blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

間もなく披露される海洋生物研究所と「新しい未来の港」の物語?

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
n3

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪

さて、早いもので来週からはもうゴールデンウィークが開始。ただ、3月末からの春休み大混雑を経て、その後は、新学期&新社会人シーズンに入ったため、ここの所のパークは連日かなり空いています。

そんな中、気になるのは来月5月12日(金)にオープンする、TDSポートディスカバリーのストームライダー跡地に登場する「ニモ&フレンズ・シーライダー」。

n4

パークに通われている方は既にご存知の通り、外観の工事はほぼ終わり、工事用の柵もほとんど外され、その全容が徐々に明らかになってきました。

この記事の写真は本日、4月20日の様子。数日前から周囲のフェンスはほぼ取り外され、入り口や外観、そしてファストパスの発券所の様子も全てわかるようになりました。

n2

発表されたイメージ図にもあった通り、入り口通路にはこれまでなかった屋根が設置され、外観全体の「青い色」が遠目からでもだいぶ目を引きますね。

既に発表されている公式のCM映像では、一瞬ですが、ライド内部の様子も少しわかるようになっています。そして連休明けにはTwitterプレビューキャンペーンなども行われ、間もなくオープン!と、いった感じですね。

n1

新しいアトラクションといえば気になるのはもちろんその中身や混雑度などですが、それ以上に気になるのが、ストームライダー終了から話題になっていた「ポートディスカバリー周辺の物語」について。

まだこの辺は明らかにはなっていませんが、この外観や周辺の様子がわかってきた事によって、なんとなーく見えてきた部分もあります。

n5

もちろん、勝手な想像も含みますが、ちょびっと触れてみたいと思います。…軽く、周辺のプロップス等のネタバレも含みますのであまり詳しく見たくない方はご注意を〜。

まず、その青々とした建物が何なのか等、映画のニモの物語についてはここでは省きますが、海洋生物研究所がモチーフになっているのは言うまでもありません。

n6

ただ、基本的にはストームライダーの建物の形をほぼ生かした形なので、全体的には「色が塗り替えられたと言うイメージ」でも、そう間違ってはいないと言えるかも知れませんね。

そんな中、周辺をうろうろして気になったのは、ストームライダーの時にこのエリアの研究機関だった、「CWC(気象コントロールセンター)の存在がなくなっている事

n04

ストームライダーの時は、このCWCのロゴが周辺にいくつも見られ、もちろん、アトラクション建物入口や停泊している潜水艇や桟橋にもこんな感じに付けられていました(拡大するとこんな感じ。)。ところが上の写真の様に、現在はそのマークがありません。

そしてこのエリアのもう一つの大きな変更点として、ショップ「ディスカバリーギフト」の上部にあった風車がだいぶ前から無くなっているのはご存知だと思いますが、こちらは現在工事中で、良く見ると、シーライダーの建物と同様に、「青い塗装」がされている途中の様です。


そしてちょっと地味な部分ですが、この改装される前のディスカバリーギフトの「裏側」には、小さくて目立たなかったのですが、「発電所」を示すマークがありました。ただ、ここも現在囲われており、おそらくこの発電所のマークも取り外され、発電機と言う設定自体も無くなるのではないかな…と思います。(もしくはしれっとそもままかもしれませんが(笑))

…と言う事は、他にもいろいろ細かくありますが、これは「ポートディスカバリーのエリア全体の設定が一新される」と言う形になる?んでしょうね。きっと「全く新しい世界」と言う形になるのではないかと予測されます。…と、なるとアクアトピアなんかはどうなるのかなー?なんて気もしますが…。

n7

そんな中、ポートディスカバリーとロストリバーデルタの間にある「スカイウォッチャー・スーヴェニア」。この南側には配電盤のような「箱」があるのですが、ここにはCWCのマークが残っている事を確認しました。これは単にまだやっていないだけなのか、それとも細かなつながりがあるのか…と言うのは気になる所ですね。

気になる新エリアのストーリーですが、基本的には「これまでと何かしらの紐付けがされてしっかりとしたストーリー」になっているのか、それとも「全く異なる別のストーリー」になっているのか、「不安」と「期待」(笑)が両方ある感じではありますが、まずはオープンを待ってみてどうなるか…といったところですね。

n8

ただ、話は変わって、ちょっと長い目で見ると、気になるのは、いわゆる「リニューアルアトラクション」で、特に「映像系」のものと言うのは、リニューアルで新しくなった時は多くの話題とゲストが集まりますが、時間が経つと以前とあまり変わらなくなってくる…と言う部分もありますよね。

例えばスターツアーズなどもそうですが…。もちろんこうしたキャパの大きなアトラクションは短い待ち時間で楽しめるのも大きなメリットですし、必要なものではあると思うんですけどね。

n01

…いよいよオープン間近となった「ニモ&フレンズ・シーライダー」。オープンするのは、GW連休明けで、夏休み前と言う、パークのゲストとしては比較的少なくなる時期。さて、どうなりますかね?


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

春の訪れを感じるイベントが一足先にスタート。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
b4

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、本日4月3日、月曜日。実質的には平成29年度のスタートとなる日で、今日から新社会人やら新生活がスタート…といった方も多いところでしょうね。学生さんは来週あたりから新学期がスタートといったところでしょうか。

そんな中、既に皆様ご存知の通り、本日はディズニーリゾートでイースターイベントのプレス向けプレビューが開催されました。

b1

正式スタートは4月4日ですが、近年はこの形が定着しているところもありますね。…と、そんな新年度早々のスタートですが、この4月早々スタートと言うのは、社会人にとってはなかなかキツイところですよね( ̄∀ ̄;)
 
ちょっと早々から休みは取りにくい…なんて言う方も多いのではないでしょうか。というか、実は私もとりあえず普通の社会人みたいな事をやっているので、今日は職場でも色々とあり、元々行ける予定ではなかったのですが、無理矢理仕事をすっ飛ばして、「おしごと大脱走」してきてしまいました。←言いたいだけ(笑)

b3

と、そんな個人的な話はどうでもいいと思うのですが、本日から開始したイースター。特にシーにおいては、昨年から開始した15周年が挟まったため、1年間お休みになったものが復活、と言う形になりました。

今後季節イベントとしてこのイースターは定着させていきたいと言うオリエンタルランドの意向もあり、今年、復活となりました。イベントとしてはいいと思いますが、イースターとハロウィーン、クリスマス…と両パークの個性が活きる企画もあるといいですね。

b2

また、相変わらず初日…と言うか、まだ正式な初日ではないのに売り切れが出ているグッズ等がある、なんて話も…。これ、私が詳しく触れるまでも無いですが、先日触れた顧客満足度うんぬんって、こう言う所なんですよね。

本日発表された入園者数でも昨年比で、「微減」となっていますが、良く考えていただきたいのは、これ、15周年の年であると言う事。ここではあまり触れませんが、これらは重く受け止めて頂きたい所ですよね。

…と、話は戻って、正直1年空いたので、「ファッショナブルイースター」は、なんとなくしか覚えてなかったりいたしますが、基本的な内容は「2年前の続き」という形の様ですね。音楽もかなり変わっており、ダンスシーンもなかなか見ごたえのある感じになっていると思います。…以前の自己主張激しい4人も面白かったですけどね(笑)

b9

余談ですが、思えば、2年前のこのイースターあたりから、ディズニーキャラクターではなく、「ショーの演者個人」の人気が顕著になってきた印象があります。その後のハロウィーンの手下騒動にもつながっていったような気もします。以前は実名を出しての応援なんていうケースもありましたが、今年は穏やかに進めばいいですね。

また、シーでは先日発表されたステラ・ルーのライブキャラクターが登場するグリーティングドライブが開始。こちらは「お披露目」が主のものですから、予想以上でも以下でもないですが、他のキャラを差し置いて、一気に前に出てきたと言う、「唐突感」はやはり否めないですかね?(笑)

b5

そしてランドではパレードが一新。しかもこれまでのようなカタカナや英語は一切入らない「うさたま大脱走」と言う、かなり違和感のある(笑)名前になりました。ランドのパレードは「明るく・楽しく・にぎやかに」と言うイメージがありますが、まさにその通りのパレードとなりましたね。

パレード以外にもパークのあちこちに「うさたま」が隠れていたり(隠れていない?)など、ゲストを楽しませてくれる工夫がされているイベントとなっています。

b6

今回はエッグハントがこれまでのように有料プログラムではなくなっているので、ちょっと残念と言う方もいるかも知れませんね。ただ、昨年私もやりましたが、たくさんの方がエッグハントを行うため、上級の問題でも、「人だかり」ができているため、すぐわかってしまう…という欠点もありました。

意外と好評だったように思える有料のエッグハントですが、それほど人気や利益にならなかったと言うことなのでしょうかね。
 
…と言うことで、あまりネタバレなしのざっくりご報告でしたが、いよいよ春のイベントが開始となりました。毎年の事ですが、イベント開始当初はまだ真冬の格好でパークに来ることも多いですが、イベントの終わり頃にはもう真夏の格好になって熱中症の心配もしなければならないような時期でもあります。

b8

しかも通常のスペシャルイベントは2ヶ月弱の期間が多いですが、このイベントは3か月近くもある、長丁場。…時期的にも新社会人や慣れない生活がスタートし、ストレスから「大脱走」したくなってしまう人もいるかもしれませんが、気候も良くなるこれからのイースターイベント。

春キャンシーズンも終わりとなり、これからは比較的穏やかな平和なパークが戻ってくる時期。じっくりゆっくり穏やかなこれからの季節を楽しみたいものですね(^-^)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

顧客満足度が11位から27位に。そこから見える今後の課題。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
b369e58b

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


15周年や冬のイベントが終了し、間もなく華やかなイースターイベントが両パークで開始となります。春休みを挟んだため、イベント終了から次のイベント開始までの期間が少し長めになっている現在。

ただ、春休みということもあり、連日入園制限に近い程度の混雑が発生しています。そんな常に人気の東京ディズニーリゾート。その様子を見るとまだまだ安泰だな…と感じるのも事実です。

しかし、そんな中先日ニュースにもなっていた、顧客満足度指数について、2016年度の東京ディズニーリゾートは2014年の「2位」2015年の「11位」、そして今回はなんと、大幅な下落の「27位」と言う結果が発表されています。

q3

(「JCSI(日本版顧客満足度指数」による。調査は2016年4月〜12月、355企業・ブランドについて11万3,974人を対象にインターネットで行われたそうです。)ちなみにTDRは2011年2012年は2位、2013年は1位でした。

まず、言うまでもありませんがこうした調査はサンプリングの仕方によってその結果が大きく異なるため、その結果だけが全てではありません。しかし、これまでは1・2位が定位置だったTDRがここまで下がってしまったのは素直に受け止めるべきでしょう。

結果に対しては様々な意見もあると思いますが、独自に作製した下のグラフを見ていただければお分かりのとおり、他の満足度上位の企業等の順位の変動が少ない所を見ると信頼度はそれなりに高いと思われます。

km

また、同調査で昨年の満足度が11位に低下した時、その後に放送されたNHKの「おはよう日本」(2016年9月2日(金)放送)の「東京ディズニーリゾート“満足度の向上を”改革の舞台裏」では、満足度低下を受けて改革を進めて行く同社の姿が紹介されていましたが、結果的に昨年の低下の幅以上となっています。

そんな中でもかなりこれまでは上位にランクされているのが当たり前だったディズニーリゾートのこの満足度の低下についてちょっと考えてみたいと思います。

q2


顧客満足度低下の原因は一体どこにある?

ここで一番簡単な理由として挙げやすいのは、「パスポート料金の値上げ」。満足度が低下し始めている2014年から、3年続けての値上げとなりました。ただ、単純に考えて、そのものの価値は、受ける対価によって変わるのは当然であり、高いお金を払ってもそれなりの満足感が得られれば全く問題ないと思います。

顧客満足度の低下となるのはまさにこの部分。言うまでもなくこの結果は「支払った代金に見合う満足度が得られていない」と言う事に尽きると思います。

いつ行っても大混雑のアトラクション、レストラン、ショップ…。ドリンクひとつ、フードひとつを買う為にも長い列に並ばなければならないのが、当たり前になってしまっている現状。

厳しい事を言うようですが、アトラクションの混雑に関して、パーク側は「混雑の解消」という意味ではその対応策を近年は一切行っていないと言っても過言ではないと思います。昨年の満足度が11位に低下した事を受け、前述のNHKの番組では、「ピノキオの列を改善した」とありますが、これが本当に実質的な改善策と考えているならば確実に再考が必要と言えるでしょうね。

q1

そして特に昨年4月に開始したプライオリティーシーティングのシステムの変更により、基本的には事前予約が必要となってしまったレストラン。

それだけならまだしも、明らかにPS対象外のレストランでもオペレーションの低下により、食事時なのにレジがフルオープンしていなかったり、会計してから配膳までの時間がかかり過ぎるため、レジの先に人が溜まってしまい、レジが停止してしまうということもよく見かけるようになりました。

それが大きく影響し、他のプライオリティーシーティング対象外のレストランの列が伸びると言う傾向が今でも続いていますし、改善されているとは思えません。

また、パスポートの値上げについては、メディアで取り上げられたり、ネット等で敏感に反応がありますが、フードの値上げについては表には出てこないので目立ちませんが、じわりじわり…と上がっている側面もあります。

値上が直接的な要因である可能性は高いですが、それ以外のこうした細かな変化が積み重なっての満足度の変化…という要因もあるのではないかと思います。

e15ef040

バケーションパッケージも満足度低下の原因?

ご存知、パスポートのほかに時間指定のないファストパスやショー鑑賞券など様々な個性的な特典が魅力のバケーションパッケージ。

待たずにアトラクションやショーを楽しめる、更にそこでしか会えないコスチュームのキャラクターと写真が撮れたり、他にもそのプランでしか体験できない付加価値の数々は非常に興味深い内容です。

ただ、こうした様々な旅行のセットプランの場合、通常は「色々セットにすると安くなる」のが普通ですが、このバケーションパッケージは逆に高くなってしまう、と言う特徴もあります。

これらの個性的な特典は、非常に魅力的ですが、このバケーションパッケージを充実させればさせるほど、その分、一般ゲストに対して、しわ寄せが来ると言う形になってしまっている気がします。

a38262dd

例えばファストパスやショー鑑賞券。これらは「パークが混雑すればするほど、その威力を発揮する」という事になり、その価値が高まると言うことになります。これは逆に言うと、「パーク内がいつでも快適に過ごせて、適切な時間でショーやアトラクションが楽しめる」と言う事になると、この「バケパの価値が下がってしまう」と言う事にもなります。

ここに大きなポイントがあります。そのため、「パークとしてはアトラクションやショーの混雑解消を積極的に解決しようという意思が無い」のです。「常にパーク内に人が多くて混雑している」という状況を作らないと、バケパの価値が下がるとも言え、直接的ではないにせよ、長期的な目で見ると、これも顧客満足度の低下の一因であると個人的には考えています。

4285c215

事実、ショーやアトラクションの利用もできた、旧ガイドツアーやプレミアムガイドツアーは消え、もっと遡ると、ガイドツアーでは過去、スペシャルイベントのショーの鑑賞券も選べた事もありました。こうした確実に待たずに観られる&体験できるのはバケパしか選択肢がなくなったという事も大きな要因だと思います。

また、他にも例えばこれまでの周年イベントの時は限定コスチュームでの整列グリーティングができましたが、15周年のコスチュームはバケパ限定になり、個人的に一緒に写真を撮る事ができませんでした。

こうした部分も、アニバーサリーイヤーという絶好の集客機会にもかかわらず、それをイコール「短期的な収益に転換」するような形が近年増えてきているのも満足度低下にもつながっているのかもしれません。

f59c9b7b

個性的なイベントや企画の減少

こちらは言われてから久しいですが、ショー運営費の削減により、毎年のイベントが似たような形になってきており、「お!今年はこんな新しい事をやるんだ!」と言う高揚感やワクワク感が減少している所もあると思います。

近年のスペシャルイベントは「ランドはパレード」、「シーは水上ショー」と言う形が基本なのは当然の事ではありますが、ランドではキャッスルショーは実施されなくなり、シーでは一昨年にハーバーに可動式ステージが新設されましたが、これは逆に言うと「同じ様なパターンのショー」になってしまうと言う面もあると思います。

更に人気だった「レジェンド・オブ・ミシカ」の後継ハーバーショーはまだ行われず、行われるのかさえもわからない状態…。

また、以前は来場者への配布物だったり、年間パスポート購入時のキャンペーンやスタンプラリーの類…といった細かな企画も近年は全く行われていません。ハロウィーンのキャンディー配布さえも行わなくなりましたね。

また、知らぬ間に消えて行ったアトモスの数々等、近年の様々な変化は、すぐにコストや人件費の削減につながるような背景を想像させるパターンが多くなっており、斬新な企画やイベント…というものが、ほとんど行われていない印象があります。

もちろん、限られた予算や人間の中で企画をしなければならない大変さと言うのもあるとは思いますが、こうした部分も中長期的に見て、満足度に関係しているのではないのでしょうか。

f1

SNSなどによるネガティブ情報の拡散とその影響

近年は様々なメディアやこれまではあまりリアルタイムで話題にならなかった様な事がTwitterなどの利用者増と、その利用者の低年齢化などにより、マナーやモラルについてディズニーリゾートに関連したネガティブな情報が拡散されやすくなっているという所もその理由の1つにあるのではないかと思います。

そのひとつとしては人気グッズ販売の過熱。ダッフィー商品を始めとする転売問題の影響で、販売初日に売り切れが出たり、公然と転売商品が売られている事に対するパーク側の徹底しきれない対応や状況…など、原因はゲストにもパークにもあると思いますが、ネガティブな話は一気に拡散されるため、パークに対するイメージの変化というのもあるのかもしれません。

また15周年最終日に問題となったアーリーの適切ではない利用や、徹夜、横入り問題等。これらも一般のゲストが近寄れない雰囲気になってしまっているのもゲストを遠ざけてしまっているのかもしれません。

07

他にも例えば、連休や春休みの想像を超える大混雑の様子はTwitterで気軽に発信され、昨年話題になったネガティブな情報として、「パジャマディズニー」や「制服ディズニー」、最近では「トゥーンタウンの木箱に乗っての撮影」や、「城前やウォーターフロントパークでの寝そべり撮影」など、特にこれまでのパークを知っている方にとっては、その代わりっぷりはかなり気になる所であり、嫌悪感に似たものを抱いてしまう事もあるのかもしれません。

ただ、このあたりはパーク側の対応がどうこう…と言うよりも、ゲストの変化による所が多いのだと思いますが、「夢の国なら何でも許される」と言うような、間違った理解の方々のためにこうした状況になっているような気もいたします。

b01

どうすれば顧客満足度が上昇するのか?

それでは、これ以上顧客満足度の低下を防ぎ、再び上昇するためにはどうしたら良いのでしょうか。

これは、冒頭でも触れた通り、簡単に言えば、基本に戻り、「支払う対価に見合う満足度が得られる事」が唯一にして最大の事だろうと思います。ディズニーといえども、当然一企業ですから、それなりの収益を上げる必要があるのは当然のこと。

ただ、近年はゲストではなく、そちらを向き過ぎている為、「TDRは並ぶのも混むのも、そして高いのもあたりまえ」と言う「無意識の意識」がパーク側にある様な気がします。

パーク運営を支えてくれる大事なゲスト。その貴重な「声」はどうしてもリピーター中心の声になってしまう部分もあると思います。しかしながら、パークを支えてくれるのは現実的には一般的なゲストであるのも事実だと思います。

f0f812fc

快適に楽しめることが少なくなっているという現状。これまではそれでも人気のディズニーリゾートでしたが、レジャーの多様化や余暇時間の増大などにより、「ディズニーでなければならない」という意識がなくなってきているという面もあると思います。

何度か過去にも触れていますが、加賀見俊夫氏の著書「海を超える想像力」の中には「顧客優先主義に基づく全体最適」という言葉があります。

これは効率よくゲストに動いてもらう事、長い時間滞在してもらう事によって出費額が増え、ゲストもパークも双方に利点がある…という意味です。

近年はそのバランスが適切では無くなっているイメージもあり、並ぶ・待つ時間が長い事で、利益機会の大きな損失にもなっている気もします。…単価を上げる、コストを削る、という、単に目の前の利益だけではなく、もっと長期的スパンでサービスの充実して頂き、少ないストレスで快適にパークを楽しめる環境を作っていただけるといいですね。

…ま、言うのは簡単で、なかなか実現は難しいと思うんですけどね(笑)35周年に向けて、大きな変革に期待したい所です。

その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

「未来」へと進む旅の始まりと終わり。TDS15周年が終了。

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
写真 2017-03-17 20 18 21

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、ついに約1年間行われてきた東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”が本日で終了となりました。

例年ですと、イベントの翌日にはそのデコレーションやイベントバナーなどはきれいさっぱり無くなってしまいますが、今回もおそらくそうなるはず…ですが、アクアスフィア前のウイング・オブ・ウイッシュ号は撤去も時間がかかりそうですからここは徐々になくなっていく感じでしょうかね?

d863fcc7

そしてイベント終了の余韻や寂しさを感じる間もなく、春休みの大混雑シーズン、そして4月からはイースターイベントが開始となり、まだ慌ただしい時期は続きますね。

…そして全っ然関係ないですが、明日18日(土)はこちらの前回記事でお伝えしましたが、3冊目の著書が発売となりますのでご興味ある方はご覧いただければと存じます〜(。-_-。)

…と、話は戻りまして、毎回の事ですが、あっという間の1年間。色々なことがありましたが、つい最近行われていた事の様にも感じます。…そんな中、今回は勝手に15周年を振り返る…なんていうお話を書いてみたいと思います。(全てのイベントではなく抜粋)

27426c1c

【イベント開始前〜開始直後】

■プレビュー・ナイト、スペシャル・ナイト
(2016年4月13日と14日の夜に開催)

思えばフィナーレイベントで開催された「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー 〜シャイン・オン!〜」の「夜バージョン」の予行でもあったとも言える、プレビュー。懸賞の当選者等を招いて開催された特別版が行われました。この頃から「イベント後半では夜公演もあるんじゃないか?」とも言われていましたね。

404a9360

■前日14日夜に熊本地震が発生。オープニングセレモニーが中止に

まだ鮮明な記憶がある熊本地震。15周年開始の前の日の夜、4月14日の21時30分頃に最初に発生した地震の影響で、翌日に予定されていたセレモニーが中止となる波乱のスタートとなりました。(上の写真はその後9月4日に開催されたセレモニー)

ただ、いつもの事ですが、セレモニー自体はプログラムとして公に発表されていなかったため、その後のニュースで報じられた形なので、大きな混乱にはなりませんでした。

私もこの日は早朝から並んでいましたが、被災された地域の方々の現状を考えると当然の形…という印象で、皆さんが被災地の心配をしつつ、受け入れていたのを感じました。

思えば10周年の時も東日本大震災の影響で、TDRは約1か月の閉園をする事となりましたが、こうした面ではアニバーサリーの年には順調な滑り出しができないジンクスの様になってしまった感もあります。

本来であれば華々しいスタートと行きたい所だったと思いますが、明らかメディアの露出が減り、それを受けて、開始直後のゲスト数も予想より伸び悩んでいる印象も受けました。

8e83622d

■プライオリティシーティング制度の変更

直接15周年とは関係ないですが、4月15日から変更された同制度。簡単に言えば、対象レストランは「事前ネット予約のみ」の形に変更され、当日並んで利用ができない形になりました。

導入の背景にはTDSハロウィーンの「セイリング手下騒動」や、「アナ雪」スペシャルイベント初年のクリスタルパレスレストラン大混雑があると思われ、なんらかの対策は必要では…と感じられた部分も正直あります。

しかし、これは個人的に言わせて頂くと、「近年まれに見る悪手」と言っても過言ではない制度変更だと思います。

ef10df16

詳しく書くまでもないですが、この導入により「とりあえず予約」が更に増え、予約していないと、店内は座席がガラガラなのに並べない…というおかしな状況になり、結果的にOLCの2017年3月期の第3四半期決算では飲食販売収入が前年比2.9%マイナスという結果になりました。

同制度はキャストの人員コントロールや効率的なゲスト数把握によってコストの調整という面もあったのだと思いますが、結果的に売り上げは下がり、その分他のレストランの待ち列が伸び、ゲストの満足度の数値にも影響が出たのではないかとも察せられます。他の数値は軒並み好調なのに、この部分はマイナスになっているのを見るとその影響は明らかと言えるでしょうね。

最近になってクレジットカードの入力が不要になる変更がありましたが、これはカード情報のセキュリティ管理のリスクや、カードを持たない学生層の需要も見込んでいるのかと思いますが、現実的には、むしろこれまで以上にいくらでも予約できてしまうという状況の拡大になってしまう可能性もあるのかな…という懸念もありますよね。

7c2f2539

■「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の開始、「ビックバンドビート」のリニューアル

15周年メインコンテンツである「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」の開始、そして「ビックバンドビート」のリニューアル版も開始。当初はなかなか複雑な動きをするCWJに困惑もありましたが、各ステージへの分散は非常によく配慮されていたイメージがあります。

そして、言わずと知れた大人気のBBB。こちらは前作の魅力を残しつつ、全体的に非常に成功だったのではないかと思っています。抽選での入場については、途中から「当選券の提示ではなく、抽選したパスポートの提示」が、また「当選券でもOK」になるなどの変更はありましたが、成功したコンテンツと言えるのではないでしょうかね。

527abada

【イベント序盤の動き】

■ストームライダーのクローズ、ミニー声優の水谷優子さん逝去

15周年が開始して間もなくですが、パークファンにとっては悲しいニュースが続きました。まずは5月16日にストームライダーが惜しまれながらクローズ。この前後から大きく話題となり、閉鎖に反対の署名運動まで行われる等、恐らく運営側の想像していなかった大きな影響がありました。

常に変化をしていくパークにおいてはそれは仕方が無いですし、新しい魅力の創設という意味では必要だとは思いますが、私個人的にはBGSの変化も気になる所ですが、それよりも感じたのは、「15周年が始まって1ヵ月後にクローズ」という事。ご承知の通り、ショー終了やクローズになると本日の15周年最終日の様に、一定の「終了特需」が見込めます。

しかし、この親しまれてきたアトラクションのクローズを「アニバーサリー需要に結びつけるような形にしてしまった」と言う事が気にかかるところでもあります。少し厳しい言い方をすれば、15周年コンテンツ全体の少なさをカバーするためにこの時期に持ってきた…?とも思えなくもない気がします。

535ad235

そして、続いて、5月17日にはミニーマウスの声優、水谷優子さんが乳がんのためこの世を去りました。もちろんこれはパークとして正式な形で表明できる類のものではないので、静かにひっそりと過ぎて行った形になりましたが、こちらも結果的にアニバーサリーイヤーの年となってしまったのはなんとも言えない悲しみでしたね…。

ただ、その後任の声優さん(あえてここでは書きませんが)もこれまでのイメージとかなり近く、違和感なく自然にパークに馴染んでいけそうな形になりそうですよね。

■「アウト・オブ・シャドウランド」開始

そして7月9日からはハンガーステージで新規ミュージカルショー、「アウト・オブ・シャドウランド」が開始。正式公開前のスニーク時には撮影がOKだったのですが、正式公開では全面禁止になりました。

これまで人気が高かった「ミスティックリズム」の後継ショーとしてスタートした同ショー。当初は抽選でしたが、現在は先着順に変更。

これまでとは異なるプロジェクションマッピングとミュージカルの融合とも言えるショーですが、正直賛否は大きく分かれているイメージでしょうかね。

d00d4609

こうしたショーについては様々な意見があるので一概にまとめる事は難しいとは思いますが、15周年のコンテンツとして考えると、正直集客の目玉とはなりきれていなかった様な印象もあります。

ランドのワンスもそうですが、映像系コンテンツの場合は総じて「飽き」も早い特徴もあるのかな…という部分もあり、今後どう変化していくのか、成長の幅が楽しみな部分もあると思います。

【15周年アレンジされた季節イベント】

■恒例の季節イベント
「ディズニー・サマーフェスティバル」7月9日〜8月31日
「ディズニー・ハロウィーン」9月9日〜10月31日
「クリスマス・ウィッシュ」11月8日〜12月25日

続いては夏から秋、そしてクリスマスのイベントについて。一気に3つのスペシャルイベントをまとめてしまいましたが、こちらについては、恒例の「夏は散水イベント」、秋は「ヴィランズが中心となったハロウィン」、そしていつもの「斜めツリーのクリスマスイベント」(ヲイ)と言う形になった印象です。

71f5f3ff

もちろんこれ以外にもいくつかのコンテンツはありましたが、近年の季節イベントは「前年のマイナーチェンジのパターン」が多いので、「何年のやつだっけ?」という形が多く、記憶が重なる事があります。(←それはアナタの問題(笑))

それぞれのイベントについて、今年は15周年のテーマソングが使われたり、昨年とは若干違う部分はありましたが、基本的に各イベントの内容は昨年と同様な部分が多かった気もします。

1182bbf8

当然の事ながらアニバーサリーイヤーですからテーマソングをアレンジするのはなかなか面白かったところもありますが、個人的にちょっと残念だったのは、ハロウィーン。

ヴィランズをテーマとして昨年から始まりましたが、それぞれのキャラクターの個性も活かされていて、非常に素晴らしかったイメージがあります。

2d1ffc4c

ただ、そこに今年は15周年の要素を加える形となり、ヴィランズとキャラクターたちの関係というか、ショー後半の部分がちょっとなんだかよくわからないストーリー展開になってしまった印象があります。

この辺は基本は昨年ベースとしながらも、「15年要素をなんとかねじ込む必要」があったという、企画側もなかなか頭が痛かった部分はあると思いますが、逆に15周年要素を無理に入れなくてもよかったんじゃないのかな…なんていう気も個人的にはいたします。

そして恒例のクリスマスのイベント。15周年の音楽や他の曲のアレンジはとても良かったとは思うのですが…ま、こちらも毎年触れている事ですが、そろそろあの「斜め電飾ツリー」は変えて頂いてもいいんじゃないかな〜?なんて思ってます。

正直、さすがにそろそろマンネリと言われても仕方のない時期にきているのではないかな…と言う感想は否めないと思います。

f59c9b7b

【イベント後期〜グランドフィナーレ】

■そしてグランドフィナーレ

恒例のカウントダウン、「ニューイヤーズ・イヴ」や「お正月のプログラム」を経て、冬のイベント時期として、スペシャルイベント「東京ディズニーシー15周年アニバーサリー 〜グランドフィナーレ〜」が開始。

この時期恒例のタワー・オブ・テラー「LEVEL13」や「スウィート・ダッフィー」、「の「マイ・フレンド・ダッフィー」のリニューアルの他、「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー 〜シャイン・オン!〜」の公演が開始となりました。

このフィナーレイベントのCMで、「いちばんの感動は最後にやってくる」と言うキャッチコピーがありましたが、色々な意見がすぐに高反発されてしまう現代…と言う風潮はあるにせよ、「じゃあ、今までのは何だったのよ?」と言う、意見も散見されました(笑)

ab984b18

同ショーではシャボン玉等の効果が加わったり、シーの15年の歴史を感じさせるセリフや音楽のアレンジがさらに加わり、夜公演が行われる等、特にイベント後半にかけては入れ替え制が導入される等、マニアの方々を中心に話題となっていたイメージはあります。

ただ、その反面、これに限ったことでは無いですが、長時間待ちが当たり前となり、一般の方が入れる雰囲気ではなくなってしまった所もあります。

691c5512

これについてはこれまでも散々繰り返されてきた事であり、有効な具体策は無いですが、3月に入ると「パークを楽しむ春キャン学生層」と「フィナーレを味わうヲタ層」の明確な2極化になっていた印象があります。

それはそれでいいとは思うのですが、最近は自分の考えとは異なる楽しみ方をする他のゲストに対して、「過剰過ぎる反応」をする形も増えてきており、ツイッター等でいわゆる「晒し行為」や「過敏な反応」をするケースが増えてきた印象があります。

40557bbb

もちろん春キャン学生の明らかな危険な行為や行動があるのも事実ですが、一方ではショー待ちをするためにふさわしいとは言えない行為も見られますし、この辺りは個人のモラルやマナーによる部分ですが、穏やかな気持ちで楽しみたいものですね。

そして15周年とは直接の関連ではないものの、長らく親しまれてきた「テーブル・イズ・ウェイティング」の終了。15周年最終日と、このテーブル〜の最終日最終回をほぼ同時刻に持ってきたのは混乱を極力避けるための方法としてはいい判断でしたね。

これまではショー等のラスト日を同じ日に持ってくるという事はスペシャルイベント以外では少なかったですから、混乱を避けるため、そしてより多くの方に楽しんでもらうため…と言うパーク側の配慮の意味もあると思います。…ま、現実は対策が非常に困難だから…と言う面もあるとは思いますが。

c32bf462

【全体的な感想と今後】

・・と言う事で思う事をダラダラ書いただけになりましたが、全体的な感想をまとめてみると、15周年アニバーサリーとしての完全オリジナルコンテンツとしては、CWJが唯一にして最大となった印象。

これはあくまで個人的な感想ですが、アニバーサリー全体としてはやや落ち着いた感じで、メインコンテンツと言えるものが少なく、一定の需要が見込める「マニア層へのアピール」は十分だったと思うのですが、「一般的なゲスト層」に対してのアピールとしては、少し弱かった印象もあるのかな…と言う気もします。

これらは確実な数値的データに基づいたものではなく、あくまで私の感覚なので、異論もあるかと思いますが〜(苦笑)

7c2d2c96

そして気になるのが、このイベントの終わりとともにいずれやってくるであろう世界的な「お顔」の流れ。こちらについては、いずれは間違いなくやってくるものである…とは理解をしつつも、現実になった場合、なかなか受け入れられない方が多いと思うのですが、怖いのはどのタイミングで来るかというのが明確にわからないところですよね。

…今日の様な節目の日がこれからちょっとドキドキになりそうですよね(笑)

特にこれまでの経緯を見てもアニバーサリーイヤーの翌年は集客が落ちる傾向があります。そのタイミングで果たして、その「Xデー」はいつやってくるのかどうか、非常に気になるところです。

…アニバーサリーは今日で終わりですが、まだまだ「未来」への進化と変化は続くパーク。まだ見ぬ未来への期待(と、ちょっとの不安(笑))を込めて、まだまだこれからもがんばって頂きたいものですね。

15周年に関わったOLCそして関係者の皆さん、更にゲストの皆さんも含めてお疲れ様でした♪


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 

【告知】3冊目の著書を出させて頂くことになりました(。-_-。)

こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
qq1

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、時の経つのは早いもので、2004年4月からこちらのブログを開設し、この春で12年が経ちます。その間、別の攻略系ブログ「TDRハック」でも記事を書かせていただいたり、お粗末ながらも、WEBライターとして「ウレぴあ総研 ディズニー特集」でもこちょこちょと記事を書かせていただいたりしております。(但し最近サボり気味(苦笑))

これまで自分のブログで書いた記事は約4,500、その他のものも含めると、おそらく5,000記事くらいは書いている計算になるみたいですが、自分でも「一体何をそんなに書いたんだろう( ̄∀ ̄;)?」と言う位の量にびっくりしています…。(ま、中身が伴っているかどうかは別として…なのですが(-_-;))

k4

そして、2015年5月には1冊目の著書、ディズニーに行く前に知っておくと得する66の知識(文響社)の発刊、そして2016年6月には、2冊目の著書、「701回通ってわかった ディズニーシーで史上最高の1日を過ごす方法」(KKベストセラーズ)を出版する機会を頂きました。

そんな中、ツイッターでは少し前にも触れさせていただきましたが、この度、お恥ずかしながら、3冊目の著書を出させていただく事となりましたので、改めましてブログで告知させていただきます(。-_-。)

著書名:「思わず話したくなる究極のディズニー
■単行本(ソフトカバー): 256ページ
出版社: ベストセラーズ 
発売日: 2017/3/18

今週末の18日に発売となります。…ざっと簡単に内容を申し上げますと、1〜2冊目は「いわゆるパークの過ごし方」や、効率的な過ごし方…と言う、「ノウハウ本」であったのに対し、今回はパーク内の「こだわりや雑学を記した読み物形式」といった形になっています。

k2

基本的な構成は「ランド」、「シー」、そして「全体」と言う大きく3つのカテゴリーに分けて執筆をいたしましたが、予定していた当初よりもものすごい情報量となってしまい、何をカットするか…と言う作業に追われている感じでした。

いずれまた発刊に至るまでの経緯は時間があれば、もう少し詳しく書いてみたいと思いますが、いろいろと幅広く構成させていただいたつもりです。

ただ、前にも同様のことを述べた事がありますが、ディズニーリゾートでは、非常にその「趣味趣向の幅や種類」、そして「詳しいゲスト」と「そうでないゲスト」の範囲が非常に幅広い、と言う部分があります。

k5

よく行く方には「そんなの常識でしょ!」と言う部分でも、「年に1〜2回程度しかパークに行かない」と言う方にとっては物凄く新鮮な話…と言う事もよくあります。

そんな事も意識しつつ、情報や話の「深さと広さのバランス」はそれなりに整えたつもりですが、これまでのノウハウの話と違って、なかなかそのまとめ方が難しかった印象です。

k6

…と、色々と語り始めるとだらだら、ぐだぐだと長くなってしまうのが私の悪い癖(笑)今回の原稿も、初期段階ではそんなぐだぐだ&だらだらな原稿が非常に多かったのですが、優秀な編集者さんと、出版社の様々なスタッフの方の心強いバックアップがあり、何とか形にする事ができました(>_<)

k8

ただ、著書の中でも触れていますが、基本的にはこうしたTDRのこだわりや雑学と言うものは本来であれば「ゲストの皆さん自身で探していただくもの」だと思っています。

また、言うまでも無く、TDRの魅力は本一冊などでは到底書き切れるものではありません。

k9

しかし、そうは言っても限られた時間の中で、なかなかそう簡単に時間を使えるものでもない部分もあると思います。そんな皆さんの手助けが、ほんのわずか、ちょっとだけでもできたら嬉しいな…と思っています。

お役に立てるかどうかわかりませんが、以上、よろしくお願いいたします(。-_-。)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■ 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

以下、3冊とも
当ブログ管理者が
↓執筆した本です↓










■■ブログご紹介■■


ご覧いただきありがとうございます!このブログはディズニーリゾートに関する雑学やバックグラウンドストーリー等について、思いつくままに書き込んでいます。

もうひとつの攻略系ブログ、「TDRハック」(更新情報アカウント→@tdrhack )も執筆中です。こちらもどうぞ!

管理者へのご連絡はコメント欄からお願いします(認証が必要です。)


■■MyblogList■■
■■■月別情報■■■
Categories
■■QRコード■■
QRコード



クリックしてランキングを確認!
↑blogランキング参加中↑
一日一回クリックにご協力を


TDR周辺のホテル情報






にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ
ブログ村 テーマパーク・遊園地









  • ライブドアブログ