こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
ファイル 2017-10-11 20 40 33

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪

さて、早いもので本日で10月が終了。長いようで短かったハロウィーンイベントも終了となりました。本日はイベント最終日でしたので、物凄く勝手な私の個人的感想などをひとつ。

…あ、いつもの通り、勝手な感想をうだうだ&ダラダラと書いているだけなので、暇で暇で死にそうな方だけご覧ください(笑)

DSC02875

…まずはディズニーランドから。今年2年目の開催となったメインパレードの「ハロウィーンポップンライブ」。

昨年も非常に好評だったこちらのパレードでは、今年も引き続き「ライブ」と「ハロウィーン」を組み合わせと言う、ちょっと変わった形でしたがミッキーの立ち回りの格好良さなどから、今年も昨年同様人気の高いイベントとなった感じがします。

昨年と異なる部分では、新ファンタジーランドの工事の関係や、10月10日にクローズした「スタージェット」の関係で、パレードルート周辺や停止位置がイベント途中から変更になるなど、これまでにない雰囲気での開催となりました。

DSC03596

ゲストだけではない「安全対策の徹底」

また、「ゲストにとっては嬉しい事」なのですが、出演者やキャラクターの安全確保と言う面で、大きな課題となったのがTwitterで話題となった、ダンスの途中でミッキーが倒れ込んでしまったと思われる動画。

主にTwitterを中心とするSNSの拡大により、パークを訪れたほとんどの方が「即席ニュース記者」になると言っても過言ではない現代。こちらの動画はかなり大きな反響がありました。

DSC02667

この動画がアップされた時、「こうした動画を掲載すべきでない」と言う意見や、「いや、この状況を改善するためには拡散すべき」といった意見まで、色々話題となりました。

確かに今回のハロウィーンも前年同様、「フロートが細かく停止していく」と言う形であったため、当然の事ながら、フロートの上で常時注目され、常にハイテンションで動き続けるキャラクターにとっては、熱中症などの危険性がかなり高くなります。

DSC03596

ご承知の通り、夏の厳しい暑さの中で開催される「夏祭り」では、登場ギリギリまで(冷房が効いていると思われる)フロートの中で待機するなど、万全の体制となっていますが、秋のハロウィーンと言っても、残暑が厳しい日は真夏と変わりありません。

特にミッキーマウスの「存在」については、パーク内では特別視されており、「詳しく触れる事自体がタブー視」されています。しかし、今回の事態はパークの運営面だけでなく、一歩間違うと、生死に関わる重要な部分でもあります。

もちろんTDRでは基本ともいえる、「SCSE」(Safety(安全)、Courtesy(礼儀正しさ)、Show(ショー)、Efficiency(効率)の頭文字で、その並びが優先順位を表している)はしっかりしていますが、起こってしまった事実は事実として、これをきっかけにゲストだけでなく、キャスト、出演者など、全ての方を対象にした安全対策に更に力を入れてくれるといいですよね(^.^)

7291FAAD-0EDC-4A9C-B9CB-7DF41F5070A2

仮装に対する「パークの意識の変化」と今後

そして今年大きな変更となったのが、「仮装期間の全面解禁」。

こちらについては始まる前から様々な意見がありましたが、私個人の感想としては、仮装期間をこれまで以上に長く取る事によって、結果的に仮装するゲストの密度が広がり、「空間的」にも「雰囲気的」にも、非常に余裕のある仮装期間だったのではないかなと思っています。

ただ、逆に言うと、仮装する方にとってはこれまでの様に、イベント前後1週間のみと言う、集中した時期の方がその雰囲気をよりじっくり味わえる…と言う部分もあったのでしょうかね?

DSC02648

その影響もあってか、今年はこれまでのハロウィーン期間の「恒例」だった、シンデレラ城前で仮装の方が大集合する様子(参考画像:【1】【2】)が、今年はあまり見られなかったのがちょっと寂しいような気も(?)いたします。…ま、その分、「別の傾向の方々」が城前で寝そべ…いや、楽しんでいたりしますけどね(笑)

また、Twitter上で話題になりましたが、公式的には特に表記がされていなかった、と言う「不思議な話題」。それはディズニーシーのリドアイルや、ランドのパレードルートの一部などで、「全身仮装の方を優遇するエリア」が設けられた事。

DSC04235

こちらについては多くの賛否両論が見受けられましたが、私のごく個人的な考えでは、基本的に「パーク内の仮装は『特別』である」と言う認識のもとに、仮装に関するルールが設定されている…という事がまず根底にあるはずです。

その「一般的では無い事」に対する特別なルール(仮装ルール)が敷かれているのに、「それを優遇する」という行為は正直疑問がつく部分でもありました。

言い換えれば、「特別ルールで来園を許している方に対して、一般ゲストの公平性を上回る優遇」をしているという事。これはパーク側の配慮である事はわかりますが、「平等性」という観点から考えるならば、「過剰な配慮」ではなかったのかな、と言う気がします。

9BE1D212-C4CC-4A75-AC60-F78DC5A4513C

こちらについては、双方様々な意見があると思うのですが、この件でこれ以上に私が感じたのは、「自分と異なる考え方を持つ方に対し、過剰なまでにそれを否定する言動」が目立った気がします。

例えば「優遇エリアに入りたいなら、仮装すればいいじゃないか」と言う意見や、逆に「だから仮装は無くした方がいい!」等、自分の立場を基本とし、それ以外の意見を受け付けないと言う発言が目立ったような気がします。

また、この件は公式サイト等では触れておらず、現地キャストが、Twitterで拡散してくださいと言っていたという話も聞きました。…ゲストにTwitterで拡散を求めていた事が事実なら、「本当にそれでいいの…?」とも思いますよね。

7EEBF1F1-4DAF-40E7-8829-90C07A5EE6DD

また、今回のこうしたパークの配慮は、「仮装に対し、パークが認識を改めている」と言う事を強く感じました。この様な対応を見ると、これは試験的運用で、次年度以降にこうしたエリアが拡大される可能性もあるのかな…とも思います。

ただ、このあたりはパーク側も含め、双方の立場に立った考え方を考慮し、何が原点であるのかを考える必要があるのではないかと思います。「配慮」の為に、何かが「犠牲」になるのでは、それは真の平等ではないですからね。

DSC06975

ヴィランズの「個性」をもっと生かすべき?

続いては、ディズニーシーのハロウィーン。こちらは3年目となるメインショー、「ザ・ウィランズ・ワールド」が開催。ただ、今年のシーのハロウィーンは、結果的にヴィランズよりも、アクアボードが一番活躍した(目立った)と言う感じになったのではないでしょうかね?(笑)

このヴィランズワールドが導入されたのは3年前。それまでありそうでなかった、ヴィランズをメインとしたスペシャルイベントは、始まる前から非常に興味も高く、ショー音楽や演出、ダンサーたちの動き、ショー展開など非常に素晴らしいものでした。

DSC05420

そして翌年(昨年)は15周年期間中。基本は前年とほぼ同じでしたが、15周年要素が加わり、意味不明のセリフ(笑)を途中に入れたことによって、後半からは何をやってるのかよくわからなくなったシーン(おい)もありました。

そして今年はアクアボードの演出が追加されて開催。ただ、正直、ショー内容は全くと言っていいほどこれまでと変わらず、3年目のショーなのにミッキーは「何が起こるんだろう?」と言ってみたり、「かつてないパーティーの開幕だ!」のおなじみのセリフも。

また、招待されてびびっていたドナルドも、そろそろ慣れてもいいんじゃないの?なんて事も思ったりします(笑)

DSC04220

この3年間ほぼ全く同じ内容に関しては、正直そろそろアクセントが欲しいところですよね。

また、オリエンタルランドが今年4月に発表した、2017年3月期の第3四半期決算時の決算短信では、入園者数が前年同期と比べて若干下回った理由について、悪天候の影響に加え、「シーのハロウィーンイベントが2年目を迎えたこと」と明言しています。(下写真参照)

19

これ、なんで狙い撃ちで同イベントが晒されたのか未だによくわかりませんが、ここで「思いっきりヴィラワのせい」にしているのに、今年もほぼ内容が変わらない…と言うのは整合性がない気がします。

…三年目となっているのに内容にあまり変化がない現状。ごく個人的な考えですが、同ショーはある意味、「ヴィランズが全然ヴィランズらしくない」感じになっており、3年も同じ事を繰り返してるのもどうなんでしょうかね〜?なんて…。

ヴィランズをテーマにしたハロウィーンは既に2018年も開催される事が発表されていますが、ここは思い切って、そろそろヴィランズ達の「裏切り的な行為」があってもいいような気もするんですけど…いかがでしょうか?(笑)

DSC05903

さらに同時期に開始したステラ・ルーが登場した「ステップ・トゥ・シャイン」。こちらはちょうどハロウィーン時期から開始しましたが、特にハロウィーンのイベントでは無いため、今年のシーに関しては、全体的にハロウィーン感があまり無かったような気もいたします。

このディズニーシーでは、2009年に行われた「ミステリアス・マスカレード」などからハロウィーンが開始となりましたが、今後、このシーで行うハロウィーンとしては、パーク側としてはその方向性に少し「迷い」が生じているのかな…なんて気もいたします。

DSC02048

ハロウィーン=ちょっと怖くて不気味な雰囲気=ヴィランズ」と言う、「なんとなく近い雰囲気」という所から始まった部分?もあるせいなのか、ヴィランズのハロウィーンを定着させるのか、それとも全く新しいコンセプトで行くのか、ということに関しては、今後の課題と言えるのかもしれませんね。

ただ、近年はファミリー層も広く対象としているシー。ヴィランズをこのまま定着させることに悩みがあるのかもしれません。

anigif2

また、登場初年度よりは若干落ち着いた感はありますが、相変わらず人気の「ヴィランズの手下」。ゲストを引きつけるその演者さん達の魅力はスゴイと思いますが、ここ終盤に来て観覧する方のマナーなどについて話題になる事がありました。

これは以前も言いましたが、これは「パークの魅力」と言うより、「演者の魅力」と言える部分であり、一定の人気と集客が見込めるとは言え、そこに頼っているパークの方向性は、なんだか「らしくない」と思う部分でもありますが…今後はどうなんでしょうね。

DSC02117

…と、今回もダラダラと、とりとめもなく書き綴りましたが、もうすぐにクリスマスイベントが開始となります。ランドでは「クリスマス版ワンス」とも言える、「ギフト・オブ・クリスマス」が開始となりますが、それ以外は両パーク共に、昨年との大きな変更は無いように感じる今年のクリスマス。

ただ、確かにクリスマスはそのイメージがしっかり定着しているところもあるので、なかなか斬新な企画と言うのは難しいと思います。

…ならば、いっその事、このハロウィーンの流れを汲んで、「クリスマス・ポップンライブ」とか、「クリスマス・ヴィランズ・ワールド」みたいなのも、たまにはやってみてはどうですかね?意外にイケそうな気がするんですが…?(笑)


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■