こっちでもつぶやき中♪→ Follow mikko_20100518 on Twitter
DSC01233

bana-bana-



ブログラ
ンキング
参加中です(^.^)ご協力を〜♪


さて、皆様既にご承知のことと存じますが、お正月イベントや連休が終わり、昨日から閑散期に入ったとも言える東京ディズニーリゾートで、明日のスペシャルイベント初日より一足早く、本日プレス向けにプレスプレビューが行われました。

ディズニーランドでは、「アナとエルサのフローズンファンタジー」が今年いよいよ最終年を迎え、ディズニーシーでは、「ピクサー・プレイタイム」が初開催。

DSC00049

とりあえずざっと色々回ってまいりましたので、ネタバレにならない程度に?ご紹介してみたいと思います。


…と、まぁ、毎回言っておりますが、近年は「ネタバレ」と言うキーワード自体が死語になりつつあるので、果たして隠すことに意味があるのかどうかと言うところもありますけどね(笑)

DSC00056

例年この1月新学期が始まった直後の何日かはパークが1年で1番空いている日と言っても良い日だと思います。そんな中のイベント(実質)初日でしたが、両方のパークでミッキーが出てこないと言うイベントがスタート。

通常のスペシャルイベントであれば、「新しいコスチュームのミッキー・ミニー」と言うだけでもそれなりの集客効果がありますが、今回はどの層に需要があるのかちょっと微妙。特にシーで行われたピクサープレイタイムはターゲット層は比較的低年齢層の様な気がします。

DSC00348

鑑賞ガイド的なものはまた後ほど作ろうと思っていますが、各所で話題になっていた通り、基本的には「ピクサーの各キャラクター」と「シーのテーマポートとの背景との関わり」と言うのはほとんどない…と言っても良いのではないでしょうかね。

ただ、これまで生身のライブキャラクターとしてシーに登場したことのないキャラクターが多く登場した事はちょっと斬新なイメージがありました。

DSC00406

この部分には様々な意見がありますし、それを押し付けようと言う気持ちは全くないですが、私個人的には、やはりディズニーシーのシックな色調の美しい光景に原色のキャラクターが、特に深い関わりもなく、ショーを行う…と言うのは、違和感がないと言ったら嘘になりますかねー。…あ、繰り返しますが、あくまで個人の感想です〜。

近年、「新しいパークの姿」を求めている様に思えるディズニーシーにおいては、こうした事は今回が初めてでは無いですし、今後もこうした傾向のスペシャルイベントが増えていくのだと思います。

DSC00416

これを許容するという事は、時代の流れというか、仕方がないのかな…とは思いますが、率直な感想としては、やはりシーの雰囲気には違和感があるなぁ…と言う印象です。

もちろん、それなりによく考えられているし、これが新しい姿なのだから受け入れるべき…という意見ももちろんたくさんあることは承知していますが、肯定・否定も含め、こうした部分はその「感じ方」ですからね。もちろん私も含めて。


DSC00429

Twitterを見ていると、様々な考えの方がいらっしゃって、双方の考えていることがよくわかります。…結果、これは良いとか悪いとかではなく、これが今後の目指すべき姿になっていくのかな…と言う感じですね。

また、今回はピクサーの名を冠したイベントなわけですが、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナには、これから公開される映画「リメンバー・ミー」をモチーフにしたデコレーションがされています。

DSC00445

この辺を考えると、「これから公開する映画の世界観をパークに持ってくる」と言う動きは、ますますディズニーリゾートが「映画の世界化」に向かっていくと言うのは間違いないのでしょうね。

構想の段階では、もともと映画の世界観が題材になるプランもあったディズニーシー。開園から十数年を経て、コンセプトのアイディアの1つとしてあがっていた姿になっていくのかもしれませんね。

DSC00483

こちらも良いとか悪いではないのですが、個人的には世界で唯一のテーマパークであるディズニーシーは、既存の映画の世界を持ってくる形よりも、その「個性」をもう少し大事にしてくれるとありがたいんですけどね。

ランドは単体映画のアナ雪が完全メインとなるイベントを開催していますが、このピクサー作品に関しては、イベント単体として成り立つ規模ではない部分もあります。今回のピクサー・プレイタイム・パルズでも、後半は正直少し無理やり感?で全員出てくる印象もありますからね。

DSC00517

また、ディズニーをよく知る方々にとっては、今回のキャラクター全てが理解できるかもしれませんが、一般ゲストの中にはこれらの映画を見ていない方も多いかもしれません。

ま、ピクサーと正直に名乗っており、そうした「周知」の意味では適切なイベントなのかもしれませんが、周知がメインになると、ディズニーパークのイベントとしては違和感が出てくるのかも…なんていう気もします。

DSC00648

…続いてはディズニーランドで行われたアナとエルサのフローズンファンタジー。


こちらは2015年の爆発的な人気からこのまま定着する?…と思われましたが、さすがに単体キャラクターの映画だけでイベントを長期継続するのはなかなか難しい部分があったのか、今年で最後となりました。

DSC00794

端的に申し上げるならばイベントは昨年と同じ内容と言っていいと思います。

こちらのアナ雪イベントのコマーシャルも昨年と同様のものが使われていますし、フォトスポットなどが若干増えていますが、やはり35周年イベント前と言うことでスタンダードな前年と同様のイベントになったと言うところでしょうか。

IMG_9367

例年と比較して特徴的なのがワールドバザールの装飾がまったくと言っていいほど無かったこと。パーク側出口付近に少しされていますが、これまでの中央のシャンデリア的なものが今回はありません。


これ、思うのですが、恐らく冬イベント後半になると、35周年のデコレーションがされるからではないでしょうか。

DSC00854

また、現在シンデレラ城の両サイドでは新たな「噴水」の設置工事が行われています。


これは「35周年版ワンス」とも言える、新ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」の工事でしょうね。公式発表では、「キャッスルプロジェクションに、噴水や夜空いっぱいに広がる光の演出…」と書かれていますのでその工事だと思われます。

DSC00601

そう考えると、もうランドは35周年の準備が着々と進んでいるんですね。


…ランドのアナ雪に関しては、「昨年と違うところがどこだろう?」と言う感じですが、シーのピクサーは中規模イベントが数多く行われ、明らかに
ディズニーシーの方に力をかけている傾向が非常に顕著な気がします。

これはランドの35周年はアニバーサリー期間と言うだけで、それなりのゲストが見込まれるので、イベント前ではありますが、シーの方にも力を入れている…?と言う所なのでしょうかね。

DSC00416

…と、いう事でまとまりませんが、閑散期を中心に始まった冬のスペシャルイベント。これが終われば35周年が華々しく開幕となります。


この期間中に次々と35周年のイベント詳細がまた明らかになってくると思いますが、冬の寒い季節の中で、35周年への熱い期待をしたいところですね。


その他にも…

総合ディズニーサイト「ウレぴあ総研 ディズニー特集
(更新情報アカウントはこちら

攻略ブログ「TDRハック」
(更新情報アカウントは@tdrhack) 
…も一部執筆中です。こちらも併せてどうぞ!

※なお、コメントは承認制とさせていただいています。また、申し訳ありませんが、コメントへのお返事はこちらではしておりません。ご感想・要望等ございましたらツイッターへお願いします。

bana-bana-


blogram投票ボタンにほんブログ村 テーマパーク・遊園地


東京ディズニーリゾート(R) オフィシャルホテルの多彩なプラン!■
■ぐっすり眠って朝には東京ディズニーリゾート(R)!→高速バス予約 ■