【今月の名言:殿堂入り】
「役の気持ちじゃない、客の気持ちになれ!」三木のり平
「6才の子供に説明できなければ、理解したとは言えない」アルベルト・アインシュタイン
「型を知って型を崩せば型破り、型を知らずして型を崩せば型なし」中村勘三郎
「 独創性とは思慮深い模倣にすぎない。」(ヴォルテール)
「学ばない者は他人のせいにする。学びつつあるものは自分のせいにする。学び続ける者は誰のせいにもしない」(キング・カズ)

■ようこそWinner's Labへ!■
こちらはプロとして活動中の俳優、モデルのみを対象とした演技レッスン「ウィナーズ・ラボ」のブログです。
読みたい記事を左バーの「カテゴリー」から探してお読み下さい。 演技の参考書販売中!
「演技の基本」はかんたんです。自分に向けてた「視点」をちょっと客席側から見るように変えたらいいだけです。
このブログにすぐに役立つ【演技のコツ】をたくさん載せてありますので、ぜひ一通り読んでみてくださいね。 目前の本番やオーディションを何とかして乗り切りたい方、他の演技レッスンなどをいろいろ受けてきたけど問題解決しなかった方、また、基礎から演技を勉強してみたい方には特にオススメです。

*グループレッスンは、毎日曜日午後。京王線「代田橋駅」近く「ワーサルスタジオ」Bスタにて。木曜レッスンも別の場所であります。個人レッスンはまず無料カウンセリングを受けて下さい。詳細はホームページへ

*当ブログ記事は、繰り返し多くの方に読んでいただくことを前提としています。そのため、予告なく、また変更記述なく、以前の記事を追加、改訂する場合が多々あります。ご了承の上、しばらくしてからもまた読み返して下さい。きっと新たな発見があります。
--------------------------
○記事に対するコメント大歓迎!異論、反論、疑問質問、構いません。励みになるのでどんどん書き込んで下さいね。
一般的な質問などは掲示板をご活用ください。
(←サイドバーに最新5タイトルを表示しています)
○個人的な質問はもちろん、メールやお電話でどうぞ。
winnerslab@gmail.com

2018年07月25日

すごいぞ!HMB

みなさん、いま話題となってる「HMB」って知ってますか?

ネットで検索すると、山ほど種類があって「飲むだけで脂肪が減って筋肉が付く!」「筋トレしても全く疲れない」などなど、すごい文句がいろいろならんでいます。「怪しいプロテインみたいなサプリ?」と思われるかもしれませんが、今やボディメイクには必須のものになっています。

私も、そんなに本気で運動していませんが、HMBを摂り始めて今や史上最も「逆三角形」になっています。

HMBとは?
日本語で『3-ヒドロキシイソ吉草酸 』、『3-Hydroxy-3-MethylButanoic acid』を省略してHMBと呼ばれています。この難しい名前はともかく、その正体は必須アミノ酸の1つであるロイシンの代謝物です。
つまり、タンパク質を摂るとアミノ酸に変わり、その中の「ロイシン」がさらに身体の中でこのHMBに変わるということです。

HMBは、つまりその元はアミノ酸でありタンパク質です。不自然なホルモン剤などではなく、もともと、私たちの普通の生活の中でちょっとは摂れているものなのですね。


HMBの効果は?
HMBはタンパク質合成の促進とタンパク質分解の抑制を行う機能があるとされています。つまり、筋肉量の増加を促進し、筋肉量の減少を抑制する効果があるということです。

筋肉が付くと、カロリーが消費され当然脂肪も減ります。
HMBは飲んでちょっと動くだけなので、ホント効果的に楽にシェイプアップできると思います。


どれがいい?
HMBは飲むだけで「すぐマッチョ(またはスリム)!」になる(かもしれない)ということで、怪しげな商品もたくさんあります。やはり、ちゃんとしたメーカーのものを選びましょう。

何と言っても一押しは、マッスルテック社の「クリアマッスル」です。

3

https://iherb.co/hnaeEeS
プロも使うこれはちょっとモノが違います。
別に筋トレあまり興味ない人でも、シェイプアップにかなり効果があると思いますよ!
ちなみに、Amazonでも買えます。
こちらの方が一見割安ですが、いろいろな割引があるので、結局iherbの方がかなり安いです。




もう1つのおススメは、オプチマムニュートリション社の「HMB1000キャップス」
8

https://iherb.co/3pt7PC8m
コスパは抜群!効き目も確か。
ただし、クリアマッスルのような「おお、疲れない!どんどんいくぜ!」みたいな感じはそんなにはありません。
粒がでかいので、慣れない人は飲みにくいかもしれません。クリアマッスルと状況に応じて併用するといいかもしれませんね。


HMBの注意点
やはり、ほんとに「ただ飲むだけでマッチョ!」というわけではありません。タンパク質もしっかり摂らないと「材料」無しでは筋肉も作ることは出来ないのですから。
また、運動もある程度やる必要があります。でも逆に、運動嫌いな人でもHMBを摂ると運動したくなるかもしれません。「筋肉使ってる!」という感じが実感できて、どんどん続けたくなるからです。「身体を動かすのがいや!」という感覚が無くなります。

だから、HMBといま流行りのマシンに特化した「24時間ジム」なんてとてもいい組み合わせかもしれませんね。もちろん、女性の方はこれ飲んでトレーニングしても「ナイスバディ」にはなっても、「マッチョ」にはならないから大丈夫です。女性でムキムキの方は、それなりの「危ない橋」を渡っている人だけですから。


あとは、他のビタミンやアミノ酸やプロテインなどもホームページの「ビタミン&ミネラル」を参考に購入して飲んでみて下さいね。
http://www.winnerslab.net/id-5.html

この歴史的に熱い夏、完璧に「シェイプアップ」して、ビタミンタップリ摂って乗り切りましょう!


winnerslab at 13:50|この記事のURL Comments(0)おすすめグッズ・ビタミンサプリ | モデルの演技レッスン
<広告>

2018年07月24日

演技がうまくなっては”いけない”理由

久しぶりに、近所のピザ屋に行きました。

35ce0cedf846f526268298bed40759bb_s
(写真はイメージです)

チェーン店ですが、初めてそこで食べた時には、ピザってこんなにおいしいのか!と感動したものです。

以前はいつも混んでて入れない時もあったのですが、今回は、夕食時というのにお客さんはまばら、あれっ?と思いましたが、いつものピザを頼みました。

見かけはもちろん以前と変わず「おいしそう!」です。しかし、意外なほどおいしくなかったです。チーズなどの素材の質をかなり落としていたようです。他の料理も同じ感じ。一万円札で払って小銭を受け取り、「これなら安いファミレスでいいじゃん」と思ってしまいました。


【一目で”プロ”を感じさせられなければ、仕事にはならない】
さて、今回はこのエピソードで感じた「質を落とすと客は飛ぶ」という話ではありません。逆に「質が悪かろうが、プロとしての”形”が整っていれば、とりあえず仕事は出来る」という話です。

レストランだけでなく、どんな商売でも「プロ」としての最低限のクオリティーが整っていれば、とりあえず仕事は出来ます。そのクオリティーを創り出すものは「プロとしての技術」に他ならないのです。

どんな商売でもプロの技術は一瞬で分かります。スイカを真っすぐキレイに切ったり、コンクリート壁を真っ平らに塗ったり、ピザを薄くまん丸に焼き上げたりです。それができなければ、ただの素人です。

「流行る流行らない」、「売れる売れない」は別として、商売としてやっていくプロとお金のもらえない素人の差は、そこに「圧倒的なプロとしての技術」があるかどうかなのです。


【演技がうまくなってはいけない理由】
何十年も演技を指導してきて、プロの実際の演技の映像を見せて、そこで使われている「技術」を解説し、その仕組みを説明し、さあそれを訓練してできるようになろう!と訓練を始めた途端、固まってしまう人を多く見てきました。

それ、つまり「プロの演技の技術」を習いにきているはずなのに、それを絶対にやろうとしないのです。まるで、自動車教習場に来て、クルマの運転技術を学ぶのを拒否しているようなものです。そのくせクルマの運転はやりたいのです。

「なぜだろう・・・」と常々思っていたのですが、最近これだと思い当たる節があります。

もし、演技技術が向上して、どんどんオーディションに受かり、仕事が出来るようになってくれば、素晴らしい!と評価されるのは、その「技術」です。それではその人達はダメなのです!技術などなくとも、「ありのままのそのままの自分」を認めてくれないと絶対にイヤなのです。そのためにやってるのですから。

だから、「技術で役を勝ち取り、バンバン仕事をこなしていく」ということは、やりたくないしやってはいけないと考えているのです。これは本人達も「まさかそこまでは・・・」と思っているかもしれません。しかし長年の観察結果から導き出される顕著な傾向です。今まで何十人もいらっしゃいました。演技はとても一生懸命やろうとするのだけど「技術」の話になった途端、その人達は混乱し、フリーズするのです。


【技術を理解したがらない人の共通点】
そういう「演技レッスンに通っているにも関わらず技術拒否」の人には、共通項があります。それはルックスはとてもいいということです。ルックスだけで期待され、これまでもいくつかはオーディションに通ったり仕事をもらったりした経験があるのです。

しかし当然、その「ルックスだけ」ではうまくいかないことが続き、悩んでレッスンを探します。しかしその人達は、プロの技術を求めてはいません。「技術に頼らず自分のルックスをいかせる方法」という極めて難解で複雑怪奇な解決法(?)を探しているのです。

289b70572e17dde849c1a56b2f1c513b_s


当然そのパズルをうまく解くことなどできません。

もし、ルックスがそんなに良くなければ、こんな割に合わない仕事はとっくに諦めて、新たな「自分の居場所」を探していたでしょう。しかし中途半端にルックスがいいその人は、「いつか認められる日」をただズルズルと待ち続け、もがき続けます。

さて、もう1つの共通項があります。それは「頭がいい」ということです。みんな「学業」は成績優秀でした。だからその「頭の良さ」を活用して、「正しい知識」を理解し、「技術」を使えるようになれば問題は瞬時に解決するはずです。とりあえず「プロ俳優」として活躍し、いろんな仕事を経験して成長していけるはずです。なのに中途半端に頭のいいその人は、それを拒否し、どこかにあると信じている「失われたピース」を探し求めているのです。

頭で理解することは好きですから「演技理論」には惹かれるところはあります。さらに不安ゆえ「権威主義」の側面もあります。ということで、その人はたいてい「メソッド系」のレッスンにハマってしまった経験があります。

「メソッド系」の演技レッスンはすべて「権威あるニセモノ」です。精神医学と似たようなものです。一見「理論的」のようですが、その理論は難解というより破綻しています。それが実際に使えるのか?またどのような効果を発揮するのか・・・全く保証できない無意味なシステムです。というより、それはホントに百害あって・・・(自主規制)。

そんな「ガラクタ」ですから、”逆に”その人はそれにどっぷりハマってしまうのです。ガラクタを使って認められたら、つまりそれではなく「自分自身」が認められたってことですからね。

目の前にある「使える知識」を拒否し、ガラクタにハマって無償の愛を求める・・・そんなことやってないで「とっとといい仕事してギャラ稼げ!」とケツ引っぱたいてやりたいです。

まあ・・・昔の私も一時はその一人だったのですが・・・


【「承認欲求」に向きあえ!】

そう、今回のケースは俗にいわれる「承認欲求」というものですね。
承認欲求(または承認要求)とは、誰かに自分の存在や考えを認められたいと思うことです。

それはもちろん、誰にでもどんな仕事の人にもありますし、特に芸能の仕事は、元々それがあるからこそやろうと思うのでしょう。

しかし、例えば「信楽焼で日本一のたぬきを作って認めさせてやる!」とか「世界のパティシエコンクールで優勝するケーキを作る!」などというのと異なり、「自分自身」を素材として使う「俳優」という仕事では、「自分」そのものを無条件に認めて欲しいという「承認欲求」が強くなりがちです。

それがどこかで「俳優もプロの技術がなければ認められない」と気づけばいいのですが、そういう機会がなければ、もしくは機会があっても目を塞いで逃げてしまえば、いつまで経っても「技術」から目を背け、「優しい両親」のように”無条件で”自分を認めてくれる人を探すことになるのです。


このことに関して、その人達に直接伝えることはありません。言ったとしても効果がないことはもう何度も経験済みです。なぜそうなのかは、やはりその人の生い立ちのエピソードのどこかが、ほんの少し引っかかっているようです。「演技コーチ」としては、出来るだけ早めに「仕事をするにはまず技術が必要なんだ!」と悟っていただけるよう祈るだけです。

「技術拒否」しているひとは、素質も才能も十分ある人ばかりです。あと「技術」さえあえれば、必ずうまくいくのです。なのに「技術拒否」の自覚を促すことさえ出来ない!そこに向き合わせることが出来ない!

必死に悩んで助けを求めて来てくれているのに、それをどうすることも出来ない・・・それが、本当に、とても悔しくもどかしいです。


すべてのプロ俳優として活躍している人がフルに活用している「プロの演技技術」から目を背けず、それに向き合い習得して活用することが出来れば、当然、結果は出ます。それは、数えきれない実績が証明していますし、当レッスンではそれを保証しています。

なぜなら、それこそが「お客さん(監督やスタッフ、そして観客)」が、「プロとしてのあなた」に求めているものなのですから。

まずは「プロ技術習得」!すべての悩みはその後です。

winnerslab at 01:56|この記事のURL Comments(0)演技に関するエッセー | 演技のコツ(レッスン日記より)
<広告>

2018年06月20日

「楽しませる」ことに気づかないで「楽しませる」

演技の仕事の本質とは、もちろん「楽しませる」ことです。

そこを勘違いして混乱している人はとても多いです。
そうして、全く検討外れの「演技論」やメソッドやシステムなどといった「演技法」にハマってしまい、抜け出せなくなってしまうこともよくあります。

ようは「楽しませて報酬をいただく」、それがまず最初に「演技の仕事」で考えるべきことです。

th_楽しませること


しかし、芸人さんのように「楽しませよう」ということが前面に出てしまえば「演技の仕事」は、破綻してしまいます。その人自身がそこに見えてしまえば、もはや「作品世界」は存在しなくなってしまうからです。

「楽しませる」と考え、それを工夫しながらも、まるでそのサービスの受け手、つまり「観客」や「監督」を始めとするスタッフさん達などそこにいないかのように、つまりそれに「気づかないでいるように」演じて、楽しませることが大切なのです。

スクリーンショット 2018-06-20 5.11.03


この2つは、演技の仕事の本質を表しています。
ぜひ、覚えてみてくださいね。それを「自分の言葉」として伝えることが出来たとき、あなたは「演技の仕事の本質」を理解できたと言えるのです。


もちろん本当の意味で理解できたと言えるのは、実際の仕事においてそれが出来た時でしょう。でもまずはそれを「ポリシー」として理解してみましょう。仕事をやる時にその意識がきっと役に立って、それがわかる時が来るでしょう。

winnerslab at 05:24|この記事のURL Comments(0)演技に関するエッセー 
<広告>

2018年05月21日

休講のお知らせ

まだ5月というのに暑くなってきましたね。

さて、講師海外ロケのため、6月4日まですべてのレッスンを休講とさせて頂きます。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

これから行く所の暑さは、日本の比ではなさそうですが、気合い入れて撮影してきます。途中、何日か撮休があるのですが、呼び戻される可能性があるため、現地待機です・・・。

久しぶりの海外で観光できればいいのですが、あくまでも今回の渡航は仕事です!
帰ったらもうすぐに「梅雨入り」になってしまうので、宣材ご希望の方は急いで撮りましょう!

では、また来月!

3-5
(写真はあくまでも”イメージ”です)

winnerslab at 18:10|この記事のURL Comments(0)☆おしらせ☆ 
<広告>

2018年04月27日

二の腕マッサージは、その人の人生を変える!・・かもしれない

俳優、モデルの見せ方の基本中の基本に「顔角」があります。

顔角

顔全面の横から見た垂直角度が90度より下向きに傾いていなくてはいけません。これで、まるっきり印象が変わるのは皆さんすでによくお分かりでしょう?

別の言い方をすれば、「目の高さが耳の真ん中ぐらいに来る」ということです。アゴが上がれば、当然前から見た時、目の高さは耳の上に来てしまいます。

これが人間としての自然な状態ですが、なぜアゴが上がってしまうかにはいろんな理由があります。やはり緊張、そして姿勢の問題が大きいです。

たいていの初心者は、こういう「ウソ芝居」の状態になって、アゴが上がって顔が前に出てしまうのです。

ウソ芝居の特徴

演技そのものより何より、最初にまずトレーニングすべきは、まばたきなし、口角、そして「顔角」なのです。

さて、この「顔角」、スマホの見過ぎや姿勢の悪さから来る首のコリ、そして背中の筋肉や肩甲骨の可動域がとても関係しているので、レッスンでは「肩甲骨ストレッチ」など背中のストレッチと筋トレを推奨しています。ところが、最近ネットでとても興味深い記事を見つけました!


【二の腕マッサージは、その人の人生を変えるかもしれない】


~背中こりに腕のツボ!二の腕のマッサージが背中のこりに効く~
0d56f01ddb4741bdf2dcd0d9b6a3001e
*写真クリックするとリンク先記事に飛びます。(写真はリンク先よりお借りしました)

背中をマッサージするより、まず二の腕の外側のコリをほぐせば、意外や意外、背中は動きやすくなるのです!これはちょっとものすごいことです。人によっては、その人の人生を全く違ったものに変えてしまうほどの知識だと、私は個人的に感じました。


たとえば、「ラットプルダウン」というトレーニング器具があります。
__________3-2

たいていのジムには置いてありますよね?
背中のトレーニングにはとても効果的なマシンです。

しかし、これが苦手という人は多いです。引く時にうまく背中に効かないで腕だけが痛くなるんですよね。実は私もそうなのですが。

そういうとき、まず二の腕のマッサージをすれば、あら不思議!
とても気持ちよくバーが引けて、効果的に広背筋のトレーニングができるのです。

上記の「二の腕のコリほぐし」は、トレーニング時だけではなく、日常の動きやすさにもとても効果的です。まず二の腕をほぐして、それからストレッチや背中のトレーニングをやれば、ストレートネックや肩こりも治り、シャープなフェイスラインと、素晴らしい顔角が手に入ります。

また、二の腕をマッサージすることで、肩の三角筋もほぐれて腕が自然に肩からぶら下がるようになり、美しい立ち姿になります。
125f6b041b76e45e9856a7b99dacadd5

もちろん、手でマッサージするだけでなく、オリンピック選手のほとんどが使っている「フォームローラー」を使うのもいいですね。四つん這いになってフォームローラーを胸の下に横置きにして腕をまたの間に入れて体重掛けると効果的です。
参照:俳優・モデル お役立ちグッズ2017


【なぜ、二の腕の外側が凝るのか?】
これは多分ですが、悪い姿勢で物を持ち上げようとする時、首から手にかけて腕の外側に固まった筋肉の「系」ができてしまい、一度それができると、もう身体全体を使うことなく、そのロボットの腕のように固くなった部分だけが働いてしまうからだと考えられます。

以前にも取り上げたことがありますが「代償運動」や「代償筋」と呼ばれている身体の特徴的な動きです。

近くばかりを見てると近視になるように「動きやすい筋肉動作」は、本来の「楽な筋肉動作」より優先され、一見使いやすく固まってしまうのですね。まあ理由はどうであれ、凝り固まった二の腕の外側をほぐせば、体全体がしなやかに美しく、楽に動けるようになるのは事実です。


【一目見て分かる特徴】
また、二の腕が凝っている人の特徴として、「手を伸ばしたときに肘が曲がっている」ことがあげられます。つまり、曲がったまま固まっているのですね。力を入れたら真っすぐになるなら問題ありません。凝り固まって曲がっている人は、どんなに自分で力を入れようと人にマッサージしてもらおうとなかなか真っすぐにならないのです。

もちろん、肘は本来、伸ばした時に軽く曲がっているものですが、普通は伸ばせば真っすぐになるものなのです。「猿手」と言って逆に曲がる人も同じです。たとえ逆に曲がっても伸ばして真っすぐにならなければ、二の腕から肩、そして肘の外側は凝り固まっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、ぜひリンク先を参考に、二の腕マッサージを習慣にしてみて下さいね!
本当にあなたの人生を変えることになるかもしれませんよ!?

個人的なコツは、「骨を追っていって、コブ状のコリを見つけそれをほぐすこと」です。人によっては、二の腕から肘を通ってその先まで、また逆に上に行って三角筋前部までほぐす方がいいでしょう。
かなーり痛い!ですが効果絶大です!

逆に痛い所を見つけてほぐさないと意味はないのですが、どうしても耐えられない人は、最初のうちやマッサージ翌日の痛い時は、「バンテリン」などの筋肉痛鎮痛薬を塗りながら行うといいかもしれません。まあでも痛みにはすぐなれると思いますが。


*痛み止めはあくまでも「緊急措置」です。毎回使うのはお勧めしません。すべて医薬品を常用するのは心身の別のところに重い負担を掛けてしまいます。こういったマッサージオイルやクリーム、またマグネシウムオイルなどを使うことはとてもいいと思います。




これはホント、世界が変わるかも?と言っていいほどの変化です。
二の腕ほぐすと、肩甲骨がグリグリ動くようになり、肩やクビが驚くほど軽くなります。

ちなみに「痩せてるのに『二重あご』」というのもこれで改善されるはずです。広背筋や首の後ろの筋肉群など「背中側の筋肉」で重い頭部を支えることができ、前面がスッキリしてくるのです。


「二の腕のコリほぐし」、今年大ブームになるかもしれません!


winnerslab at 00:18|この記事のURL Comments(0)俳優業の道具を磨くシリーズ | モデルの演技レッスン
<広告>