2018年01月29日

スマホでプロの演技の自主練習!

レッスンでも最近、皆さんのスマホを活用しだしています。

どんどん性能が良くなってきて、今までできなかったあんなことやこんなこともできてしまうようになりましたね。

ビデオ性能も、普通の安価なビデオカメラを凌ぐくらいのクオリティーの映像が撮れるようになりました。では、今回は、スマホをフル活用して、自分で効果的な演技訓練を行う方法をお教えしましょう!


Lesson1【スマホにアプリを入れる】

スマホは、できるだけ大きいサイズがベターです。タブレットならべストですがホールドし辛いですし、インカメラの性能があまり良くないことも多いので、お手持ちのものがあるならそれでとりあえず大丈夫。iPhoneでもAndroidでもどちらでもかまいません。

まず、iPhoneならば、 「StageCameraHD」や、 「シンプルカメラ高画質」 のような、自分撮り用の「インカメラ」でも「ビデオズーム」ができるアプリを入れましょう。ただし、Androidのスマホやタブレットはデフォルト(元々ある)のアプリでもインカメラでビデオズームできると思います。

上記アプリは無料で使えますが、広告が出てくるのが残念です。まあ「無音カメラ」としても使えますので有料版を購入されてもいいと思います。

なぜ、わざわざアプリを入れてまで「インカメラでズーム」する必要があるのかは後述します。

もう1つ、こちらの「 Camera Plus: For Macro Photos & Remote Photography」というアプリも無料ですが、こちらはiPhoneとiPadの両方で使え、ナント!撮影用リモコンとしても使えます!つまり、iPadで撮る時に、わざわざいちいちiPadまで行かなくても、手元のiPhoneで操作できるのです。
46

Appストアでなぜか検索しても出てきにくいので、上記のアプリフルネームを入れて探してみて下さいね。もちろん単体でも使えますし、逆にiPadは今のところStagecamHDの方は入れられないようです。


アプリは、しょっちゅう仕様やバージョンが変わるので、あまり情報を鵜呑みにせず、その時点で「使えるカメラアプリ」を見つけて下さい。


Lesson2【ホルダーを手に入れる】

お手持ちのスマホに合った撮影しやすいホルダーを手に入れましょう。ネットでも家電量販店やカメラ屋などでも様々なスマホホルダーが手に入ります。
予算がなければ、100円ショップでもこのような簡単なものが売っています。

7401122557696

持ち運びにはとても便利です。いつもカバンに入れておいても全然気になりません。ただやはり壊れやすいですし使い勝手がいまいちですが。

理想的なのは、やはりしっかりした定番商品。たとえば、「ゴリラポッド マグネティック325」とSILKのスマートフォン用三脚アダプターのセットなどです。





上のゴリラポッドに下のスマホホルダーを付けて使います。どちらのタイプも安物も数多く出回っていますが、すぐ首が折れたり外れたりしてすぐ使い物にならなくなってしまいます。大ヒット商品の前モデルの「ゴリラポッド」も首部分にウィークポイントがあったからモデルチェンジしてこの新型になったのです。

ゴリラポッドの特にマグネティックはすごいですよ!手すりでも木でも冷蔵庫でもホワイトボードでも、どこでも一瞬で付け外しできます。もちろん机の上でも普通に使えます。触っているだけでもウキウキアイテムです。安いニセモノも多いですが、悲しいかなやはりニセモノには、動きもどこかギクシャクしてそのウキウキ感がないんですよね。

もちろん、カメラ用三脚をすでにお持ちであれば、スマホホルダーのみ購入すれば、OKです。要は、演技中の自分の顔の高さにスマホを持ってこれればいいのですから。三脚はホントいろんなサイズ、種類がありますから、興味のある方は調べてみて下さいね!……ちなみに私は大小合わせて10台ぐらい持ってます。

男性ならこういうのがメカメカしくていいですね。


あとは、顔の高さに置く台があれば、このタイプのホルダーがとても使いやすいです。可愛いですしね。
31csKLpsN1L


机やパイプに挟んでくっつけるタイプのものもありますが、つけ外しが上下2回になってメンドクサイし、場所が限定されてしまうのでその点があまりお勧めできません。いつも同じ所に付けっぱなしにしておくならいいのですが。

  ----------------------------------- 超オススメ! ----------------------------------

そして、iPadやアンドロイドタブレットをお持ちなら、やはりこれ!


これなら自由な場所におけるからいいですね。高さが必要なら、本などを重ねてその上に置けばOK!見た目にも高級感があり昔のiMacのようでインテリアとしてもいいですよ。おまけに何と!これスマホも使用できます。タブレットを持ってなくとも、これ超おススメです!

また、同じ机に常に据え付けておくというのなら、こっちのタイプですね。机の上が広くつかえますので部屋が狭い方にはおすすめです。


   -------------------------------------------------------------------------

もちろん他にもいろんなタイプのスマホホルダーが売っていますし、自作もやろうと思えばできます。べつにホルダーなくても、工夫次第で撮影できるようセッティングすることも可能だとは思います。

ですから、最初は100円ショップのでやって、撮影をまず始めて不満感じてきたら、高いやつに・・・ってのもいいと思います。でも、プロとして毎日撮影して訓練するなら、やはり最初からいいものを用意して、気持ちよく撮影に集中できる環境を作った方がいいかもしれませんね。

タブレットに上記のホルダーなら、いつでもどこででもできますから一番いい組み合わせです。(外に持って出るのはちょっと大変そうですけど、元々外で演技の練習やる人はあんまりいないですからね)


【ライトやレフ版も用意する】
自分が良く映るということもそうですが、よりテレビや映画の現場の雰囲気、そして撮影した映像に近づける為にも、「照明機材」も用意した方がベターです。これでテンションが上がってなぜか一気に役が掴めるようになった!という人も多いです。

ライトは、こういった撮影専用のものがいいですが、お手持ちの学習スタンドやLEDライトでも可能です。LEDライトを使うなら、ゴミ袋などで光をやわらげる工夫をした方がいいですね。



これ、私も持っていますが(すべて実際に仕様したもののみお勧めしています)値段の割に素晴らしいです。正直言って「色温度変更(暖色〜寒色)」はあんまり変わらないのですが、以前の持ってたものよりも断然光が強くて柔らかいです。LEDは最新が最強!ですからね。

いまはプロの撮影現場でも、こういう「面発光LED」を使っています。(もちろん、もっと大きくて頑丈そうで高そうですけど)大河の時代劇撮影現場にこういう最新LEDが何本も光っている光景はちょっと面白かったですよ!

これ買われる方は必ず「アクセサリーキット」または「電源アダプター」、そして好みの場所にセッティングできるカメラ用3脚も必要です。



電源アダプターはどこの家にも2〜3個は転がってますから、差し込めば点くかもしれません。短時間ならそれでも大丈夫。不安ならこういうのを買いましょう。



レフ版は、効果は大きければ大きいほどいいのですが、これくらいの80cmぐらいの大きさのものが使いやすいです。これ以上小さいと角度調整が大変ですし、大きいと場所を取ってしまいます。



これを自分の前に置いてカメラを見て、自分が一番良くモニターに写るようにレフ版の角度を調整します。誰かがいればその人に持ってもらえますが、一人でやるとこの調整が意外と難しいので、簡単にやるならこういうクリップがあるといいですね。



これはかなりごついので、もっと小さいものでも100円ショップで探しても大丈夫です。
レフ版とイスや机の端を挟んで、角度を調整するのに使います。


全部揃えたら、それなりに費用も掛かりますが、すべて家庭にあるものでも代用できますし、工夫次第で効果的なやり方が見つかるでしょう。まずやってみてやりにくく感じたり、不満を感じた時に購入されてみてもいいと思いますよ。

レフ版は、宣材撮影をする時や自撮りをする時にも使えますし、LEDライトは緊急時の懐中電灯にもふだんの家の間接照明にもなりますので、買っておいても損ではないですよ。ウチにはいろいろ試したくてレフ版だけで6〜7枚、LEDライトは何十本もあるので、もう家族からはあきれられていますが。


これらがあなたの「プロの仕事道具」です。
さあ、ではいよいよ次からその使い方をお伝えしていきます。



Lesson3【さあ、スマホで練習しよう!】

まずは、台本をよく読んで物語と状況をつかみ、セリフではなく「セリフの意味」を理解しておきます。(まあ、実際は演技そのものって言うよりこれが一番難しいことなんですけど……)

そしてセリフは完全に覚えておきます。変にリズムを付けず、一息で言える所まで言えるくらい口に出して覚えましょう。

スマホ、もしくはタブレットをホルダーにセットし、カメラアプリを立ち上げます。
インカメラ(内側のカメラ)にして自分が映るようにし、だいたい首のちょっと下のあたりまで映るくらいにズームします。

演技練習でビデオを活用するには、必ず「表情アップ」でなければいけません。セリフや動きのチェックならもちろん「クローズアップ」は必要ないのですが、「演技」は「目の中の奥」がしっかり見え、そこに映っているものを判断しなければ練習にはならないのです。またそれが観たいからこそ、実際の本番でも「顔のアップ」が多用されるのです。ストーリーだけならば「引きの画」だけでもわかります。観客は「人間のドラマ」が観たいのです!


そして、スマホホルダーの角度を調整して、最も「ドラマっぽい角度」を探します。
「ドラマっぽい角度」とは、そう!ドラマでよく見るクローズアップのアングルのことです。それが見つかれば、自分がまるで「ドラマの登場人物」のように思えてきます。ガゼン、やる気出てきますね!
(その為に、スマホの画面は縦ではなく、横で撮るようにしましょう。縦長動画が増えてきていますが、「縦長のドラマや映画」はないのですから)

他の人が撮影していれば、外側のカメラで撮影しながらこの「ドラマの登場人物」を画面の中に探せますが、「自撮り」では「インカメラ」を使うしかありません。だから「インカメラでズーム」できる必要があるのです。

ズームしないとするでは、やってみれば分かりますが、本人の意識にも大きな違いがあります。アップになればなるほどやはり「ドキドキワクワク」してくるのです。この高揚感がなければ本番のテンションの訓練ができないのです。


そしたら、動画撮影スタート!です。
リモコンがあるならそれでもいいのですが、練習なのですから、最初に「スイッチ押す自分」が映っていてもべつに構いません。かえって自分でビデオスイッチ入れてから芝居を始めることで「切り替え」のコツが分かり、演技が良くなることもよくあります。

演技が終わったら、すぐにビデオをチェックしましょう。

もし、いつも自分がドラマや映画で見ているような「素晴らしい演技」がビデオに映っていればOKです。自信持ってオーディションや本番に臨みましょう。

そしてもし、ビデオを「観客目線」で見て「こりゃダメだな・・・」と感じたら、その時は、きちんと 「プロの演技 7つの基本フォーム」ができていたかをチェックし、一項目づつしっかりと対策を立てて、「演じて撮って見る」を何度も何度も、納得いくまで繰り返しましょう!

ビデオに撮らない演技訓練の場合、なにをやればいいのか分からなくなることが多々ありますが、ビデオでの訓練ではそんなことはありません。「正解」は、あなたの目前にハッキリと浮かび上がってきているのですから、その「理想の映像」と、今の映像の中のギャップを埋めていくだけでいいのです。


【映像訓練の副次的効果】

そこで、もしかしたら「理想の自分」と「ホントの自分」の「見てくれ」にギャップを感じて演技どころじゃなくなってしまった・・・。という人も出てくるかもしれません。
そういうあなた、チャンスです!!!

見てくれが悪い人ほど、つまり一般的に「イケメンじゃない」と言われる人ほど、それに向き合って、それを活用できれば俳優に向いています。実際、世の中の俳優を見て下さい。「イケメンじゃない」で溢れていませんか?

「でも結局、主役はイケメンしか・・・」あなたの目は節穴ですか!?しっかり見てみましょう。俗にいわれるイケメンが主役を張ってる作品なんて、ホントにそんなに多くはないのです。

まあ、女性のほうはどうしても主役は美女が多くなっちゃいますけどね。でもそうではない作品もたくさんありますし、主役をやっちゃうと俳優生命が短くなりがちです。脇で輝く方が仕事としてはずっとハッピー!ラッキー!なのです。


ちょっと、訓練から離れて余談になってしまいましたが、ビデオ撮影を通しての個人練習は、ホントに演技訓練の初期段階、そしてオーディションや本番の事前対策においては、様々な著しい効果があります。よく分からないダメ出しを出されるだけの時間のムダのような「演技レッスン」を高い料金を支払って受けるより、よっぽど効果的に短時間でリーズナブルに、演技が劇的に向上しますよ!

上手くできるようになれば、スクリーンやテレビドラマで活躍している自分の姿が、いま、そこに現れてくるのですから!

ぜひ皆さん、いろんな台本を使って、または実際のプロの演技の映像を見て真似しながら、毎日楽しく訓練してみて下さいね!




*スマホもアプリもアクセサリー類も、日々変化し進化しています。ここでご紹介した方法や商品がお手元のスマホに合うかはしっかり確認してチャレンジして下さいね。


winnerslab at 11:16│ Comments(0)俳優業の道具を磨くシリーズ | モデルの演技レッスン

広告

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔