今週の朝日杯FSは大本線1点勝負レース(押さえ馬券を含めて最大3点以内)となります。






今週は朝日杯FS週となります。

今週の朝日杯FSは大本線1点勝負レース(押さえ馬券を含めて最大3点以内)となります。
また、今週の土日提供の1点勝負レースはそれぞれ5万円1点勝負となります。



今週の1点勝負レース情報馬
・・・・・は・・・・着の・・・・・・・にクビ差及ばずの・・・・着で賞金を加算できず、・・・・走前の・・・・・・・・・は・・着の・・・・・・・・・・・・・に・・・・差交わされて・・・・・・・・・・・・の優先出走権を逃してしまった1頭。
・・・・・・戦の・・・・・・・はスタート直後に気合をつけた時にガツンとハミを噛んで行きたがる素振りをみせてしまい、序盤はムキになって押さえ込む形で3角では最後方に下がっていました。
その後は折り合いをつけてラチ沿いをロス無く進めて直線では進路を探しつつ外に出す競馬で伸びるも、ゴール前は脚色が鈍っての・・・・・。
・・・・・・・・でも前半は行きたがる面を見せていましたが、ガッチリと抑え込んで好位の内にポジションを取り、直線では馬群から抜け出すも外ステッキに反応して内ラチ沿いに寄れて・・・・着に後退。
「前回みたいな形にはしたくなかったので今回は早めに動く競馬をしましたが、結果的にその分だけ最後に甘くなってしまいました」と・・・・・・騎手が話していましたが、近2走はこの馬のタイプ的に手が合っていそうな・・・・・・騎手に乗り替わりで・・・・・・・着。
・・・・・・、・・・・・・・・が・・・・でも好走(・・・・・・は・・・・の・・・・・相手の・・・・・・・勝ち、・・・・・・・・は・・・・・・・・・で・・・・差の2着)し、・・・・・・・・・・・で1馬身半差で下した・・・・・・・・が・・・・・で1,2着したことを思えばこの馬も重賞級なのは間違いなく、・・・・・・・・・・のここも勝ち負けになる1頭と言えます。

会員様情報では伏せ字無しで情報公開させていただきます。




先週の会員様情報結果


日曜日の結果
阪神11レース

13ダノンファンタジー
調教診断で触れている通り、マイルの距離に関しては問題無さそうです。
未勝利勝ちは馬なりで2馬身差の圧勝を決めており、この馬はまだトップスピード持続で底を見せていない点が大きな魅力です。
前走のファンタジーSは力のいる馬場でエンジンがかかってからの良さとトップスピードを引き出せており、直線は外から捩じ伏せるようにして差し切る圧巻の競馬となりました。
前走のペースはかなりのスローでしたが、11.8 - 12.1 - 11.5 - 11.3 - 11.4とL2最速戦で中団外目からしっかりと勢いに乗って直線序盤で勝負を決める脚色の違いを見せており、最後は流す余裕を見せましたが3着のジュランビルが万両賞で強い勝ち方をしていた点も評価できます。
新馬戦では現時点での最強2歳牝馬のグランアレグリア相手に最後まで伸びて抵抗しており、3F勝負ながらL1まで落ちない中でしっかりと最後まで食らいついた点も評価できます。
これまでは10秒台のラップを踏めていませんが、今の阪神の馬場で流れた場合には10秒台のラップまで問われる可能性は低いだけに、その流れでトップスピード持続力引き出せればこの馬が最有力と言えます。

9クロノジェネシス
前走のアイビーSはL3に入ってくる段階で4馬身の差があり、これをL3の段階では進路も決め切れずに差を詰められず、L2で11.0まで前が加速する流れの中で外に誘導してからこの地点だけで1馬身差まで詰めており、L2の入りで3馬身あった差を2馬身は詰めていることを考えれば10.7秒の脚を使ってきている計算となります。L1では11.1秒を1馬身差で差し切っていたため、11.0秒を切るレベルで相当切れる脚をL1まで維持してきました。前が離れていて上がりの差がつきにくいレースでしたが、上位勢と比較しても明確に違いを見せててきた点はかなりのパフォーマンスで、トップスピードの質の高さ、ギアチェンジ性能の高さはここでは一枚上の評価となります。


会員様には上記2頭からの3連単指示で上記2頭のワンツー決着で50.2倍的中となりました。





土曜日の結果

中京3レース
5アメイズミー
今年の5月の新潟ではハイレベルなレースで上位争いをしていた馬で、ダート1200mなら500万では上位の存在と言えます。
5月の新潟線は7か月振りの1戦で3着となりましたが、この時の勝ち馬ジオラマは昇級戦でいきなり3着と目途を立てており、2着馬ラインフィールは次走で500万下を勝ち上がっています。
しかし、その後の近3戦は度外視できる内容でどれも敗因は明白です。
3走前は中1週でテンションが上がってしまい、道悪ダートで位置を落として大外を回すロスの多い競馬で差し届かずの7着。
2走前はは函館ダート1000mの最内枠でごちゃついてしまい4着。
前走は中1週で1700mへの一気の700m延長で明らかに距離が長かった1戦となり、レース前のテンションも高くなってしまい度外視可能の7着。
この馬はスタートが速い好位差しタイプで、砂を被っても問題とせずに渋太く伸びてくるダート短距離タイプの馬で、そういうタイプだけに内枠有利な中京ダート戦は適正的にピッタリの条件と言えます。
ジワっと伸びるタイプだけに時計のかかる良馬場の中京ダートも合いそうで4走前のように休み明け初戦で落ち着きが期待できる今回はスタートを決めてインの好位で脚を溜められば上位可能の1頭と言えます。


会員様には5アメイズミーからのワイド2点指示となり、19.7倍的中となりました。

4155







下記アドレスまで空メールを送っていただいた方には全重賞の無料調教診断(会員様と同じ内容の情報)を配信させていただきます。


メールアドレス
info@winnersnet.jeez.jp←『@』を半角の『@』に変換して下さい。

2017年のG1レース結果
22戦10勝(310万9000円獲得)
チャンピオンズカップ 28万9900円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-03.html

秋華賞 馬連15.1倍、3連単147.6倍ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-16.html

スプリンターズS 318.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-01.html

ダービー 5万円1点勝負レース指定的中で24万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル コンマ1秒差で930万円の獲り逃し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-15.html

NHKマイルC 1点勝負的中で28万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-07.html

天皇賞・春 危険な人気馬サトノダイヤモンドを切って8万3200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-30.html

桜花賞 948倍的中で94万8900円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-09.html

大阪杯 馬単4点指示的中で16万9500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-03.html
ヴィクトリアマイルでは究極の伏兵馬2頭出走となり、デンコウアンジュが2着となるも、もう1頭のソルヴェイグがコンマ1秒差で圏内に入れずに930万円を取り逃す結果となりました。
春のG1レース11鞍で合計173万円1600円の獲得となりました。


日曜日情報







日曜日情報
阪神11レース

13ダノンファンタジー
調教診断で触れている通り、マイルの距離に関しては問題無さそうです。
未勝利勝ちは馬なりで2馬身差の圧勝を決めており、この馬はまだトップスピード持続で底を見せていない点が大きな魅力です。
前走のファンタジーSは力のいる馬場でエンジンがかかってからの良さとトップスピードを引き出せており、直線は外から捩じ伏せるようにして差し切る圧巻の競馬となりました。
前走のペースはかなりのスローでしたが、11.8 - 12.1 - 11.5 - 11.3 - 11.4とL2最速戦で中団外目からしっかりと勢いに乗って直線序盤で勝負を決める脚色の違いを見せており、最後は流す余裕を見せましたが3着のジュランビルが万両賞で強い勝ち方をしていた点も評価できます。
新馬戦では現時点での最強2歳牝馬のグランアレグリア相手に最後まで伸びて抵抗しており、3F勝負ながらL1まで落ちない中でしっかりと最後まで食らいついた点も評価できます。
これまでは10秒台のラップを踏めていませんが、今の阪神の馬場で流れた場合には10秒台のラップまで問われる可能性は低いだけに、その流れでトップスピード持続力引き出せればこの馬が最有力と言えます。




土曜日の結果

中京3レース
5アメイズミー
今年の5月の新潟ではハイレベルなレースで上位争いをしていた馬で、ダート1200mなら500万では上位の存在と言えます。
5月の新潟線は7か月振りの1戦で3着となりましたが、この時の勝ち馬ジオラマは昇級戦でいきなり3着と目途を立てており、2着馬ラインフィールは次走で500万下を勝ち上がっています。
しかし、その後の近3戦は度外視できる内容でどれも敗因は明白です。
3走前は中1週でテンションが上がってしまい、道悪ダートで位置を落として大外を回すロスの多い競馬で差し届かずの7着。
2走前はは函館ダート1000mの最内枠でごちゃついてしまい4着。
前走は中1週で1700mへの一気の700m延長で明らかに距離が長かった1戦となり、レース前のテンションも高くなってしまい度外視可能の7着。
この馬はスタートが速い好位差しタイプで、砂を被っても問題とせずに渋太く伸びてくるダート短距離タイプの馬で、そういうタイプだけに内枠有利な中京ダート戦は適正的にピッタリの条件と言えます。
ジワっと伸びるタイプだけに時計のかかる良馬場の中京ダートも合いそうで4走前のように休み明け初戦で落ち着きが期待できる今回はスタートを決めてインの好位で脚を溜められば上位可能の1頭と言えます。


会員様には5アメイズミーからのワイド2点指示となり、19.7倍的中となりました。

4155






↓日曜日情報受け付け中です
有料会員お申込み方法


日曜日には「先々が楽しみな器」とある騎手が惚れ込んだ強力情報馬が出走となります。


「先々が楽しみな器」とある騎手が惚れ込んだ強力情報馬

休み明けの●走前は牧場で・・・・・・・してしまい、なんとか間に合った状態の中での1戦で・・・・・差の●着となった馬で、・・・・の・・・・・・・・・は出遅れて後方からのレースになり、直線はいい脚を使って●着に食い込みました。
「ハミを
取ってから上がっていく脚が速かったし、最後もよく伸びてくれました。まだ・・・・・・・という事を考えれば先々が楽しみな器だと思います」と●●騎手。
前走は・・・・・・・・とは言え、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で順調でない状況でここまで走れた点は評価でき、・・・・・・・・・・・・となる今回は勝ち負け必死の1頭と言えます。

上記レースの詳細は会員様情報で公開させていただきます。




昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ結果
(管理人の買い目・購入額公開レース)
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-10.html


7リリーノーブル
前走の白菊賞はL2でスッと抜け出すギアチェンジの性能の高さを見せ、1馬身差を差しているので大体11.4、上がり34.9で逆算してもほぼこんな感じとなります。
緩い流れからスッと動けたのは最大の強みで、ラストも加減しながら追って11.5とほとんど減速せず、まだ余裕はありました。
上がりは平凡でしたが、2F戦に近く馬場も時計が掛かっていたことを考えれば着差以上に強い競馬ではあったと言えます。
新馬戦はL4-3-2と加速していく流れで包まれて直線外に出してという形ですぐに反応できており、仕掛けを待ってL2の上りで追い出してもう一段の脚を使いました。
そこからは2着以降をちぎって圧巻のパフォーマンスを見せました。
そこそこ流れていた流れでどの地点でもラップは優秀でしたが、特にL1の伸びは優秀で、トップスピード持続の高さはかなりのものがある1頭と言えます。

11ラッキーライラック
アルテミスSは時計的に平凡でしたが雨の影響があり、平均ペースから中弛みの再加速となり、12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2のL3最速最速戦でスッと反応してしっかりと抜け出しました。
ペースが上がっても脚を使えるのが大きな武器で、新馬戦は上がりだけで見るとロックディスタウンより下ですが、超スローでもまだまともな流れの中でのもので、13.4 - 11.9 - 10.5 - 11.0とL3ではまだ11.9でここで外に誘導していたのでこの馬は実質2Fだけの競馬になっていました。
しっかりと出し切ってれば32秒台は十分目途が立つ内容で、ゲート、スピード、ギアチェンジ、トップスピード、トップスピードスピード持続力、ポテンシャル全てで底を見せていません。


18ロックディスタウン
新馬戦は51.2-45.6と極端に遅い流れで13.6 - 12.8 - 11.2 - 10.5 - 11.1と3F勝負の中で好位で進路確保で少し遅れて外に出してL2以降でスッと伸びてL1で突き抜けました。
このレースの上位陣は結構勝ち上がっていますが、その中でも後半総合力で抜けていました。
絶対的なパフォーマンスでは通用する馬で、トップスピードに乗せて末脚を出し切れれば頭まである1頭です。


情報馬2頭が1,2着に入って馬連3点指示で11万400円の払い戻しとなりました。

54g




2014年の阪神ジュベナイルフィリーズは1点で的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2014-12-14.html

2015年の阪神ジュベナイルフィリーズは危険な人気馬情報を公開して4点で39万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2015-12-13.html

2016年の阪神ジュベナイルフィリーズは管理人の買い目・購入額公開レースとして会員様へ情報を公開させていただき、42.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2016-12-11.html




↓日曜日情報受け付け中です
有料会員お申込み方法

下記アドレスまで空メールを送っていただいた方には全重賞の無料調教診断(会員様と同じ内容の情報)を配信させていただきます。


メールアドレス
info@winnersnet.jeez.jp←『@』を半角の『@』に変換して下さい。

2017年のG1レース結果
22戦10勝(310万9000円獲得)
チャンピオンズカップ 28万9900円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-03.html

秋華賞 馬連15.1倍、3連単147.6倍ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-16.html

スプリンターズS 318.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-01.html

ダービー 5万円1点勝負レース指定的中で24万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル コンマ1秒差で930万円の獲り逃し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-15.html

NHKマイルC 1点勝負的中で28万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-07.html

天皇賞・春 危険な人気馬サトノダイヤモンドを切って8万3200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-30.html

桜花賞 948倍的中で94万8900円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-09.html

大阪杯 馬単4点指示的中で16万9500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-03.html
ヴィクトリアマイルでは究極の伏兵馬2頭出走となり、デンコウアンジュが2着となるも、もう1頭のソルヴェイグがコンマ1秒差で圏内に入れずに930万円を取り逃す結果となりました。
春のG1レース11鞍で合計173万円1600円の獲得となりました。


土曜日は8番人気の穴馬3着で29万円獲得となりました






今週は4年連続的中継続の阪神ジュベナイルフィリーズ週となります。

今週の阪神ジュベナイルフィリーズは『管理人の買い目・購入額公開レース』として5~10万円購入の勝負レースとなります。


土曜日の結果

中京3レース
5アメイズミー
今年の5月の新潟ではハイレベルなレースで上位争いをしていた馬で、ダート1200mなら500万では上位の存在と言えます。
5月の新潟線は7か月振りの1戦で3着となりましたが、この時の勝ち馬ジオラマは昇級戦でいきなり3着と目途を立てており、2着馬ラインフィールは次走で500万下を勝ち上がっています。
しかし、その後の近3戦は度外視できる内容でどれも敗因は明白です。
3走前は中1週でテンションが上がってしまい、道悪ダートで位置を落として大外を回すロスの多い競馬で差し届かずの7着。
2走前はは函館ダート1000mの最内枠でごちゃついてしまい4着。
前走は中1週で1700mへの一気の700m延長で明らかに距離が長かった1戦となり、レース前のテンションも高くなってしまい度外視可能の7着。
この馬はスタートが速い好位差しタイプで、砂を被っても問題とせずに渋太く伸びてくるダート短距離タイプの馬で、そういうタイプだけに内枠有利な中京ダート戦は適正的にピッタリの条件と言えます。
ジワっと伸びるタイプだけに時計のかかる良馬場の中京ダートも合いそうで4走前のように休み明け初戦で落ち着きが期待できる今回はスタートを決めてインの好位で脚を溜められば上位可能の1頭と言えます。


会員様には5アメイズミーからのワイド2点指示となり、19.7倍的中となりました。

4155






↓日曜日情報受け付け中です
有料会員お申込み方法


日曜日には「先々が楽しみな器」とある騎手が惚れ込んだ強力情報馬が出走となります。


「先々が楽しみな器」とある騎手が惚れ込んだ強力情報馬

休み明けの●走前は牧場で・・・・・・・してしまい、なんとか間に合った状態の中での1戦で・・・・・差の●着となった馬で、・・・・の・・・・・・・・・は出遅れて後方からのレースになり、直線はいい脚を使って●着に食い込みました。
「ハミを
取ってから上がっていく脚が速かったし、最後もよく伸びてくれました。まだ・・・・・・・という事を考えれば先々が楽しみな器だと思います」と●●騎手。
前走は・・・・・・・・とは言え、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で順調でない状況でここまで走れた点は評価でき、・・・・・・・・・・・・となる今回は勝ち負け必死の1頭と言えます。

上記レースの詳細は会員様情報で公開させていただきます。




昨年の阪神ジュベナイルフィリーズ結果
(管理人の買い目・購入額公開レース)
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-10.html


7リリーノーブル
前走の白菊賞はL2でスッと抜け出すギアチェンジの性能の高さを見せ、1馬身差を差しているので大体11.4、上がり34.9で逆算してもほぼこんな感じとなります。
緩い流れからスッと動けたのは最大の強みで、ラストも加減しながら追って11.5とほとんど減速せず、まだ余裕はありました。
上がりは平凡でしたが、2F戦に近く馬場も時計が掛かっていたことを考えれば着差以上に強い競馬ではあったと言えます。
新馬戦はL4-3-2と加速していく流れで包まれて直線外に出してという形ですぐに反応できており、仕掛けを待ってL2の上りで追い出してもう一段の脚を使いました。
そこからは2着以降をちぎって圧巻のパフォーマンスを見せました。
そこそこ流れていた流れでどの地点でもラップは優秀でしたが、特にL1の伸びは優秀で、トップスピード持続の高さはかなりのものがある1頭と言えます。

11ラッキーライラック
アルテミスSは時計的に平凡でしたが雨の影響があり、平均ペースから中弛みの再加速となり、12.1 - 12.3 - 11.4 - 11.5 - 12.2のL3最速最速戦でスッと反応してしっかりと抜け出しました。
ペースが上がっても脚を使えるのが大きな武器で、新馬戦は上がりだけで見るとロックディスタウンより下ですが、超スローでもまだまともな流れの中でのもので、13.4 - 11.9 - 10.5 - 11.0とL3ではまだ11.9でここで外に誘導していたのでこの馬は実質2Fだけの競馬になっていました。
しっかりと出し切ってれば32秒台は十分目途が立つ内容で、ゲート、スピード、ギアチェンジ、トップスピード、トップスピードスピード持続力、ポテンシャル全てで底を見せていません。


18ロックディスタウン
新馬戦は51.2-45.6と極端に遅い流れで13.6 - 12.8 - 11.2 - 10.5 - 11.1と3F勝負の中で好位で進路確保で少し遅れて外に出してL2以降でスッと伸びてL1で突き抜けました。
このレースの上位陣は結構勝ち上がっていますが、その中でも後半総合力で抜けていました。
絶対的なパフォーマンスでは通用する馬で、トップスピードに乗せて末脚を出し切れれば頭まである1頭です。


情報馬2頭が1,2着に入って馬連3点指示で11万400円の払い戻しとなりました。

54g




2014年の阪神ジュベナイルフィリーズは1点で的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2014-12-14.html

2015年の阪神ジュベナイルフィリーズは危険な人気馬情報を公開して4点で39万6000円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2015-12-13.html

2016年の阪神ジュベナイルフィリーズは管理人の買い目・購入額公開レースとして会員様へ情報を公開させていただき、42.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2016-12-11.html




↓日曜日情報受け付け中です
有料会員お申込み方法

下記アドレスまで空メールを送っていただいた方には全重賞の無料調教診断(会員様と同じ内容の情報)を配信させていただきます。


メールアドレス
info@winnersnet.jeez.jp←『@』を半角の『@』に変換して下さい。

2017年のG1レース結果
22戦10勝(310万9000円獲得)
チャンピオンズカップ 28万9900円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-03.html

秋華賞 馬連15.1倍、3連単147.6倍ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-16.html

スプリンターズS 318.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-01.html

ダービー 5万円1点勝負レース指定的中で24万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル コンマ1秒差で930万円の獲り逃し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-15.html

NHKマイルC 1点勝負的中で28万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-07.html

天皇賞・春 危険な人気馬サトノダイヤモンドを切って8万3200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-30.html

桜花賞 948倍的中で94万8900円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-09.html

大阪杯 馬単4点指示的中で16万9500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-03.html
ヴィクトリアマイルでは究極の伏兵馬2頭出走となり、デンコウアンジュが2着となるも、もう1頭のソルヴェイグがコンマ1秒差で圏内に入れずに930万円を取り逃す結果となりました。
春のG1レース11鞍で合計173万円1600円の獲得となりました。


記事検索