今週は朝日杯FS週となります。

今週の朝日杯FSは大本線1点勝負レース(押さえ馬券を含めて最大3点以内)となります。
また、今週の日曜日の1点勝負レースも5万円1点勝負となります。



今週の1点勝負レース情報馬
・・・・・は・・・・着の・・・・・・・にクビ差及ばずの・・・・着で賞金を加算できず、・・・・走前の・・・・・・・・・は・・着の・・・・・・・・・・・・・に・・・・差交わされて・・・・・・・・・・・・の優先出走権を逃してしまった1頭。
・・・・・・戦の・・・・・・・はスタート直後に気合をつけた時にガツンとハミを噛んで行きたがる素振りをみせてしまい、序盤はムキになって押さえ込む形で3角では最後方に下がっていました。
その後は折り合いをつけてラチ沿いをロス無く進めて直線では進路を探しつつ外に出す競馬で伸びるも、ゴール前は脚色が鈍っての・・・・・。
・・・・・・・・でも前半は行きたがる面を見せていましたが、ガッチリと抑え込んで好位の内にポジションを取り、直線では馬群から抜け出すも外ステッキに反応して内ラチ沿いに寄れて・・・・着に後退。
「前回みたいな形にはしたくなかったので今回は早めに動く競馬をしましたが、結果的にその分だけ最後に甘くなってしまいました」と・・・・・・騎手が話していましたが、近2走はこの馬のタイプ的に手が合っていそうな・・・・・・騎手に乗り替わりで・・・・・・・着。
・・・・・・、・・・・・・・・が・・・・でも好走(・・・・・・は・・・・の・・・・・相手の・・・・・・・勝ち、・・・・・・・・は・・・・・・・・・で・・・・差の2着)し、・・・・・・・・・・・で1馬身半差で下した・・・・・・・・が・・・・・で1,2着したことを思えばこの馬も重賞級なのは間違いなく、・・・・・・・・・・のここも勝ち負けになる1頭と言えます。

会員様情報では伏せ字無しで情報公開させていただきます。



調教診断
朝日杯FS

アドマイヤマーズ
デビュー前に比べて調教の動きが変わってきており、デビュー前は反応が良くていくらでも動けるスピードタイプでしたが、現在は追い出してもすぐにスピードが乗らない代わりに追えば追うほどいくらでも伸びるようになってきています。
1週前追い切りはCWで3頭併せの最後方でした、前2頭が仕掛けて反応してもそれに置かれてしまって、ゴールには追いつけないという内容。
ただ、勢いはこちらの方が圧倒的に優勢でした。
最終追い切りは栗東坂路でしたが、ジュンスパーヒカルとの手応えの差は歴然で、力のいる馬場をまっすぐに駆け上がって来れた点からも、今の力のいる阪神コースも問題ありません。

ファンタジスト
1週前追い切りは坂路4F49.5秒と自己ベスト更新でしたが、軽く時計を出したわけではありません。自厩舎で併せ馬をしていたものの、相手が早々に脱落したこともあり、抜け出すとその先にいた他厩舎の併せ馬に合流するような形。
1最終追い切りは坂路で4F目が最速になるラップを計測しており、速い時計も出せて最速ラップも踏めています。
このラップの自在性を考えれば、マイルにも対応できそうです。
ただ、本質的な部分はスプリンターに近いマイラーというイメージだけに、レースの流れ次第という面はあります。

ケイデンスコール
最終追い切りはデビュー戦と同じ栗東坂路。
1週前追い切りでしっかり負荷をかけたので、最終追い切りは坂路というのが、早い段階から決まっており、前走からの最終追い場所の変更は懸念材料ではありません。
ただ、気になるのは右回りで、1週前追い切りのCWでファッショニスタとの併せ馬で手応えが劣勢だった原因には逆手前だったことがあります。
この馬は左回りの経験しかなく、過去のCW追い切りでも逆手前ばかりだったために、今回は最後の直線で手前を替えずに伸び切れない可能性があります。

アスターペガサス
今回はCWでの追い切りを積極的に行っており、1週前、最終追い切りがともにCW。
単走だったので、プレッシャーがある状態でどのくらい動けるかということに対しては未知ですが、CWで力強い動きができることは確認済です。
前走時は休み明けで追い切り本数も少なかっただけに、上積みは相当ありそうな1頭です。

グランアレグリア
トレクァルティスタ(古馬1600万)0.6秒追走0.4秒先着
終始馬なりのまま併せ馬の形になっても、そのままスッと加速する反応の良さを見せました。
追い切りで負荷を掛ける厩舎ではなく、外厩で仕上げて持ってきていることから、特に不安はありません。





土曜日の結果

中山2レース

10アシャカトブ
この馬はフワ突く面があるため、集中して走れるかどうかがポイントの馬と言えますが、前走の東京戦はハイペースの展開が嵌っての2着となり、インをそつなく回ってロスが無く展開の恩恵を受けての3着だけに今回は中山コース替わりで後方からのタイプとなるだけに、ここは危険な人気馬となります。

6マノアフォールズ
決め手がないタイプだけに東京よりも中山向きのタイプと言えますが、脚質的にどうしても目標とされてしまいます。
2走前の東京戦ではマイル戦に使われて5着となりましたが「最後は馬が疲れた感じでしたし、距離はマイルがギリギリ」との事。
しかし、前走は1800m戦に使われての2着。
今回は前走2着時と同舞台の1戦となりますが、前走時はスパーダネラが速い展開で逃げてワンペースタイプのこの馬にとって最高の展開で2着となりましたが、今回は2走前にマイルのハイペースで失速しているだけに、この馬が先手を取った場合はスローが濃厚な1戦となります。
前走のようにペースを引っ張る逃げ馬が不在なだけに、スローとなった場合には最後に決め手の差で差される可能性が高い1頭です。

◎15キュアン
初ダート戦となった前走は休み明けでいきなり2着に好走。
明らかに太目残りの馬体で挑んだ前走は大とびで1完歩目が速くないために序盤は砂を被っていましたが、促して中団につけると早目に外から進出して3角で先行集団の外につけ、かなりの距離ロスがある中でも向正面からのロングスパートで内の馬を抜かせない勝負根性を見せて2着争いを制しました。
この馬は母もダートで2勝しておりダート適性は問題なく、叩き2戦目でまくりの決まりやすい中山コース替わりのここはスローからのロングスパート勝負で押し切り濃厚の1頭と言えます。

砂を被りにくい外枠を引けた点も好材料で、ここは人気の上記2頭に不安があるだけに単勝で狙える1頭と言えます。

会員様には予告通りに5万円1点勝負で単勝的中となり、21万円の払い戻しとなりました。

210000





土曜日
中京3レース

13メイショウラテーケ
5走前は休み明けでまだトモに甘さが見られましたが、降級戦ということもあって2着となった同馬。
前半は競られる厳しい展開となり、セイウンデルレイにビッシリと外につけられる展開でも、それを振り切ってラスト100mまでは辛抱できていました。
その後も連続で2着となっていますが、4走前は相手が悪かった1戦で勝ち馬スズカフリオーソは次走も連勝で1000万クラスを勝ち上がりました。
準オープンクラスのスズカフリオーソには3馬身の差をつけられましたが、自身も3着以下には3馬身半以上の差をつけており、3走前はゲート内で突進したために外枠発走になってしまい、枠順の差でコンマ1秒差の2着。これで1000万クラス時代から5連続で2着が続きましたが2走前は1200mへの距離短縮で4着。
この時は距離よりも馬場が敗因で、「もともと硬さのある馬ですから、(不良の)馬場が合いませんでした」との事で参考外の1戦です。
前走は1400m戦に距離を1ハロン延長して2着となりましたが、冬場の中8週での1戦で中間も終いの伸びを欠くなど、本調子手前の状態でした。
今回は再度1200m戦となりますが、スピードがあるタイプの馬だけに、距離自体は問題ありません。
3走前の1200m戦で4着に敗れたことで人気を落とすなら妙味も見込める1頭と言えます。
この中間は前走以上の動きで本調子を取り戻しており、この距離ならスピードの違いでようやく勝ち切れそうな1頭と言えます。


結果はスピードを生かして番手から押し切る競馬で1着となり、3連単12万6670円的中となりました。

61








↓日曜日情報の登録受け付け中です

下記アドレスまで空メールを送っていただいた方には全重賞の無料調教診断(会員様と同じ内容の情報)を配信させていただきます。


メールアドレス
info@winnersnet.jeez.jp←『@』を半角の『@』に変換して下さい。

2017年のG1レース結果
22戦10勝(310万9000円獲得)
チャンピオンズカップ 28万9900円獲得
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-12-03.html

秋華賞 馬連15.1倍、3連単147.6倍ダブル的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-16.html

スプリンターズS 318.5倍的中
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-10-01.html

ダービー 5万円1点勝負レース指定的中で24万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-28.html

ヴィクトリアマイル コンマ1秒差で930万円の獲り逃し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-15.html

NHKマイルC 1点勝負的中で28万5000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-05-07.html

天皇賞・春 危険な人気馬サトノダイヤモンドを切って8万3200円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-30.html

桜花賞 948倍的中で94万8900円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-09.html

大阪杯 馬単4点指示的中で16万9500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2017-04-03.html
ヴィクトリアマイルでは究極の伏兵馬2頭出走となり、デンコウアンジュが2着となるも、もう1頭のソルヴェイグがコンマ1秒差で圏内に入れずに930万円を取り逃す結果となりました。
春のG1レース11鞍で合計173万円1600円の獲得となりました。