FC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog RankingFC2 Blog Ranking


(1日単位の登録も受け付けています)



NHKマイルカップは過去12年で8回的中となっています。

NHKマイルカップは毎年のように荒れていますが、14年の不的中時もコンマ1秒差で129万円を取り損ねただけに、ほぼパーフェクトに近い実績のレースとなります。

今週のNHKマイルカップは『究極の伏兵馬出走+管理人の倍額大勝負レース(約8万円購入予定)』として会員様へ情報を公開させていただきます。

また、今週の1点勝負レースは土日ともに5万円1点勝負となります。

昨年はワイド2点指示で32万円獲得

17年は究極の伏兵馬リエノテソーロが13番人気2着で28万円獲得

15年のNHKマイルは6200円的中!

14年のNHKマイルカップはコンマ1秒差で129万円が不的中となりました。

13年のNHKマイルカップは2点指示で約80万円の払い戻し。http://blog.livedoor.jp/wins88m/archives/2013-05-07.html

12年のNHKマイルカップは26万馬券的中となり、260万円の払い戻し!
(クビ差で3着の15番人気クラレントが2着なら450万円の払い戻しでした)

11年のNHKマイルカップは馬連3点で1170円的中!



日曜日

東京11レース
NHKマイルカップ

18ダノンスコーピオン
前走のアーリントンCは中弛みが生じていましたが全体である程度は流れており、その中で中団から上手く末脚を引き出して勝利しました。
前後半のバランスをある程度求められた中、良い位置からしっかりと自分の末脚を引き出してのクビ差で勝ち切れており、このパフォーマンスはある程度評価できますが、その反面で4着まではコンマ2秒差以内の決着となっており、タイセイディバインがある程度押し上げながらの競馬となっており、その後ろを取れたのも直線窮屈な中で噛み合った部分と言えます。
前走は阪神の外回りで下り坂地点での加速に対応してL1の坂の登り減速で差し込めていましたが、府中では余力がある地点で上り坂を迎えるケースもあるため、そこが今回の大きなポイントと言えます。
NHKマイルCは全体で流れた上でのL3最速になりやすいため、共同通信杯(7着)ほど心配しなくても良いように思えますが、そこまで各馬の差が無い中で人気を集めるというのは妙味の点で魅力がありません。

5キングエルメス
前走のアーリントンCは1番枠から好発を切って促しつつある程度先行する格好となりましたが、外の各馬が競ってきたので最終的にはジャスパークローネを行かせて2番手に収まりました。
岩田騎手がいやらしいカットの仕方でブレーキ気味でクビを上げる場面がありましたが、それでも2列目の内でコントロールしながら中弛でも我慢させ、3~4角でも進路がなく前のジャスパークローネも手応えが悪い中で直線に入りましたが、直線序盤で左手前になり、一瞬待って先頭列の中を取るも外から仕掛けていたタイセイディバインの方が伸び始めが早く、クビ差ほどの2番手となりL1で抵抗するも徐々に離されて最後はダノンスコーピオンにも交わされての3着となりました。
この馬は総合力が高いタイプと言え、府中ならギアチェンジも生かせますが阪神の外回りコースでこの形で外から4角下りを生かして取り付かれると、この馬も持ち味が生かされませんでしたが、その中でも3着に好走できた点は大きな評価が必要です。
前走は府中で内枠を引けたならダノンスコーピオンよりもコチラの方が魅力を感じさせるような競馬だったと言え、前半で34.5と脚を使った中でギアの上げ下げに対応し、序盤のスピード面を詰めてきたのは大きな収穫と言えます。

この先は会員様専用情報掲示板で公開させていただきます。



土曜日

東京8レース
10アイアムイチリュウ
長期休養明けとなった5走前は、3~4角でトモが嵌ってから良い伸びを見せてゴール前で3着に浮上しました。
次走は距離が若干長い中京1900m戦で7着となりましたが、直線は内にモタレて加速出来ずに伸びあぐねてしまいました。
立て直された次走は硬めの歩様でしたがスタートを決めて好位から進め、3角から馬なりのまま外を進出して直線では勝ち馬の一騎打ちまで持ち込んで2着となりました。
近走は3連続で2着となっていますが、前走後に「先頭の馬に並ぶところまでは良かったのですが、そこでブレーキをかけてしまいました。前を抜こうとしなかったです。」と、ルメール騎手が話しており、気性的に先頭に立つことを嫌うタイプの馬と言え、ここも2~3着までの評価となります。

9リズムオブサイト
以前見せていた気難しさが解消されてきた馬で、5走前は距離延長の2500m戦で3着に好走しました。
この時はイレ込みが軽減されて好スタートを切り、好位の内を手応え良く追走して2週目の3~4角でも持ったままでしたが内にスペースが無く少し動き遅れる場面がありました。
「終いに脚を使うタイプではないので、前で流れ込みたかったですね。外の馬が速くて3列目になってしまいました。これぐらいの距離で2列目を取れればもっとやれると思います。」との事で、次走は2番手追走の競馬を試みるもモタれながら走ってしまい、前が厳しい流れの中で後半の他馬が上がってくるところでついて行けずに4角ではブレーキを踏む場面があり、流れ込んだ格好での4着となりました。
次走は1600mに距離を短縮して3着に好走しましたが、「直線でぶつけられてバランスを崩してしまったので、スムーズなら2着はあったと思います。」とデムーロ騎手。
2走前は道中のスペースが遅くて行くところが無く、窮屈になって加速出来ずに力を出し切れなかっただけに参考外の4着と言え、前走はアオリ気味に出て中団の内を追走する形となり、直線は内にモタれながらもジリジリと伸びて3着となりました。
近走はまともに力を出し切れていないだけに、スムーズなら大きく上昇してきそうな1頭と言えます。

会員様には9リズムオブサイトの1着固定3連単指示で171.9倍的中となり、20万6280円の払い戻しとなりました。

90a




(1日単位の登録も受け付けています)


2021年の秋のG1レース結果
12戦9勝

有馬記念は究極の伏兵馬ディープボンドがコンマ1秒差2着で68万4000円獲得

阪神JFは62万3500円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/2021-12-13.html

チャンピオンズカップは3連単526.6倍的中で42万1280円の払い戻し

ジャパンカップは17.8倍的中

マイルチャンピオンシップは32万円獲得

エリザベス女王杯はコンマ0秒差で200万円取り逃すも、究極の伏兵馬3着で32万円獲得

秋の天皇賞は3連単4点指示となり、20.4倍的中で30万6000円の払い戻しとなりました。

秋華賞は264.1倍的中

スプリンターズステークスは情報通り2頭の一騎打ちの決着で67万5000円獲得





(1日単位の登録も受け付けています)


2021年の春のG1レースは11戦5勝(約200万円獲得)

ダービーは馬連3点指示で20万2000円獲得となりました。

オークスは◎7アカイトリノムスメから3連単53万馬券的中で106万円獲得となりました。

NHKマイルカップは究極の伏兵馬ソングラインが7番人気2着で32万8000円獲得となりました

天皇賞・春は情報馬2頭が2,3着となり114.9倍的中となりました。

皐月賞は7エフフォーリアの単勝 3.7倍的中となり、29万6000円の払い戻しとなりました。




有料会員お申込み方法

2020年秋のG1戦成績(12戦6勝)

2020年春のG1戦成績(11戦7勝)
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/cat_1276737.html

2019年のG1レース成績(24戦11勝110万円→446万6120円)
的中率45% 回収率406%

http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/cat_1272284.html

2018年のG1レース成績(24戦10勝 450万円獲得)


有料会員お申込み方法
下記アドレスまで空メールを送っていただいた方には全重賞の無料調教診断(会員様と同じ内容の情報)を配信させていただきます。

メールアドレス
info@winnersnet.jeez.jp←『@』を半角の『@』に変換して下さい。


★2017年のG1レース結果

22戦10勝(310万9000円獲得)
2017年のG1レースは22戦10勝310万9000円獲得となりました
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/cat_1250758.html


★2016年のG1レース結果

21戦11勝(500万円超獲得)(ヴィクトリアマイルは見送り)
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/cat_1234232.html


★2015年のG1レース結果
22戦10勝(432万4327080円7080獲得)
http://blog.livedoor.jp/wins88/archives/cat_1182114.html