2011年12月06日

JASEY-JAY SNOW BOARDS モニターライダー募集

日本国内販売を前にモニターライダー(モニターライダー価格でのご提供)を募集選考いたします。モニターボードはJJ直筆サイン入りとなります。

 

スノーボードが好きで情熱あふれる方であればプロ、アマ問わずご応募可能!また、2012年3月の来日時定員と別枠でキャンプ優先参加可としJJ本人とも雪上でお会いいただけます

 

みなさまからのご応募お待ちしております。
DSC_5430

  • 募集締切日:2011年12月19日(月)
  • 決定日:2011年12月24日(土)

  • 応募はこちらからhttp://www.factors.asia/jasey/monitor.aspx



    wintertree_user at 10:09コメント(0)トラックバック(0)JASEY-YAY SNOWBOARDSJASEY-JAY 

    2011年06月13日

    乗鞍大雪渓in BoilerPlateインプレッション

    2011/06/13 7:15

     おはようございます。
     絶好調のボイラープレートですが、どこまで振動吸収するのかとても興味が湧いたので、スプーンカットで有名な乗鞍大雪渓に加藤さんと行って来ました。
     乗鞍大雪渓は、サマースキーで有名な場所ですが、6月のこの時期もバス4台が朝一から運行され、バックカントリーを楽しむスキーヤー&スノーボーダーで賑わっています。
     ボコボコのバーンをスコップで整地すること1時間、9旗門セットして、いざテスト開始です。
     今回は、ノーマルボードとボイラープレートを持ち込みましたが、その振動吸収効果の差はハッキリと出ました。
     いくらスプーンカットの雪をスコップで整地したとは言え、普通のゲレンデの状態では考えられないくらいバンピーで、エッジの捉えが安定しない状況。
     ノーマルボードは、バンピーな雪面状況にエッジホールドが安定せず、テールが流れ、板の走りがまったく感じられません。
     しかしボイラープレートは、バンピーな雪面状況に合わせて、タワミが生み出される感じで、エッジホールホールは安定し、板が走しりまくって、乗り手の方が遅れる始末(涙)
     ライダーが雪面に働きかけ(微妙な加重感覚)は、とても重要なボード操作ですが、それをプレートやボードの方が、雪面に会わせてやってくれるのは、乗り手にとっても無意識のうちのアドバンテージになりますね。
     ただ疲れてくると、その挙動に付いて行けなくなるのは、おじさんなので、しょうがないですね。
     まったくボイラープレートは素晴らしいです!
    P2011_0612_102824P2011_0605_093524



    加藤さん山本さんいつもインプレッション有難う御座います。 WEB 管理人



    wintertree_user at 09:37コメント(0)トラックバック(0)Boiler Plate 

    2011年05月15日

    ボイラープレート(フリースタイルにて)

     

     GW後もしつこく滑っている山本です。


     野沢温泉が1週間延長営業していること知って、加藤さん&T羽田とフリースタイル&ボイラープレートを試すために行ってきました。

     今回は、プレートの違いを体感するために、パルマーのパワーリンク、マナフレックス2010、ボイラープレートを持ち込みました。

     バーンは、遅めの到着とあって、荒れてはいましたが、コース幅も十分あり、距離も長いので試乗には絶好のコンディション。

     フリースタイルボードなので、雪面からの振動がダイレクトですし、その振動が切り替え等のターン操作に大きく影響され、プレートの効果がハッキリ出ました。


     パワーリンクは、1.5cm程高さを稼ぐだけのものであるため、雪面からの振動は常にダイレクト。

    振動のため、エッジホールも安定しません。ドラグを防ぐ以外、あまりプレートの効果を感じられませんでした。


     マナフレックス2010は、旧モデルと言えど、エッジホールドは抜群で振動もかなり抑えられ、振動により板が弾かれることも少なく、ターンの切っ掛け作りに苦労することはありませんでした。

     ただバーンが荒れてくるにつれ、その振動はターンに影響してくるようです。


     ボイラープレートは、ほぼアルペン装着時と同じ感覚で滑走することができました。

     その振動吸収効果は素晴らしく、ほとんどバーンの凸凹を感じることなく、ターンの始動が振動によって阻害されることはありませんでした。

     振動に対し身体の感覚を準備する必要がないので、荒れたバーンを滑っている筈なのに、まるで綺麗な圧雪バーンを滑っている様でした。

     フリースタイラーであるT羽田氏もまるでアルペンライダーの様な、一段深い内傾角度のカービィングターンに、とても驚いていました。

     

     カービィング大好きなフリースタイラーならば、ぜひ一度、ボイラープレートを体験するべきですね。

     またスノーボードが楽しくなりました。ありがとうございました。


     追伸 プレートの進化は、今後どこへ進むのでしょうか?




        板とビンディングがまったく干渉せず、振動もまったく感じられない仕組みとか出現するのでしょうかね?(ウォーターベット的な?)
    P2011_0514_115550P2011_0514_110615


     

    お久しぶりです。加藤です。

    昨日、野沢温泉スキー場にてフリースタイル+ボイラープレートの試乗をしてきました。

     アルペンでは絶賛のボイラープレートですが、フリースタイルに装着するとどうなるのかと思い、試してきました。

     使用したマテリアルは以下のとおりです。

    板:05モデルぐらいのヘッド・マウントi160
    ビンディング:10モデルのサロモンSP1
    ブーツ:09モデルのサロモン(モデルはよく分かりませんが、中級者ぐらい)

     1本目は乗る位置が分からず、初めてボイラーに乗ったときのようにオロオロ状態でしたが徐々に慣れてきて、そのうちいつものようにキレキレのカーブができるようになりました。

    フリースタイルでも本来の持ち味である振動吸収、板の走り、角付けの深さなどの特性は十分に発揮していました。

     とはいえ、プレートの堅さにブーツとビンディングが負けていて、スピードが出ないうちは上手にコントロールするには厳しい状態でした。

    フリースタイルではカスタムのミディアムソフトぐらいがちょうどいいのではないかと思います。

     今回はフリースタイル歴15年の羽田さんに試乗してもらいましたが、彼のコメントは、「これは従来のプレートとは別物だ!(彼は現在アルペン用のマナ2010バージョンを装着しています)板はこれまで以上に立つし、このグサ雪でも刺さることはない!今までのカービングとは次元が違う。

    「これは凄い!」とのことです。

     私たちが後ろから追いかけても、フリースタイルではあり得ないようなフルカーブでゲレンデを疾走していく彼に追いつくことはできませんでした。

     私はアルペンと同様の効果を期待して今回の試乗をしてみたのですが、期待通りの性能を発揮してくれたと思います。

    スノーボードであれば、アルペンだろうがフリースタイルであろうが、効果があることが分かりました。

     ただ、これで一日フリーランするとなると、オッサンにはかなりきついですね。

     とりあえず遊びでこんなことしてみましたが、レース志向のフリースタイラーにはボイラープレートはうってつけかも知れません。

     



    wintertree_user at 16:02コメント(0)トラックバック(0) 

    2011年05月10日

    Boiler Plate Custom ビンディング取付ホールについて


    ボイラープレート(カスタム)のビンディング取付ホール穴の件についてご説明致します。

    カスタムプレートの標準ビンディング穴は、片足4ホール(図S)合計8ホールですが、オプションで片足4×4を4×8(合計12ホール)に出来ます。(BP-HD/BP-MIDは12ホール標準装備) オプション料金3,000円(税別)

    customプレートはアルミニカムをサンドした軽量ドライカーボン。
    反発性、復元性に優れ、張りが有り、しなやかです。
    スノーボードによくある10ホールの横に並んだホールはその優れた特性を損ねてしまうおそれがある為、お勧めできませんので、下記図面のような片足6ホールのみのセットとなります。

    カスタムオーダーシート(メール用)
    図面の様な6ホール(オプション)をご希望の際は、(S)及び(S1)部分のサイズ(スタンス幅)をご指定下さい。

    設定可能ホール
    (S) 44僉59僉 BP※-FS-L-※※のみ44僉62僉
    (S1) 52僉59僉 BP※-FS-L-※※のみ52僉62僉



    wintertree_user at 18:32コメント(0)トラックバック(0)Boiler Plate 

    2011年05月01日

    Boiler Custom フリースタイル

    4月30日 チャオ御岳にて、遠藤雄三デモにボイラープレートフリースタイルを試乗して頂きましたインプレッションは後日お伝えします お楽しみに1a140b3b.jpg
    ce8c51e8.jpg













    遠藤デモよりインプレッションが届きました(5月15日)。

    こんにちは遠藤雄三です。

    楽しみにしていましたBoiler Plate フリースタイルの試乗感想を皆様に報告致します。

    外力と内力のバランスを感じやすく、ターンに置いて角付けを切り替えるために必要なライダーの動きをしやすくしてくれる。

    ライダー自身のボードへのアクションを明確に伝えながら、さらに、増幅させてくれるので、深いターンの捉え、雪面グリップは格段にアップすると思う。

    コンペティションなどでより高次元で正確なカービングを求めていったり、クルージングからハイスピードカービングまで、新たなフリーカービングの楽しみを体験できることは間違いないと思う!

    フリースタイラーの皆さんも試乗してみて下さい。そのポテンシャルに感動いたしますよ!

    以上

    続きを読む

    wintertree_user at 18:16コメント(2)トラックバック(0)Boiler Plate 
    TagCloud
    Search
    • ライブドアブログ