2007年02月21日

ポタ子募集の際の手順書

1. Lv・サンク・型の確認
サンク有無により報酬が変わるため。
また余りにもBase・INTが低い場合は一考。
多大な経費がかかると想定される場合は断るかも。


2. 拘束時間の説明
19:30〜22:15、途中離席は連絡すれば問題無し。
遅刻・早退・長時間離席は報酬からさっぴく場合もある旨を通達。


3. 報酬の再確認
固定費+経費(青J456、レモン1000、オモチ1000)で問題ないかどうか。
ここで問題がない場合正式契約。


4. ベース経験の有無の確認
ない場合は丁寧に説明するため、確認。


5. 構成G、大まかな予想人数、予定しているポタ子人数の通達
事前にどれぐらいの規模か、どこのGが所属しているのか把握してもらうため。


6. 支援順序の説明
ポタ>サンク>IA>その他支援

何においてもポタ最優先。
IA・その他支援に関してはSP回復剤を使用してまでやる必要はないことを伝える。


7. ベースの位置の説明
軽く口頭説明。


8. 当日の指示伝達方法の説明
指揮PTに入ってもらい、指示を受ける旨を通達。


9. メモ先通達
未定である場合は後日Wisする旨を連絡。


10. 質問回答
ここまでの不明点の確認。


11. 現地説明
・セーブポイント
・復帰地点
・カプラ
・サンクを敷く位置
・ポタの出す位置(最大メイン・派遣・修理・偵察の四種)

を現地にて説明。


12. 溜まり場案内
緊急時の連絡先として。
自分のよく接続しているキャラ名も教えておく。


13. 終了



Posted by wired_ at 17:02│Comments(0)TrackBack(0)RO | ぽたこ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/wired_/50047994

コメントする

名前
URL
 
  絵文字