2019年01月31日

YGテスト「用語集」順応型とは

 人の採用では、将来、当社で「仕事ができる人か、できない人か」、気にかかります。
経営者や人事担当者が、最終面接での重点ポイントです。

 中小企業では、トップで採用人員の枠を決めますが、営業部署や製造部署からは、それを越える人財の要望ができてきます。全てを認めるわけにいかないが、人員のひっ迫度から最小限の学卒の人員が決まってきます。

 応募書類を参考に、各部署への振り分けを考えたり、次年度卒は、営業部署への充足に絞るなどと決定します。

 人事担当者にしては、書類選考して、面接で絞り込みを考えるとしても、必ずしも、自社に入社の確約がとれるわけではありません。

 書類選考、面接1次、2次と重ねて、その間に、現場のニーズに合った人財をしぼっても、自社に来ない場合が出て来ます。また、その間に、適職診断のための適性検査を面接にあわせて行う会社がほとんどです。

 面接が良くても実際に配属すると、配属部署の管理者から好ましくないと人財の問題点が出されてくるケースがあります。

 それ以外に、螢Εぅ坤瀬爛泪優献瓮鵐箸忘陵冏鏝ー圓療性診断依頼が入ってきます。

 IQ値が好ましい数値の場合、人事担当者も経験値から、これは良い人財だと、面接の評価と合わせて判断しますが、配属部署と適職診断のミスマッチが多いのです。

 昔でしたら中小企業も、簡単に面接の最終結果だけで決めてしまうところですが、応募者の要望、配属部署の要求、採用のミスマッチをさけるための適職診断の施行などを行いしぼりこみます。

 しかし、YG性格検査で、総合職に該当するか、だめでも一般事務職ならどうか、製造作業要員なら、どうかと判断していきます。

 こんな時に、応募者の人数が、10〜15人の面接を行い、YGテストをすると2人ぐらいは、
順応型の人がいます。

 応募者では、面接の結果から比較的に好ましい人財というように、人事や面接時の要望部署の管理者から挙がってきます。

 なぜか、と言いますと、順応型の応募者は、人の受けが良いのです。この傾向は、入社後に、特に強く評価されてきます。上司の管理者、経営者は注意して観察要です。

 順応型とは、どのようなパーソナリティか? 次に、特長をあげてみましょう。

   顔立ちが、素直、真面目、態度が控え目で、やさしい、嫌な顔をしないで、面接
  官の質問にも肯定的で、従順な姿勢が、好ましい印象をうけます。

  物事に慎重な、発言や対応をします ⇒ 高い目標値の設定や挑戦に欠けます。

  慎重さ、アクションが少ない ⇒ ミスや失敗がなく良い面もありますが、直ぐに方向を変え、
  追求や突っ込みがない。 (総合職に不向き)

  即断、思い切った決断、大胆な決断ができない (総合職に不向き)。

  何事もOKと受け入れてしまう     (総合職に不向き、以下同じ)。

  嫌といえないので、相手と妥協してしまいやすい。

  相手に、問題点など指摘しない。

  強く反発する相手に、反論できない。

  物事の本質を見抜けない。

  全体から、俯瞰した見方ができない。


  以上のような行動特性のある「順応型」の人は、当初、好ましく見えるが、他の入社した人より、上司の受けが良く、出世が早い、しかし、何時まで待っても数値の伴った成果が出ないので、上司や経営者はしびれを切らして、降格や配置換えが起こったりします。
 (管理者に昇格後数年が経過してこの相談が多いです)

 ご本人の意識革新が必要で、生活や仕事の姿勢から変革する自覚が必要です。

 YGテスト ⇒ R因子(決断)、T因子(思考外向性)の2つが関係しています。
         RとTの因子が、G因子の左側にR因子、G因子の右側にT因子が位置する。

         下記の式になります。

       順応型とは、 R(決断因子) < G行動因子  < T(思考外向因子)
       
     決断に迷い・優柔不断で・思考外向で、考えずに何でも軽く受け入れる人
     ですから自分で考えずに、その場の雰囲気や、人の様子を見てならいます。
     部下を愛情でもって厳しく支援したり、後輩や部下を育てることができず、
     管理者となっても、リーダーシップがとれない。

 【改善・自己革新のために】

  自己革新  ⇒  /爾考えること⇒ 専門書やマネジメントの本を読みこなす。

  行動を俊敏に⇒ ◆々堝亜淵▲ション)を速く、数多く行う、直ぐやるに徹する

           家庭生活で、5S(整理・整頓・清掃で自己を習慣づける)の徹底 

          ぁ〔槁犬鯡棲里砲掘結果を出す、何事も数値化、分析せよ。      
                               
                                    (長谷川好宏)




wisdom_mng at 17:32|PermalinkComments(0) 人材採用・面接・適性検査 | YGテスト (YG性格検査)

2019年01月23日

採用、良い人財を集める

「今年は、良い人財があつまらなかった」と、採用時に応募者の適職診断の依頼があった人事担当者は、嘆いておられた。

2020年卒の就活スケジュールでは、3月に企業側のエントリーシートの受付が始まります。学生たちも昨年からの事前準備を2月中に済ませることができるでしょうか。

 中堅・中小企業の経営者、人事担当者の方々は、良い人財確保に戦略はOKでしょうか。

 企業は人なりと、螢Εぅ坤瀬爛泪優献瓮鵐箸蓮∩篭醗瞥茵中堅・中小企業の成長発展は、「人財の採用にある」、一にも二にも、良い人財の採用と定着により、企業は成長発展すると薦めてきました。

 企業の支援期間の長短はありましても、お手伝いした企業が、テレビで盛んに広告をしている、新聞に掲載されている、テレビに取り上げられて放映されているのを見ますと喜びに溢れます。

 螢Εぅ坤瀬爛泪優献瓮鵐箸如1件単価は小さいが創業時からのコンサルタント商品は、YG性格検査、一般にYGテストと呼ばれている検査用紙の販売に伴う適性診断です。

 企業様が、採用したい職種と、応募者の学生、または中途採用者とのミスマッチが無いように診断するサービスです。検査用紙を購入して戴いた企業に、職種と応募者にミスマッチが無いように、その所見を診断書というフォーマットにまとめて提出するのです。

 螢Εぅ坤瀬爛泪優献瓮鵐箸蓮■截妊謄好箸検査法の特性を研究(書籍の出版にまとめ)し、同時に、企業でのコンサルタント支援をした社員訓練の実務事例で被検者の行動観察をしました。また、その会社上司の結果評価を合わせてYGテストの特性との比較をしました。

 YGテストと人の特性分析の結果を踏まえて、YGテストの実務診断法の修正を加えて今日の実務診断書に昇華させています。

 自画自賛になりますが、弊社へのご依頼の多少にかかわらず、長年繰り返して診断依頼が続いていることからも、実務診断の正確性と結果は、お客様の信頼を得ているものと自負しております。
 
  採用時の職種とのミスマッチを避けるための「適職診断書」と、採用後に自己理解と自己啓発のために本人に渡せる診断書として「アドバイスシート」の2種類があります。後者のアドバイスシートは、採用後に定期的(2〜3年毎)に繰り返して診断し、本人の成長が自分でも分かるように使います。

 企業様では、同時に両方の診断書を希望される会社様もあります。このために、診断の重複をさけるために、迅速な診断のために、別々のコンサルタントが診断書の作成を担当しています。

 事例として、流通業のA社から営業のミスマッチを無くすために、適職診断書の作成依頼があります。その診断の適職度や必要に応じて、被検者が将来の営業担当として、採用される場合を想定して、「主体性、行動、決断力、計画性」などの克服課題を付け加えています。

 もちろん、採用可否は、面接、筆記試験があり、職種:営業のミスマッチ度による適職診断書だけではありません。

 しかし、A社は、4年前からその流通の適職診断の依頼件数が確実に増え続けており、毎週、数人の第二新卒、中途採用の診断が続いているのです。もちろん、6月〜9月までの学卒採用時には、診断依頼件数は増加します。

 A社は、昨年、著しく業績を伸ばしているではありませんか。これは良い人財の確保による成果が、昨年実を結んだものと思われます。営業候補者として、採用人員も相当数に増加した結果と思われます。営業は流通業のエンジンでもありますから。

 さらに、昨年からA社の適職診断被検者のミスマッチ加減が少なくなり、採用されて良い人財が増加しだしたのです。継続して、A社のご依頼の被検者を分析していますと、この傾向が見えてきたのです。

 A社の人事担当者の方々の面接判断力もアップしていると推察できます。 同時に、A社の業績評価が高まり、応募者の増加と被検者層の人財レベルもアップしているのではとおもいます。

 企業の業績の急激な向上は、同じ経営環境にあって、その企業の経営戦略や、企業トップの判断や行動によるものです。

 同時に、業績のアップの一つは、採用時に、長年、YGテストの適職診断を通して、職種と人財のミスマッチを避けて、地道に良い人財を確保され続けてこられた人事ご担当の方々の努力の結果といえるでしょう。

 人財の採用はコストが掛かりますが、企業の将来を見通しての投資です。人財を確保できなかった企業は、やがて経営力が衰退していきます。

 採用時、また、採用後の人財の育成のための適性診断(YGテスト)は、一人ひとりを
ウイズダムマネジメントのコンサルタントがアナログで、30〜40分/1件かけて被検者の全体像をつかんで丁寧に診断をしております。

 検査用紙を購入してくださった企業様へのサービスを込めて、さらに、日本の中小企業が発展するのは、1人の優秀な素質をもったミスマッチのない人財の採用と定着にあると信じているからです。 (長谷川好宏)


 リンク ⇒ YG性格検査YG性格検査WORLD



wisdom_mng at 23:30|PermalinkComments(0) YGテスト (YG性格検査) | 人材採用・面接・適性検査

2019年01月08日

製品型式名(スタイル名)の記号化の支援


 他県の工場から、製品型式名(スタイル名とも呼ぶ)の記号化について、支援の依頼をうけた。
昨年12月までに6回のセッションを済まして完納することができました。会社員時代に製品コード化が課題になり、製品型式名(スタイル名)の記号化に取り組んだことが蘇ってきました。

 型式をシンプルにして、社内だけでなくお客様に製品型式名(スタイル名)を観るだけで、製品機能・仕様が理解できるスタイル名を考案しました。製品型式を「スタイリッシュな型式」にすると、お客様には、発注検討の際に製品型式名が参考になるのです。

 それまでは、製品の機能や仕様を知るために、製品取説書や図面などの書類を探し出していたのです。製品の銘板に打刻してある型式記号(アナログ)で、どんな製品かを判別できるので便利なことがわかりました。

 情報やコミュニケーションが大事だといわれる時代に呼応したように、自社の製品型式の記号化を見直したい企業がおられたのです。

 製品型式名の正しい記号化が、新製品の開発をスムーズに、社内での営業と開発設計、工場資材などの部署とのコミュニケーションがより効率的になると考え、かつ、顧客との円滑なコミュニケーションを含めて、先を考えるための製品戦略であったものとおもわれます。

 こうした決断こそ、中小企業が大企業を越えるユニークな製品づくりを成し遂げるきっかけになるとおもいます。

 会社員時代、個別オーダーの増加が、顧客要求による個別の「仕様」をどのように識別すればよいかと苦慮したものです。そのことが、ある新製品の開発につながったのです。

 その生産の苦労は、テレビ・ドラマ化された池井戸潤原作の「下町ロケット」の中小企業工場の開発現場の戦いをみるような思いです。

 個別受注生産品は、一品料理と言われるように、お客様の要求機能と仕様に基づいて製作される製品です。在庫生産できないので、受注毎に製作する大変な仕事です。特に、品質管理がポイントです。

 一品一葉の製品づくりでは、多品種多様になり、製品の機能・仕様を識別するのは容易ではありません。この製品の識別が論理的な記号化で、その製品の機能・仕様を容易に識別できるのが製品型式名(スタイル名)です。論理的な記号化で、シンプルで、単に英字数字で綴っただけでなく、製品の中身(機能・仕様)の見える化です。

 スタイル名というのは、人間の知恵が込められた核です。あの「暗黙知・形式知」の概念を創造された野中郁次郎先生の説を思い出します。製品型式に盛り込まれた機能・仕様を周知している社内の携わった社員だけの暗黙知から形式知にチェンジすることが記号化の意味です。製品のスタイル名からコミュニケーションが容易になり、新たな製品開発のきっかけになるのです。

 製品型式名(スタイル名)が、もたらすものは、3つあります。

  (1) お客様に対して、自社製品の用途・機能・仕様の「見える化」です
     (社内のコミュニケーションの促進と円滑化、お客様にも同様でスタイル名での
      製品仕様の打ち合わせや発注があるかもしれません)
  (2)  自社製品の品種や仕様の多様化に方向性を与え、設計は開発に専念できます
  (3)  製品型式(スタイル名)は、生産管理システムの煩雑を防ぎ、アナログとIT化の
      調和をもたらします。


製品形式名の体系化は、製品形式名(Style)の「記号化」が本質で、大事なことは論理構造化です。暗黙知の形式知化です。これは経営システムの質を向上させることにつながります。

ある手帳メーカーの事例では、製品の型式の代わりに、オーダー注文の業者名をそのまま呼んで、生産工程で製品識別が行われていました。識別はできますが、1個の注文に材料から、型抜きの型まで、表紙材質と仕様、中身のページ情報まで、その保管と識別の労力は、生産スピードを速くすることが難しい状況です。

 用紙の質、サイズ、各ページの印刷、手帳部材に至るまで、その構成を立体的に記号化しました。多品種多様な部材、用紙の記号化が、工程でのコミュニケーションを容易にし、製作手配をシンプルにし、時間を短縮しました。こうした製品型式名のスタイル名が、見える化となり、後での生産システムのIT化を促進しました。

 会社員時代の製品型式名の記号化は、短くシンプルに出来上がり、外国の大手顧客より、「分かりやすい型式記号だ」と褒められたことを思い出します。

 今も、ホームページから製品カタログをダウンロードしますと、多数の新品種が加わり、仕様が追加されています。しかし、30年間の製品型式の記号化は、そのまま使われて、30年前の記号化の方向性がつかわれているではありませんか。

 記号化は将来を見通していたかのように息の長い型式スタイル名として生き続けています。このことから単なるニックネームではなく、論理的な構造化された記号化が大事であることを物語っています。

 製品型式名の記号化は、中小企業診断士として、独立後も、製造業専門のコンサルティングで、型式名(スタイル名)について、アドバイスする機会がありました。小規模・中小工場のときに、自社製品の戦略として製品形式名(スタイル名)の記号化に着手することをお薦めしたいです。なぜなら、製品の品種が増えてしまった段階では遅いとは言えませんが、過去を振り返るとより高い付加価値の獲得と、顧客の感動という何物にも代えられない機会損失に気付くからです。


 中堅中小企業の個別受注生産企業こそ、製品型式スタイル名に記号化を取り入れることで、製品開発の方向性を明確になります。製品型式名の記号化は、自然に社内コミュニケーションが円滑化します。製品型式名(スタイル名)の見える化により、社員全員が製品に込めた知恵を共有します。社内モチベーションも高揚していきます。1955文字 (長谷川好宏)



wisdom_mng at 15:42|PermalinkComments(0) 生産マネジメント | 製品開発

2018年01月16日

採用したい人財の資質を決める



(1) 中小工業の発展は、どのようにして人財を確保するか

 モノづくりでは、製品の元となる「良質の原材料」を選定することから始めます。どんな原材料を使っているかが品質を決定するといっても過言ではありません。高品位の機能製品になると、原材料の選定にノウハウがあると言われるのは言うまでもないことです。その製品を製造する社員であれば、採用する人をより選択することが大事かとおもいます。


(2)中小工場の経営者に人の採用をについて聞きました

 異口同音 (いくどうおん) に、こちらが欲しい人財など、小規模・中小の企業には来てくれないと消極的な意見です。「景況感がよくなると、応募者の資質まで選んでおれない」という意見でした。
「現場作業者の見習いでよいから」「物の受け渡し、運搬だけでも人がほしい」との本音です。ネコの手でも借りたい状況では、簡単な面接だけで、真面目そうな印象と、企業の採用条件さえOKであれば採用です。ある企業では、縁故採用が常態化しているところもあって、従業員に兄弟が多いようです。また、オーナーや役員の親戚関係者からの採用という現状もうなずけます。

 しかし、「人を採用する」にはコストが掛かります。試用期間が3か月、その3か月後に、あるいは9か月後(1年後) に退職されたのでは、その間の人件費や目に見えない育成費、他諸経費が掛かり大きなムダです。現場では、人間関係の心配りなどの手間が失われ、モチベーションも退職者が出たことでチームの結束に傷がつきます。


(3)採用する人財の資質を決める

 人財を求める企業の経営者・人事担当者は、採用前に、どんな資質の人を採用するかを決めることは大事です。

 例えば、部品加工業か、機能製品加工・組立業で、「機械加工作業者を採用したい。」という要望が機械課管理者からあり、さらに要件を聞くと「素人工として見習いで使い、3〜5年後には熟練工として、NC加工機のプログラミングができるように育成したい」という意向があった。採用計画は変わり、高校新卒か、20歳前後の素質のある若者ということになった。
そのような人財の特性をまとめると、

(儔修暴斉陲紡弍できる 
⊂霆錣落ち着いて安定
自分に自信がある 
た牲仄舛任覆ぁ
ノ篝鼎任△
Φ甸囘な見方 
Гとなしい (やや受身) 
┨堝偉呂鷲當漫Τ菷
決断は慎重 
微細なことに集中する 
従属的 
非社交的か・社交的で控え目

などなどの資質を持った人になる。

 現場のオペレーター、技能者で、おしゃべりでなく、寡黙で、忍耐力があり、定着性がある人となると、それは、技能者(熟練工)の特質です。

さらに、将来、現場リーダーになってほしい人財を育成するなら、次の資質・特性を持った人財が必要になります。

Ю儷砲気ある 
┨堝偉呂漏菷・俊敏 
決断は早い 
深く考える 
人をリードする意識がある 
社交性に富んでいる



(4)面接して、観察・会話を通して、採否を決定します

 自社にマッチできる人か、現社員との兼ね合いや人間性を判断して採用を決めるのが普通です。しかし、採用側の希望の特性・資質をどこで見分けるか。応募者の内面の中までのぞくのは、面接だけではできないことです。応募者の性格特性、資質が手に取るように分かるのは、適性検査という検査方法です。

 応募者が、茶髪の長い髪だったり、服装が乱れていたり、面談の言葉遣いや姿勢が悪るかったりすると、不採用でしょう。面接検査者(人事担当者・経営者)の主観的な判断がどうしても出てしまいます。
ですから、求める仕事にマッチした応募者を見失うことも起こります。

 対策として、面接前に、自社で、かつ、仕事・作業・業務の内容に合わせて、欲しい人財の資質を配置する部署の仕事に合わせて、メモっておくことが必要になるでしょう。毎回の面接のために、標準として、「自社の求める人財の資質」として、職場・部署別に記載しておき、募集期間がおわり、配置も決まった時点、または、配属後、半年後、翌年のために、求める人財標準に修正を加えておくと、欲しい人財のイメージができあがってくるかと思います。
 


(5)YG性格検査の事例

 採用支援の事例、もちろんYGテスト「診断をお薦めした販売業」でのことです。どのような資質があるのか、その企業のセールス・マンの中から販売成績優秀な数名のトップセールスの方をYGテストしました。その結果、トップセールスの能力を秘めた資質が解りました。

 『 主体性(積極性)、行動力、決断力、計画性、分析性、熟慮性、協調性、社交性、リーダー性 』などが、行動特性の資質でした。

 営業マンの3要素は、YGテストの結果と追跡の実績で解っています。

(1) 主体性、攻撃性 
 
(2) 行動力、決断力

(3) 熟慮性(計画性・分析性)

の3つですから、見事に、この青年は、合致しています。

 過去にも、住宅販売業、自動車ディーラーで、YGテストを実施したとき、その結果から、「優秀なセールスマンは、この5人ですね」 と、YGテスト検査診断書で指摘しましたら非常に驚かれたのを覚えています。

 この販売業では、その中で、最高の販売高を達成した若者が居ました。

彼のYGテストプロフィールは、バランスがとれていて美しい折れ線グラフでした。25年間、数多の適職診断をしてきましたが、初めて遭遇した人です。

 売上トップとYGテストの結果がピッタリあった若いセールスマンです。彼のセールスの方法は、電話セールスでした。お客の顔を見ずに電話で応対するわけです。お客様との会話だけで売り込みに成功していたのです。しかも、彼は、20歳の若者です。その会社に専門学校生の時、アルバイトとして採用されたのです。

 その素質が認められたのは、アルバイトとして入社後、仕事の結果からです。高校卒業後、4年間は、自分のやりたいことのために使うという約束で、家業に役立つ専門学校に通いながらアルバイトをしていました。

 その販売業の経営者は、彼に何度も社員になってほしい。「君がわが社に必要だ、わが社に入社して、顧客の心をとらえる方法を社員たちに教えてくれないか。君も社員になるだけで、アルバイト料の何倍もの収入になるからと説得しました。しかし、NOでした。家業の店をついで、父親に報いたいというのが彼の信念でした。

 この青年は、高校時代の仲のよい友人たちが、大学に進学したので、大学生の間、自分も友達として、一緒に遊んだり、旅をしたりしていたのです。専門学校も卒業となり、いよいよ、この4月から家業の店で働く予定だそうです。家業を継ぐ仕事と、販売企業での営業能力の発揮とは異なりますが、この青年の営業の3要素の資質は、管理者・マネジャーとしての資質でもあります。

 この青年の素質は、家業でも大きな成果を生み、父親を喜ばせるのではないかと期待しています。


 その他のYGテストの体験では、大阪での元暴走族のリーダーが、工場長になりました。この会社の社長は21歳で起業したベンチャーで、マスコミでも話題になった経営者です。その企業の採用では、事業と同じくユニークな決断をする方でした。

 YGテストは、この例のように、面談では分からない営業能力を持った特性を見つけだすことが出来ます。結果が直ぐに出るような営業・販売の仕事は、YGテストで直ぐに適性がでます。

 現実に、関東での販売業ですが、大学新卒の採用や毎週、中途採用の営業マンの適職診断の依頼が届きます。現在、業績を伸ばされている企業の1社です。

 自動機械の設計製造している小規模工場の現場技能者は、設計技術者とのコレボレーションで、設計技術者では、発見できなかったアイデアと創意工夫で、自動機械の難題を次々解決している無くてはならない人財になっています。

 通常の会社での応募面談で不採用になった人財ですが、入社後、個別受注生産の特殊機械装置の仕組みが呑み込めてから設計技術者以上に、彼の持つ感性と才能が発揮されはじめたのです。 

 この会社がYGテストで応募者の適性を診断していなかったら採用されていなかったでしょう。

 こうした人財の発掘と企業に面接だけでは分からなかった有能な人財をYGテストの診断は見いだしています。

 地方で成功しているケーキ屋さんは、かならず、パティシエの採用では、YGテストの適職診断を依頼されてきます。面接と合わせて、パティシエの感性を持った人かどうかを判断されて、お客様のニーズに応えています。それが、お店の繁盛につながっています。

 この事例のように、検査の信頼性と小規模企業や中小企業、中堅企業で広く使われえているのが、YG性格検査(通称YGテスト)です。

 これは、日本人の資質向きに、京都大学教授の矢田部達郎氏、名誉教授の園原太郎氏、関西大学教授の辻岡美延氏等(いずれも故人)によって創られたものです。オリジナルは、矢田部教授が留学された米国の心理学者J.P.ギルフォード南カルフォニア大学教授の考案によるものだと言われています。

 120問の質問に答えることで、性格特性が12因子に展開され、プロフィール図に1本の折れ線グラフで表現される内容です。これは心理テストです。創意工夫され、大学生や会社員、公務員などの膨大なデータを分析して創られた検査です。当初、教育用に大学生向けに使われたと聞いています。

 早稲田大学理工学部卒の江口恒男氏が官吏、会社員の経歴後にコンサルタントとして、企業実務にYG性格検査を適用され、YGテストの診断法を編み出されました。

 (株)ウイズダムマネジメントは、創立当初より、小規模企業・中小企業の社員採用と育成に適していると判断し、特に採用には必ず使うことが企業の成長・発展に欠かせません。

 採用には面接時、YGテストによる適職診断の事前実施を推奨してきました。採用こそ、会社に良い人財を発掘するチャンスです。    (長谷川好宏)


>





wisdom_mng at 16:47|PermalinkComments(0) YGテスト (YG性格検査) | 人材採用・面接・適性検査

2016年11月01日

松方コレクション展、松方幸次郎のビジョン

 神戸開港150年記念イベントとして、神戸市立博物館で、〜松方幸次郎 夢の軌跡〜
と題して「松方コレクション展」が開催されています。(2016年9月17日〜11月27日)。

 神戸市立博物館は、三ノ宮駅から南のセンター街の中程から南に下り、大丸百貨店より、1筋東側の朝日ビルの横を下りて行くと、旧居留地跡にあります。

 入館してすぐに、絵画説明イヤホーンを借り、最初の展示室の入口の左側に、最初に観たのが、川崎造船所を明治13年に創設した「川崎正蔵」翁の肖像画(G.モリナーリ作)、続いて、松方幸次郎の母親「松方満佐子」肖像画(1918年)と、父親「松方正義」肖像画(1919年)(石橋和訓作)でした(鹿児島市立美術館所蔵)。

 松方幸次郎は、特に、肖像画に心が引かれたようです。多くを購入しています。当時、西洋では、宮廷画家が描いた堂々とした人物の肖像画、凜とした女性の肖像画を日本の人達に見せたいという思いだったのでしょう。

 今回の松方コレクション展とは、神戸で生まれ育った神戸っ子には、松方とは聞き慣れた人名です。

 彼は、明治29年(1896年)に川崎造船所の初代社長に就任します。
松方幸次郎は、青年時代に6年間アメリカに留学し、西洋文化に接し学び、帰国します。
 
 彼の才能を見て取った川崎造船所の創業者川崎正蔵氏は、30代の松方幸次郎に経営を任せるのです。
松方は、経営者として、乾ドックの完成(明治35年、1902年)、ガントリークレーン(レールの上を移動できる門型をした大型クレーン)を大正元年(1912年)に完成させ、川崎造船所を世界有数の造船所に造りあげたのです。

 超弩級戦艦と言われた戦艦「伊勢」が大正5年に川崎造船所で進水式をしていることからも造船技術の高さがくみ取れます。
 
 松方幸次郎の川崎造船所は、大正3年に勃発した第一次世界大戦で船舶の需要が爆発的に伸び、花形産業となりました。当時、彼の手腕は、高価な船舶を在庫生産します。約100隻近い船舶を注文無しで在庫という見込み生産したのです。実に思い切った大胆さです。

 在庫生産ですから、売り急ぎをするのが普通のメーカーです。売れ残ったら会社がつぶれるでしょう。
松方の大胆不敵さは、彼の肖像画に現れていますが、どっしりと楽観的で神経質ではありません。買い手が多いときに、売り急がず、利益を確保したために莫大な利益をもたらしたと思います。実に、知恵の人でした。

 松方幸次郎は、大戦による造船特需でロンドンに出張し、当時、ロンドンで画家のフランク・ブラングィンと知り合います。1916年に1時間余で書き上げたと言われる肖像画を贈られます。今回の松方コレクション展の最初のコーナーで豊かな椅子にどっかり座り、パイプを口にくわえている油絵が展示されています(個人蔵)。

 神戸を拠点にして活躍した松方幸次郎は、フランク・ブラングィン画家との親交により、画壇情報を受け、本格的な西洋美術のコレクションを開始します。

 神戸市立博物館だよりには、彼が「日本人に本物の西洋絵画を見せたい。」「西洋の全てを理解するために、全てを購入したい。」と語ったことが記載されています。

 松方コレクションには、当時のヨーロッパの最高峰の画家たち、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、ロートレックなどフランス近代絵画の傑作が集められています。

 松方幸次郎には、造船で、ロンドンで船舶を売るだけでなく、「もう一つの目標」があったのです。

 それは、西洋の優れた絵画を購入して、日本に西洋美術館を建設し、当時の日本人に西洋美術、文化をもたらし、啓発を受け、大いに楽しみたいというビジョンです。

 自分個人の美術品に所蔵するのでなく、広く日本国民が楽しめるようにという想いです。
この夢は残念ながら、昭和2年の世界経済恐慌で潰えさられてしまいますが、「共楽美術館」という名称で設計図が、フランク・ブラングィンにより設計されていました。現在、東京の国立西洋美術館に「共楽美術館構想俯瞰図」が所蔵されています。

 この「共楽」という文字に、松方幸次郎の人物、人格が見てとれます。
一般国民が共に楽しめる、その鑑賞姿を彼も楽しむ、喜びとするという想いがつたわってきます。

 9月〜11月にわたって、松方幸次郎が集収したコレクション、一時は経済恐慌で、逸散してしまうことになったが、松方の想いに協賛する内外の博物館と人々によって、分散した美術品が3ヶ月間という短い期間かもしれないが、彼のコレクションが集まり、多くの鑑賞者に喜ばれ、共に楽しまれている光景を天国から見ておられるに違いないと思う。

 松方幸次郎の美術品を愛好した思想は、若き青年時代に6年間、アメリカへ留学し、ヒューマニズムと民主主義に触れた結果だと思います。

 松方幸次郎は、西洋美術品を購入しただけでなく、彼に買わないかとパリの宝石商アンリ・ヴェヴェールが打診してきた日本から流出した歌麿、北斎など約8,200枚の浮世絵版画を即金で購入したのです。

 彼は直ぐに浮世絵を大正9年(1927年)に分散して日本に送っています。これらは神戸の川崎造船所に集められ、整理・保管されたそうです。松方幸次郎は日本の宝を取り戻し、将来、「共楽美術館」に展示したい構想だったと思います。彼の機会をのがさず、躊躇せず即金で購入したことにより、現在は東京国立美術館に所蔵されています。松方幸次郎は、浮世絵8,200点を国の財として、皇室に寄贈された結果が散逸を防いだのです。

 もし、松方幸次郎の「共楽美術館」が完成し、西洋近代美術が日本人の心に触れていれば、あの第二次世界大戦という軍国主義の嵐に翻弄されずに、私たちの尊い家族や親兄弟の人名を失うことも無かったかも知れません。

 彼が私財を投げ打ってロンドン、パリで購入した西洋絵画の点数は2,000点に登ります。

 日本に移送されたのは、1,300点でしたが、昭和2年の経済恐慌で、川崎造船所の経営が傾き、松方コレクションを売却せねばならないことになり、また、銀行担保物件として国内外に逸散してしまいます。

 松方のコレクション800点は、ロンドンとパリに保管されていました。

 ロンドンの倉庫にあったものは、火災で消失、貴重な絵画が失われてしまいました。ピカソの作品もあったと聞きました。

 パリに保管されていた約370点は、第二次世界大戦後にフランス政府と日本政府で返還交渉が行われました。
 フランス政府は、19点の絵画はフランスの宝として、接収しました(ファン・ゴッホ、ゴーギャン、ロートレック、ピカソなど)。
 残りは、条件付けで全品を日本に寄贈するということなり戻ってきました。
日本政府は、寄贈を受けるために美術館を建て大切に保管することが条件つけられました。 

 これが、現在の東京の国立西洋美術館です。

 フランス国が接収した19点のうち、今回の展示で、パンフレットやカタログの表紙を飾っている
  ロートレックの「庭に座る女」(オルセー美術館蔵)、
  ピカソの「読書する婦人」(ポンピドウーセンター蔵)、
  スーティンの「つるされた鳥」(ポンピドウーセンター蔵、スーティンはユダヤ人青年で、彼の異才な表現は

米国の美術館が集収しているとのことで、松方の選眼が鋭いと思う)等々は、今回の松方コレクション展で光を放つ作品です。

 松方コレクション展は、今までの絵画展とはちがって、一人の経営者が、私財を投げ打って、個人の想いを越えて日本人の教養を考え、凜とした人格と豊かな楽しみ共有するという集収ビジョンでした。

 松方コレクション展で、自由に持ち帰り資料の作品リストは貴重です。現在の所蔵者が内外に広がっています。又、カタログ(\2,500)は是非購入して、松方幸次郎氏の美に対する豊かさを貰えます。

 美術品は、個人を離れて世紀を超えて、世界の人間の宝・魂のように松方コレクションから思わされます。

 このような人物が大正時代に存在したことに日本人として感動しました。

必見の美術展です。企画された関係者や内外の美術館、松方家に感謝をいたします。
もう一度、27日までに鑑賞に行きたい。阪神間にいることを感謝します。        (長谷川好宏)

引用:1)神戸市立博物館の博物館だより、 
2)google ホームページから松方幸次郎、川崎造船所のキーワードでの検索
    3)展示場での配付作品リスト


wisdom_mng at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
プロフィール

長谷川好宏

コンサルタントのお奨め