日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

日大の理事長と裏社会の関係

2015年に日大の田中理事長と山口組組長の写真が海外メディアで報じられ、維新の党の議員が下村文科相に調査を依頼しましたが、下村文科相は調査をしなかったようですね。オリンピックを巡る疑惑もあったようです。
そして今回、負傷した関学のQB奥野君の父親は維新の党の議員だということは。。。
日大理事長の維新の党に対する報復でしょうか?もしそうなら日大の上層部は暴力団幹部そのものですね。
昔からマンモス大学の日大についてはあまりいい印象は持っていませんでした。日大だけではありませんが、大学だけでなく幼稚園から高校まで全国に手広く「教育ビジネス」を展開できているのは、政治家や裏社会と癒着しているからなのでしょうか。
このような大学は宗教団体と同じようなもの。教祖(上司)の命令には絶対に従うというルールがあるのでしょう。
日大ピラミッドの上から下まで絶対服従なのかもしれませんね。
それにしても、このような事件が起きたということは闇はかなり深いと思います。

https://moneytalk.tokyo/sports/10225
日大アメフト選手の悪質タックルにより、負傷を受けた関学クオーターバック奥野耕成くんの父であり、大阪維新の会・奥野康俊市議が記者会見で「被害届を提出した」と発表。
一方、奥野康俊市議は、過去に政務活動費を親族の男性に不自然支出というブラックな過去が明るみになり、大けがを負った息子が辱めを受けるかたちに。

2015年大阪府議会議員トップ当選

関学アメフト部負傷選手の父である奥野康俊は、「大阪維新の会」所属の大阪市議。議員活動23年目で、過去には池田市議会議長なども務めていた。

妻との間に子どもが5人を授かっており、内訳は女の子が4人、関学アメフト部クオーターバックを務める男の子が1人という、7人家族。

負傷した関学アメフト部選手の父は大阪維新の会・奥野康俊市議

関学アメフト部QB奥野くんの父

http://asianews2ch.jp/archives/35274.html


 
日大が奥野選手を潰せと命令した全経緯が明らかに!!! 日大理事長と山口組司忍の写真が流出 ⇒ 維新の党議員が文科相に調査を依頼 ⇒ 大臣から降ろされる ⇒ 関学QBが維新議員の息子だと知る ⇒ 強引に試合を組む ⇒ 日大が奥野選手を潰せと命令 ⇒ 宮川選手に責任をなすりつけて逃亡中


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43023
2015年4月23日の記事

日大理事長と山口組6代目の親密写真
1枚の写真が波紋を広げている。

どこかのクラブで撮られた写真で、左に座っているのが日本大学の田中英寿理事長。右のノーネクタイのスーツ姿が山口組6代目の司忍(本名・篠田建市)組長である。
暴力団排除の気運のなか、親密交際を示すような写真が流出するのは致命的である。まして日大は、大学院から付属幼稚園まで10万人に迫る在校生を抱える日本最大の大学グループ。大学単体で年間約100億円の私学助成金を受け取っている。そのトップである理事長には、高い倫理性と社会性が求められている。

実は、このツーショット写真が流出したのは昨年9月頃だが、両者への確認が難しいのと、後述する襲撃事件によって、入手したマスコミは公表を手控えていた。それを掲載したのは、米を中心とするネット雑誌だった。以降、「日大・田中と山口組トップ」の関係が、もやもやした形で伝えられていたのだが、4月15日、東京オリンピックに絡めて、国会で取り上げられた。

衆議院文部科学委員会で、この問題を質したのは維新の党の牧義夫代議士。牧氏は、東京オリンピックにおける日本オリンピック委員会の役割を確認したうえで、副会長である田中理事長の疑惑に切り込んだ。

問題としたのは、次の2点である。
ひとつは、『読売新聞』(2013年2月1日付)が社会面トップで取り上げた受注業者からのキックバックについて。
記事によれば、田中理事長は、12年までの約6年間に、日本大学の工事を受注している建設会社から計5百数十万円を受け取っていたという。
金額は1回あたり10万円前後で50回以上。この建設会社は、大学施設の解体、内装、修繕や学生寮の新築などの工事を直接、もしくはゼネコンなどの下請けで受注。受注件数は、12年4月までの5年間で約150件、受注総額は20数億円に上っていた。

牧氏が、「文科省は事実確認をしたのか」と、質したところ、答弁に立ったスポーツ青年局長は、大学側の第三者委員会の調査結果は、「工事発注に伴う謝礼ではないということだった」と、答弁した。

ふたつ目が、件のツーショット写真を海外のメディアが報じていることだった。報じたのは、ネット配信のヴァイス・ニュース、デイリー・ビースト、ブルームバーグなど。
牧氏は、こうした有力海外誌が、「反社会的勢力トップと日大理事長との親密な関係が、オリンピックにおけるヤクザの暗躍につながることを懸念している」と指摘。また、この事実をメディアの報道に頼るだけでなく、自分自身、日大関係者に確認したとしたうえで、文科省のこれまでの対応を質した。

日大相撲部出身
文科省は、「こうしたことが報じられているので事実確認を求めたところ、3月18日の日本オリンピック委員会の常務理事会で『副会長にそうした関係はない』という報告がなされている」と、答弁した。
要は、当事者(日大とオリンピック委員会)が「疑惑がない」といっているだけで、文科省が調べたわけではない。
日大については、これまでにさまざまな疑惑が指摘されてきた。特に、田中理事長になってからの内部告発は激しく、警視庁が内偵捜査に入り、国税が集中的に調べた事実もある。
田中理事長は、日大相撲部出身で、学生横綱、アマ横綱など34のタイトルを獲得。相撲部監督に転じてからは、舞の海、高見盛など多くの力士を育て上げ、大相撲に貢献した。そのために各界に幅広い人脈を持ち、なかにはイトマン事件で主役を務めた許永中氏(服役を終えて韓国在住)のようなグレーゾーン領域の住民も含まれている。
力士とタニマチの関係が切っても切れないように、相撲界の「ごっつぁん体質」は田中氏にも染み付き、それが一職員から、理事、常務理事に出世、08年に理事長に就任しても続いたという。

日大の内部告発は数多く、「巨額の私学助成金を受け取っている日大に発生している数々の疑惑」に、本格的に取り組んだのが会員制月刊誌の『FACTA』であり、同誌の追及記事は、「日大理事長『田中』と裏社会」というタイトルで始まった12年2月号の記事からこれまでに11回を数える。

その過程で、前述の読売報道や山口組6代目とのツーショット写真の流出などがあり、同誌の報道を裏付けた。

海外はJOC副会長の問題に注目
しかし、ネット社会は一国のメディアの思惑を楽々と越える。ツーショット写真は、ヴァイス・ニュースの掲載などにより、誰もが見ることができる環境にあった。
牧氏が、今国会で取り上げた理由を説明する。
「東京オリンピックに向けた体制が固まり、事実上のスタートを切っている時、日本オリンピック委員会は田中副会長の問題をこのままにしていいのか。海外は厳しい目を向けていますよ、ということを指摘したかった」

効果は、十分にあった。
最後に答弁に立った下村文科相は、さすがに役人のようには逃げなかった。
「今回の事案を初めて知りましたが、文科省のなかにつくるか、あるいは大学のなかに第三者委員会をつくるか。いずれにしても私自身で調査をし、判断したい」
実は、田中理事長と特定業者とのバックリベート問題は、田中氏が常務理事時代の05年にも指摘され、設置された第三者委員会の追及を受け、「謝礼を受け取ったという極めて濃厚な疑いが残る」という中間報告書が提出されていた。
しかし、当時の理事長と総長は、その直後、任期満了となり、調査は継続されず、最終報告が出されないまま沙汰止みとなった。そういう意味では10年来、くすぶり続けている問題である。
日本のメディアの問題意識は低いが、4月21日、香港の一流紙「サウスチャイナ」が大きく報じるなど、海外の関心は高い。

そうした疑惑に応えるためにも、下村文科相の発言通りの調査と解明を期待したい。
 

マトリックスから抜け出る方法

サイコパスやソシオパスが多く存在するイルミナティ(世界の支配層=オカルト集団=悪魔崇拝者=NWO=グローバリスト=カバラ=リベラル左翼=共産主義)は彼等のマトリックスの世界に世界の人々を閉じ込め、彼等の好きなように操っていると言うことは既にご存知かと思いますが。。。イルミナティは人々をマインドコントロールしながら操るのに長けています。その方法はメディア、教育界、他を使って、人々に嘘を真実と思い込ませることです。
主要メディアのニュースの多くが嘘まみれです。特に海外のニュースには台本があります。
学校教育でも嘘が多く、子供たちをあらぬ方向へ導こうとしたりしています。
ネットを介して数々の嘘が露呈しており、私たちを閉じ込めているマトリックスが壊れ始めているような気がします。
やはり、どこに国でも、メディアだけでなく権力者や指導者の言ったことをうのみにしたり、恐怖を植え付けられ権力者、指導者の指示、命令に必ず従うようにマインドコントロールされているロボット人間が多いと思います。
このようなマインドコントロールは、芸能界(ハリウッドも)、政界、経済界、教育界、スポーツ界、宗教界、サークル、部活、家庭、他にまで広がっています。
一生、自分がマインドコントロールされていることに気が付かずに旅立ち、再び、このマトリックの世界に生まれ変わってくる人の多いこと。。。

https://www.henrymakow.com/
(概要)
5月22日付け

Getting Out of The Matrix
to-a-mind-that-is-still.jpg

思考を停止できない、お酒を飲むのを止められない、たばこを吸うのを止められない、食べるのを止められない。これらの中で思考こそが最も深刻な依存症である。
Eckhart Tolleより

 

世界が益々おかしな方向に進んでいく中で、我々は本当のアイデンティティを見つける必要があります。そうしないと我々は気が狂ってしまいます。
思考は一種の依存症です。

ヘンリー・マコウより

思考が依存症であると言っても、独自の観察や分析の上に成り立つ思考或いは洞察力、直観に基づく思考であれば、依存症ではないのです。

依存症的思考とは、不安や判断、くだらない話、どうでもよいことで我々の頭がいっぱいになっているということです。
 

ストレスの殆どが精神的に誘発されたものです。

かつて私はマスメディアの流す情報を基に現実のイメージを描いていました。その結果、機能障害に陥りました。

 

病気、戦争、貧困と同じように、機能障害も社会の中に組織的に組み込まれています。なぜならイルミナティいとってはこれらは利益を生じさせるものだからです。


イルミナティのメンバー、ハロルド・ローゼンサル氏は「The Hidden Tyranny」の中で「イルミナティは人々の考え方をイルミナティの考え方(何かを獲得し続けたい)へと変えさせた。そのため人々は決して満足することができなくなった。不満を持っている人々はイルミナティの世界征服のゲームの駒となる。彼等は常に何かを求め、決して満足することはない。自分以外の存在から幸せを求めた途端に彼等はイルミナティの奴隷になる。」と明かしています。

 

我々は思考のプリズムの中に閉じ込められています。

ローゼンサル氏が言うとおり、我々の思考回路は、現状に満足せず、さらに何かを手に入れたいと常に不満を感じるようにプログラミングされています。このようなプログラミングは、音楽、映画、テレビ、教育を通して行われています。そこには常に競争と対立が存在します。

 

男に「君は鶏だ。」と言えば、彼は雌鶏のようにクワックワッと鳴きながらあたりをうろつき、卵さえも産んでしまうでしょう。それ故、男たちは自由を守るために命令通りに戦争に行き戦死するのです。ベトナム戦争でも、「ベトナムが共産主義国になれば、東南アジア諸国は全て崩壊する。」と言われましたが、そうはなりませんでした。
ベトナム戦争は本当に必要だったのでしょうか。イラク戦争、アフガニスタン戦争、リビアやシリア戦争も本当に必要だったのでしょうか。
これらの戦争は、NWO側の利益のために起こされたものであり、NWOを達成するためには必要なものだったのです。
 hollywood7.jpg(テロリストが9・11を実行したと思いますか。)

 

イルミナティは現実の世界をでっち上げます。ケネディ家の暗殺、9.11、ボストン・マラソンやサンディフック事件を考えてみてください。彼等は嘘に基づいて現実の世界を作り出します。
イルミナティはISISを作り上げました。これまでずっとイルミナティは戦争犯罪に関与してきたのです。

 

イルミナティは我々の思考回路をプログラミングし、自己破壊的な行為をさせています。


教育界へも悪影響を与えています。
教師らは生徒を男子と女子に区別することを禁止されています。子供たちは性転換を行いホモセクシュアルの体験をするように促されています。
また、女性に関しては、妻や母親であることは暴虐的であり、乱交により自信を持たせるべきと洗脳しています。


男性に関しては、セックスを求め、愛は求めるなと洗脳されています。このように社会は堕落し不愉快な言動で満ちています。

-998.png 

風紀(魂など)から逸脱した思考回路のマインドは非常に影響されやすいのです。魂には直感と本能も含まれます。


我々は真実の世界を見ているのではなくイルミナティによってプログラミングされた仮想世界を見せられているのです。
例えば、ハリウッドではロマンスやセックスがまるで万能薬かのように思わせる映画が多く、朝霧のように錯覚や空想が消えるまでその世界に浸り続けます。
カバリスト(カバラ集団=悪魔崇拝者)は、自分たちの魔法を使って我々を催眠術にかけるのが好きなのです。

 

我々の思考回路では真実に到達することはできません。精神世界は鏡の迷宮です。

本当の自分を失わないでください。

マインドと意識(魂)はどちらもアイデンティティそのものです。しかし我々は思考の世界(物質世界)で物事を判断するようにプログラミングされているため魂の存在を否定するようになっています。

我々は意識の存在として体験する必要があります。思考を空っぽにした後に残るのは本当のあなたです。

 

宗教は、人間は霊的な存在であると教えます。我々の魂は神と繋がるホットラインです。思考ではなく霊(魂)の存在を意識するようにすべきです。
思考をスイッチオフすると多くの欲望が消えていきます。欲望はメンタルの問題です。

ペンギンが氷盤の上に取り残されるように、宇宙のスペックでは、人類はサルの共同体です。
我々は地球で何をやっているかをよく理解していません。肉食動物のサルは権力と富を独占しようとしています。


創造主の目的に気が付くために我々は地球に生まれてきました。我々を通して神は知りたいことがあります。しかし一人ひとりが救済されなければ人類の救済には繋がりません。ただ、我々の殆どが個人的に救済させると思います。

スポーツ界のソシオパス

再度、ソシオパスについて取り上げさせていただきます。
なぜなら、スポーツ界の、古いタイプの指導者、権力者にソシオパスが多いなあと感じるからです。
問題になったレスリングの指導者や日大アメフトの指導者など。。。彼等は、暴力団組長或いはカルト教団の教祖と非常によく似ています。このような種類の人たちはみなソシオパスであり社会にとっての悪です。

http://karapaia.com/archives/52246316.html

・・・・ソシオパスの可能性がある7つ兆候。

1. 衝動的に嘘を吐く

特に理由もないのに息を吐くように嘘をつく。ソシオパスには衝動的な嘘と病的な嘘があり、どちらもその人物が抱えている根深い問題を示す兆候だ。

2. 感情的無関心

これはソシオパスに顕著な特徴だ。ソシオパスは自分の行動から感情的な側面を取り除けるために、普通の人なら躊躇するようなことでもやってのける。彼らは悪事を働いたり、誰かを傷つけたりしても何も感じていない。すなわち共感がないのである。

3. ナルシシズム

肥大したエゴもまた社会病質者の特徴の1つだ。彼らは自意識過剰で、他人と交わることよりも自慢したり、自分のことを話すことに感心があるようだ。それは自己中心性とも関連がある。こうしたことは同僚や友人、家族ならすぐに感じることができるだろう。

4. 見境なし

ソシオパスの特質や行動は連鎖的な影響を示す。例えば、共感に乏しく、自惚れが過ぎるゆえに見境のなさがある。それはあらゆる行動の中に見られるが、困ったことに彼らは自分の行動とその結果の関連性に気づいていない。また自惚れゆえに、何かをやらかしても逃げおおせる、あるいは処罰を免れられると考えている。


5. キレやすい

物事が思い通りに進まないとカッと頭に血がのぼる。ちょっとしたことでキレる人を見たことがあるだろうか? そこから察するべきだ。その怒りは、意にそぐわない周囲の出来事に対して心の中のナルシシズムの自制がきかなくなっていることに起因するようだ。

6. 他人を操作しようとする

ソシオパスは自分の操り人形を作ろうとする。問題の人物がソシオパスであると多くの人が気づき始めたとき、彼らが自分の欲求を実現するために周囲の人の背後で糸を引こうとしていたことが明らかになることがよくある。
ここでも彼らがそうしたことを平然と行えるのは、自惚れゆえに何をやってもお咎めなしで済むと思っていたり、その帰結にまったく関心がなかったりするからだ。

7. 友達が次々と変わる

他人を操りたがり、嘘つきで、キレやすく、分別に欠けるとなれば、当然周囲の人間は離れていく。このために社会病質者はいつも新しい面々に囲まれている。本性がバレると周囲から友達は去っていくが、また新たな友達を獲得するのも早い。
Amazonライブリンク
記事検索
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ