日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

日本にもいた、小児性愛犯罪者が!

日本のエリートの中にも小児性愛犯罪者がいますね~。
どこの国でも同じ。。。

【緊急速報!!】文科省前事務次官・前川喜平 児童買春の疑いで捜査内偵中、間もなく逮捕の情報

4a485_367_4ca014f98e4e7d1411cb71c205c8def1
ソースはそこまで行って委員会の須田慎一郎

恋活BAR-LOVE ON THE BEACH !に実際に行き、歌舞伎町のラブホに連れ込まれた少女の証言も
取ってきたと番組で発表


http://www.ytv.co.jp/iinkai/

南極から再びマイクロ波が発射されました。

4月に、このブログで、南極からアラスカ或はカムチャッカ半島に向けて巨大マイクロ波が発射されたことを伝える記事をご紹介しました。5月になって2度も同じようなマイクロ波が発射されたようです。どれも全て南極から出ています。南極は謎だらけですが、そこから地球全体の気象操作を行っているのでしょうか。環太平洋地震帯で巨大地震を起こしたいときは南極からHAARPなどで断層を刺激しているのでしょうか。気象操作も南極の秘密基地で行っているのでしょうか?不気味です。

http://beforeitsnews.com/paranormal/2017/05/antarctica-huge-wave-anomaly-caught-again-whats-going-on-video-2524572.html
(概要)
5月27日付け
南極から巨大マイクロ波が発射されました。これで3度目です。

CIMSS(気象サテライトの研究を行っている共同研究所)が提供するMIMIC気象サテライトのマイクロ波画像に再び謎の巨大マイクロ波が写っていました。これで3度目です。過去2度のマイクロ波と同じように南極から発射されているのが分かります。

南極から発射されたマイクロ波が初めて確認されたのは2017年4月2日です。2度目は5月15日。3度目が5月26日です。

MIMIC画像には北極と南極が写っていませんが、これらのマイクロ波は方角的にどれも南極(ピラミッドの構造物があるプリンセス・エリザベス・ステーション或はその近く)から発射されていることが分かります。

何らかの目的でその場所から、太平洋、特にカスカディア地震発生帯(カナダ、ブリティッシュコロンビア州から北部カリフォルニア)に向けてマイクロ波が発射されているのです。
カスカディア地震発生帯で最後に地震が起きたのは1700年ですが北米プレートとフアンデカ・プレートがぶつかるところでは圧力が高まっています。
専門家らによると、今後数年間以内にカスカディア地震発生帯で巨大地震(M9以上)の地震が発生する確率は40%と言われています。
現時点では地震の兆候はありませんが、どうやら何らかの目的で南極からHAARPなどで太平洋の気象を操作・変動させているようです。







5/27(土)府駒山、釈迦ヶ岳、黒岳へ (写真 その2)

(稜線上の分岐からどんべえ峠を越え、黒岳の美しい新緑の斜面、山頂、展望台から見る富士山、スズラン峠経由の下山道、スズラン群生地)
IMG_3186分岐から黒岳へIMG_3187IMG_3190IMG_3191新緑IMG_3192新緑IMG_3193つつじIMG_3195新緑IMG_3196新緑IMG_3201黒岳へIMG_3202黒岳山頂IMG_3203展望台からの眺めIMG_3206スズラン峠へIMG_3211IMG_3214スズラン群生地IMG_3215スズラン
Amazonライブリンク
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ