日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

カジノは時代遅れ。今の時代に全くあっていません。

カジノに関しては大反対です。共産党や民進党は単にパチンコを守りたいためにカジノに反対しているのでしょうけど。。。
私は、パチンコも日本から消えてほしいと思っています。駅前のパチンコ店は景観を害しているだけでなく、その街の品位を落としています。
日本には依存症になる人が多いのです。なぜなら、自分の考えを持たず(自立した考えがない)、他力本願で、そこにあるから、みんながやっているからと潮流に逆らうことができない人が多いからだと思います。
ただ。。。一昔前なら、ちょっとしたお金が入ると、カジノで遊ぼうかなどと思ったオヤジも案外いたのでしょうけど。。。こんな時代にカジノで遊ぼうかなんて思うのは、暴力団、マフィア、芸能人、バカオヤジ、政治家くらいしかいないのではないでしょうか。
今では、一般人の方が政治家よりも時代の先を行っていますし知識も豊富です。一般人にとってもはやカジノは時代遅れなのです。ですからカジノができても一般人の殆どが見向きもしないでしょう。

カジノで雇用創出などと言っている安倍総理は単に外国人労働者を使いたいだけでしょう。カジノで働きたいと思っている日本人はどれだけいるのやら。。。
しかもこんな時代にカジノでGDPを上げようなどと考えている政治家はもう引退すべきです。
本当にあきれます。たぶん、パペットマスターの言う通りに動いてきただけの政治家たちは時代の変化について行けないのでしょう。日本の政治家と役人の頭にはカビが生えています。時代の変化についていけません。

カジノができると治安が悪くなり依存症が増え周辺地域が荒廃します。カジノで景気が良くなるなんて絶対にありえないと思います。カジノで儲ける人は結局は大金持ちだけなのです。
それに世界の経済や金融が崩壊するとも言われているこの時期にあえてカジノ法案を無理やり可決させるなんて。。。きっとアメリカのカジノ王からお願いされているのでしょう。日本にカジノを造ってほしいと。
外国政府のお願いごとに非常に甘い外国かぶれの日本政府はNOと言えないのです。騙されやすいのでしょう。
しかし政府が何の生産性もないギャンブル・ビジネスを推進すればするほど日本は衰退していきます。
日本の政界は自民も公明党も野党も、ろくでもない政治家ばかりです。

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-32247.html

カジノに依存したマカオ、収入減でGDP-20%に・・・米国でも収益が半減し高失業率に陥る市も

中国・マカオ

収入減でGDPマイナス20%

 中国の特別行政区マカオは、世界遺産とカジノで有名な観光都市です。カジノ産業の収入は2006年に米ラスベガスを超えて以来、世界第1位の座を維持しています。13年にはカジノ収入が過去最高の3607・5億マカオドル(約5兆1400億円)で、ラスベガスの7倍になりました。

腐敗の温床に

 マカオでは国内総生産(GDP)の半分以上をカジノ関連産業が占め、政府の収入の8割がカジノ収入など、カジノに過度に依存した経済になっています。

 しかし、13年から中国政府が反腐敗キャンペーンを本格始動。マカオのカジノ産業は、中国の腐敗官僚のマネーロンダリング(資金洗浄)の場となっていたため、取り締まりが厳しくなりました。現地メディアによると、VIPルームの使用に身分証が必要になり、発覚を恐れた政府や国有企業の幹部はカジノに来なくなりました。

 同時に、中国経済の減速や、アジアの他のカジノ都市との中国人富裕層の奪い合いが激しくなり、14年からカジノ収入が激減。15年は2308・4億マカオドル(約3兆2900億円)と、前年比34・3%減、ピークの13年比46・4%減とほぼ半減しました。

経済共に低迷

 カジノに依存したマカオ経済も低迷。14年のGDP成長率はマイナス1・2%、15年はマイナス21・5%でした。

 今年1~11月のカジノ収入も前年比4・3%減。8~11月のカジノ収入は前年同時期から増加し、今年第3四半期(7月~9月)のGDPは2年ぶりにプラスに転じました。ただ、依然として厳しい状況に変わりはありません。現地メディアによると、マカオ政府はカジノ以外の産業を振興させ、カジノだけに頼る経済モデルの転換を進めています。

米・23州で合法化

成人人口の1%が「依存症」


 カジノ大国の米国では、カジノが経済効果をあげ地域に発展をもたらすとして始まったものの、逆に衰退している地域もあります。北東部ニュージャージー州のアトランティックシティー。米国最大都市ニューヨークから南に約200キロにある大西洋沿いの観光都市です。

 1976年に同州がカジノを合法化し、その2年後に最初のカジノが開業。2006年には12のカジノで年間52億ドルの収益を上げました。

 しかしその年をピークに衰退が始まります。ネバダ大学の調査研究機関=ゲーミング・リサーチセンターによると、15年の収益は25億6000万ドルとピークの半分に。12あったカジノは七つまで減りました。

利用者の分散

 隣のペンシルベニア州、首都ワシントンに隣接するメリーランド州でもカジノが開業し、利用者が分散したのが原因といわれます。

 今年9月のアトランティックシティーの失業率は7・2%。全米平均の4・8%をかなり上回ります。

 米国では約半分にあたる23州でカジノが合法化されています。しかし、州政府が管轄しない先住民居留地でのカジノ営業も多数あり、ハワイ、ユタ両州を除く48州とワシントンにカジノがあります。

 ギャンブル依存問題に取り組む団体「全米ギャンブル問題評議会」によると、米国では成人の85%が1度はカジノを経験しています。

 成人人口の1%にあたる約200万人が病的賭博と呼ばれる精神疾患(ギャンブル依存症)にあり、400万~600万人が、病的賭博との診断はくだされないものの、ギャンブルに依存する症状を経験しているといいます。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-12-05/2016120506_01_1.html

南極には複数の穴が開いています。

南極の画像が投稿されました。35分間のビデオですが、最初の2~3分間で南極の穴が映し出されています。米軍も南極で何等かの軍事活動を行っているようです。ケリー国務長官も大統領選の当日に南極にいたそうです。南極で何をやっていたのでしょうか。南極の地下に巨大タコのような怪物が生息しているとも報道されました。
これらの穴を見る限り、地下深くに何等かの施設がありそうです。それとも、地球内部は完全に空洞なのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/12/antarctica-exposed-stunning-video-shows-multiple-hollow-earth-entrances-pyramids-ufos-on-google-earth-3448275.html
12月7日付け

南極の画像を入手しました。どうやら、南極にいくつもの穴が開いているようです。空洞の地球内部への入り口でしょうか。

 

私のユーチューブ・ビデオの視聴者から連絡があり、Enchanted LifePath Facebook ページを介して南極についての100枚のスクリーンショットを見せてくれました。(↑ このビデオの最初の2~3分間で南極の穴がいくつも映し出されています。)また、これらの画像を注意深く観察すると、南極では、ピラミッド、UFO、軍事基地、古代遺跡、大量の木の葉、その他があることが確認できました。


焼失したオークランドの倉庫で悪魔儀式が行われていました。

昨日もこのブログでオークランドの倉庫の火災について少しだけ触れた記事をご紹介しました。
火災の前に倉庫で何が行われていたかについて説明している記事を見つけましたのでご紹介します。
アメリカでは悪魔崇拝者(或はオカルティスト)が非常に多く存在しているようです。全米に悪魔教会が点在しているくらいですから。
それにしても、インドでは破壊の神のシバ神を拝むヒンドゥ教の信者がたくさんいますが、なぜあのような恐ろしい宗教を信じているのでしょうか。ヒンドゥ教では酷い階級制度があり下層階級の人たちは中々幸せになれない仕組みとなっています。これこそ悪魔教です。世界には多くの悪魔教が存在しています。悪魔が介入している宗教が殆どだと思います。
旧約、新約聖書もペーガン(異教徒)によって書き換えられたと伝えている記事を目にしました。
バチカンの地下では悪魔儀式が行われていますし。。。。
世界を支配しているイルミは悪魔崇拝者であり世界のあらゆる宗教を介して人々を洗脳し誘導しています。
一番良いのは、宗教団体に足を突っ込まないことだと思います。
今後、益々多くのオカルト関連のアニメが流行し、ハロウィンなどのイベントが大々的に開催されるようになるでしょう。

<オークランドの倉庫の火災について、日経の記事から>
http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040004_U6A201C1000000/
【ニューヨーク=共同】
米西部カリフォルニア州オークランドで2日夜、ダンスパーティーが開かれていた倉庫で火災があり、9人が死亡した。屋根が崩落、少なくとも25人が行方不明になっており、警察当局者は3日、死者が計30~40人に上る事態に備えていると述べた。
3日、米オークランドの火災があった倉庫で作業する消防士ら=AP
          

3日、米オークランドの火災があった倉庫で作業する消防士ら=AP

 
米メディアによると、出火当時、50~100人がパーティーに参加していたとみられる。倉庫は2階建てで、内部はカーテンなどで仕切られ、アーティストが住居や作業場として利用、多くの家具や雑貨が置かれていた。スプリンクラーは設置されていなかったという。

 米テレビは倉庫からの炎が周囲の建物より高く立ち上る様子を伝えた。

 消防当局者は、倉庫の内部構造が原因で「人々の外への避難が難しくなった」と述べた。火災で倉庫の屋根が焼け落ち、現場は焼けた木材やがれきが散乱、消防などによる捜索作業は難航した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<焼失した倉庫で悪魔儀式が行われていました。>
http://beforeitsnews.com/paranormal/2016/12/that-warehouse-fire-what-took-place-in-oakland-was-a-massive-satanic-ritual-wake-up-videos-2519210.html
(概要)
12月6日付け

火災で焼失したオークランドの倉庫では、火災前に悪魔儀式が開催されていました。

 


オークランドの倉庫で大規模な火災が発生。40人が焼死したとみられます。。
焼死した人々は、火災が発生するまでその倉庫で悪魔とダンスをしていたことが判明しました。悪魔とダンスをしていたからこのようなことが起きたのでしょう。
・・・
カリフォルニア州オークランドの倉庫で数十人が犠牲となる大規模火災を発生させたのはサタン(悪魔)だと思います。
倉庫内の様子を撮影した画像を見れば全てがわかります。
魂をなくしたパーティの参加者ら(一部はこの倉庫に住んでいた)は、ヒンドゥ教の破壊の女神=シバ神を崇拝していました。
「オークランドの幽霊船」と題された画像に写っていたのは、炎の下でシバ神と儀式的なダンスを踊っている女性の姿です(1:21~)。
悪魔儀式が行われていた倉庫には煙探知器もスプリンクラー装置も設置されていませんでした。炎が燃え広がったのは炎の下で儀式的なダンスが行われていたときです。

これらの画像は倉庫に火災が発生する前に撮られたものです。画像を見る限り、彼等は悪魔の集会を行っていたことがわかります。彼等は死者の霊魂をもて遊び、悪魔とダンスをしていたのですから、火災の犠牲になるのも仕方ありません。これは遊びではないのです。

グローバル・エリートはこのような悪魔儀式を一般的に広めることで多くの人々を悪魔崇拝者にさせようとしています。
我々の周辺でこのような悪魔儀式が行われていることに気が付いてください。
そうでないと、我々自身も、今世や来世で、悪魔の炎に飲み込まれてしまいます。

オークランドの幽霊船が火災に!



この倉庫に住んでいた人々はエレクトロニック・ミュージックのアーティストらであり、倉庫のマネージャーは、倉庫は安全ではないので住むのに適していないと彼等に警告していましたがそれ以上のことはしませんでした。マネージャーは倉庫の住人らに(寝るだけで)家賃750ドル(毎月)を支払わせていました。多くの人々がこの倉庫を死の落とし穴と呼んでおり、いつかは事故が起きると思っていました。

省略

昨日、ライブストリームで炎に包まれた倉庫の映像を観ていましたが、この倉庫では狂気じみた数例術が使われており、倉庫全体がシバ神などの悪魔儀式の祭壇だったことがわかりました。

火災にあう前の倉庫内の様子はこちらのサイトでご覧になれます。
http://www.oaklandghostship.com/



Amazonライブリンク
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ