日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

磁極の逆転と地球内部の熱との関連性

現在、太陽の磁場だけでなく、地球の磁場が変化していますが、それにより、気候変動、地震、噴火が起きやすくなっているようです。まさか磁極が完全に逆転してしまうのではないでしょうね。。。。リバプール大学の研究者は磁場の変化は地球の中心核からの熱流量に関係するということを突き止めたようです。まるで、中心核やマントルに意識があるような感じがします。
科学に疎い私にとって、考えられることは、地球内部の作用により磁場が変化し地球全体を変化させているということであり。。。。つまり、地球自体が自分の意思で変化をしているように感じられます。。。これも、現在起きている宇宙規模の周波数の変化つまり次元上昇にも関わっているのではないでしょうか。。。

リバプール大学の研究者が磁極の逆転と地球内部の熱との間に関連性があることを突き止めました。http://theextinctionprotocol.wordpress.com/2012/08/03/scientists-probe-link-between-magnetic-polarity-reversal-and-heat-in-planets-interior/


イギリス、リバプール大学の研究者らは、地球の磁場が長期間に渡り逆転したことで地軸からマントルに伝わる熱流量に変化が起きていることを突き止めました。
地球は、固い中心核とそのまわりに液体の外部中心核があり、その外側には厚い粘着性のマントルがあり、そしてその外側は固い地殻で覆われています。地球の磁場は、地球の地殻より約3000km下方にある外核の鉄合金が動くことで発生します。中心核からの熱がそれを覆う固いマントルに伝わり、地上に接する地殻まで伝わっていきます。
マントル自体も動いていますが、中心核が1秒に数ミリ動くのに比べ、マントルは1年間で数ミリしか動きません。このようなマントルの動きにより、何百万年もの間、地球表面の大陸を漂流させ、地震、火山の噴火、そして気象変動を起こしています。
数十万年周期で、北極と南極の磁極が逆転しており、研究者は岩の形成を見ることで過去のどの時期に磁極の逆転が起きたのか正確に判断することができると言います。最後に逆転が起きたのは78万年前です。磁場の変化は数か月から数百万年のタイムスケールで起きます。多くの場合、散在的に起こると考えられていますが、リバプール大学の研究者らの最新の研究結果によると、長期間のタイムスケールでの磁場の変化は、過去数百万年間にわたり起きている中心軸からマントルへのヒートロスの変化パターンに関係することが分かりました。
リバプール大学の環境科学アンドリュー・ビギン博士によると、地球の磁場が大きく変化をしている原因として、中心核に対するマントルの制御作用によるものではないかと言っています。特に、まだ恐竜が生きていた頃で、頻繁に地軸が逆転し始めた、約2億年から8千万年前の期間に焦点を当てました。この期間に数百万年の間隔で地軸が10回も逆転したのです。しかし、それから5千万年後には、逆転するのを完全に止め、過去4千万年近くは、全く逆転が起きていません。磁場に変化が起きた時は、地球の大陸を含む地殻とマントルの全て
が、地理的にも時間平均地磁極の点でも、大きく回転ていました。つまり地軸が回転したということです。このようなプロセスをTrue Polar Wanderと呼んでいますが、これはマントルの密度分布の変化により起きており、その結果、中心核からの熱流量のパターンを変化させ、磁極の逆転が起こることで磁場を不安定化した後に、非常に安定的になり磁極の逆転が止むのです

長野2区選出、民主党衆院議員、下条みつ防衛政務官の正体

長野2区の選挙民の皆様、下条みつ議員に投票したことが非常に残念でたまらない情報があります。

まあ、全国津々浦々、民主党議員に票を入れたことを悔やんでいる人々ばかりではないでしょうか。
殆どの民主党議員(離党した議員も含め)は、国会議員としても人間としてもレベルが低すぎます。もちろん他党にもレベルが低くて反日丸出しの議員が何人もいるのは確かです。
とにかく、この下条みつという民主党議員は、まるで、どこかの組員のような振る舞いをしています。民主党には暴力団紛いの議員が大勢いるようです。日本の国政のレベルも地に落ちたものです。アメリカは偽ユダヤに支配され、日本は在日勢力に支配されています。元々の日本人に不利益な法案ばかりを通そうとしています。
なにしろ現在の国会議員の60%以上が在日帰化人と言われています。それに日本人の議員であっても、民団や朝鮮半島系の組織、団体、企業、カルト教団などと金銭的な繋がりがあり深い関係が成り立っています。
このような状態では、国政選挙の投票に行くことすら国を危険に晒すとしか言えない状況です。今後、自分の選挙区での立候補者を良く調べ、怪しい人物でないことを確かめてから、票を入れるべきではないでしょうか。しかし、調べれば調べるほど、票を投じたい立候補者がいないという事に気が付くかもしれません。このような酷い状況下では、在日と金と権力と支配欲に汚染された国会で日本国民のためになる良い法案や政策が作られるわけがありませんね。

「我が国のかたち」さんのブログ記事です。
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11318446578.html
(転載開始)
「殺すぞ」「埋めるぞ」…民主・下条議員元秘書が提訴「パワハラ受けうつ病に」と主張
「殺すぞ」「埋めるぞ」 パワハラ議員は民団から献金をもらう防衛大臣政務官
長野2区選出で民主党衆院議員の下条みつ防衛政務官からパワハラを受けてうつ病になったとして、私設秘書だった名古屋市の男性(37)が国に労災認定を求めて、名古屋地裁に提訴したことが、2日までに分かった。

元秘書によると、2007年1月から私設秘書として支援者回りなどを担当していたが、月80~90時間の残業を強いられた上、ミスの度に「殺すぞ」「埋めるぞ」などの暴言を吐かれたという。幻聴が聞こえるようになるなど精神的に不安定になり、3月にうつ病と診断され事務所を辞めた。

元秘書は09年8月に松本労基署に労災を申請したが「暴言の事実は確認できなかった」として認められず、審査請求と再審査請求も退けられたため、提訴に踏み切った。

20012/08/02 産経ニュース
-------------------------------------------------------------------------------------------

「殺すぞ」「埋めるぞ」って
どこのブラック企業の管理職やねん!と思っていたら、民主の議員だった。

こんな輩が与党議員なのだから、
政府が大津の虐め事件を本気で対応するわけがない。

まぁ、この党にはこーゆー輩が多いので今更驚きはしないが、
こいつの写真(上記はワシが思うコイツのウラの顔)を見て思い出した。
こいつは「セコイ・チッチャイ・権力大好き」の典型的民主党議員の下条みつである。
弱気者に「殺すぞ」「埋めるぞ」とい典型的なパワハラ体質。
こーゆー輩は言うまでもなく強者に土下座するタイプ。
そーゆー男が最もやってはいけない仕事は、強者に立ち向かう仕事である。
で、こいつがやっている仕事は、
防衛大臣政務官である。
民主的にはOK人事なのではあるが、日本にとっては最低・最悪な人事である。
以下は今年の5月に書いた記事。
再掲で申し訳ないのだが、今回読み直して
血が沸騰してきたので再掲させていただきたい。
以下では、こいつのクズっぷりについて縷縷書いているし、
何よりも、こいつごときのコトをこれ以上調べたり、
新たに書いたりするのは、実にバカバカしいのである。
-------------------------------------------------------------------------------------------
民団から献金をもらう防衛大臣政務官。
長野2区に下条みつという民主党議員がいる。
世襲議員で、こいつは3代目である。
世襲には2種類ある。
「世襲しているからこそ、政治を分かっている」タイプと
「ただのバカボン」タイプである。
こいつは紛れもなく「ただのバカボン」議員である。
(転載終了)

コロラド州、銃乱射大量殺人の犯人の父親について

数日前に、このブログでコロラド州で起きた銃乱射殺人犯の(法廷で撮った)写真がジェームズ・ホームズとは別人であるという情報をご紹介しましたが、今度は、実際のジェームズ・ホームズの父親についての情報が流されています。ここでもユダヤ系が絡んでいます。つまり、いつもの通り、イルミナティ・カバル族です。彼等は本もののユダヤ人ではありません。ユダヤ人と名乗り世界を支配している偽ユダヤ人です。

http://www.whiteowlconspiracy.com/2012/07/james-holmes-father-robert-holmes-set.html

父親の名前は、ロバート・ホームズで、400年前のメイフラワー号時代までさかのぼるヨーロッパ王族の末裔(ブルーブラッド=偽ユダヤ人)だそうです。噂ですが、数週間のうちにアメリカ連邦議会において、LIBOR金融スキャンダルの証人喚問を受けることになっているなどと言われていますが、あくまでも秘密裏に行われるのでしょうか。。。この父親は、コンピュータの超スペシャリストで、グローバル銀行の詐欺ビジネスの立役者でもあります。グローバル金融詐欺を可能にし、イルミナティの組織犯罪を助けるために、金融サービス、クレジット・リスク、インターネット・オンライン・バンキング・システムなど。。。。のモデルを開発した人物です。カルフォルニア大学、スタンフォード大学を卒業し、現在はアメリカの信用調査会社の最高幹部(科学者)としての地位があります。

犯人とされるジェームズ・ホームズが本ものかどうかを調べるのに、DNA検査が行われるべきですが、イルミナティの偽ユダヤ人社会は、秘密を守る固い組織であり、事件後にDNA検査をするにも、検視をするにも、必ず偽ユダヤ人のドクターを使います。そのため、決して真実は明かされません。もし、偽ユダヤ人でなく、ごく一般的なアメリカ人のドクターが検査をすれば、本当のことがばれてしまいますから、絶対に部外者には検査をさせないのです。イルミナティの偽ユダヤ人社会では、自分たちで事件を起こし、自分達の手でもみ消しているのです。何とも悍ましい社会でしょうか。
きっと本もののジェームズ・ホームズは行方不明になっているでしょう。犯人にされてしまった男性は、麻薬を投与されたのか何か変りませんが、頭が完全におかしくなっていますから、何が起きているのかも分からない状態でしょう。

また、上記サイトへの投稿者の情報で非常に興味深いものがあります。
ジェームズ・ホームズは養子でした。だから、捕まった男のDNA検査をしても、本人であるという証明を探すのは難しいのでは。重要な事は、ユダヤ系のドクター以外は検査には関われません。彼等はいつも嘘ばかりついて、お互いに協力をして隠ぺいをします。過去の有名な殺人事件でも同様です。犯人が特定できない事件は、ユダヤ系ドクターが検視をして、隠ぺいをしているからです。モサドは第2次大戦から一つも変わっていません。いつもドッペルゲンガーを使ってきました。ダイアナ妃についても同じです。彼女は100%ユダヤ系でした。モサドは王族の少年たちを強姦し、ゲイにさせてしまいます。また、成長の段階で、麻薬やアルコール中毒にさせてしまいます。そして、ゲイにさせられた王族達はユダヤ系の女性と結婚をさせられます。なぜなら、彼等がゲイであることをばらすと脅されたり、借金に追われているためです。そして王族と無理やり結婚をさせられたユダヤ系の女性は、外で同じユダヤ系の男性と不倫をして子供をもうけます。ダイアナ妃も同じことをしました。彼女は貴族の出ではありません。このように、ヨーロッパの王族は全てユダヤ系の血が混ざっています。サウジアラビアの王族もすべてユダヤ系の血が入っています。(そういえば、サウジアラビアの王子が暗殺されましたね!)
Amazonライブリンク
記事検索
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ