日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2012年06月

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

ついにデモ参加者が20万人になったのですね!

首相官邸前での国民の反原発デモが20万人に達したのですね。ヤフーニュースを見てびっくりしています。前回のデモでは確か45000人ほどの参加者だったかと思いますが。。。それでもすごいことです。

実は、私は、2年ほど前から、国民無視、在日優遇の国賊民主党政権を倒すためには、首相官邸前や国会周辺に20万人くらいの国民が集まって打倒民主党のデモを行わなければ、この政権は倒れないだろう、また、国会は変わらないだろうと思っていたのです。そしていつか20万人規模のデモが起きないかなと思っていましたし、実際に起きている映像が頭に中に浮かびました。それがついに現実化してしまいました。よくも、国民は3年間も民主党政権に黙って我慢してきたことか。しかも史上最悪のテロ災害に遭い、政府にニグレクトされ続けてきたのです。
今回は、福島原発さえ収束していないのに、国民の意思に反して大飯原発を再稼働することを決めた政府に対し、国民の怒りが爆発しているのだと思いますが、もちろん反原発デモではあるのですが、そこで訴える内容として、民主党の正体や日本政府がいかにアメリカ、中国、韓国など結託して、日本国民を欺き、虐待しようとしているのか(消費税増税法案などもその象徴ですが)を訴えている方も多いかと思います。この国は、民主党政権だけでなく、政治家、大企業、官僚の非情さ、国会の異常さ、原発利権の異常さ、エネルギー政策のインチキ、全てにおいて日本が崩れかけているのを訴えているのだと思います。これを国会議員全員にはっきりと分らせるべきと思います。日本が本当に崩壊してしまう前に。。。全国的に打倒民主党政権のデモがこれからは起きるのではないでしょうか。本当は、次期選挙で全ての国会議員の出自や正体を公開し、必要なら総入れ替えすべきです。

山に行っていた私が偉そうに言ってすみません。
実は私も過去に2,3回、反民主党政権のデモに参加しました。。。

今日は陣馬山に行ってきました!

私のハイキング歴は大したものではありませんが、山へ行くたびに心が浄化されるような気がしています。このブログではつい最近から、行った山について簡単にご紹介させて頂いております。ハイキングの良さを少しでも皆様にお伝えしたいと思います。
今日も梅雨の中休みで天気も案外良かったため、ついつい山へ脚が向いてしまいました。
今日、登った山は神奈川県と東京都の県境にある陣馬山(標高855m)です。山道はなだらかな部分が多くとても歩きやい山です。アジサイがたくさん咲いている登山口からゆっくり歩きました。低山なので木陰でも結構汗をかいてしまいましたが、その後、身体がすっきりするものです。
東京からもアクセスが良いため、驚くほど数多くのハイカーがこの山を訪れていました。高尾山ほどではないにしろ、頂上は賑やかでした。その頂上には、茶店が3件ありますが、どれも大繁盛。うどん、そば、かき氷なども食べられます。私たちは、テーブルでお弁当を食べましたが。
陣馬山の由来は、昔、この山に馬で陣を敷いていたということだそうで。。。それにしても、なぜ、頂上に白い馬のオブジェがあるのか、どうも分かりません。車は陣馬自然公園センターの駐車場に停めることができると聴いていましたので、安心してセンターへ向かったのですが。。。着いて分かったのは、とても狭い駐車場で、4台しか停められません。でも、ラッキーでした。丁度最後の1台分が空いていたのです、私たちのために。
到着時間、9:30時。
ハイキングは、昼休みを入れて約3時間のコースを楽しみました。緑豊かで歩くのに優しい山道ですので、人気があるは頷けます。頂上からは奥多摩、丹沢、秩父の山々が見えます。今日は雲が富士山を隠していましたので、見えませんでしたが、それでも頂上だかの眺めは満足感があります。冬に登る人もいるようです。
楽しい山ですので、ぜひ、陣馬山を訪れてみてください。
お車で行かれない方は、JR中央線、藤野駅下車後、バスで其々の登山口にたどりつけますよ!
IMG_0557 near the summit
IMG_0560 a large space near the summit
Jinba
(ここが頂上です。茶店が1件あります。そのすぐ下の広場には2件の茶店があります。)

すごいです!ドイツの警察が市民と一緒に反ロスチャイルド・デモ

日本ではこんなこと起きるわけながいですよね。でも、ドイツはすごいですよ。警察までがロスチャイルドの世界銀行に抗議するデモ隊といっしょにデモ行進をしました。通常、警察は、デモ隊をコントロールするのですが、ドイツの警察は反権力側になっちゃいました。このように一般の人々が数多く集まって、世界中のあちこちで、反権力者、反カバルのデモを行えば、権力者達はこれ以上やりたい放題できなくなるでしょう。日本もこのような大規模なデモを頻繁に起こす必要があるのではないでしょうか。反原発だけでなく反カバル、反政府、反権力のデモをです。
以下のサイトに動画もあります。
http://beforeitsnews.com/story/2323/241/German_Police_March_Against_Rothschild_European_Central_Bank.html

モンサント社の遺伝子組み換え作物を食い荒らす虫

遺伝子組み換えの種や作物を世界中の農民に大量に押し付け、世界中を遺伝子組み換え食糧で埋め尽くし、食糧を支配し、水も空気も土壌も汚染させ、人々に害を与えようと企んでいる巨大グローバル企業のモンサント社ですが。。。ルートワームという虫が遺伝子組み換え穀物を食い荒らしてくれています。そういえば、よく野菜の葉っぱが、網目のように虫に食われているのを目にしますが、ルートワームのせいだったんですね。
グローバル企業のモンサント社は、世界中で悪の限りを尽くしています。このような会社が存在するために、世界はちっとも平和にならないのです。カバルが支配する全てのグローバル企業が潰れてほしいです。そして、一日も早く世界中の農業が伝統的な自然農法に変ることを願ってやみません。

cropeaten 235x147 Report: Nature May Soon Overcome Monsanto as Super Rootworms Destroy Crops
http://naturalsociety.com/nature-may-soon-overcome-monsanto-as-super-rootworms-destroy-crops/
(内容)
何がモンサント社を破たんさせようとしているのでしょうか。訴訟事件、新しい法律の制定、いや、大きさがわずか0.1ミリの小さな虫かもしれません。アメリカの立法システムに支えられ、バイオテクノロジーにより巨大化し脅威的な広がりを見せているモンサント社の作物ですが、ルートワーム(根食い線虫)により、最終的にモンサントの作物は食い尽くされるかもしれないとの報告がありました。

驚くべきことに、モンサント社が長期間にわたり虫に食われない(虫を殺す)遺伝子組み換えの西洋とうもろこしを開発してきたにも関わらず、ルートワームは、実際に、何の問題もなく、モンサント社のとうもろこしを食い尽くしています。 この小さな虫は、モンサント社のトップ科学者よりも先を行っています。
モンサント社にとってはさらに悪いことに、今年の抵抗勢力のルートワームの成長が予想以上に早いのです。今年は過去数十年間で最も早く幼虫が成虫に変っており、数が急激に増えるということです。モンサント社は、生物農薬に耐性を持ったこの抵抗勢力のルートワームに対して完全に無防備状態です。少なくとも8種類の虫が生物農薬に耐性があり、そのうちの2種類は、生物農薬の散布に耐性があり、他の6種類は生物農薬が散布された作物に耐性があります。
米環境保護庁は、抵抗力のある虫をモニターするモンサント社のプログラムは不十分だと言っています。また、22人のとうもろこし専門家集団は、3月に遺伝子組み換え穀物の不具合について、大きな関心を持っていることを伝えています。彼等は、遺伝子組み換えとうもろこし産業の崩壊 がもうじきくるだろうと警告しました。彼等の予想が当たると、アメリカが供給するトウモロコシの94%が遺伝子組み換えであることを考えると甚大な影響が出てて来るのは確かです。また、このようなトウモロコシの多くは食糧として使われているのではなく、バイオディーゼル油として使われていることも重視しなければなりません。
自然界はモンサント社の遺伝子組み換え穀物を受け入れ、最後には、そのような穀物を死滅させようとしているのでしょうか。何回も、何回も、研究者達や農業の専門家達は、モンサント社と政府に対して、持続可能な伝統的農法に戻すように要求してきました。モンサント社の遺伝子組み換え作物は、自然農法による作物に比べ、実際には、収穫高が減っています。 それにも関わらず、遺伝子組み換え作物は、食糧供給の大きな割合を占めるようになりました。今後、このような問題を対処するためにモンサント社ができることは、彼等の作物を今以上に農薬漬けにし、遺伝子をさらに組み換えることしか解決策はありません。

コロラド州とユタ州の広大なエリアで山火事が発生中!

現在、アメリカの多くの州では、高温低湿度の灼熱気候が続いているようです。そして異常な山火事が多数発生しています。ここ最近、アメリカの山火事は増える一方だそうで、被害地域に住んでいる人々は生きた心地がしないでしょう。竜巻、ハリケーン、大雨、大雪、山火事・・・アメリカ国民も厳しい状況に置かれています。
今回のこの山火事は、コロラド州の殆どを焼き尽くすのではないかと恐れられていますが、36000人の住民を強制的に避難させています。これらの出来事が、HAARPによる気象操作と人為的な発火でないことを祈ります。ただ、HAARPで大雨を降らせれば山火事は収まるのでしょうが、それをしないとなると。。。人為的な山火事かと勘繰ってしまいます。
http://theeconomiccollapseblog.com/archives/america-on-fire-why-is-the-number-of-wildfires-in-the-united-states-increasing


(内容)
コロラド州の多くの地域が山火事で消失しまっている様子を見て、アメリカ人の多くは、どうしてこんなことが起きているのか不思議でならないでしょう。これまでも山火事は頻繁に起きていましたが、今回の山火事は今までにない異常な山火事です。アメリカでは山火事が増え続けているのでしょうか。答えはYESです。2011年には最も頻繁に山火事が発生しました。今年も山火事が起きやすい危険な季節が到来しました。現在は、人々の注目はコロラド州のワルド・キャニオンで発生している山火事に集中しています。この山火事は一晩で被害地域が2倍にも広がり、これまでで住宅300棟を焼き尽くしました。山火事は、コロラドスプリングの街をも脅かしています。また、これまで36000人(現時点で)を強制的に避難させています。 この中には、米空軍アカデミーも含まれます。
ツイッターやフェースブックなどで、被害住民が山火事の様子を伝えていますが、彼等によると、この出来事はまるで神の啓示を受けているようであり世の終末のようだと言っています。しかし、まだ、山火事の季節は始まったばかりです。まだ、7月や8月ではありません。ウォルド・キャニオンの山火事は、コロラド州で史上最も損害額が大きく、破壊的な山火事となっています。歴史的なFlying W Ranchは既に全焼しています。影響を受けた地方自治体は、この山火事がいかに悪夢のようであるかを伝える言葉を探すのに苦慮しています。。。。

しかし、コロラド州ではこの山火事以外にも多くの山火事が同時に起きています。現在、10か所で山火事が進行しており、コロラド州を焼き尽くしています。アメリカ全体では、12州で33か所の巨大な山火事が進行中です。

(コロラド州の山火事の様子)
http://beforeitsnews.com/story/2312/385/Crazy_Pictures_From_Colorado_Wildfires_Live_Feed.html



Amazonライブリンク
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ