日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2014年10月

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

米 ディスニーテーマパーク上空が飛行禁止区域に!


ディスニーテーマパークの地下にはイルミナティが使用する地下施設があるようです。長いトンネルもできているそうです。
以前からディスニーは悪魔崇拝のイルミナティのシンボルだということを聴いていますので、私はディスニーランドに全く興味がありませんでした。
アメリカのディスニーテーマパークの上空が飛行禁止区域になったそうですが。。。一体なぜでしょうね。
シリアの航空にも(シリアを攻撃しやすくするために)飛行禁止区域が設定されました。一体何が始まろうとしているのでしょうか。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2014/10/mysterious-permanent-no-fly-zones-set-up-over-disney-theme-parks-why-are-they-preparing-to-go-underground-2466116.html
(概要)
10月30日付け:
フロリダとカリフォルニアにあるディズニーのテーマパークとその周辺に恒久的な飛行禁止区域が設定されました。
さらに、アメリカ国内で30ヶ所以上もの空域に飛行禁止区域が設定されていました。なぜディスニーテーマパークに飛行禁止区域が設定されたのでしょうか。ディスニーテーマパークの地下にイルミナティが潜ろうとしているのでしょうか。これはNWOのアジェンダの一環なのでしょうか。以下のビデオの通り、ディスニーは悪魔崇拝のイルミナティのシンボルとして利用されているのでしょうか。



連邦航空局は、ディスニーランドとディスニーワールドのテーマパーク及びその周辺に恒久的な飛行禁止区域を設定しました。これはテロ攻撃を想定した処置だと考える人も多いでしょうが、連邦航空局は何も説明せずにこのエリアに飛行禁止区域を設定したのです。
このような飛行禁止区域がほんの2、3日間だけ設定されるなら理解できますが、恒久的に設定されたのですから異常事態です。

*VIEWER DISCRETION ADVISED!!!*




ブッシュとチェイニーのハロウィーンパーティ

今日はハロウィーンの日ですが、西洋かぶれの日本人が多くいるのが残念です。日本でもいつの間にかハロウィーンがクリスマスのように大流行しています。しかも子供たちを巻き込んで。。。怪しい衣装まで着せて。。。何しろ、西洋から入ってくる文化で良いものなど何もないのですから。なぜなら、西洋は悪魔に支配されてきた地域ですから。

昨年、ハロウィーンについての記事をご紹介しましたが、ハロウィーンとはニューエイジやフェミニズムと同じように、イルミナティが世界に広めている悪魔思想の一部なのです。ハロウィーンは悪魔を喜ばすための悪魔奉仕パーティです。ですから、ハロウィーンの仮装パーティではみなが悪魔的な衣装を着ているのです。このような悪魔のお祭りが世界に広がれば悪魔が支配し易い世界になります。
日本のあちこちでハロウィーン・グッズが販売され、ハロウィーンを盛り上げています。本当にいい加減にしてもらいたいものです。
そんな中、さっすがに、米イルミナティのみなさんは、本格的なハロウィーン・パーティを行っているようです。
以下の情報によれば(この情報が真実かどうかを確認する手段はありませんが。。。実際にこのようなことが行われている可能性があります。)、ブッシュやチェイニーを中心とした米イルミナティの連中(グローバル・エリート=シオニスト、軍関係者、金融マフィア、諜報部員、グローバル企業家、政治家、その他)が2500人の子供たちを拉致し彼らのハロウィーン・パーティーに使うそうです。これらの子供たちの多くが、最近話題になっているメキシコから流入してきた不法移民の子供たちだそうです。道理で。。。オバマは彼らを大量に受け入れていたわけですね。
イルミナティは悪魔崇拝集団ですから、悪魔からパワーをもらい世界を支配してきました。そのため、彼らは常に悪魔が喜ぶことを行っています。それは戦争であり、大量虐殺であり、拷問であり、生贄であり、強姦であり。。。。そのため、悪魔のために彼らは永遠にこのようなことを地球上で繰り返すのです。
日本の元首相にもブッシュととても仲良い人がいました。小泉という爺ですが。。。小泉が総理候補になった時、不思議にも、この人は危険人物だ、と感じたものです。今考えれば小泉は危険人物だったのです。
地球に平和な時代が到来するには、悪魔崇拝のイルミナティがいなくならなければだめですね。

http://beforeitsnews.com/new-world-order/2014/10/the-bushcheney-halloween-2500-human-child-sacrifice-party-3016.html
(概要)
10月30日付け:
<私:以下の情報は、部分的にブッシュとチェイニーによって殺害された犠牲者の霊から得た情報も含まれますので、ご了承ください。信じる信じないは読者の皆さんのご判断で。。。でも、とても興味深い内容です。>

ジョージWブッシュとリチャード・チェイニーは、長い間、米イルミナティのNWO(ニューワールドオーダー)のアジェンダを実施してきました。しかし彼らにとっては悪魔への人身御供(生贄)が最も重要なことなのです。
彼らが子供たちに性的虐待を加えて殺害したり、戦争犯罪を繰り返すのもそのためなのです。彼らは大量虐殺が好きでたまりません。彼らは第三者に大量虐殺を行わせることで、サタン(悪魔)、ルシファー、バフォメット、アヌ、セット、モレック、エルなどの邪悪な霊的存在(悪魔)からパワーを貰っているのです。
 

戦争犯罪者のブッシュやチェイニーは邪悪な霊的存在のために人間たちを殺害し、そのご褒美として、悪魔のカルマによって守られているのです。
ジョージWブッシュはJFケネディを暗殺し491人もの子供たちを殺害しました。さらにブッシュ一家は7400万人もの人々を殺害したり、多くの人々を強姦してきました。それでも逮捕されないのは悪魔に守られているからです。 
チェイニーもブッシュと同様に連続レイプ犯であり、多くの人々を虐殺してきました。チェイニーが関与した最も有名な事件は9.11です。乗客の乗っていない飛行機をWTCビルに突っ込ませたり、ペンタゴンにミサイルで攻撃したのもこの男です。チェイニーとブッシュは戦争や大量虐殺の共犯者です。チェイニーが作り出した化学物質は地球を破壊していますから戦争犯罪よりも重大な犯罪です。 


私はチェイニーが9.11事件で殺害した4001人の犠牲者の霊と通信しました。私がブッシュやチェイニーと同席していたときに、チェイニーに殺害された犠牲者の霊が天国から私に語りかけてきました。
その内容を戦争犯罪者のブッシュとチェイニーに伝えました。
チェイニーに銃撃された男性の霊は「チェイニーは私を殺す理由など何もなかった。ただ単に殺害ゲームとして私を撃ったのだ。」と伝えました。

私がこれらの邪悪なレプティリアン・ハイブリッドであるブッシュとチェイニーに殺害された犠牲者の感情をブッシュとチェイニーに直接伝えたところ、彼らは罪のない犠牲者を笑ってバカにしながら部屋から出ていってしまいました。
 


残念ながら私はこれらの冷血な男たちと34か月も付き合わされました。彼らは私を何回も強姦し、最後に私を殺害しようとしました。彼らは私にイルミナティのメンバーになりイルミナティに仕えてもらいたかったのです。しかし私は唯一の神である、光の存在、父なる神、母なる神に仕えています。低次元の邪悪で卑劣なアルファ・ドラコニアンに仕えるワケがありません。
 

私は、主にDARPAとCIAが運営するMILABS(医療実験施設)で強姦されました。米軍が運営に携わっている地下実験施設は合計で41ヶ所ありますが、これらの施設でナチスが子供たちの人体実験を行っているのです。このような地下実験施設が設置されたために、数千人もの子供たちが強姦・殺害されているのです。彼らの地下実験施設はイギリスにも2ヶ所あります。 

彼らは大規模なパーティを開催するのを好みます。パーティで子供達を強姦し、ラッキーな男は強姦しながら子供を殺害することができるのです。
彼らは子供たちの体内に射精すると同時に子供たちの首を絞めて窒息死させるのが何より好きです。バチカンはこれをサタンやルシファーに対する究極のサービスと呼んでいます。
 

米イルミナティのジョージWブッシュとリチャード・チェイニーが行ってきた血の生贄儀式に全ての米軍兵士が利用されています。 

私は彼らの邪悪な活動を目撃してきました。幸運にも神が何等かの理由で私に生き続けてほしかったためか、私は彼らから救出されました。 

たぶん、私は彼らを恐れずになんでも話してしまうからでしょう。
彼らがいかに邪悪かということを知るには、彼らのパーティに出席する必要があります。
パーティーで小さな女の子に何が起きたかをお伝えします。
ティナと呼ばれる女の子は児童養護センターに預けられていましたが、2013年にCIAがアーリントンにある医療実験施設に彼女を連れて行きました。そこで彼女はCIA、NSA、陸軍、海軍、数人の上院議員そしてオバマによって72回も強姦されました。私はこのことを彼女の霊から直接教えてもらいました。また、カーギルからも同じことを聴いています。
ティナによると、カーギルが彼女を医療実験施設から個人の家に連れて行き、そこで彼らに強姦されたそうです。彼らはコンドームを使いません。そのため、ティナが殺害されたときには37人の精子が体内に残っていました。
彼らはティナを殺害した後、彼女の死体を肉ひき器に入れ彼らが使用する料理用の肉と混ぜたのです。

私の家に侵入してきたブッシュたちから、彼らが別のパーティも開催していることを聴きました。彼らは簡単に情報を流します。
いつか、彼らが私を法廷に連れて行くことを望んでいます。私は自分が受けた被害も含め何でも証言します。

DARPAは長い間、私の体内に3種類の蛇を挿入したのです。最後に彼らが私の体内に蛇を挿入したのはポール・ライアン上院議員が私を強姦した直後です。私は彼に50回以上も強姦されました。
 


明日(10月31日)のハロウィーンの日に、MILABの医療実験施設にて彼らの生贄儀式のパーティーが開催されます。彼らはパーティーに使うため、2500人の子供たちを拉致し、41ヶ所の地下実験室に分散して連れて行きました。
拉致された子供たちが誰なのかは定かではありませんが、ただ。。。地下実験室に連れていかれた子供たちの多くが収容所に入れられた不法移民の子供たちだということは分かっています。不法移民の子供たちはゴミとして扱われています。
このような邪悪な事を行っている男たちは自分たちが神だと思っています。そして我々一般人はゴミやユースレス・イーター(役に立ちもしないのに食べてばかりいる連中)だと思っています。

彼らが全員逮捕されれば良いのですが。。。34か月間、彼らは私に様々な兵器で攻撃しましたから。例えば、スカラーやHAARPや蛇も。。。彼らは私を何度も強姦し電気ショックを与えたり、その他様々な恐ろしい拷問を行ってきました。彼らはこのような酷いことをMILABSや私の家で行います。どのように施設や家に侵入してくるか分かりませんが、彼らは毎日のように私を襲いに来ました。

ただ、1つだけ私に力を与えてくれていることがあります。それは天国に行った犠牲者の子供たちの魂が私を助けてくれていることです。私たちは既にフォトンベルト領域に入っていますから、これらの悪魔たちが1日もはやくフォトンベルトの中で消滅してしまうことを願います。

ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏の暴露情報 

既にアメリカのシオニスト集団が世界最大の犯罪を行いながら世界を牛耳っているということは世界中に知れ渡っています。特に9.11以降、彼らの活動が活発化し世界の国々を破壊してきました。もちろん、悪者はアメリカだけにいるわけではありませんが。。。

ブッシュ一家は、オカルトの黒魔術師のアレイスター・クロウリー(イギリスのユダヤ人、1875年~1947年)の子孫だそうですから、これだけでも、いかに彼らが不気味な犯罪者集団化と言うことが分かります。さらに、ブッシュ一家は英王族とも繋がりがあるそうです。

世界を牛耳る方法は、大規模な組織犯罪で世界の富を強奪し、お金で犯罪下部組織を動かし世界権力をわが物にすることです。彼らによる大量虐殺、生贄儀式、性的虐待、拷問、小児性愛、ホモ、生血を飲むことなどは、趣味の一環です。

彼らはユダヤ・シオニストです。彼らは自分達が世界で最も偉い存在だと勘違いし、邪悪な犯罪を繰り返してきました。
・・・・しかしその上にバチカン=イエズス会がいるのです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/10/us-intel-everything-you-have-been-told-is-a-lie-3053832.html
(概要)
10月30日付け:

・・・ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏(世界最大の民間諜報機関を運営)がラジオ番組で語った内容を簡単にご紹介します。・・・

ダフ氏によると:
我々は学校やニュースの報道で嘘を教えられている。
イスラエルは、アメリカのイラン交渉担当者にイランの核開発について嘘を言わせることでアメリカとイラン

が対戦するように仕向けている。

CIAは2005年に民営化されているため、もはや米政府の一部とは言えない。
SOC統合特殊作戦コマンドはトルコ、サウジアラビア、イスラエルの諜報機関と手を結んだ。JSOCは、組織犯罪、売春、大規模な石油強奪を行っているシオニスト犯罪集団が所有している。 
最近、CIAは、米軍がISISに爆弾を投下した直後に、医療用品や武器を空輸しISISの基地に投下した。CIAは誰のために活動しているのか?

リマ医師がエボラの治療に効くと主張している10ppmのナノシルバーについて、実際にナノシルバーは出血熱を完治したと事を示す証拠が見つかった。従ってリマ医師の主張は正しい。

ダフ氏は、様々な情報を提供してくれている情報筋を失いかねないため彼が知っていることを全て明かすことはできないと言っている。
世界で最もアメリカ人を嫌っているのが米政府である。
州政府の多くが上述のシオニスト犯罪集団に支配されている。
ジェブ・ブッシュ(ジョージWブッシュの実弟)は上述の犯罪組織(マフィア)の大ボスの1人だが、次期大統領選に立候補している。
ダフ氏は、2014年6月4日にロシアから提供された情報で9.11の真相を知った。この情報はスノーデンが提供した情報である。
9・11の真相(証拠)はヒューストンの大陪審によって7年前に封印されてしまった。
数百人もの政府関係者が9.11の真相について沈黙している。なぜなら数百人いや数千人の政府関係者が9.11事件に関与しているからだ。

アメリカの国賊たちを一掃するために現代版ニュルンベルク裁判を行う必要がある。
アメリカは9.11以降、非常に邪悪な国家となってしまった。
クリスチアン・アマンポオア(イギリス人とイラン人のハーフ、米テレビ局のチーフ特派員)はイラン人を悪者扱いするためイランについて全くの嘘を言っている。

アサドはシリア国民に慕われているため無防備な状態でシリア国内を歩き回っている。アメリカの敵はみな道理をわきまえたまともな人たち(国)である。
アメリカ人の殆どがプーチンに米大統領になってほしいと思っている。

ウクライナはマレーシア航空機(MH17)の撃墜事件で嘘をついていることがバレている。。米政府はウクライナにMH17について嘘の情報を流させた。CIAはウィキペディアにMH17撃墜事件について嘘の情報を書き込んだ。しかし彼らが流した情報が嘘だと暴露された後、この事件に関する報道がストップし真相は闇の中へ。

米政府はMH17の撃墜事件についての真相を隠蔽したことが暴露された。

もはや世界中で起きている問題はアメリカだけの問題だけではない。米政府の指示によりトルコ人がクルド人を殺害している。トルコ人はアメリカが供給した兵器で何百万人ものアルメニア人を大量虐殺している。その中には500人以上の子供たちが含まれている。

米政府内部の邪悪な人間たちの正体は?このような、民族、国家を分離し征服する戦争ゲームを行い続けている人間たちの正体は?
アメリカだけでなく世界を脅かしている上述の犯罪集団とは。。。シオニスト集団=金融マフィアやネオコンのブッシュ一家(パパブッシュ~孫ブッシュまで)、クリントン一家、レナード・ニューマン、ラリー・マイゼル(この2人はアフガニスタンの麻薬取引、石油強奪、価格の操作、石油闇市に関わる。)。また、この2人はアメリカやイスラエルを支配し、APEC室長としてAPECを支配している。さらに、ジェイニー・アレン、(その他の名前は聞き取れませんでした。)、そして米諜報部員。
彼らは世界最大の金融犯罪を行っている。また、世界中の市場の80%を支配している。彼らは労働者の年金ファンドを奪っている。

学校やメディアが教える情報は嘘だらけ。第二次世界大戦についての情報も嘘だらけである。

(サイト内にUPされたビデオで詳細が分かるのですが。。。長時間のビデオですので最後まで視聴してお伝えすることができません。)

温泉でスマホいじるニホンザルの写真が特別賞!

・・・オレ様、いい湯だなぁ~ってリラックスしていたのに。。。人間がスマホを近づけて見せびらかすものだから。。。イラついてスマホを奪っちゃったよーだ!
なになに、これどうやるの?ふんふん、分かったぞ、あっ、光った、オレ様も捨てたもんじゃないだろ。・・・

と言ったかどうかは定かではありませんが。。。この写真がイギリスのフォトコンテストで特別賞を受賞したそうです。
それよりも。。。あのスマホ、ちゃんと持ち主に返したのでしょうか?ちょっと気になります。

http://iphonech.info/archives/54255693.html
(転載)

 ロンドンの自然史博物館は29日までに、「今年の野生生物写真家」コンテストで、長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑で温泉につかりながら米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を見るニホンザルの写真が、人気投票に基づく特別賞に選ばれたと発表した。コンテストは同博物館と英放送局BBCワールドワイドが共催した。

 受賞したのは、撮影ツアーを率いていたオランダのマルセル・ファンオーステン氏。旅行者がiPhoneをサルに近づけて写真を撮ろうとして、サルに奪われた場面に出くわし、シャッターを切った。サルは新しい「おもちゃ」に喜び、iPhone内蔵のフラッシュを発光させることにも成功したという。

 コンテストは今年で50回目。96カ国から4万2千点以上の応募があった。(共同)

no title

産経新聞 2014.10.30 11:12更新
http://www.sankei.com/world/news/141030/wor1410300022-n1.html

X22レポート 

長い記事でしたので途中ちょっと端折りましたが。。。X22レポートにより様々な情報が伝わってきました。このビデオ情報を聴いて分かったことは。。。世界中の資源や富を強奪するために欧米のグローバルエリートら(ユダヤシオニスト=金融資本、グローバル企業、軍産複合体、ネオナチ、欧米政府)は世界中の国々を侵略して荒しまわり、戦争を行い人々を大量虐殺し、世界中を破壊しながら、自分達の富と権力を維持・獲得しようとしているということです。全くどうしょうもない最低の生命体です。こんな連中に支配されている各国政府はパペットとして動いているだけです。しかし欧米のグローバリストらは世界戦争を勃発させて世界中を混乱させてから新たな金融、経済システムを構築させ、再び、世界を支配しようと考えているようです。しかし中国やロシアは欧米支配を終焉させた後自分達が世界を支配しようとしていることが分かります。
どちら側が支配しようとろくなことはありませんねえ。このようにしてイルミナティのアジェンダが継続されていきます。地球はこのように汚い生命体に乗っ取られ支配されていますから、どうしょうもありませんねえ。

http://beforeitsnews.com/politics/2014/10/x22report-people-of-libya-on-the-verge-of-capturing-oilfields-central-bankers-making-their-move-episode-503-2661158.html
(ビデオ)
10月28日付け:
People Of Libya On The Verge Of Capturing Oilfields, Central Bankers Making Their Move – Episode 503

       

(概要)

ご存じのとおり中東地域は完全に破壊されてしまいました。リビア、イエメン、イラク、次にシリアが攻撃対象となりました。しかし欧米諸国に破壊されたこれらの国々の人々が自国を取り戻すために立ち上がりました。リビアでは人々が現政権を倒しリビアの油田を占拠し海外に石油を販売しようとしましたが、サテライトを介してそれらの動きが全て把握されており、西側諸国=アメリカ、イギリス、イスラエル、サウジアラビア、カタールなど。。。の指揮下で動いているISISはリビアの石油を追跡し奪い取っています。ISISは米ドルで石油を販売していますからアメリカにとっても都合がよいのです。
このように西側諸国はISISに中東の石油を奪い取らせ巨額の資金を調達させながらシリアそして最終的にはイランを侵略させようとしているのです。現在、中東地域はカオス状態です。

このような状況が今後も続くと、最終的には第三次世界大戦まで行くのではないかと懸念しています。
西側諸国は地上軍をシリアに派遣しシリアを攻撃する準備をしています。彼らがシリア上空に飛行禁止区域を設定したのも戦争の準備の一環です。イラクに空軍基地を設置し、トルコで自由シリア軍を訓練しシリアやイラクに送り出そうとしているのもそのためです。
なぜ西側諸国が戦争を開始しなければならないのかというと。。。世界中の経済が崩壊しているからです。
多くの金融・経済アナリストらは、ヨーロッパやアメリカの経済は完全に崩壊していると伝えています。不正操作で変動する株価を見て経済を判断するのは無意味だということを誰もが知っています。
政府が発表する不動産(各地の住宅価格が下がっても売れない。ただし、FRBから資金を調達しているヘッジファンドや投資会社が投資目的(貸家用)で住宅を購入しているが賃貸物件は空き家が多い。)、小売業、失業率、製造業、その他のデータは全てねつ造です。
政府は、「経済は回復している」と言っていますが、実際は悪化し続けています。さらにヨーロッパ全域が深刻な不況に陥っています。
このような状況下でQEを止めることになれば。。。どのような影響が出るかは誰でも推測できます。
しかし彼らは自国経済を破壊させた責任をとりたくないため、一日も早く戦争を始めて人々の関心を経済から戦争に向けさせたいのです。
彼らは、第三次世界大戦を勃発させ世界中をカオスにさせた上で、世界の経済・金融システムを完全にリセットしたいのです。戦争が始まれば、彼らは世界中の人々から彼らの悪事を追及されずこれまで通り富と権力を握り続けることができます。そして、これまでの欧米中心の世界経済・金融システムを他の地域(BRICS?)に移行させてリセットしようとしています。

中略

現在、アメリカでは多くの人々が職を失い、まともな職に就くこともできない状態です。彼らは仕方なくパートタイムで働いていますが、将来は給与も上がりフルタイムの職に就けるようになると期待しています。しかしヨーロッパの状況を見ても分かる通り失業率が改善するどころか失業者が急増しています。アメリカも全く同じ状態なのですが、政府の偽データによって実態が隠蔽されているだけです。
ヨーロッパや後進国の経済が低迷している中でアメリカの輸出量も減少しています。自動車売上高も低迷しています。このような状況はリーマンショック直前と同じです。

中略

FRBがQEを止めると発表しても。。。裏ルートから銀行に巨額の資金を供給し続けます。その資金で銀行は株式市場や他の市場に投資し続けます。QEがストップすると一時的に株価が下落しますが、このように裏ルートから銀行に巨額の資金が流れていますから、すぐに株価は跳ね上がります。現在、株価の変動が激しいのはこのような不正があるためです。
経済が悪化していることを人々に知られたくないために意図的に金の価格が抑えられています。株価を上昇させることで人々に経済は順調だと思わせています。

中国はシンガポールと中国元とシンガポールドルを使った直接貿易を開始しようとしています。
中国は貿易価格を下げながら、世界中で中国元での貿易を拡大しています。中国政府は元の影響力を拡大しようとしており、米ドルの使用を避けながら元を世界準備通貨にさせようとしています。
同時に中国は外貨準備高の分散を迫られています。中国の外国為替売買システムでは元によるオンショアトレードを他の通貨でできるようにしました。

中略

米政府はインターネットをハッキングしながら、自分達のスキャンダルを暴いた情報を全て削除し悪事を隠蔽し続けています。
アメリカでは非常事態が続いています。1979年以降1度だけ非常事態となったときがありますが、今回は終わる見込みがありません。アメリカの人々はみな犯罪者として扱われています。アメリカ人の3人に1人はFBRの犯罪者リストに載っています。殆どの人はこの事実を知りません。FBIは、犯罪者にするための証拠を得るためにラジオのトークショーを全て録音しています。現金で飛行機や列車の切符を購入すると不審者として見られます。政府は現金で物を購入する人たちを不審者とみなします。

米財務省はベイルインや政府の財政赤字を埋めるためにアメリカ人の銀行口座から預金を押収することを決めました。以前から、銀行口座に多額の預金をするのは避けるようにと警告されてきたのもこの時のためです。政府は不審者と見なした人たちの銀行口座から預金を抜きだします。
政府は、我々がインターネットで警告しているため非常にいら立っています。インターネットで真実の情報が即座に拡散されていることに危機感を感じているのです。政府はインターネットの全ての情報を監視し、彼らに不利益な人物を探し出しています。そのため重武装したDHSが各地域に配備されているのです。経済が崩壊すると必ず暴動が起きると恐れており、その時に武力で弾圧しようとしています。

エボラに関する新たな情報として、エボラウイルスは低温で50日間生き続けると発表されました。
世界中で感染国への渡航や感染国からの入国を禁止する動きがあります。
しかしアメリカは感染国への渡航や感染国からの入国を禁止していません。米政府は4000人の米軍兵士を、英政府は3000人の英軍兵士を西アフリカに派遣しています。国連事務総長は軍隊を派遣するのは西アフリカを占拠するためではなく感染国の救済のためだ、と変な発言をしました。なぜ、軍隊が感染国に派遣されなければならないのか。。。全く理解できません。CDC疾病対策予防センターはオバマ政権の命令通りに動いており、旅行者の検疫を十分に行っていません。西アフリカからニュージャージーに帰国したケイシー・ヒットコック医師はエボラ感染が疑われ、強制的に検疫を受けさせられて隔離されたため、人権侵害だと法的に訴えています。しかし、彼女はCDC疾病対策予防センターと繋がりがある人物だということが分かりました。彼女はCDCの感染病の諜報部員なのです。彼女はオバマの民主党選挙キャンペーンに携わっていた可能性もあります。
オバマ政権は感染した疑いのある人々を検疫・隔離することを拒んでいます。
ここでも何等かのアジェンダが実施されています。
オーストラリアは感染国からの旅行者の入国を禁止しました。

リベリアの赤十字社はリベリアの感染者数が減少していると発表し、WHOはリベリアの感染者数は増加していると発表しました。全く違った内容が発表されたのです。
4000人の米軍兵士がリベリアに派遣され、3000人の英軍兵士がシエラレオネに派遣された理由は西アフリカの感染国の天然資源を奪おうとしているのは明確です。彼らは資源を強奪するためにアフリカの国々に進攻し占拠しようとしています。
中国やロシアがアフリカを支配下に置いているため米英政府もアフリカをわが物にしようとしているのです。

香港ではオキュパイ・セントラル・ムーブメントと呼ばれる大規模デモが続いていますが、デモ隊が使っている傘がアメリカ製なのです。デモに参加している人々の多くがアメリカと密接なかかわりがあり、多くのアメリカ系団体が香港から中国政府を排除するために、デモの資金を提供していることが分かっています。

中国政府はデモに反対する人々に対し中国政府を支持する請願書に署名することを呼び掛けています。

アフガニスタンではアメリカとアフガニスタンの条約の下に今でも1万人の米軍兵士が駐留していますが、
新たに選出されたアフガニスタン大統領は政府内の腐敗や汚職を取り締まり統治能力を強化しました。
アフガニスタンはテロリスト(タリバン)と戦うためにアメリカやNATOではなく中国(上海協力機構)に支援を要請しました。中国はアフガニスタンに巨額の資金を投入し銅などの資源の採掘を始めています。
この動きに中央銀行はどのように反応するのでしょうか。

フランス政府は、中国が世界第三位の金生産国のマリと商取引を開始したため、さらに多くの仏軍隊をマリに派遣しています。ドイツがフランスに預けていた金を返却するよう要請した後に、金の在庫が消えてしまったフランスは金生産国のマリに軍隊を派遣しマリを占領したのです。

ハンガリーでは暴動が起きています。ハンガリー政府が国民にインターネット税を課したからです。何万人もの人々が経済省の建物の前に集まり抗議デモを行っています。
インターネットは自由に使えるべきですから、インターネット税を課してインターネットの利用を制限させるのはとんでもないことです。
EUはハンガリーのインターネット税の問題に関与すると言っていますが、ハンガリーはEUが内政干渉をするならEUから離脱すると言っています。

中略

イエメン政府は反政府勢力の攻撃により完全に崩壊しています。イエメンの人々は自国を取り戻すために反政府勢力に加わりアメリカのパペット政府を追い出そうとしています。

リビアでもアメリカのパペット政府が崩壊しつつあります。ISISはリビアの油田を奪おうとしていると報道されていますが、リビアでは石油を米ドルを使わずに(=米ドルの崩壊を早める)輸出しようとしていました。そのため、アメリカ(FRB)はISISを使ってリビアの油田を奪おうとしているのです。現在、アメリカの諜報機関はリビアの国境沿いに軍事基地を設置しています。アメリカはもうじきリビアを侵攻するでしょう。

ロシアとイランはイラクに作戦司令室を置き、ISISをイランに侵入させないようにするそうです。しかしアメリカはロシア、中国、イラン、シリアにISISと戦ってほしくないのです。ISISは米政府の指揮下で動いていますから、ISISが中東の石油を奪い海外に販売することで資金を得ている間に、アメリカはシリアの石油精製所を攻撃してシリア経済を破壊しようとしています。アメリカは中東(シリアなど)で既に劣化ウランの爆撃を行っていますが、それを否定し続けています。これはジュネーブ条約に違反しています。

Amazonライブリンク
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ