日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2016年04月

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

アップル本社で男性が自殺!「

短い記事ですが。。。
数ヶ月前までは欧米の大手銀行の関係者の不審死が続きました。自殺や病死と言われていましたが。。。実際は殺害された可能性が高いと言われています。
今度はアップル本社の会議室で男性が死亡していました。アップル社の業績がそれほど悪化したのでしょうか。ジョブズ氏が死去し、アップルのカリスマ性が薄れてしまったからでしょうか?
それとも、この男性の死は自殺に見せかけた他殺だったのでしょうか。
大企業のアップル社で起きた死亡事件ですから。。。何か裏があるのでしょうかね~。。。

http://www.zerohedge.com/news/2016-04-27/dead-body-founds-apples-cupertino-headquarters

(概要)

4月27日付け


米アップル本社の会議室で男性の死体が発見されました。傍には銃が見つかっています。

ロイターによると、午前8時35分にカリフォルニア州クパチーノにあるアップル本社から警察に緊急電話が入りました。この男性は頭部の創傷で死亡したとみられます。

地元テレビ局とサンタクララの警察が現場に駆けつけました。


一部メディアは、警察の捜査により男性の死因は自殺であることが分かったと伝えています。第三者が男性の死に関わった形跡はないと断定しました。

最近、アップル社は収益の減少などで大きな打撃を受けています。Iphoneの売り上げが史上初めて減少しました。

当局は自殺した男性に関する詳しい情報を公開するのを拒否しました。
複数の警察車両が現場で目撃されました。

 

 

エリア51でキノコ雲が!


米軍は米国内でも核実験を行っているのでしょうね。
エリア51の敷地内でキノコ雲が発生していたそうです。どうりで。。。米国内は放射能汚染まみれなわけです。
アメリカ人の左翼ジャーナリストの中には、米国内で大量の放射能が検出された時、福島原発からの放射能だと断言していますが。。。そんなバカげたことを恥ずかしくもなく言えるのは左翼だけです。アメリカでは非常に危険な秘密実験が頻繁に行われているようです。

http://www.thedailysheeple.com/on-the-30th-anniversary-of-chernobyl-heres-what-we-are-still-not-being-told_042016

4月27日付け

2016-04-27_14-15-08

一体、何が起きているのでしょうか。
ある夫婦がExtraterrestrial Highway(地球外高速道路)を通りエリア51の正門まで行こうとしたところ(ここは、誰もが知っている通り、米軍が極悪の秘密実験を行っているところです)、軍事基地の敷地から噴煙が立ち昇っているのが分かりました。
他の人たちも近くの丘から噴煙を観ていました。 何が起きていようが、彼らからまともな説明を聴くことはないでしょう。彼らは説明すらしようとしないでしょうけど。。。

(ビデオはサイト内でご覧ください。4:45~キノコ雲が観れます。)

米 車を運転しながら犬の散歩をしているとんでもない飼い主


酷い飼い主がいるものです。
犬の散歩が面倒なら最初から犬を飼うべきではなかったのです。それとも、犬と歩くのが大変なほど太っているのでしょうか?
車の窓からロープで犬を引っ張り車道を走らせていたのですから。。。犬が車に引かれたりしても良いのでしょうか。走行中の車だって迷惑でしょう。
ペットの飼い方を観ていると最低の人間が分かります。飼い主が飼っていた犬はアメリカでかなりポピュラーなピットブルです。この種の犬は闘犬として使われるため飼い主からよく虐待を受けています。
虐待を受けた犬を保護する施設ではピットブルが沢山収容されているようです。
闘犬に使われるために(或いは闘犬を訓練するために攻撃を受ける犬として)生まれてしまったピットブルが可哀そうです。

日本でも。。。犬の虐待はなくなりません。ペットの様子を見ていると飼い主の人柄が分かります。
この街でも、たまに、自転車に乗って犬を散歩している飼い主を見かけますが。。。散歩が面倒なのでしょう。歩行者にとっても非常に迷惑ですし、危険な行為だと思います。犬も自転車の速度に合わせて走り続けていますから、少しも嬉しそうではありません。可哀そうです。
歩いて散歩をするのが面倒なら、最初から犬を飼うべきではありませんね。
うちの近所には毎日2回、老犬をゆっくりと散歩させている方もいます。老犬は本当に満足げな顔をしています。
穏やかな光景です。
忙しいときは短い時間でもちゃんと歩いて散歩させるべきと思います。

http://www.thedailysheeple.com/video-outrage-after-woman-walks-dog-by-holding-his-leash-out-the-window-while-driving_042016
(概要)
4月26日付け

ビデオ:女性が車を運転しながら犬を散歩しているところを目撃した女性が怒り、携帯でその様子を撮影しYoutubeにUPしました。

Screenshot 2016-04-26 at 2.27.18 PM

人間はどこまで怠け者になるのでしょうか。
カリフォルニアのストックトンの道路で、飼い主(女性)が車に乗り窓から犬のロープをたらして犬の散歩をしているところが目撃されました。飼い主は犬の散歩がしたくなかったのです。
目撃者は怒ってカメラでその光景を撮影し、その後、飼い主に近づき非難しました。しかし飼い主は、長いロープでゆっくりと引っ張っているので問題はないと反論しました。
車が走っている間、犬はロープに引っ張られながら車道を走っています。
インタビューに応じた十代の若者でさえ、飼い主の行為は良くないと言っています。
警察はこの映像を確認した後に飼い主に対して注意散漫な運転をしたとして罰金を科しました。

寝るときは左側を下に?

私などは昔から、胃の消化を助けるために幽門がある右側を下にして寝た方が良いなどと聴いていました。そのため、胃がもたれているときなどは右側を下にして寝ていました。
しか~~し、アメリカの医師(Dr.John Douillard)によれば、健康維持のためには左側を下にして寝ると良いそうです。やはりどっちを下にして寝た方が良いのかは専門家でないと分からないものです。
仰向けで寝るよりも横向きの方が眠りに落ちやすいような気がします。ただ、かなり疲れているときは仰向けでもすぐに眠ってしまいます。
もし首をねじらなければよいのなら、私はうつ伏せが好きです。ただ、この場合、しばらくすると首が痛くなってしまいます。
これからは、試しに左側を下にして寝てみようかと思います。
皆さんも試してみてください。

http://tapnewswire.com/2016/04/this-is-why-you-need-to-be-sleeping-on-your-left-side/
(概要)
4月26日付け

今の時代、人々は忙しい生活を送っています。一生懸命に働き家族を養い。。。そして就寝するときには疲れ果てています。

夜間の睡眠は、人間の健康(心身共に)を維持する上で非常に重要です。我々は約8時間の睡眠をとる必要があることは分かっています。しかし健康維持のためにどちら側を下にして寝るのが良いのかを知る人は少ないでしょう。
寝る姿勢は人によってまちまちです。左側を下にして寝るのが好きな人や右側を下にして寝るのが好きな人もいます。或いは胎児のように丸くなって寝るのが好きな人もいます。
寝る姿勢が健康に影響を与えます。喘息の持病のある人は仰向けに寝ると息ができなくなるおそれがあるので危険です。また右側を下にして寝ると消化に悪影響を与えます。消化器系統に問題のある人は症状を悪化させる場合もあります。

従って、健康のためには左側を下にして寝るのが最適です。
左側を下にして寝ると:

心臓へ戻る血液の循環を促す(心臓の左側から心臓へ血液が流れ込んでいる)。
心臓が下の方へ血液を送りやすくなる。
脾臓の機能をサポートする。
リンパ排液を促す。
身体の左側にある下口結腸からの排泄を促す(特に寝起きに水を飲むと良い)。
適切な消化が行われるようになる。

By Dr. John Douillard



これまで左側を下にして寝ていなかった人は、健康維持のために、今すぐ、左側を下にして寝るべきです。

4月22日~24日、屋久島へ その2 写真

4月24日、新高塚小屋~縄文杉~白谷雲水狭まで

(原生林の中を進む→高塚小屋→縄文杉へ向かう→縄文杉→大王杉→ウィルソン株内部のハート→ウィルソン株→翁杉→トロッコの線路跡の林道→三代杉→白谷雲水狭への分岐→辻峠へ向かう→白谷小屋付近のコケ石→雲水狭手前の歩道→白たえの滝)

横になったままの写真が!!!失礼しました。

IMG_1798新高塚小屋から縄文杉への道IMG_1799高塚小屋IMG_1800縄文杉へIMG_1801縄文杉IMG_1808大王杉IMG_1810大株歩道IMG_1811ウィルソン株の中から見るハートIMG_1814ウィルソン株IMG_1815翁杉IMG_1819ここからトロッコのレールの跡IMG_1824三代杉IMG_1825白谷雲水郷への分岐IMG_1827再び上り坂が続くIMG_1829白谷小屋横のコケ石IMG_1832水浸しの登山道IMG_1833白たえの滝
Amazonライブリンク
記事検索
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ