日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2017年03月

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖

オリンピックを開催した国はオリンピック後に衰退する運命なのでしょうか。
派手に演出したオリンピックの残骸が開催国の重荷になってしまいます。
3年後のオリンピックの準備で東京は華やかさを増していますが、オリンピックが終わってもその華やかさは維持されるのでしょうか。そうは思えないのですが。。。
東京だけでなく首都圏のあちこちにマンションが建設されています。人口が減少しているのにマンションばかり立ち並んでどうするのでしょうか。保育園は不足しているのにマンションばかりが過剰供給です。やがて空室が目立つようになるでしょう。マンションを売りたくてもそう簡単には売れなくなるのではないでしょうか。
東京のタワーマンションも何十年後かに必ず老朽化します。どうするのでしょうかね、老朽化したタワーマンション。
山の上から東京の高層ビル群が見える時がありますが。。。まるで天空の墓場のように見えたりします。
将来的に東京の高層ビルが巨大な墓石のようにならないことを願うばかりです。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170330/dms1703301700009-n1.htm

タワーマンション 東京五輪後にやってくるスラム化の恐怖

 高層階の住民からすれば、住宅ローンをたんまり抱えて、「無理くり」入居してきた一般庶民である住民の存在は気に入らない、低層部の住民からみれば、必要のない豪華な共用施設を独り占めして我が物顔でふるまう高層階住民のいやらしさが癪に障るというわけだ。

 しかし、この話はあくまでも現状での話だ。別にお互い「好き」で買ったマンションなのだから入居後の争いなど他人からみればどうでもよい話ともいえる。

 問題はこれからだ。タワマンの高層階は「投資」として買った人が多い。つまり、投資は「入口」があれば、必ず「出口」=売却することによって完結する。湾岸エリアのタワマンを買った多くの外国人投資家は東京五輪が終わるまでに、自分たちの投資を確定させようとする。相続税の節税目的で買った人は当然だが、相続発生後はこの物件に用はない。

 すでにこのエリアの中古マンション市場では、彼らによる「売り」が優勢になっている。新築のタワマンが折からの建設費の高騰により分譲価格がどんどん上がる中、中古市場では「売り逃げ」を図る投資家が繰り出す大量の売り物件で溢れている。

 新築物件への影響は甚大になる。東京五輪後の東京の将来について楽観的な人は少ない。首都圏ですら、今後は人口が減少に向かうことは間違いなく、激しい高齢化社会の到来は首都圏においては、実はこれからが本番と言われている。

 東京がアジアの金融センターになることを唱える政治家は多いが、外国人の金融マンの間ではジョークとしか聞こえないだろう。彼らは口をそろえて「アジアの金融センターはシンガポールあるいは香港」と断言する。

 高層階の住民からすれば、住宅ローンをたんまり抱えて、「無理くり」入居してきた一般庶民である住民の存在は気に入らない、低層部の住民からみれば、必要のない豪華な共用施設を独り占めして我が物顔でふるまう高層階住民のいやらしさが癪に障るというわけだ。

 しかし、この話はあくまでも現状での話だ。別にお互い「好き」で買ったマンションなのだから入居後の争いなど他人からみればどうでもよい話ともいえる。

 問題はこれからだ。タワマンの高層階は「投資」として買った人が多い。つまり、投資は「入口」があれば、必ず「出口」=売却することによって完結する。湾岸エリアのタワマンを買った多くの外国人投資家は東京五輪が終わるまでに、自分たちの投資を確定させようとする。相続税の節税目的で買った人は当然だが、相続発生後はこの物件に用はない。

 すでにこのエリアの中古マンション市場では、彼らによる「売り」が優勢になっている。新築のタワマンが折からの建設費の高騰により分譲価格がどんどん上がる中、中古市場では「売り逃げ」を図る投資家が繰り出す大量の売り物件で溢れている。

 新築物件への影響は甚大になる。東京五輪後の東京の将来について楽観的な人は少ない。首都圏ですら、今後は人口が減少に向かうことは間違いなく、激しい高齢化社会の到来は首都圏においては、実はこれからが本番と言われている。

 東京がアジアの金融センターになることを唱える政治家は多いが、外国人の金融マンの間ではジョークとしか聞こえないだろう。彼らは口をそろえて「アジアの金融センターはシンガポールあるいは香港」と断言する。

 ということは、東京五輪後に東京タワマン投資の掛場に新たに登場する投資家は少ない。相場は「下げ」となる。もともと東京五輪目当てで上がってきたタワマン高層階相場は、大量の「売り」の出現により暴落するだろう。

 さらに国税庁はタワマンの相続税評価額を見直し、これまで階層差に関わらず一緒だった評価に格差をつけた。相続税対策としての妙味も減じられてしまったタワマンの高層階をあえて高い価格で買おうとする人は激減するだろう。

 この相場下げの影響は、本来は高層階とは縁のないはずの低層部の住戸の中古相場の足を引っ張ることにもなるだろう。

 ここまではこれから数年間の話。そして大問題が、東京五輪以降で顕著になるタワマンの大規模修繕問題の話である。

 タワマンの建設が進んだのは1995年以降と言われる。大都市法が改正され、都心部の容積率が大幅に緩和された結果、大量のタワマンが湾岸部を中心に供給されてきた。そのマンションの多くが築25年を超えるのが東京五輪以降だ。

 実はタワマンの大規模修繕については工法が確立されていない。

 外壁の修繕をするためにも足場が組めないのでゴンドラによる作業になる。高層建築物では、上層部は穏やかな日でも強風であることが多い。作業面積は限られ、天候を見ながらの作業となり工期は通常の作業の3倍以上かかるといわれ、そのぶん負担金額は通常のマンション工事と比べて大幅増となる。

 エレベーターも高層用は通常のマンションと比べて高性能であるぶん、更新する場合のコストは高額になる。しかもタワマンはエレベーターが一棟あたり15基くらいある。地震に対して「安心・安全」を謳う非常用発電機も更新の場合は1基あたり数千万円から1億円にもなる。

 こうした負担について、デベロッパーはマンション分譲時に明確な説明はしていない。むしろ管理費・修繕維持積立金が安いのは「戸数が多いから」という一見わかったような説明をしているが、これらの費用が年々急上昇していく実態が世の中で明らかになるのはやはり「アフター2020」ということになる。

 当然、これらの費用を負担するのは区分所有者自身だ。投資家に見捨てられた高層部には、「逃げ遅れた」外国人が空き住戸を自国民に使わせ、住棟内のトラブルが増えるだろう。管理費や修繕維持積立金の滞納が頻発することも心配だ。彼らが国に帰ってしまえば、そのあとを追いかけるのは至難の業だ。低層部では無理なローン設計で買っていた「背伸び」組の住民たちの中に、ローンが払えず破綻する人たちが発生するかもしれない。

 管理組合は人種の違い、経済力の違い、年齢層の違いからくる阿鼻叫喚のスラム状態になす術がない。そんなタワマンの未来を今から予見している人は少ない。

 しかし、この事態は決してオカルト小説ではない、間近に迫った問題なのである。

マリーヌ・ル・ペン氏はニューワールドオーダーを破壊すると誓いました。

最近、世界的に見ても、女性政治家の方が勇敢で強い意志を持って政治に取り組んでいるように思われるのですが。。。日本の女性はわかりませんが、世界では強い女性が出現しています。暗黒の時代には女性が国や世界を率いることになるのでしょうか。
大統領選を控えたフランスのル・ペン氏は、フランスの大統領に選ばれたなら、EUやNWOを解体すると宣言しました。彼女はNATOからも脱退すると言っているようです。ルペン氏が大統領になったら面白いことになります。EUが解体し各国が主権を取り戻すと、特にヨーロッパは混乱しますが、同時にグローバリズムが失速するので良いことです。
選挙の結果がどうなるか。。。注目です。

http://investmentwatchblog.com/marine-le-pen-vows-to-destroy-new-world-order/
(概要)
3月30日付け

マリーヌ・ル・ペン氏はニューワールドオーダーを破壊すると誓いました。

by Baxter Dmitry

Leading French presidential candidate Marine Le Pen has vowed to "destroy the New World Order" when she is elected President of France.


フランスの政治家(大統領候補者)、マリーヌ・ル・ペン氏は、自分が大統領に選ばれたなら、ニューワールドオーダーを破壊すると誓いました。
ル・ペン氏は、ヨーロッパのエリートに対し、やるべき時がきたなら、彼等の利己的で腐敗した機構をこの手で破壊すると警告しました。

また、ル・ペン氏は、パリの国民戦線党の本部で「国民からのメッセージはクリアである。ニューワールドオーダーは終わった。エリートは、彼等のプロパガンダを煽るメディアの背後に隠れブリュッセルで無責任な政策を決め彼等を批判する人々の口封じをしているが、彼等はもはや安全とは言えない。私が大統領に選ばれたなら、これまで経験したことのない革命の波が押し寄せるだろう。」と熱心な支持者らの前で宣言しました。

ル・ペン氏はBBCのインタビューで、フランスの主権を回復させるつもりであると伝えました。

ル・ペン氏は「私が大統領に選ばれたなら、EU本部に行き、彼等から4つの主権を取り戻す。それらは法の主権、領土の主権、経済及び金融主権、そして貨幣主権である。」と述べました。

EUがル・ペンの要請を拒否した場合、彼女はフランス国民に対して専制君主超大国のEUから離脱する以外に方法はないと伝えるでしょう。


乗馬、カエルの繁殖が趣味のル・ペン氏は、「フランス、オランダ、デンマーク、イタリア、ハンガリーはEUを拒絶しイギリスのBREXITの後についてくると思う。そしてEUというプロジェクトは失敗に終わり、ソ連と同じように崩壊する日もそう遠くはないだろう。現在、根本的な何かが起きており、国民と共に主権国家と国境が復活することになるだろう。人々は自分たちの運命は自分たちが決めることを望んでいる。彼等は、長い間、そのことができない状態だった。」と述べました。

ロシアとヒラリーが共謀してアメリカを破壊!

以下の記事でもお分かりの通り、ロシア政府と中国政府は民主党の国賊政治家ら(ヒラリー、オバマ、他)を使ってアメリカを内部から破壊しようとしてきたことが分かります。
道理で、オバマ政権時代にアメリカ国内にロシア軍、中国軍、国連部隊が大量に潜入できたわけです。オバマ民主党政権、ロシア、中国そして国連は、アメリカを内部から完全破壊するための準備をしていたのです。
BRICS 対 欧米 という構図がありますが、ロシアと中国 対 アメリカという構図で戦いが進行中です。ロシアと中国はアメリカを解体することで、NWOの下で世界の覇権国家となることができます。グローバリズムを推し進めているのは欧米だけではありません。ロシアも中国も同じです。
日本政府はロシア政府を信用してはなりません。日本には中国やロシアの回し者が(偽)情報提供者としてネット上で活躍し日本の視聴者を騙し続けています。彼等の背後には中国、ロシアがおり、ユダヤ・シオニスト、ロスチャイルド、ディープステートなどがいます。

http://beforeitsnews.com/new-world-order/2017/03/russia-clinton-exposed-housing-intelligence-committee-exposes-hillary-clinton-and-russia-working-together-to-destroy-america-7283.html
(ビデオ)
3月30日付け

連邦議会諜報特別委員会で、ロシアとヒラリーが共謀してアメリカを破壊していることが明らかになりました。

(概要) 

ロシアは大量の核弾頭を製造しており、アメリカと核戦争をしたいのは確かです。
また、ヒラリー・クリントンは(国務長官時代に)アメリカのウラン資源の20%をロシアに売却しました。
ウランで核兵器ができます。また、ヒラリーはメール・サーバーを自宅に置きアメリカの機密情報を外部(外国政府)に送信していました。アメリカのウラン売却や機密情報リークによりヒラリーは外国政府からクリントン財団経由で巨額の賄賂を受け取りました。
ロシアとヒラリーはしっかりと手を結んでいるのです。しかしこの事実が明らかになることを恐れたロシアとヒラリーは、ヒラリーとロシアの繋がりを隠すためにロシアと繋がりがあるのはトランプ側であると嘘をつきトランプ側を責めました。

Housing Intelligence Committee(連邦議会諜報特別委員会)の公聴会で次の事実が明らかになりました。
ロシアとヒラリーはアメリカを乗っ取り、米軍を内部から解体し、アメリカの軍事資源を使い果たそうとしています。

ヒラリーは大統領選の結果を受け入れようとはしません。そしてロシアは米国民からアメリカの選挙制度に対する信頼を失墜させようとしているのです。
ヒラリーは、大統領選キャンペーン中にロシアがトランプと協力してヒラリー側のメールをハッキングしたと非難しアメリカの票の集計に対する不信感をもたらしました。
しかし我々は、ヒラリーが犯罪者でありロシアと共謀してアメリカを破壊しようとしていることに気が付くべきです。

先日、中国と北朝鮮がアメリカを攻撃し第三次世界大戦を勃発させる恐れがあるとお伝えしましたが、アメリカには宇宙テクノリジーがあるためアメリカを攻撃するにはかなりの危険が伴います。それを考えると彼等がアメリカを攻撃する確率は殆どないでしょう。たとえ彼等が大量の核爆弾をアメリカに向けて発射してもアメリカはそれらを全て迎撃し太平洋に落下させてしまいます。

しかし中国とロシアはサイバー攻撃が得意です。ですからアメリカもサイバー攻撃に備える必要があります。アメリカを攻撃するにはサイバー攻撃が最も有効だということです。

ヒラリーは国務長官時代にアメリカのウランの20%をロシアに売却した事実が発覚しました。ロシアとのウラン取引でクリントン財団に巨額の資金が流れました。
世界最大のウラン採掘を手掛けている(プーチンの影響下にある)ロシアの核エネルギー・エージェンシーは、カナダだけでなくアメリカのウランを採掘していたカナダのウラン採掘会社を買収したのです。彼等は強権的に資源を牛耳っています。
ロシアはヒラリーと共謀してアメリカを乗っ取り、アメリカを内部から破壊しようとしています。

米メディアが報道するニュースの殆どがねつ造です。
アメリカの国土は単なる不動産のように売却されています。中国共産党はハリウッドを購入しました。彼等は有名な映画館フランチャイズのAMCも買収しました。ですから中国共産党はアメリカで放映される映画を全て検閲し、彼等にとって都合の悪いシーンをカットしてしまいます。ハリウッド映画は中国共産党の承認を得なければな放映されなくなります。
アメリカの国土が外国政府に売り出し中です。ロシアもヒラリーやオバマなどの政治家を利用して秘密裡にアメリカを乗っ取っています。
つまり、中国、ロシア、ヒラリー、オバマが共謀してアメリカを乗っ取りアメリカを内部から破壊しようとしているのです。
ヒラリーはお金のためならアメリカを破壊してもかまわないと考えています。彼女はお金で物事や人を動かします。
ベンガジ事件でも、複数の米政府関係者が殺害された時も、「起きたことはしょうがない、そんなに慌ててどうするの」と笑っていたのですから。

以下省略

インドネシア 男性を飲み込んだヘビ

このニュースには驚きです!
インドネシアで巨大なニシキヘビに男性が飲み込まれてしまったそうです。
男性はもちろん死亡してしまいました。この世の出来事とは思えないほど恐ろしいことです。
インドネシアには人間を飲み込むほど巨大なヘビが生息しているんですね。農作業も危険がいっぱいです。
私はヘビが大嫌いなのでこんな巨大なヘビのいるインドネシアに住んでいなくて本当によかったと思います。
全長50cmのヘビでも叫び声をあげて逃げる私としては。。。全長7メートルのヘビが藪から私の前に出てきたら。。。
自分が藪ヘビになりそうです。

http://www.afpbb.com/articles/-/3123213

体長7メートルのヘビが人をのみ込む 腹部から男性の遺体 インドネシア    
インドネシア・スラウェシ島東部のサルビロ村で発見された、男性をのみ込んでいたニシキヘビ
(2017年3月27日撮影)


【3月29日 AFP】(写真追加)インドネシア中部スラウェシ(Sulawesi)島で、作物の収穫作業中に消息を絶った男性が29日、付近で捕らえられた巨大なニシキヘビの腹部内で発見された。地元当局が29日、発表した。

 スラウェシ島東部のサルビロ(Salubiro)村に住むアクバルさん(25)は26日、家族が所有する農園に向かったまま戻ってこなかったため、心配した親類らが捜索を開始。その一方、地元の住民らが27日、膨張し不自然に地面を這う全長7メートルのニシキヘビを発見し、腹部を切り開いたところ、中からアクバルさんが遺体となって見つかったという。

 地元当局者は「すぐにヘビが彼をのみ込んだと疑った。ヤシの実やアクバルさんの収穫道具、長靴を見つけた場所の周辺だったから」と述べるとともに、ニシキヘビはアクバルさんの全身をのみ込んでおり、この地域で人がヘビにのみ込まれて死ぬという記録はなく、初めてのことだと明かした。

 ニシキヘビが小動物を襲うことは知られているが、人をのみ込もうとすることは珍しいという。だが、2013年には同国のバリ(Bali)島にある高級ホテルで警備員がニシキヘビに襲われ死亡するという事件も起きている。

ビデオはこちらから:
https://www.youtube.com/watch?v=wubpbH8anKI

先週、日本国債と日本株の投げ売り率がすごいことに。。。

金融市場に関しては全くの素人なので、以下の記事を読んでも、今後、どのような影響があるのかを判断することはできませんが。。。どちらにせよ、株価や国債が大量に売られているのはアメリカだけでなはいようです。これは時期的なものなのでしょうか?それとも、このような激しい投げ売りは2008年、2016年末そして先週の3回しか見られません。外国人投資家には日本の国債も株も買ってもらいたくないと思っている私にとってみれば、投げ売った国債と株を日本人投資家が買ってくれればよいこと。。。

http://www.zerohedge.com/news/2017-03-29/foreign-investors-are-dumping-japanese-bonds-stocks-almost-record-pace
3月29日付け

外国人投資家らは記録的な速さで日本国債と株を投げ売っています。3年前から毎年この時期には外国人投資家の間で日本国債と株の投げ売りが行われており危機に陥ったかのように見えます。

先週、外国人投資家らは日本国債を1兆9千億円以上、日本株を7千5百億ドル以上を売却しました。これは史上2番目の投げ売り率であり、2008年以来、四半期最大の下げ幅となりました。


 

1週間で240億ドルの日本国債と日本株が投げ売りされましたが、これは昨年の第三四半期に次ぐ多さです。

Amazonライブリンク
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ