日本や世界や宇宙の動向

日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。

2018年02月

日々感じたこと、また、目に入った印象深い情報などをUPしています。

中国 少年がエレベーター内でおしっこをして故障させました。

再び、中国人の野蛮さが露呈しました。
今回は子供ですが大人も同じようなことをしています。少年はいたずらをするのにおしっこをひっかけ、大人はエレベーターの個室を公衆トイレ代わりに使います。

この少年がエレベーターのコントロールパネルにおしっこをひっかけエレベーターを故障させた映像(監視カメラが撮影)がYoutubeで世界中に流れたのにもかかわらず、その子供も両親も「そんなことはしていない。」と完全否定するところも、中国人らしい野蛮さがあります。
中国人は大人も子供もやることが野蛮で汚らしいと世界に知られ渡ってしまいました。しかも彼らは平気で嘘を吐くことも知られてしまいました。警察に捕まっても自分はやっていないと完全否定するのが中国人です。日本でも中国人の犯罪が増えていますが(ベトナム人の犯罪が最も多い)、彼らは絶対に自分のやったことを認めようとしません。本当にめんどくさい連中です。
それにしても、多くの中国人を日本に招き入れている政府、地方自治体、企業は、日本を大量の中国人で汚染させ、日本を野蛮国家に仕立てあげようとしているとしか思えません。
さらに、中国では結核感染者が非常に多いそうですが、結核を患っている中国人が日本を訪れたり、日本で働く機会が増える中で、日本国内でも結核感染が広がることは間違いないでしょう。それとエイズや梅毒などの性病も。中国人や外国人が日本に大量に流入すればするほど日本の汚染度は急増していきます。
今頃になって結核予防の対策を講じてももうおそいのではないでしょうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180227-00010003-newsweek-int

ことが起こったのは中国・重慶市。この物語の主人公となる少年は市内にあるマンションでエレベーターに乗り込んだ。
エレベーターに乗ったら行き先階ボタンを押して到着を待つのが、一般的な考え方だろうし、他にエレベーターの中ですべきことがあるだろうか。

この少年には想像を超えるオプションがあったようだ。エレベーター内でおもむろにおしっこをし始めたのだ。しかも、コントロールパネルに向けて。英BBCは、「おしっこをして楽しんでいる」と伝えている。
監視カメラが捉えた映像からは、少年がコントロールパネルを意図的に狙っていることがわかる。

しかし、本当の恐怖はここからだ。当然の結果と言えばそうかもしれないが、おしっこのせいでエレベーターは故障し、少年が目的階で降りようとすると、開こうとした扉は瞬時に閉じた。異変を感じた少年をさらなるアクシデントが襲う。
コントロールパネルは意志を持ったかのようにおかしな点滅を繰り返し、エレベーター内の照明が消えた。

「うちの子はそんなことできない」

中国共産党の機関紙、人民日報によると、この少年はすぐに救助されたという。

そして後日、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に人民日報のアカウントから投稿されたこの動画に、ネットユーザーはすぐさま飛び付いた。コメントの多くは「恥ずべき、家庭教育」「エレベーターの修理費を負担させるべき」「まだ小さいんだから子供を放置しないで」と少年の親を非難するものだ。

しかし少年の両親はこの映像の信憑性に異議を唱えている。北京の日刊紙「新京報」によると父親は、自分の息子はまだこんなに高い位置(コントロールパネル)におしっこできないと話しているという。
少年も、おしっこをかけたことを認めていないようで、親もそれを信じている。

ここまで証拠が出ていても自分の子供を信じる親の言い分が本当だとしたら、何か目に見えない力のせいだとでも言うのだろうか。それこそホラーだ。

こちらがその映像です。https://www.youtube.com/watch?v=qd6cSB7XhRs&feature=youtu.be

こちらは中国人の男が同じことをやっている映像です。https://www.youtube.com/watch?v=BQ85jKoWHlg

ペンタゴンにほど近い統合軍事基地に不審な郵便物が届けられました。

最近、海兵隊関連の記事が複数投稿されています。
数日前も米海軍兵士学校の薬物汚染についての記事をご紹介しました。
今回は、海兵隊の軍事基地に不審な郵便物が届けられ、それを開封したところ、十数人の海兵隊関係者が気分が悪くなり病院に搬送されたそうです。
また、問題となっている薬物汚染は海兵隊だけでなく陸軍や空軍も同じなのかもしれませんし、今回の不審な郵便物もなぜ海兵隊に送られたのかも謎です。

ところで沖縄の米海兵隊の事故が頻発していますが、その原因は薬物汚染されている海兵隊の士気や規律が低下しているためか、それとも、サイバー攻撃を受けているのが、それとも、内部のテロリストの仕業なのか分かりませんが。。。。海兵隊の事故、事件が多すぎるような気がします。

そういえば、トランプを援護しディープステート側と戦っているのも海兵隊だとか。。。
ひょっとしたら、不審な郵便物を届けたのはディープステート側でしょうか。サイバー攻撃はディープステート側の中国と北朝鮮でしょうか?沖縄には中国人工作員がうじゃうじゃいますし。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/02/alert-suspicious-mail-at-military-base-near-pentagon-triggers-multiple-victims-rushed-to-hospitals-3598408.html
(概要)
2月27日付け

ペンタゴンにほど近い統合軍事基地に届いた不審な郵便物を開封したところ多くの海兵隊関係者が具合が悪くなり病院に搬送されました。


Hazmat units(危険物処理班?)がバージニア州の統合軍事基地(フォートマイアー)の米海兵隊区域(アーリントン国立墓苑に隣接しペンタゴンにもほど近い)の事件現場に到着しました。不審な郵便物を開封後、14人の軍関係者が気分が悪くなり火傷の症状や喉の痛みを訴え、10人以上が病院に搬送されました。


病院に搬送された被害者らの容態は安定しています。

現場に到着したHazmat units及び消防団が調査を行っています。

ワシントンDCと川を隔てたところにあるフォートマイアーはアメリカの独立戦争時に創設された軍事基地ですが、2005年に海兵隊と陸軍を統合した軍事基地になりました。



地球上に出現した真っすぐ伸びる謎の雲

地球の上空にこれほど長い人工雲が噴霧されるなんて。。。考えられませんが、ケムトレイルの巨大プロジェクトのように思えてなりません。南極と北極を結ぶ非常に長い人工雲がグーグルアース、他でとらえられました。この人工雲は地球を縦に一周しているのかもしれません。その目的は何なのでしょうか。ケムトレイルには多くの有害物質が含まれていますから、このような大量のケムトレイルが撒かれたなら、地球の大気と土壌は汚染されまくります。
私たちが分からないところでかなり怪しいことが行われています。ただし、今ではそんなこともすぐに発見されてしまっていますが。。。

追記:以下の記事とは直接関係ないのですが。。。
詳細:http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2018/02/urgent-warning-what-you-need-to-know-about-5g-technology-video-2920329.html
第5世代携帯電話(スマホ、アイフォンなど)の中継塔、移動通信用鉄塔及び携帯電話から出ている高周波(放射線)が身体に害を与えており、癌、自閉症、神経系の損傷及び脳損傷、短命、精子数の減少、不妊、鬱、不安症などになりやすくなっているそうです。現在は殆どの人がスマホやアイフォンを使っており、ズボンのポケットなどに入れておいたり、耳に当てて長時間通話をしている人も多いでしょう。
しかし身体に直接当てて使用していると脳腫瘍や他の癌になりやすいと警告されています。小学校の近くに中継塔があると子供たちが癌になりやすくなるそうです。
ということで、第5世代携帯電話は人口削減計画の一環として開発されたようです。使用方法にはご注意してください。なるべく身体から放して使用した方がよさそうです。

http://ufosightingshotspot.blogspot.jp/2018/02/strange-trail-in-sky-extends-entire.html
(概要)
2月25日付け

地球上に南北に伸びる1本の線が映し出されました!

数日前、グーグルアースとグーグルマップ上で地球の表面に謎の線が走っているのが確認されました。長さが数千マイルもある線が南極から北極に走っており、グーグルアースやグーグルマップだけでなく国際宇宙ステーションからも確認できたと思います。


このように非常に長い謎の線ができた理由について活発な議論が交わされていますが、地球が検波した巨大な物体からのエネルギー或は周波数の一種ではないかとも推測されています。
一方、これは画像の異常処理によってできた線ではないかという人もいますが、この線は物理的なものであることは明らかです。

ネット上ではオランダ上空に真っすぐ伸びた巨大雲のようなものが現れたとの情報が投稿されました(画像右)。
この雲の画像を投稿した目撃者によると、2018年2月20日にオランダ上空に非常に不思議な線状の巨大雲が現れました。その雲は地平線の端から端まで走っていました。しかしこの雲は周辺に漂っていた雲とは異質に見えました。

つまり、グーグルアースが捉えた地球上に伸びる真っすぐな線は実際に存在するものだったと言うことが分かります。なぜこのような現象が起きたのかは謎ですが、この雲は人工的に造られた雲のように思えます。

南極の氷が溶け、人工的な構造物が現れました。

多くの人々が南極の氷の下に地下施設があると言われているのを知っています。
ヒットラーの命令でナチスが地下施設を造ったとか、地球外生命体が地下の巨大空間に生息しておりナチスに宇宙テクノロジーを教えていたとか。。。また、南極の穴から多くのUFOが出入りしているようです。

最近、イモトさんが「世界の果てまでイッテQ!」の番組企画として南極大陸最高峰ヴィンソン・マシフを登頂しましたが、南極に降り立った時、彼女も南極の地下には何かがあると言っていましたし。。。

ということで、南極の氷が溶け、氷の下に隠れていた巨大構造物のようなものがむき出しになっているそうです。以下の画像の通り、これは単なる岩ではなさそうです。これが何なのかは不明ですが、どう見ても自然にできたもののようには思えませんね。

http://ufosightingshotspot.blogspot.jp/2018/02/something-is-melting-out-of-antarctic.html
(概要)
2月27日付け

南極の氷床が溶け、氷の下に隠れていた巨大構造物のようなものがむき出しになりました。


この構造物の大きさは、長さ300m、幅30m~50m。そして壁の高さは10mです。

↑こちらの画像は構造物の一部を拡大したものです。

これが何なのかは分かりませんが、自然にできたものではなく人工的に造られたもののように見えます。多分、昔の基地或は南極に氷がなかった時代の古代建造物かもしれません。或いは何か別のもの?


↑こちらの画像でも自然にできたものとは思えないひび割れが氷床にできているのが確認できます。分かります。
座標:69°53'42.03"S 8°42'22.02"E

メルケル首相はヒットラーより酷いリーダー

大量の不法移民に占領された現在のドイツは様変わりしています。その元凶がユダヤ人のヒットラーの娘とされる東ドイツ生まれのメルケルの極左グローバル政策です。ドイツには百万人以上のイスラム系偽難民が住み着いています。これからもメルケル政権が続く限り偽難民の流入は止まらないでしょう。その結果ドイツの治安はかなり悪化しており、ドイツ国民の生活が脅かされています。メルケルは東ドイツで左翼グローバル思想の教育を徹底的に叩き込まれてきたのでしょう。メルケルこそNWOをヨーロッパで成し遂げるために育てあげられたリーダーだと思います。メルケルのグローバル政策は国連と連携していると思いますが、アメリカにも悪影響を与えているだけでなく日本の安倍政権にも影響を与えており日本のグローバル化が急速に進んでいます。
彼女はヒットラーよりも恐ろしいことを成し遂げました。しかもメルケル政権のドイツは中国やロシアとも親しく付き合っていますから、メルケルドイツ+ロシア+中国→NWOの構図が見えています。
安倍政権の危険なところはそのようなNWOのグローバル政策に乗ってしまっているところです。日本の移民受け入れが促進されており、日本人が嫌がるために人手不足になってしまったブラック企業が外国人労働者を採用するケースが増えています。その結果、給与は一向に増えず。。。
安倍政権のグローバル政策により、迷惑な移民(特に特亜、東南アジア、アフリカ、イスラム圏)や外国人観光客が押し寄せ、治安が悪化し、民泊を使った犯罪や凶悪犯罪も増え、地域社会が崩壊し、環境が汚染されます。
また、カジノが各地に点在するようになり、カジノ周辺には隠れ売春宿、麻薬密売所、武器密売所、マフィアやギャングのアジトができるようになるでしょう。
日本は安倍政権や自民党でなくてもどの党が政権を取ってもイルミナティのグローバル政策が推し進められることになるのでしょうけど。このようにして10年後の日本或は世界は様変わりします。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2018/02/merkel-has-done-more-damage-to-germany-than-hitler-her-days-are-numbered-2487001.html
(概要)
2月26日付け

メルケルはヒットラーよりもドイツを破壊しました。メルケル政権の終焉が近づいています。


メルケルはヒットラー以上にドイツを破壊しました。メルケルのグローバル政策により、ドイツの中産階級の富が、行き過ぎた社会主義移民政策に回されるようになりました。ドイツ国民はもうたくさんだと言っており、政権交代を求めるようになりました。

メルケルの移民政策は米国民をも脅かしています。

メルケルはドイツが実施してきた秩序ある移民政策を台無しにしてしまいました。メルケルの移民政策によりドイツは世界で最も犯罪率の高い国の仲間入りをしてしまいました。混乱の中で無秩序に移民が流入することが最大の問題です。しかも移民の中にはテロリストや犯罪者が多く混じっています。

INFO WARSから:
ドイツ弁護士団体(Working Group on Family Law in the German Bar Association)によると、反移民の人種差別的な内容や挑発的、暴力的な内容をネット上(フェースブックなど)に投稿したドイツ国民に対して、ドイツ政府は彼らの子供たちを奪い取ったり、移民が定住することに反対している国民に対しては会社を解雇したりしています。それでも多くの人々がネット上に移民に対する脅迫的な内容を書いています。ドイツでは移民による強姦被害が後を絶ちません。しかしドイツ政府は移民の犯罪を隠蔽し続けています。

中略

フェースブックのCEOのマーク・ザッカーバーグがメルケルと共に、ドイツ国民が移民に批判的な意見をフェースブックに投稿した場合の対処法について協議を行っていたことが分かりました。
メルケルはザッカーバーグに「フェースブック上に投稿された反移民の書き込みを検閲しているか。」と尋ねたところ、ザッカーバーグは「はい」と答えたのがマイクを通して第三者に聞こえてしまいました。
ドイツでは移民や難民に対するヘイトスピーチを行った場合、5000ユーロの罰金か刑務所に120日間留置されることになります。このような厳しいルールを監督しているのが左翼の活動家が率いる反ナチス・ネットワークです。

このような厳しいルールがアメリカでも必要とされるようになるのでしょうか?
ドイツでは言論の自由が失われました。
ドイツ国民はグローバル主義の左翼リーダーによって政府に抗議することもできなくなりました。
メルケルは、ザッカーバーグに命令してフェースブック上の書き込みの検閲を徹底させています。

メルケルは隠れビル・ゲイツです。

(ビル・ゲイツは人口削減計画実施者としてワクチンを世界に強要しています。)
メルケルを含むグローバル・エリートはワクチンの義務化を推し進めています。しかし予防接種(ワクチン)は自閉症などの危険な副作用を伴うため大きな問題となっています。

それでもドイツではワクチンが義務付けされています。メルケルはドイツの子供たちにお金を与えてワクチンを受けさせてくれない親たちを密告するように手なづけています。
このようなことがアメリカでも行われるようになるのでしょうか。既にアメリカでもメルケルと同じ側に立つディープステートがワクチンの義務化を推し進めています。


メルケルは親たちの選ぶ権利を削いでいます。

メルケルは、メルケル独裁政権からアメリカに逃亡した在米ドイツ人家族を追跡しアメリカからドイツに無理やり送還させるほどの暴君ぶりを見せています。ドイツ政府はそのような家族を犯罪者一家と呼んでいます。しかし彼らは全く犯罪に手を染めていません。

メルケル政権下のドイツはシュタージ(旧東ドイツの国家保安省)が支配していたころに戻ってしまったようです。

メルケルはグローバリストの主戦論者です。

複数の国際協定や国際を侵害しながらメルケルはグローバリストの役割の一環として、中東からヨーロッパの海域をイスラエル海軍に監視させるためにイスラエルに原子力潜水艦を供給し、第三次世界大戦を勃発させ世界中を戦争に巻き込もうとしています。それなのになぜメルケルはその責任を問われないのでしょうか。


中略

メルケルの非常識な政策が過激派思想を呼び込んでいます。


メルケルの移民政策(ドイツ国民よりも移民を重視する政策)により特にドイツの若者たちの間でナチス党が復活しています。


National Reviewから:
メルケルが多くの難民を無制限に受け入れたことで右翼政治団体がメルケルに反旗を翻しています。メルケル政権下で百万人以上の偽難民(ほとんどが難民ではない)がドイツに流入したことで凶悪犯罪が横行するようになり、難民や難民受け入れに反対する集団によるヘイトクライムが頻発しています。
大量難民受け入れによる治安の悪化はドイツの有権者だけでなく与党の議員をも恐れさせています。

メルケルはヒットラーよりも酷いリーダーです。

結局、メルケルが自国ドイツを破壊したことでドイツはこれから永続的に苦しむことになります。そしていつかドイツ国民は(第二次世界大戦では阻止できた)核攻撃を受けることになるかもしれません。

 

 

 


Amazonライブリンク
記事検索
プロフィール

mom

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ