以前にも、アメリカでは、何十兆ドルものお金を強奪した犯罪者の銀行家らや共犯者らに対する訴訟に向けて、水面下で法律家たちが動いているということをお伝えしたと思いますが。。。彼等の活動が本格的に表に現れてきました。アメリカ市民の訴えに応えて、Spire Law Groupに所属する全米の弁護士が、反銀行家、反腐敗政治家、反共謀企業として、この訴訟を担当しています。次第に、この訴訟は範囲を拡大して、世界規模の犯罪として明らかになるのではないでしょうか。そうすると逮捕されるのはアメリカにいるイルミナティだけではなくなるのではないでしょうか。。。いよいよ、この問題は裁判所の手に渡りました。悪の銀行家とその仲間たちが公の前に暴かれ、賠償請求をされる日が近づいているのではないでしょうか。賠償するだけでなく、刑務所送りにも。。。
金融界を操ってきたイルミナティは、今後下される裁判所の判決によっては、今まで盗んだ数十兆ドルものお金を米国庫に返済しなけらばならなくなります。返済しなけらば、担保執行停止となるかもしれませんから、どちらにしても、彼等に勝ち目はないようです。
ぜひ、裁判所が公正な判決をしてくれることを望みます。イルミナティがお金を失ったら権力も失います。そうなるとただの用が済んだ老いぼれ爺さんになってしまいます。早くその日が来るように願います。やはり、アメリカ市民と弁護士たちはやってくれました。すごいですね。今後の展開が見ものです。それにしても、日本の納税者から強奪したお金だって返してもらわなければ。。。日本でも捜査の手が伸びないですかね。

http://www.ladydragon.com/news2012/26101202.html

(内容)

Spire Law Group(全米法律家集団の合資会社的存在),LLP(有限事業組合)による全国自宅所有者が起こした訴訟 つまり、現在、ニューヨークの裁判所で審議中の銀行家が仕切った43兆ドルの強奪事件(これは米史上最大のマネーロンダリングと脅迫に対する訴訟であり、銀行や米国内の共犯者や共謀者により43兆ドルものお金が盗まれ、マネーロンダリングされた事件。)は、今や、その追及の手が米政府の重要官庁内の役人にまで伸びています。
ニューヨークの連邦裁判所で行われようとしている訴訟(Case No. 12-cv-04269-JBW-RML)、つまり、全米の銀行に対し、裁判所が指定する受取人に対し、マネーロンダリングをした43兆ドルを支払わない限り、担保権執行の停止を命令じたこと等に関連して、原告側は、私利私欲のために脅迫行為を行い43兆ドルのマネーロンダリングを行った政府要人(以下参照)やその関連企業を特定しました。
それらは、ホルダー法務長官、トニー・ウェスト司法次官補、カマラ・ハリス(カルフォルニア)司法長官の義兄弟、ジョン・コーザイン元ニュージャージー州知事、ロバート・ルビン元財務長官&銀行家、ティモシー・ガイトナー財務長官、辞任したヴィクラム・パンディット元シティーグループ理事長、オバマ政権の上級顧問のヴァレリー・ジャネット、オバマ政権の元通信責任者のアニタ・ダン、アニタ・ダンの夫であり、オバマ再選キャンペーンの主任弁護士のロバート・ボーラー、そして首謀者の銀行家らや関連の企業家らです。

US愛国者法、US外交政策に反対するイランや他の国々に対する通商禁止政策、威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法(RICO)そして他の州法や連邦法に違反したとする申し出てが行われました。
連邦地方裁判所での訴訟は、Spire Law Group, LLPが全国の家の所有者とNY納税者に代わって担当しており、ニューヨークの連邦裁判所では、納税者への賠償法 の下で、彼等の大規模不法行為を訴え、担保権執行の停止と銀行や共謀者に対し、43兆ドルの返済を求めています。
また、米連銀や緊急支援プログラムの監査が求められています。不良資産救済プログラムの元監査長官のニール・バロフスキーは、かつて、オバマ大統領とオバマ政権の方針として全国テレビや連邦議会で銀行に対する抗議を行ったにもかかわらず、被告人の銀行は国庫からの不良資産救済金や他の緊急支援金を一度も返済していないと述べていました。
オバマ政権はこれらの銀行家による犯罪の追及をしませんでした。それどころかオバマの政治的願望を満たすために、積極的に選挙キャンペーンの資金としてこれらの銀行家からお金を借りていたのです。その結果、全国の家の所有者による原告団は、訴訟範囲を広げ、脅迫、マネーロンダリング、イランなどの反米国に対する通商禁止政策の違反に対しても訴えているのです。マネーロンダリングや脅迫を(今も継続的に)行っている事業者体はウォールストリートに集中しており、何千人もの銀行家や共犯者が関係しています。これらの銀行家は過去にも、将来的にも常に緊急支援を求めてきました。


マネーロンダリングの避難国は、スイス、マン島(イギリスとアイルランドの間)、ルクセンブルグ、マレイシア、キプロスであり、 反米イランなどに対する通商禁止政策に違反して、これらの国の政府がお金を管理していました。これら多くの関連事業体に属する個人はそれぞれが 過去6か月の間に、召喚や告訴に対応してきました。しかし、今や、オバマ政権が正式に、家の所有者に対し、銀行でのローン変更を勧めているため、個人的に、違法なペーパーカンパニーの設立を承認する形となったため、もはや、ただの論議を行っている場合ではなくなりました。
この訴訟では、このような不明瞭な外資系会社を介して、アメリカ銀行、JPモルガン、ウェルズ・ファーゴ銀行、シティ銀行、シティ・グループ、ウェスト銀行、そして他の多くの連邦政府系銀行が、過去10年に渡り、家の所有者や納税者から何兆ドルものお金を強奪し、その後、そのお金をオフショア会社を介してマネーロンダリングしていたと訴えています。
連邦地方裁判所での訴訟は、Spire Law Group, LLPが担当しており、今回の訴訟が世界で唯一、法的プロセスに則って銀行家を訴えた訴訟であり、被告人らは最終的に、裁判所の判決に従わなければならなくなります。これまで政府のいかなる機関もこのような銀行を告訴したことはありませんし、43兆ドルもの返金、そして他の法的賠償を求めたこともありませんSpire Law Group, LLPの一員のフィードラー弁護士は、「彼等の大規模窃盗行為を見逃すわけにはいかなかった。Spire Law Group, LLPは、腐敗の撤廃と合法的戦略の実施を行っているのです。このような腐敗をほったらかしにしておくわけにはいかない。」と言いました。