先ほど、お伝えしましたアメリカで進行中の対銀行や対政治家の43兆ドル訴訟について、アメリカの民放テレビ局CNBCが、ウェブサイトにてこの件に関する報道をしたところ、CNBCのデジタル部の上級副社長の子供達が殺されてしまいました。酷い話です。これが、悪魔のイルミナティのやり口なのです。今までにも、彼等にとって都合の悪い情報は全て隠し、彼等に反した行動をする人々を平気で殺してきたのです。彼等に対抗する政治家も企業家もマスコミ関係者もみな、殺してきたのです。そのために今までずっと長い間、イルミナティの悪事が隠されてきており、世界を支配し続けることができたのです。彼等は暗殺を得意としていますから、世界に必要とされる正義の人を暗殺してきたため、後に残ったのは、イルミナティの命令に従う弱虫ロボット人間か仲間者達だけなのです。それにしても、あんなに小さな子供達を殺害するなんて残酷すぎます。やはり、彼等は人間の心を持っていません。悪魔に乗っ取られたサイコパスでありソシオパスというキチ害人種です。それでも、CNBCがネットで報道をしてくれたことにより、たとえ削除されたとしても、そのコピーは世界中に出回っています。私もその記事を見て、今朝、このブログでご紹介しましたし。。。誰かがすぐにその記事のコピーをはり付けて広げてくれますから、一瞬のうちに世界中に広がります。もはやイルミナティは悪事を隠しようがありません。それにしても、気の毒なのは殺害された子供達とご家族の皆さんです。本当に酷いことをしています。

http://beforeitsnews.com/alternative/2012/10/cnbc-execs-children-murdered-1-day-after-cnbc-reports-43-trillion-bankster-lawsuit-2486156.html
(内容)
CNBCは、10月25日に、特定の銀行家、政治家、資本家に対する43兆ドルの訴訟問題についての記事を載せましたが、10月27日にはそのオリジナル記事が全て削除されています。

10月25日のCNBCの記事のタイトルは、Major Banks, Governmental Officials and Their Comrade Capitalists Targets of Spire Law Group, LLP’s Racketeering and Money Laundering Lawsuit Seeking Return of $43 Trillion to the United States Treasury(大銀行、政府要人そして共謀者の資本家たちは、Spire Law Group, LLPが起こした脅迫とマネーロンダリング訴訟で、43兆ドルのお金を国庫に返済することを求められている。)です。


10月26日のCNNの記事では、CNBCのデジタル部の上級副社長兼元ヤフー重役のケビン・クリム氏の子供達(2歳の誕生日を大好きなカップケーキで祝ったばかりのレオちゃんと6歳になるお姉ちゃんのルシアちゃん)が殺害されたと報道していました。2人の子供達には何回も刺された痕があったと警察が言っています。

そして10月27日に、CNBCは、問題の記事をウェブサイトと保存記録から全て削除しました。