アメリカの経済がいよいよ崩壊しつつあるようです。そしてオバマは悪名高い戒厳令を敷くことになるのでしょうか。アメリカの経済崩壊により食糧難が起きると言われていますが、そうすると、日本へも小麦やトウモロコシ、大豆などの輸出が途絶えることになるのでしょうか。アメリカがくしゃみをすると日本も風邪をひくというような状態の中でアメリカの動向は見過ごせません。各州の市民が連邦政府からの独立を求めた請願書を出しましたが、ひょっとしたら、オバマ独裁政権下では、独立を求めた市民達が弾圧されるかもしれません。ホワイトハウスのウェブサイトにはそのような市民に反対し、国外追放せよ、との別の厳しい請願書がありました。私の勝手な推測では、市民弾圧をもくろむ工作員がそのような請願書を出したのではないかと思います。何とか、アメリカが自分達の手でイルミナティを追い出し、良い方に変ってもらいたいと思います。。。
ttp://www.conservativeactionalerts.com/2012/11/obamas-new-dictatorship-executive-order/

(概要)

警戒! 最新ニュースは常軌を逸しています。皆さん、ショックを受ける覚悟はできていますね。
アメリカ全土が最悪のハリケーンと最悪の大統領選で動揺していた時に、オバマは戒厳令を発令する準備をしていたのです。最新のニュースの見出しに信じられないことが書いてあります。
ハリケーン・サンディがアメリカに上陸する直前に、オバマは事実上の独裁権力を創るために国土安全保障省と民間企業を合併させる大統領令に署名したのです。
記事の内容はさらに酷く。。。アメリカ全土の人々の目がハリケーン・サンディにより破壊された東北部に注がれていた時に、ホワイトハウスは国の安全を守るためとの口実でアメリカ市民を奴隷化する新しい方法を熱心に考案していたのです。
2012年10月26日、オバマは、密かに、国土安全保障省、地方自治体、民間企業を合併し、オバマの行政機関をアメリカ全土に設置し、アメリカ全土の人々を完全にかつ徹底的に支配することを目的とした国土安全パートナーシップ評議会を立ち上げるための大統領令に署名したのです。
このことはオバマが初めから計画してきたことだということを私達も皆さんに常に警告してきました。オバマは戒厳令を布告するための準備をしていることが益々明らかになってきました。オバマのこのような行動を私達の手で阻止しなければなりません。アメリカの全市民や議員にメッセージを送り、オバマの非常権限の戒厳令と大統領令を阻止するよう訴えましょう。今からメッセージを送ってください。
新たに署名した大統領令は、地方自治体や民間企業を合体させるという連邦政府の権力構造を超えた内容です。大統領令という信じがたい言葉の基に、アメリカ全土に巨大な国土安全行政機関のネットワークを設置することで、連邦政府は急激にその指揮権と支配権を地域の隅々に拡大していることが分ります。その結果、各地の行政機関はスパイを使って中央政府の要請に応じて地域の様々な情報をフィードバックすることになります。
外交政策マガジンのウェブサイトに以下のような記事が載っていました。

ボイキン氏の発言:「アメリカ合衆国の経済はもうすぐ崩壊するでしょう。その時は戒厳令が敷かれることになります。」
退役した米軍大将そして元CIA副長官のボイキン氏は、アメリカ経済は崩壊寸前である。崩壊した後には、アメリカ全土で食糧が手に入らなくなり大暴動が起き、戒厳令が敷かれることになる。私はそのような経済崩壊も食糧配給の混乱も起こることながいことを祈っている。もしそのようなことが起こったならアメリカは最悪の事態となる、と述べています。
このような実態を既に分っている専門家達が私達に警告しているのです。オバマは戒厳令を布告する準備をしています。私達はそれをなんとしても止めなければなりません。